ワキガ アルコール。 ワキガにアルコールは絶対にNG!悪化させてしまう理由は?

ワキガを強める酒とタバコ

ワキガ アルコール

Contents• 酸っぱい脇の臭いの原因とは?なぜにおうの? 脇の汗の匂いが酸っぱいにおいがすると感じられている方多いようです。 汗というのは、エクリン腺、アポクリン腺という汗腺から出ます。 エクリン腺は、どの人もかく汗なのですが、その汗 が皮膚の表面にある細菌と混ざることで、酸っぱいにおいになります。 この汗はさらさらとしていて、体温調節のためには大切。 汗をかいて肌表面をデオドラントシートなどで拭き取ることで、ある程度酸っぱいにおいにならないでしょう。 ワキガの汗の色や成分の違いは?楊貴妃もワキわきがだったって本当!? 脇の臭いが酸っぱい匂いがするのは、日本人の約8割の人がかく汗。 さらさらとしていて透明で、体温調節を行います。 ですが、 ワキガの人の脇の臭いがする汗は、 黄色っぽい色がついていて、衣服などに黄色いシミを付けることもあります。 ワキガの人の汗は、汗腺のうちアポクリン腺から出ます。 欧米人の8割の人がこのアポクリン汗腺が発達していて脇の臭いがするワキガだと言われています。 ワキガの汗は、たんぱく質や糖類、鉄分やアンモニアなどが成分。 黄色っぽくて、 ねばねばとしていて臭いがあります。 アポクリン汗腺は、生まれたばりの頃は、たくさんあるそうなのですが、成長とともに退化していくと言われています。 体温調節をするエクリン汗腺と異性に対して魅力的と感じさせるような匂いとも言われているとか。 楊貴妃のいい香りとは?芸能人でわきがと言われている人は? 世界の三大美女と言われている、 楊貴妃は体からいい香りが漂っていたとか。 その匂いが、もしかしたらワキガだったのではないか、なんて言われているそうです。 欧米人の約8割、日本人の約2割がワキガだと言われています。 楊貴妃は、古代中国の美女。 本当に楊貴妃がわきがだったのかどうかは、今となっては想像の域を出ませんね。 それにワキガになるのは美人が多い、なんていう話もあるとか。 芸能人でも米倉涼子さんやベッキーさん、浜崎あゆみさんは、ワキガではないかと言われています。 浜崎あゆみさんは、一度着た服を二度と着ない、と言われていたりするので、ワキガの臭いが原因じゃないか、と言われているそう。 ベッキーさんは、お父さんがイギリスの方ですし、親から遺伝するワキガであったとしても納得ですし、脇にはワキガの手術痕があるとか。 芸能人であっても人知れず悩みはあるのかもしれませんね。 汗と食べ物やストレスの関係は?皮脂を多くする食事とは? では、汗は体から出るものなので、食べ物や精神的なストレスなどとの関係はあるのでしょうか。 人間だったら誰でもかくエクリン汗腺から出る汗。 サラサラとしていて臭いはないのですが、肌表面の皮脂と混じることで、臭いを発するようです。 肌表面の皮脂は、食べたものの影響を受けやすいようです。 皮脂を多くしてしまう食べ物を見ていきましょう。 肉類 皮脂を増やす食べ物として、肉類があります。 肉は体には必要な栄養素なのですが、 必要以上に食べてしまうと、 匂いの原因となる皮脂を増やしてしまうようです。 肉類の栄養素であるたんぱく質は、体内で消化されるときにアンモニアになります。 肉類が多く野菜が不足すると、腸の環境が崩れて臭いの元となります。 肉と野菜のバランスとても大切です。 肉類とチーズなどの組み合わせ、美味しいですよね。 ハンバーガーショップのチーズバーガーなんて人気ですよね。 ですが、 動物性のたんぱく質と動物性の乳製品の組み合わせは、臭いの原因となりがちだそう。 チーズの入ったハンバーグなんて最高ですが、野菜もしっかり取ること、意識していきたいです。 脂っこい食べ物 脂っこい食べ物が脂質を増やしてしまうのは、何となく予想が出来ますよね。 揚げ物などは、体の中で酸化しやすくて加齢臭などの原因になると言われているそう。 脂っこいラーメンと唐揚げなんて、ラーメン屋さんの美味しい組み合わせですが、これも脂質を増やす食事。 肉類よりも魚などのたんぱく質を増やすことで、脂質を減らせる可能性が有ります。 アルコール アルコールは体内で、アセトアルデヒドという物質に代わります。 このアセトアルデヒドは、二日酔いの原因とも言われていて、 体臭の原因にもなるそう。 アルコールの中でも臭いの原因になりやすいのが日本酒やビール。 日本酒やビールなどの醸造酒は、体内で分解されにくいのです。 お酒を飲むときには、飲み過ぎないように適度に楽しむのがいいようです。 糖質を制限している 臭いの原因が糖質制限にあるなんて意外ですが、 ダイエットなどで糖質制限をしているときにもニオイの原因となりがちだそう。 そもそも 糖質を減らしている人の体内では、身体の脂肪を肝臓で分解することでエネルギーになるそう。 脂肪がエネルギーに代わる時に発するケトン体が、鼻にツンと感じる強い臭い(ケトン臭)の原因になるそう。 ダイエットに一生懸命になりすぎるあまり、糖質を制限して、体臭が強くならないようにしたいものです。 ストレス ストレスがにおいの原因になるなんて不思議ですが、人間がストレスを感じる時には、べとっとした汗をかくのではないでしょうか。 その汗は体温調節の時の汗とは違って、人間が緊張した時にかく汗。 会議の場や緊迫した状況などで人は、ストレスを感じ汗をかきます。 『緊張して冷や汗をかいた。 』とか言いますよね。 そんな時の汗なのかもしれません。 そんな ストレスを感じた時の汗には、ネギや玉ねぎのような臭いがあると言われています。 資生堂の研究では、ストレスを人が感じた時にストレス臭という臭いを発生させるそう。 その匂いがラーメンの上のネギとか玉ねぎの臭いに似ているそうです。 心理的な不安や緊張を感じることで人は、臭いを発生させるそうです。 まとめ 『脇の臭いが酸っぱい原因やワキガの汗との違いは?食べ物やストレスとの関係は?』としてまとめてきました。 暑い夏の汗をかく時期は特に汗の臭いって気になります。 ワキガの人は体質なので、デオドラント商品などを上手く利用して付き合っていくのがいいのかもしれません。 ですが、ワキガでなくても汗の臭いって気になるもの。 デオドラント商品や汗をこまめに拭き取るなどの対応をしたりして、汗の臭いと付き合っていきたいものですね。 最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

次の

手ピカジェルでワキガ対策【エタノール】

ワキガ アルコール

ワキガにアルコール消毒が効く! ワキガにはアルコール消毒が有効です。 その理由は、ワキガの原因になる細菌を殺菌することができるからです。 ワキガは脇に集中して存在する「アポクリン汗腺」から分泌される汗を、皮膚常在菌が分解する時に臭いを発することで起こります。 アポクリン汗腺からの汗自体には臭いはありませんので、この細菌を一掃することができればワキガを抑えることができるのです。 そのため、アルコール消毒をしたらすぐに臭いが消えた、という声も多く聞かれます。 消毒用アルコールって? ワキガを抑えるのに使用するのは、薬局やドラッグストアで売っている医療用の消毒用アルコールです。 一般的にアルコールと言えばエタノールのことで、濃度が76. 9 — 81. 市販されている消毒用アルコールも、この濃度の物が多いようです。 アルコールは揮発性が高く、塗ると数十秒で蒸発します。 塗った後に水などで洗い流す必要がなく、手軽に使うことができます。 近年では、手の消毒用のアルコールも販売されており、エタノールの濃度が76. 9 — 81. 手荒れを防ぐ保湿成分が含まれているものもあり、脇の肌荒れを防ぐ効果も期待できます。 また、細菌の繁殖力は非常に強く、通常の環境であれば30分に1回の細胞分裂を繰り返し、倍々に増えていきます。 アルコール消毒は、一時的にすぐに臭いを抑えたい時のワキガ対策として利用するのがよいでしょう。 アルコール消毒のしすぎは肌荒れの原因に アルコールは揮発性が高いため、皮膚に塗ると肌の水分も一緒に奪ってしまいます。 ワキガ対策をアルコール消毒のみに頼ってしまうと、乾燥による肌荒れに陥ってしまう危険性があります。 こまめに使用するのではなく、あくまで一時的な対策として利用しましょう。 また、アルコールが体質に合わないアルコール過敏症の人は、消毒用アルコールを塗るとかゆくなったり、赤くなってしまう場合があります。 肌に合わないと感じたら使用を中断しましょう。

次の

ワキガにアルコール消毒?!ワキガ臭の緊急対策にはこれが役立つ

ワキガ アルコール

遺伝 両親がワキガだと、その子どもも発症する可能性がかなり高くなります。 どちらか一方の親だけより、両親ともにであればより高い確率で遺伝が認められています。 性ホルモンの作用 性ホルモンには、アポクリン汗腺の働きを活発にする作用があります。 思春期まではワキガの症状が見られないのはこのためです。 赤ちゃんの頃からアポクリン汗腺はありますが、性ホルモンが分泌されて活発に働くようになるのです。 なお女性の場合は、妊娠や出産、月経などの性ホルモンの影響を強く受ける期間に、一時的にワキガの症状が出る場合もあります。 生活習慣の乱れ 野菜や魚をほとんど摂らないなど食生活が乱れていたり、過度な飲酒や喫煙の習慣があったり、ストレスに悩まされていたり…。 そういった生活習慣の乱れも、ワキガを発症する原因になります。 耳垢が湿っており、かつ耳毛が多く生えている 外耳道には、エクリン汗腺が存在しません。 つまり、耳垢に湿り気があるのは、アポクリン汗腺から分泌された汗による可能性が高いと考えられます。 外耳道にアポクリン汗腺がある場合、腋の下にも数多くアポクリン汗腺があることがほとんどです。 また、アポクリン汗腺は毛包の中にあるため、耳垢が湿っていてかつ外耳道に毛が多ければ、アポクリン汗腺がある、すなわちワキガであると考えて間違いないでしょう。 下着やTシャツなど、腋に触れる衣類に色がつく ワキガでない人の腋汗の色は、透明です。 これは、エクリン汗腺から分泌された汗は、水と微量の塩がその大部分を占めているからです。 一方、ワキガの人の腋にはアポクリン汗腺が多くあり、アポクリン汗が大量に分泌されます。 アポクリン汗は、たんぱく質や脂質、糖質、鉄分、アンモニアなどといったさまざまな物質を含み、これが腋に触れる衣類に黄ばみを残します。 肉類などの高カロリー&高脂肪な食品をよく食べる 肉をはじめとした高カロリー&高脂肪な食品を必要以上に摂取すると、皮下脂肪がつきやすくなります。 そしてその脂肪が、アポクリン汗腺および皮脂腺の活動を促し、結果的にワキガ(腋臭症)を引き起こすのです。 日本人に比べて欧米人にワキガが多いのは、こうした食生活が深く影響していると考えられています。 家族など周りの人から腋のニオイを指摘されたことがある 周囲の人から腋のニオイを指摘されるかどうかは、ワキガかどうかを判断する上でとても重要なポイントです。 ニオイはデリケートな問題で、他人にはなかなか伝えづらいため、家族など近しい人に聞いてみるといいでしょう。 実は、「自分はワキガだ」と思って病院を受診したものの、ニオイに敏感になりすぎている自己臭妄想(恐怖症)であるケースは多く見られます。 食生活の改善 肉をはじめとした高カロリー、高脂肪食の食品はワキガの原因になる可能性があります。 牛乳やバターなど、乳脂肪分が豊富に含まれるものも該当します。 できれば同じたんぱく質でも大豆製品や魚を中心にした食生活を心がけましょう。 飲酒や喫煙を控える アルコールやニコチンには、汗腺を刺激する作用があります。 摂取するとアポクリン汗腺の働きが活発になるので、控えた方がよいでしょう。 また、アルコールやニコチン自体が強いニオイ成分でもあるので、ワキガ体質でなくとも、体臭がきつくなる原因になります。 ストレスを溜めない ストレスがかかると、交感神経が優位に働きます。 すると、暑くもないのに汗(冷や汗など)をかいてしまうことになります。 これを精神性発汗といいます。 ワキガの原因は汗にありますから、精神性発汗はニオイを抑える上で大敵。 ストレスを溜めこまないように心がけましょう。 運動する習慣をつける 頻繁に運動してこまめに汗をかくと、老廃物の排出を促すことができます。 老廃物は細菌の繁殖にも関与するため、この量が減ると、ニオイを軽減できると考えられます。 また、適度な運動はストレス発散にもつながります。 ただし、運動して発汗すると、どうしても一時的にワキガ臭が強くなることがあります。 患部をしっかりと洗うことも欠かさないようにしましょう。

次の