洗濯 槽 の カビ 取り。 洗濯槽の簡単な掃除方法5ステップ!洗濯機にカビ?!時間やおすすめ頻度は?【プロ監修】

洗濯機の黒いカスがなくならない…カビが出続ける時にはこうすべし!

洗濯 槽 の カビ 取り

洗濯槽のカビ取りで浮いたカビの取り方は? 構造的に目には見えにくくなっていますが、 洗濯機は黒カビの温床地です。 普通、通常の洗濯機のコースで 洗濯槽クリーナーなどの洗剤を入れた後、 洗濯槽掃除をします。 でも、、すすぎが終わるまで ほったらかし~にしておくと、 浮いてきたカスをそのまま流すことに。。 もちろん、2-3回洗濯機を回せば 綺麗になることと思います。 でもそうすると、浮いてきたごみを 流すことになり、 洗濯機をつまらせる原因と なってしまうことがあります。 そのために、すすぎが始まる前に 内部を確認し、 カスがういてきたら お風呂で使うような網のゴミ取りで 丁寧にごみを取りましょう! ゴミ取り用の網は100均でも売っていますよ^^ もし、どうしてもお金をかけたくない・・ という時には、 ハンガーと破れたストッキング で簡易ゴミ取りを作成することができます。 ハンガーをゴミがすくいやすい大きさに まげて(ちょっと力が必要・・)、 適度な大きさに整えたら、 そこにストッキングを履かせます。 洗濯槽効率よくカビを落とすための秘策とカビ予防ための対策 お湯の温度は40-50度位が汚れが落ちやすいです。 お風呂に入り終わった後の 熱いままの残り湯が最適ですよ^^ もし、残り湯を洗濯槽にためるホースが なかったり、おふろから直接お湯を 入れられない時には・・。 大きなバケツでお湯を洗濯機に入れてください! (何回も往復が大変ですが、この手間で 汚れが落ちるか落ちないかが左右されちゃいます。 ) わたしは残り湯で一度攪拌(かくはん)して 漬け置きします。 こどももいるので、あまり刺激の強いものは 使いたくないので重曹を使用しています。 一晩明けたら、お水で、 洗濯コースを2回行っています。 この方法で、黒いカビもとれるし、 カビの臭いも取れます^^ 洗濯槽カビ予防の方法 1. 洗濯が終わったら洗濯機の ふたは開けましょう! (湿気がこもると内部で菌が繁殖してしまいます) 2. 着用後の 洗濯物は洗濯カゴへ入れましょう! 3. 洗濯機についている 乾燥機能があったら、 積極的に使いましょう! (これは、洗濯物の乾燥だけではなく 洗濯槽も乾燥されるのでとっても効果的です。 ) 4. 洗剤は適量を使おう! (余分な洗剤や柔軟剤が洗濯槽に汚れを付着させる 原因になってしまいます。 ) 重曹とクエン酸を使った洗濯槽のお掃除のやり方 現代では様々な洗濯機のお掃除アイテムが 発売されていますが、 やり方は市販されているものと 大きく変わらず、実に簡単です。 ただ、つけ置き時間が必要なので、 夜にやるのがおススメです。 (100円ショップにありますし ホームセンターでは大容量で コスパの良い物も売られています。 を行い、汚れが出なくなるまで 繰り返します。 洗濯槽には上に書いたような アルカリ性が多く付着している為、 お手軽重曹掃除は定期的に。 重曹+クエン酸では 時々お掃除してあげては いかがでしょうか。 まとめ 洗濯槽を洗濯しているときの ふよふよして黒カビの汚れの取り方は わかりましたか? もちろんそのまま汚れを流しても、 すぐにつまってしまうということは ないかもしれません。 でも、洗濯機は毎日使うものなので なるべく洗濯機にかける負担は 減らしてあげた方が長持ちします。 また、いままでいくらやっても 汚れが出てくる~という方は、 お湯の温度や時間などに 気を付けてみてくださいね^^ また、コスパもよく、 環境や肌にも優しい重曹掃除。 定期的に行えば、 湿気の多い季節の洗濯物の生乾き臭も防げます。 ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。

次の

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

洗濯 槽 の カビ 取り

・過炭酸ナトリウムの 強い発泡力でカビをはがし取る ・後に洗濯する際に衣類への ダメージが小さく、 臭いも気にならない ・殺菌効果は塩素系に劣る ということ。 粉タイプの商品が多く、塩素を使っていないということを強調して「 非塩素系」と書かれていることもあります。 洗濯槽専用のクリーナーでなくても、「 酸素系漂白剤」や「 過炭酸ナトリウム」という名前で売られているものも同じように使えますよ! 「酸素系漂白剤」や「過炭酸ナトリウム」以外の名前で売られているものには、漂白剤や界面活性剤、重曹などがより洗浄力を高めるために配合されている場合があるので、化学物質など危険な成分が含まれているものは避けたい…という方は「酸素系漂白剤」や「過炭酸ナトリウム」と表示されているものをオススメします。 酸素系漂白剤についてもっと知りたい!という方は、次の記事を読んでみてください! 注意 塩素系クリーナーと一緒に使用すると有毒ガスが発生してしまいます。 また、クエン酸やお酢には金属を腐らせてしまう効果もあるのでクリーニング後はしっかりと洗い流しましょう! ドラム式には注意! ただ、 ドラム式洗濯機をお持ちの方は、実はお掃除のときに 気をつけたいポイントがいくつかあります。 酸素系クリーナーより 塩素系クリーナーがおすすめだったり、 乾燥フィルターのお手入れも大切だったり……。 ドラム式洗濯機は構造上吹きこぼれやすく故障の原因になってしまうこともあるので、「ドラム式洗濯機では使わないでください」となっている洗濯槽クリーナーもあるのです。 クリーナーや機種によるので一概には言えないのですが、ドラム式洗濯機のお手入れの仕方は別に記事をご用意していますので、以下の記事も合わせてどうぞ! 世界中で愛されているオキシクリーン。 酸素系の漂白剤で、お洗濯から台所、住宅周りのお掃除まで、いろいろな場面で洗浄力を発揮します。 酸素系の漂白剤なので、色落ちを気にせず、しかも汚れはしっかりと落とすことができます。 オキシクリーンで使用されている過炭酸ナトリウムは、自然界に存在する成分を使っているため分解されやすく、自然にやさしい環境に配慮された漂白剤なのです。 ここからオキシクリーンの正しい使い方を紹介しますね! オキシクリーンで洗濯槽掃除 オキシクリーンは、主成分が「過炭酸ナトリウム」なので、洗濯槽の裏に潜んでいる汚れも、根こそぎ取り除いてくれるんです! さっそくその手順と効果を見ていきましょう! 洗濯機を回す ここは、お使いの洗濯機で少し変わってきます。 ・「槽洗浄モード」があるとき ご家庭の洗濯機に「槽洗浄モード」があるときは、槽洗浄モードでスイッチオン! 槽洗浄モードで洗濯機を回すだけで大丈夫です。 ・「槽洗浄モード」がないとき 「槽洗浄モード」がないときには、標準コースで「洗い」~「脱水」までの1サイクルで洗濯機を回せば完了です。 普段から意識していただきたいことをご紹介します! 洗剤・柔軟剤は適量を使う 洗剤や柔軟剤を過剰に使ってしまうと、石鹸カスが洗濯槽に付着してしまうことがあります。 えっ、石鹸ってキレイにするためのものなのに、汚れになってしまうの?なんて驚く方も多いと思いますが、石鹸カスは水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムと石鹸に含まれる脂肪酸が結合してできてしまうしぶとい汚れ。 水に溶けない上、しっかりとこびりついてしまうものなので落とすのがとても大変です。 こんなしぶとい汚れはクエン酸やお酢を使えばキレイになりますが、汚れがつかないのが一番ですよね。 ということで、そんな汚れがつく前に洗剤や柔軟剤は多めに入れずに適量使うようにしましょう。 洗濯物は洗濯機の中に溜めない 洗濯カゴなどは使われていますか? 洗濯槽の汚れの原因となる黒カビは 湿気が大好き。 汚れた洗濯物を洗濯槽の中に溜めておくのは菌にとって生きやすい環境を提供してしまうことになってしまうのです…! 特に、洗濯物には皮脂汚れなど油汚れやホコリなど、菌にとって嬉しいエサがたくさん。 湿気とエサの揃った洗濯槽はカビにとって最高、私たちにとっては最悪の環境です。 ぜひ洗濯カゴなどで分けておき、洗うときに洗濯機に入れましょう。 そして、洗い終わったらすぐに洗濯機から洗濯物を取り出すように習慣づけましょう。 洗濯機のフタは閉めたままにしない こちらも上述のものと全く同じ理由です。 小さいお子さんがいらっしゃるご家庭などでしたら遊ばれてしまうのを防ぐために蓋を閉めておくところが多いかもしれませんが、洗濯槽の汚れ的にはあまり好ましくありません。 空気が通らず、湿度の高い状態で洗濯槽の中が保たれてしまいますからね。 ずっと開けておくのはちょっと、、、という場合には、洗濯が終わってから数時間でも開けておきましょう! 多くの場合、洗剤やクリーナーの裏には使い方が載っています。 ちょっと気になりますよね。 そもそも、自分でできる洗濯機のお掃除はどんな範囲なの? そこで、「あなたのマイスター」では、洗濯槽・洗濯機クリーニングのプロに「」と聞いてみました! たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。 自分で洗濯機をお掃除して、きちんと汚れが落ちていればカビが洗濯物につくなんてことにはならないはず。 それでも黒いぴろぴろしたものがついてしまうなら、 洗濯槽の裏側に原因があるかも。 プロの意見にもある通り、市販の洗濯槽クリーナーを使って落とせるのは、 洗濯槽の汚れのごく一部。 洗濯槽の 裏側にたっぷりたまった水垢やカビを落とすのは、難しいのです。 しかも、そんな洗濯槽の裏側のお掃除は、自分でやることはできません。 洗濯機の分解洗浄には、 プロの経験と技術が必要になります。 プロの洗濯機・洗濯槽クリーニングでぴっかぴかに! ということで、洗濯槽の裏側の汚れを落とすためには、 プロの洗濯機・洗濯槽クリーニングがおすすめなのです。 プロに洗濯機・洗濯槽クリーニングをお願いすると、いったいどんな風にキレイになるのでしょうか? ちらっと、写真をお見せしちゃいますね。 これは、洗濯槽の底にある、プロペラを外したところです。 茶色い汚れがびっしり! でも、さらに衝撃的なシーンが。 洗濯槽の裏側です! 普段見えている内側は綺麗に見えても、裏側にはカビや汚れがびっしりついていることがあるのです。 この洗濯機の持ち主は、どーせお掃除サボってただけでしょ。 なーんて思ったあなた。 実は、 買ってまだ1年の洗濯槽でこの汚れなのです! しかも、 定期的に市販の洗濯槽クリーナーを使っていたとのこと。 お洗濯にいくらいい洗剤を使っていても、肝心の洗濯機が汚れていては、意味がありません! お洋服を洗うのも着るのも、ちょっと憂鬱になってしまいますよね。 そこで、プロの洗濯槽・洗濯機クリーニングです! これ、さっきと同じ洗濯機です。 シロクマさんもびっくり。 こんなに白かったのってくらい真っ白です。 洗濯槽の裏側も、本来の輝きを取り戻しました。 まるで新品のようにピッカピカですね。 ここまで変わるなんて、想像以上ではありませんか!? そんな プロの洗濯機・洗濯槽クリーニングをぜひ受けてみたいと思ったあなた。 「あなたのマイスター」なら、お住まいの地域から洗濯機クリーニングのプロを探すことができるんです! ぜひチェックしてみてください!.

次の

カビキラーの使い方!洗面台、洗濯槽、キッチン、トイレ、畳、使える場所まとめ

洗濯 槽 の カビ 取り

1.酸素系は40~50度ぐらいのお湯を使うと成分が活性化するので、効果が発揮しやすくなる。 お湯は高水位まで溜めよう。 2.お湯と粉末のハイターは、10リットル:50g~100gの割合を目安に入れる。 洗濯槽クリーナーの場合は、パッケージの指示通りの使用量を投入しよう。 次に標準コースの「洗い」で3分程度作動させ、1~3時間程度つけ置きする。 このときに、浴室の洗面器やいすを洗濯槽につけ置きすると、こびりついた湯垢が落ちやすくなるので試してみよう。 3.つけ置き時間を過ぎたら、洗濯槽から洗面器といすを取り出す。 洗濯槽に浮いた茶色や黒い汚れは、面倒でもゴミ取りネットですくい、その後に排水しよう。 4.排水後に一度脱水したら水道水を洗濯槽に溜め、すすぎ・汚れをすくう・脱水の工程を2回程度繰り返して排水する。 酸素系はドラム式洗濯機に使える?.

次の