竹野内 豊。 竹野内豊ドラマ一覧

竹野内豊ドラマ一覧

竹野内 豊

竹野内豊の出身地と実家の家族構成 1971年1月2日東京都調布市生まれの竹野内豊さん。 生後間もなく東京都豊島区池袋に移り、その後埼玉県の所沢市に移り住みます。 小学校は所沢の学校に進学しているので幼少期は所沢で過ごしていたものと思われます。 家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、豊さんの2人姉弟・4人家族です。 家族は仲が良く、幼い頃からいつでも笑いの絶えない家庭だとそうです。 幼少の頃の竹野内豊さんは、ヤンチャで外遊びが好きだったようです。 お父さんは自衛官で厳しい父親だったそうです。 そのお父さんも、2014年8月に肺ガンのため亡くなっています。 竹野内豊の出身小学校・中学校 竹野内豊さんの出身小学校は 所沢市立西富小学校です。 小学校時代は近所の川に釣りに行ったり、山を探検したりと活発な男の子でした。 さらに竹野内さんは絵画を習い、感性を磨いていたそうです。 そして、竹野内豊さんの出身中学校は 所沢市立向陽中学校です。 竹野内さんは小学校から中学校にかけて器械体操をやっていて、バック転もできたそうです。 中学時代には『所沢の東山』と呼ばれ、下級生の女子に人気があったそうです。 中学時代が一番モテていたと語る竹野内豊さん。 卒業式の日には制服のボタンが全部なくなってしまうほどモテたそうです。 竹野内豊さんが通っていた中学校は校則が非常に厳しい学校だったようです。 中学時代は進学塾に通って勉強に励んでいたようです。 竹野内豊の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ 竹野内豊さんの出身高校は私立 豊南高等学校です。 現在の豊南高校は特進・選抜・進学の3コースに分かれています。 偏差値は特進が57、選抜が52、進学47がです。 ちなみに、竹野内豊さんが通学した頃の豊南高校が普通科と商業化の2コースで偏差値45位の学校でした。 校則が厳しい中学校に通っていた竹野内豊さん。 その反動で高校に入ってすぐパーマをかけたそうです。 また、中学時代にバイクに目覚めた竹野内豊さん。 高校時代は、たくさんのアルバイトをして、自分の力でバイクを購入しました。 そんな竹野内豊さんが芸能界デビューしたのは1986年・高校3年生のときのこと。 講談社のファッション誌『チェックメイト』のモデルとしてデビューしました。 モデルになったキッカケは、お母さんとお姉さんが勝手に講談社のオーディションに応募したこと。 モデルになった当初は雑誌だけでなくスーパーのチラシのモデルの仕事もしていたそうです。 モデル業に専念するために大学へは進学しませんでした。 進学せずにモデル業に専念することに、お父さんは大反対だったそうです。 まとめ 今回は竹野内豊さんの出身地や家族構成、学歴を紹介しました。 大学へは進学していませんが英語が堪能で映画発表などで披露している竹野内豊さん。 学生時代からカッコよくて、ボタンをほしがる女子の気持ちがよーく分かります。 これからもカッコいい俳優さんで居続けてほしいです。 竹野内豊のプロフィール 《竹野内豊のプロフィール》 本名:竹野内 豊(たけのうち ゆたか) 生年月日:1971年1月2日 出生地:東京都 身長:179 cm 血液型:O型 所属事務所:研音.

次の

竹野内豊が月9主演へ。漫画『イチケイのカラス』が実写ドラマ化、来年放送作品に出演報道。

竹野内 豊

倉科カナと竹野内豊が破局! 引用元:女性自身 2018年の11月20日に、竹野内豊さんと倉科カナさんの破局報道がありました。 なんでも お二人は今年の夏頃にはすでに破局していたとのこと。 「将来について2人で真剣に話し合ったすえ、竹野内さんと倉科さんは今年の夏ごろに破局したそうです」(事務所関係者)「過去に何度か破局説が流れたことがありましたが、その時も変わらず付き合っていたことが明らかになりました。 引用元:女性自身 2014年からお付き合いしていて結構長いこと愛を育んできていたのかなと思っていましたが、4年目にして破局してしまうとは・・・。 しかもお互いの芸能事務所もあっさりと破局を認めています。 以前から倉科カナさんは 30までに結婚して家庭を持ちたいと公言していました。 それは自分の母親が早くにカナさんを出産したこともあり楽をさせてあげたいとか、孫の顔を・・・と思っていたのでしょう。 そういう考えの 倉科カナさんと、竹野内豊さんの考えの折り合いが付かなかったと報道されています。 ちょっとこれだと分かりにくいですよね? つまるところ、竹野内豊さんは倉科カナさんと結婚したくなかったってことです! それは倉科カナさんからの結婚のプレッシャーが嫌に感じたとか、47歳にして家庭を持つことの不安や大変さを想像してしまったのではないかと思います。 そして一部では、 竹野内豊さんが結婚したらその後も自分の人気が保てるのか不安に思っていると報じられています。 福山雅治さんが結婚した時の様な ましゃロス状態になり、人気低迷するのでは?という不安が自分の中にあったみたいですね。 今年なりたい顔でNo. 1になった竹野内豊さんの人気はまだまだ高いものがありますから、心配するのは当然でしょう。 スポンサーリンク 交際当初から公言していた竹野内豊 2014年に倉科カナさんとのフライデーが発覚しましたが、この時竹野内豊さんは報道陣に堂々と交際宣言しています。 週刊誌報道というあいまいな所からの熱愛発覚なだけにこのコメントは異例といわれていました。 倉科カナさんが妹と暮らすマンションに竹野内豊さんが来るって中々びっくりしますよね?w 妹さんとも仲がよかったんでしょうか。 しかも竹野内豊さんが一人でマンションへ入っていくこともあったそうですから、相当親密に思えます。 当時から、お二人の中で結婚前提のお付き合いだったというのが分かりますよね。 そして芸能記者の井上公造さんもお二人の結婚は100%と断言しています。 破局説がありながらも乗り越えてきたお二人ですが、結局は結婚しなかったのは竹野内豊さんの気持ちにあるようです。 スポンサーリンク 倉科カナ、竹野内豊との破局は想定外だった? 破局したとされる夏頃から数ヶ月が経過した9月、倉科カナさんは都内のイベントに参加して、結婚していないことは「想定外」だったと語っています。 「15歳の頃に思い描いていた30歳になったか?」と問われた倉科は「全然違います。 15歳の時に想像していた大人にはなれていない」とし「母が早くに私を生んでいたので、 自然に私も家庭を持っているだろうなと思っていたけれど、意外とそうではなくて、バリバリ仕事を頑張っていて、想像していた自分ではなかった」と独身 ライフに驚き。 それでも「日々楽しいです。 今の自分は想像以上に好きです」と現状に納得していた。 yahoo. この時すでに31歳目前ですからね。 倉科カナの結婚願望が強い? 倉科カナさんが30歳までに結婚したがっていた願望は相当強いものだったことが分かります。 なぜかというと、 倉科カナさんから竹野内豊さんへ別れを切り出したからと言われています。 竹野内豊さんが絶対結婚してくれないと分かったのでしょう、それを感じ取り、どうしても結婚したい倉科カナさんは別れを選んだということ。 つまり、結婚の考えがない人とはさっさとおさらばして結婚してくれる相手を早く探す体制に入ろうということですね。 ここまでくると結婚になにか執念みたいなものも感じられて、男の人からすると怖い雰囲気を感じ取ったのかもしれません・・・。 倉科カナさんが結婚できないと分かったような魂の抜けた一面をブログに投稿していたこともありました。 html こちらは倉科カナさんの公式ブログに投稿されたもの。 2018年の7月2日付です。 「目が死んでいる。 今日も一日頑張りたい・・・と思ってはいる。 」と自分で書き綴っています。 時期的にも、破局したとされる夏が始まる頃です。 この時には倉科カナさんの中で結婚できない確信のようなものがあって一人落ち込んでいたかのように見えます・・・。 どう見てもこの表情はヤバイでしょ!ファンからも体調を心配する声や、応援する声が多数上がっています。 逆に言えば、ここにも結婚願望が強く強く現れているようにも感じられます。 自分の中で相当焦っていたのでしょうか?それが雰囲気からも周囲に伝わっていたとか? あまりの押しの強さに竹野内豊さんも一歩引いてしまったということも・・・。 倉科カナの新しい彼氏が結婚相手? 倉科カナさんの中で落ち込んでいた時期はあったようですが、今回の破局後すぐに明るい様子で次の展望について語っています。 8月末にはウェディングドレスを着てのイベントに参加した倉科カナさん。 この時すでに 「結婚願望はあがりますし、このお仕事を頂いて考える時間も沢山あったので、夢のようなドレスを着て大切な人たちに囲まれてアットホームな形で結婚式を挙げたいと考えた」 もうこの時に破局しているんですよね・・・。 竹野内豊さんとは破局しましたが、すでに次の恋に向けてスタートしているんだなという感じ。 なんというか・・・切り替えが早いですねw 倉科カナさんが狙う次の彼氏って一体誰なのか?気になるところですね。 倉科カナさんと竹野内豊さんの破局理由は、ズバリ 二人の中で折り合いがつかなかったから。 その後の落ち込んだ様子と思われる倉科カナさんの魂が抜けたような顔がヤバイですが、次の恋に向けてとても前向きなようです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

長澤まさみ「リアリィ!?」からの「おいすぃ。」 竹野内豊とCM共演で驚きの表情を披露

竹野内 豊

経歴 [ ] 母と姉が男性ファッション誌のに応募したことがきっかけで芸能界入り。 モデルを経験した後、放送の『』にて俳優デビュー。 、ドラマ『』で第33回放送 新人賞を受賞 した。 には『』でとともに主演を務め、その人気を決定的なものにする。 以降、『』『』『』『』といった人気ドラマに主演し、2001年には・を舞台とした映画『』ではと共演し主演を務める。 20代までは恋愛作品のイメージが強かったが、放送の『』ではをモデルにした元の熱血教師という自身初のこれまでにない硬派な役を演じ、当たり役を得る。 2月よりの男性向けブランド「D'URBAN ダーバン 」のイメージキャラクターを務める。 10月放送の『』で、9年振りにドラマに主演。 、映画『』でを熱演し主演を務め、第54回主演男優賞を獲得。 人物 [ ] 声が素敵な俳優として定評があり、『この声をきみに』の主演に選ばれたのは声を基準にされたことによる。 元モデルなのでファッショナブルであるが、『この声をきみに』ではイケていない中年男性を演じている。 磯智明チーフプロデューサーは2017年時点で、竹野内のことを「竹野内さん自身は、非常にまじめな方です。 『この声をきみに』の 初回に孝が詩を読みながら落涙するシーンがあったのですが、あれは本当に泣いています。 涙が出るまで楽屋に入って集中していました。 きちんと物語を理解しようとしているし、とても誠実です。 役作り、セリフの言い回しについて細かく質問をなさるし、麻生さんとも演技について話し合いをしています。 出演 [ ] 主演作品は太字 テレビドラマ [ ]• (1994年、) - 佐々木三四郎 役• (1994年、) - 朝倉晃一 役• (1995年、) - 永井拓巳 役• (1995年、) - 永井聡 役• (1996年、フジテレビ) - 葉山真二 役• (1996年、日本テレビ) - 永井拓巳 役• (1997年、TBS) - 大滝勉 役• (1997年、フジテレビ) - 鈴木海都 役• ビーチボーイズ スペシャル(1998年、フジテレビ) - 鈴木海都 役• (1998年、フジテレビ) - 長谷川天 役• (1998年、日本テレビ) - 野亜亘 役• (1999年、フジテレビ) - 廣川英器 役• (2000年、TBS) - 樹下涼 役• (2001年、フジテレビ) - 平尾隆之介 役• (NHK)• (2002年) - 役• (2019年) - 役• (2002年、日本テレビ) - 楷恭介 役• (2003年、TBS) - 水沢剛 役• (2003年、TBS) - 吉森真也 役• (2003年、テレビ朝日) - 役• (2004年、フジテレビ) - 広澤善之 役(第1話ゲスト)• (2004年、フジテレビ) - 棟居弘一良 役• (2005年、日本テレビ) - 高原信(川島達也) 役• (2006年、TBS) - 西嶋ショウ 役• (2006年、テレビ朝日) - 上川亮平 役• (2008年、TBS) - 森山航平 役• (2009年、フジテレビ) - 野立信次郎 役• (2009年〜2010年、フジテレビ) - 兵頭信一良 役• (2010年、フジテレビ) - 岡田健吾 役• (2011年、フジテレビ) - 野立信次郎 役• (2012年、TBS) - 宮本波留 役• (2013年、テレビ朝日) - 落合昌夫 役• (2014年、) - 枝分 役• (2016年、関西テレビ) - 枝分 役• 再放送(2020年4月14日 - )• 2016年、テレビ朝日) - 咲坂健人 役• (2017年、NHK) - 穂波孝 役• (2018年、) - 関口豪太郎 役• (2018年、TBS) - 宮本良一 役• (2020年1月3日、) - 岩城良治 役 その他 [ ]• 地球創世ミステリー マザー・プラネット〜奇跡の島・ -命の遺産-(2008年、TBS) - ナビゲーター• 300日 実録「太平洋の奇跡」竹野内豊が見た、サイパン戦の真実(2011年、日本テレビ)• 『終戦決断〜なぜもっと早くできなかったのか〜』(2012年、NHK) - ナビゲーター• 『裸にしたい男 竹野内豊』(2012年、NHK) 映画 [ ]• (2001年、) - 阿形順正 役• (2008年、アスミック・エース) - ナレーション• (2008年、ソニーピクチャーズエンタテイメント) - 深沢雅仁 役• (2009年、) - 織部孝史 役• (2011年、東宝) - 役• (2011年、ギャガ) - 大木信義 役• (2013年、東宝) - 箕輪正臣 役• (2014年、東宝映像事業部) - ニシノユキヒコ 役• (2015年、ファントム・フィルム) - 和彦 役• (2016年、東宝) - 中原祐馬 役• (2016年、東宝) - 赤坂秀樹 役• (2017年)- 三宅太蔵 役• (2017年)- 黒崎俊一 役• (2018年)- 野崎康介 役• 2019年 - 木村忠義 役 劇場アニメ [ ]• (2015年) - ヘビ 役(日本語吹替版) テレビアニメ [ ]• (2003年、) CM [ ]• 「」(1995年 - 1996年)• 「スピークス」(1995年 - 1999年)• 「」(1996年 - 1997年)• 「メダリスト」(1996年 - 1997年)• 「ダイドー ブレンドコーヒー」(1997年 - 2001年)• 「」(1997年 - 1998年)• 政府観光局(1997年 - 1998年)• 「BOLTY」(1998年 - 2000年)• (1998年 - 2000年)• 「紗々」• 「二重」• 「EZ by Zegna」(1998年 - 2000年)• 「 メディエード」(1998年 - 2000年)• (2000年 - 2001年)• 「JAL ACTIVE 北海道 2000」• 「JALカード」• 「マイレージバンクカード」• 「SEASONS」• 「JAL SKI 北海道・東北2001」• (2000年 - 2001年)• 「PC STATION Gシリーズ」• 「AFINA」• 「保険王」(2001年 - 2004年)• 「茶宝」(2002年〜2003年)• 「」(2009年 - 2010年)• 「」(2002年 - 2003年)• 「黒松白鹿 山田錦」(2003年 - 2005年)• 「 サンタマルタX」(2003年 - 2004年)• 「」(2003年 - 2005年)• (2004年 - 2005年)• 「UFJカード」(2005年 - 2006年)• 「タカラ焼酎ハイボール」(2006年 - 2007年)• 「TRAMPATH MP4」(2006年 - 2009年)• (2007年 - 2009年)• 「新キリン・ザ・ゴールド」(2008年 - 2009年)• 「D'URBAN」(2010年)• 「 アロマボトルシリーズ」(2011年)• 「」(2014年)• (2014年 - )• 『夫の本音』篇 2015年• 『妻の本音』篇 2017年• 『お前もか』篇 2017年• 「dヒッツ」(2016年)• 「」(2016年 - )• 「カラダカルピス」(2018年)• 「BLIZZAK VRX2」(2019年 - )• 「アサヒ ザ・リッチ」 2020年 受賞歴 [ ]• 1996年• 第33回 放送新人賞(『』)• 第9回 助演男優賞(『』)• 第11回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『』)• 1998年• 第17回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 2001年• 優秀主演男優賞(『』)• 2003年• 個人賞(『』)• 年間個人賞(『』、『ヤンキー母校に帰る』、『』)• 2004年• 第12回 個人賞(『ヤンキー母校に帰る』、『流転の王妃・最後の皇弟』)• 2012年• 第54回 主演男優賞(『』) 脚注 [ ]• Internet Movie Database. 2016年10月24日閲覧。 テレビ朝日. 2018年5月2日閲覧。 まんたんウエブ. 2016年8月17日. 2018年5月2日閲覧。 2018年5月2日閲覧。 2018年5月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2012年2月15日. html 2018年5月2日閲覧。 NHKオンライン. NHK 2017年11月1日. 2017年11月1日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月27日. 2016年1月28日閲覧。 Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-04-09. 2020年4月10日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年2月29日. 2016年2月29日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年7月21日. 2017年7月21日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2018年1月22日. 2018年1月22日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2018年5月1日. 2018年5月1日閲覧。 News. Paravi 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 com 2015年3月18日. 2015年3月18日閲覧。 SANSPO. COM 2015年9月23日. 2015年9月23日閲覧。 映画ナタリー. 2016年4月14日. 2016年4月16日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月18日. 2016年7月19日閲覧。 Smartザテレビジョン. 2016年11月25日. 2016年11月25日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年3月9日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の