デヴィ スカルノ 若い 頃。 デヴィ夫人の若い頃は?年齢は?本名は?ハーフ?スカルノ大統領との出会いは?

デヴィ夫人の若い頃に整形疑惑?ティーンエイジャーで入れ歯にした噂も!

デヴィ スカルノ 若い 頃

テレビやCM、バラエティー番組と幅広く活躍し、大統領の妻で勝ち組の人生を歩み大富豪のイメージの『デヴィ夫人』。 デヴィ夫人は今でこそ綺麗で年齢を感じさせないアクティブな人ですよね。 みなさんは、若い頃のデヴィ夫人を知っていますか?若い頃のデヴィ夫人は超絶きれいということはご存じの方は多いと思います。 めちゃくちゃきれいで大富豪。 みんなが羨む人生を謳歌しているように思えるデヴィ夫人ですが、実は若い頃は、真逆の貧しい境遇で経済的にも精神的にも壮絶な人生を歩んできた方なんです。 名だたる女優さんの中でもトップレベルにきれいで大富豪のデヴィ夫人。 そんなデヴィ夫人の大統領の妻になるまでの若かりし頃の激動の人生をまとめてみました。 生年月日:1940年(昭和15年)2月6日日本生まれ80歳。 インドネシア国籍のタレントでスカルノ元大統領第3夫人。 スカルノ大統領との間に生まれた一人娘カリナの母。 NPO法人アースエイドソサエティ総裁。 株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。 デヴィ夫人の貧しく逞しい少女時代が壮絶すぎる! 脚に障害を持つ母。 小さな弟、大工の棟梁の父の4人家族。 戦争色の色濃くなり始めた時代に第二次世界大戦に入る頃に生をうけたデヴィ夫人。 4歳の頃には、B29爆撃機に何度も襲われる日々。 大黒柱の父は、不幸な出来事続きで空襲による火消しのために脚を大やけどを負い、どこからか回ってきたメチルアルコールを飲み視力を失った。 父を東京に残し、家族3人で激しい空襲から逃れ福島県に疎開。 食料もなく、空腹が続く日々。 生きる気力さえも奪われそうになりながらも容赦なく襲い掛かる艦載機から脚の悪い母と、幼い弟の手を引きやっとの思いで身を隠すが、先に隠れていた村人からは『入って来るな!』と一斉に怒号を浴びせる。 生きた心地がしない日々を送っていたそうです。 空襲からも村人の怒りからも、デヴィ夫人は当時幼いながらにも母と弟を守らなければという気持ちが強く村人が母に手を上げようとしたとき、母の前に立ち両手を広げて『ダメ!』と叫び立ちはだかったという。 デヴィ夫人、『私は特別に可愛い存在なんだ』と自覚した子供時代 敗戦後の子供時代は近所にアメリカの駐屯所があり、アメリカ兵も含め大人たちに囲まれ『おっ、可愛い子だ!』とたくさんのお菓子を投げてきたいた。 デヴィ夫人、初めて感じた貧富の差 小学生の制服は母が父のマントをつぶして、白いテープをつけて作ったセーラー服を着て入学。 先生たちはピンクのドレスを着たお金持ちの女の子を依怙贔屓しており、初めて貧富の差で人の態度が変わることを目のあたりにしショックを受けたそうです。 家庭は貧しく、頭を下げながらも学費をママ友から借金して学校に通わせてくれていた母の姿に心が痛みお金がなくそんな目に合わせている辛く、中学を卒業する頃、少しでも家計を助けるために進学よりも就職を選択したという。 デヴィ夫人、自分の人生は自分で切り開く この時代の中卒は『就職=工場労働』が定番だったが、入社試験に英語があり合格率1%未満の千代田生命の狭き門を突破。 当時は外交官やエリート商社マンしか英語をまともに話せなく同期は縁故採用だったが、 デヴィ夫人は中学で英語はクラスで一番で、さらに外国人の文通相手をもち近所に住む外国人と英語で話すのが日常だったこともあり実力で採用され人事秘書課に配属されたそうです。 大統領との結婚があったから今の立場があるのではなく、他力本願やなりゆきに任せず、人生を開拓し続けてきたからこそ、今の地位を築きあげることができたデヴィ夫人。 自分の人生は自分で切り開くもの。 現代でそれだけ過酷な日々を経験している人はそう多くはでしょう。 16歳で大人顔負けのハードスケジュールですよね! そんなハードな日々の中、戦時中に飲んだメチルアルコールの影響で目を悪くしていた父が突如倒れ数日で他界。 大黒柱の父を失い、若干16歳で母と弟を養っていくことを心に誓い決心したのです。 デヴィ夫人、壮絶な人生まとめ デヴィ夫人の、壮絶な人生。 今回は、結婚する以前のデヴィ夫人の過去をまとめ、お送りしてきましたがいかがだったでしょうか。 私は彼女の過去を知ることで、自分が抱えてる悩みがどれほど小さく、そして平和な時代に生まれたことがどれだけ恵まれているのかを実感しました。 度重なる不幸にも負けず、力強く生きてきたデヴィ夫人の人生から学ぶことはとても多いと思います。 次回は、大統領との恋そして、どのように結婚に至ったのかをまとめていきたいと思います。

次の

デヴィ夫人の若い頃がきれい!華麗なる激動の人生

デヴィ スカルノ 若い 頃

Contents• デヴィ夫人の昔や若い頃 デヴィ夫人の若い頃の写真がありえないくらい美しすぎる!と世間でも注目を集めていますが、話題になるのも当然の美人さんです! そんな世にも美しい絶世の美女だったデヴィ夫人ですが、若い頃は相当の苦労をされてきたようですね。 インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人だったというのは有名な話ですがその人生は波乱万丈でした。 私も勘違いしていたのですが、 実はデヴィ夫人はハーフでもなんでもなく生粋の日本人の血が流れているんです! ですのでデヴィ夫人にはもちろん立派な日本名があります。 現在の本名はラトナ・サリ・デヴィ・スカルノですが、もともとの 日本名は根本 七保子(ねもと なおこ)さんと言います。 エキゾチックなお顔立ちのお陰でハーフと勘違いされていたようですが、この目鼻立ちだったらハーフと間違われるのも分かりますよね。 実は東京生まれのデヴィ夫人ですが16歳の時に大黒柱の父親を亡くし、高校を中退します。 その後は赤坂の超高級クラブ「コパカバーナ」で働くようになります。 この頃、知り合いの方からスカルノ大統領を紹介され、見初められて19歳でインドネシアに渡ることになります。 まだ愛人と言う立場だったデヴィ夫人ですが、22歳の時正式にご結婚をされ見事第3夫人となりました。 因みにこの時の スカルノ大統領の年齢は61歳と言うことでかなりの年の差婚ですね! しかしデヴィ夫人が25歳の頃スカルノ大統領は軍事クーデターのため失脚し、デヴィ夫人もインドネシアにいられなくなりました。 身の危険を感じ命からがら フランスに亡命することになります。 しかしフランスでも彼女の美貌は持てはやされ、たくさんの男性と噂が絶えませんでした。 確かにこの美しさなら世界共通で男性にモテモテですよね! しかし世界中の男性を引き寄せたのは見た目の美しさだけではありません! 才能や優雅さ、品の良さ、美しさ、そして語学などそれはそれは貪欲に追及されてきたようです。 その見事なハングリー精神が彼女のこれまでの華やかで輝くような経歴を引き寄せているのでしょう。 子供はいる? デヴィ夫人とスカルノ大統領の間には娘が一人います。 スカルノ大統領にとっては8番目の子供だったようです。 因みに子供はデヴィ夫人が25歳の時、日本の都内の病院で出産したそうです。 娘はカリナ 名前は 『カリナ・サリ・デヴィ・スカルノ 』 て言うか、このカリナちゃんと写っているデヴィ夫人めちゃくちゃ綺麗ですね! どうやら娘のカリナちゃんはスカルノ大統領が亡くなる3年前に生まれたらしいので、恐らく一度も父親には会っていないのではないでしょうか? 当時のインドネシアは軍事クーデターの真っただ中でしたので恐らく会っていないでしょうね・・・ 一時はデヴィ夫人とカリナさんとの不仲説も流れておりましが、今では解消されて仲良くやっているようです。 2005年に、米系大手金融機関の欧州・中近東・アフリカ地区CEOの最高責任者、・F・シーガス氏と結婚。 挙式はオランダにて行った。 この時38歳。 現在は、外国で結婚している。 娘のカリナさんも財力のある旦那さんと海外で生活をされているようですね! 親子そろってセレブとはやはり血は争えないですね(笑) 孫について 気になるお孫さんの存在ですが、デヴィ夫人には一人だけお孫さんがいます。 カリナさんの一人息子の 『キラン君』です! もう既にTVでご覧になった方もいるかと思いますが、かなりの美少年で世間もザワついたとか!? バラエティ番組『イッテQ』『金スマSP』に出演しキラン君のイケメンっぷりが世間に出回り、SNSでも「デヴィ夫人のお孫さんがイケメン過ぎてヤバイ!」と沸いたそうです。 まずは渋谷区 松濤の高級住宅地にある10億円以上する豪邸、そしてバリにも別荘があるとか! そしてニューヨークのバーク街にあるかなり広くて豪華な不動産物件。 バーク街の賃料はかなりの高額らしいのでこの不動産の資産も大きいでしょうね。 続いてニューヨークの五番街から歩いて数分のところにある自宅。 (月額家賃相場200万円) そしてスカルノ大統領の死後の遺産分配で得た遺産。 政府から財産の相続権利や子供のスカルノ一族としての地位などを喪失し、 第3夫人としての資産は与えられなかったと言われているのです。 インドネシア政府から第三夫人として遺産分与がされていたと言われている。 株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役もやっているようですがこの会社としての資産はよく分かっていません。 デヴィ夫人がプロデュースした華やかなジュエリーの数々・・・ 他にも所有している宝石や装飾品は数えきれないほど。 例えばかなり大きなエメラルドのネックレスや、ダイヤモンドの指輪、ロシアンセーブルを70匹使った「GALANOS」の毛皮、などなど挙げれば切りがないほどの宝飾品をお持ちです。 毛皮だけでも「日本で買えば3~4,000万(円)かも」とデヴィ夫人は語っておりました。 そしてこの 「ロシアンゴールデンセーブル」の毛皮が高級ホテルに破損されたと訴訟を起こしている最中ですよね? 何かと話題の堪えないデヴィ夫人ですがこの問題もどこに着地するのか注目したいところです。 因みにタレント活動のギャラは他の芸能人に比べるとかなりの激安のようですね。 「お金に困っていないのでギャラが安いのでは?」とのスタッフの見解でした。 どんな仕事でも断らず安いギャラで請け負うデヴィ夫人は素晴らしい心意気の持ち主ですね! 整形してるの? 様々な噂が流れているデヴィ夫人ですがこちらの「整形疑惑」もよく話題に上がります。 調べてみると 「かなり昔に西洋風の顔に整形したのでは?」と疑惑が持たれているようです。 確かに学生時代の写真を見るとハーフっぽくは見えないですけどねぇ・・・ どちらかと言えば綺麗な日本人女性という印象もありますが・・・真相は分かりません。 こんな出来事もあり注目されていました! 上沼恵美子が 「デヴィ夫人に喧嘩を売った」と話題になっておりました。 どうやら別のTV番組の収録でデヴィ夫人に「太ったわね!」と何度も言われ、 実は上沼恵美子は相当ご立腹だったとか。 それで『上沼恵美子のこころ晴天』というラジオ番組でデヴィ夫人に対してこのような発言が出ました。 こっちだって言いたいことありますよ。 「目いじったね」って言いたいですよ。 整形しないでも綺麗なのに妙な顔になりましたね。 ヒアルロン酸やら打たなくても元々綺麗だった。 デヴィ夫人のときは、整形の技術が優れてないときにしているから目がブルドックみたいになっている。 ブルドックは犬だから可愛いけど、デヴィ夫人は人間だからよくない! 恐らく老化防止の美容整形はされているとは思いますが、若い頃の目の整形はどうでしょうね? 確かに昔も整形手術は存在していたようですが、結局のところ真相は分かりません。 入れ歯の噂はデマ! まだまだデヴィ夫人には逸話があります! 整形の噂と共に浮上してきたのが 『16歳で総入れ歯にした』という噂です。 既に都市伝説化しており事実かどうかも分からなかった「デヴィ夫人入れ歯」説ですが、今では「入れ歯はデマ」という情報の方が信憑性があります。 それは『1周回って知らない話』でデヴィ夫人の歯を検証した時のこと。 医師の方のインタビューで「医者をやって20数年、こんな素晴らしい歯は見たことがない!」と驚いておられました。 しかも 80近い年齢なのに上下合わせて28本全て健康な状態で残っていることが分かりました。 それもこれもデヴィ夫人がの過去がミステリアスで夫人の姿が美しすぎるがゆえに世間の噂も絶えないのだと思います。 すっぴん画像あり 実はデヴィ夫人 『メイク姿とすっぴん姿にギャップがありそうな芸能人TOP5』で 見事2位に輝きました! まあ周りを見ると化粧の濃い芸能人ばかりという印象ですが(笑) こんなところでも話題になるデヴィ夫人ですが気になるすっぴん画像を探してみました! 大けがをされた時にブログにUPされていたデヴィ夫人のお写真です。 これはとても痛々しいお姿ですね。 美しさを追求されていたデヴィ夫人にとってはさぞかし辛い出来事だったと思います。 でもデヴィ夫人のオフィシャルブログではこの大けがのことを 『デヴィ夫人ー海老蔵となる、失礼 私のことです』というお題でジョークも交えて事細かく説明されていました。 必死で昨晩のことを思い出しました。 どうやら、自宅の状況から判断すると、帰宅したあと、三階の寝室への階段を上がっている時、着物の裾を踏んずけてしまい、転倒してしまった。 そして、 階段に顔面をぶつけてしまい、倒れた衝撃で階段に飾ったあった「ふくろう」の絵の額縁が 私の頭に落下したようです。 デヴィ夫人のオフィシャルブログ そしてもうひとつの画像は「熟女の究極美容法」というバラエティ番組ですっぴんを披露した時のお写真です。 デヴィ夫人74歳の時のお写真ということですがうちの母親とは全く比べ物にならないほど綺麗なお肌です(笑) 多少アイメイクや口紅くらいはつけているようですがお肌もピーンと張りがありツヤツヤしていますね! やはり美を貪欲に追及されてきたデヴィ夫人のすっぴんはこの年齢にはそぐわない驚きのハリ・ツヤ感でした! まとめ 最後にデヴィ夫人をまとめます! ・デヴィ夫人の子供は一人娘のカリナさん。 セレブな海外生活中。 ・整形の噂はあくまでも噂の範囲。 ・16歳で総入れ歯はデマ。 28本全て健康な歯でした。 ・デヴィ夫人のすっぴんはやっぱり綺麗だった! まだまだお騒がせなデヴィ夫人ですが彼女の年齢を恐れないバイタリティは今後の日本人に勇気と行動を与えてくれるのでは?と期待しています! 実際 「もう歳だから。 」を言い訳にしている私の母に見習ってほしいと思います。

次の

〇〇の味噌汁を飲んでいた「デヴィ夫人」が社交界の華になれた秘密~あなたもコレで一流営業マンになれる!

デヴィ スカルノ 若い 頃

総入れ歯にした理由は、高級クラブに来るお客様の接待のため。 そう、コパカバーナというクラブは海外の政治家などいわゆるVIPが来る高級クラブでしたが、普通のクラブという側面を持ちながら、働いている女性が口や体を使ってサービスをするお店でもあったんですね。 そのため夫人はお客さんの体を傷つけないように、歯が悪いわけではないけれど全て入れ歯にしたんだそう。 当時はお父様も亡くなりお母さまは内職をしながら借金を返していたというので、どうしても高いお給料が頂ける高級なクラブで働く必要があったのかもしれませんね。 ちなみにコパカバーナでのお給料は、当時のサラリーマンの50~60倍であったというから驚きです。 海外への渡航がまだ自由化されていなかった1960年代当初、日本人で初めて遠く離れたインドネシアの大統領夫人となったデヴィ夫人は、マスコミを中心に世間から注目される存在となります。 そしてその注目はやがて夫人のご家族にも向けられることに。 かねてから病弱だった母・政子さんは相次ぐマスコミへの対応で心労が溜まるようになり、夫人が危篤の知らせを受けてから40日後に急死しました。 さらには悲しみに暮れる夫人に追い打ちをかけるようにして、その2日後に今度は弟の八曾男さんがガス自殺。 理由はセールスマンに全財産を騙しとられてしまったこと、そして母政子さんの死に目に会えなかったことでした。 姉であるデヴィ夫人に迷惑はかけられないと警察にも相談できず、一人思い詰められての発作的なことだったそうです。 後に夫人は「この2つの出来事は、いつまでも心を離れない悲しいトラウマになっている」と語っています。 それまでずっとご家族のために生きてきた夫人にとっては、他人には想像もできないような喪失感だったことでしょう。 デヴィ夫人は2017年初頭にあるテレビ番組の中で、多数の出演者が真逆の意見を言うのに関わらず、ハッキリと「北朝鮮が好きだ」という発言をしています。 理由としては、過去に大統領夫人とうい立場で北朝鮮を訪れたこと、北朝鮮が主催する式典に出席を重ねていることもあるよう。 国家の現状を自分の目で見た上で、日本のメディアは過激に報道し過ぎている、というのが彼女の意見。 日本人拉致事件や人工衛星のテスト問題には北朝鮮擁護の立場から発言を続けています。 しかし、非常に繊細な問題なので番組終了後には多くの視聴者から非難が殺到したと言います。 ただ、彼女によれば「拉致は許されないことでありこれを肯定したはことない。 そういったコメントをする人達はブログをきちんと読んでおらず、心外だ。 」ということ。 拉致に関しては傷ついた人が大勢いるので何とも言えませんが、国際感覚に優れている彼女だからこそ、人とは違ったものが見えているということでしょうか。 どちらにしても、自分の意見をはっきり言う姿勢は崩したことがないようですね。 また、2013年に行われた「朝鮮学校はずしにNO! すべての子どもたちに学ぶ権利を! 31全国集会&パレード」では、在日朝鮮人への安倍総理の政策に疑問と義憤の念で溢れていると発言しています。 北朝鮮に対しての発言では批判を浴びてしまった彼女ですが、ご自身が代表を務めるNPO法人・ESRTH AID SOCIETY アースエイドソサエティ では、「あらゆる命に思いやりを持ち、民族や宗教・歴史に関わらずに兄弟愛で結ばれる」というスローガンのもと、現在までに様々な活動をしています。 一例としては世界各国の団体への人道的支援、動物愛護、災害援助など。 個人的にも国際環境計画にも寄付を送っており、国家のことを語る背景にはその渦中にいる国民を思っての感情があるのかもしれません。

次の