ハウスクリーニング フランチャイズ メリット。 ダスキンフランチャイズ(FC)の特色、加盟の費用やメリットを紹介

ハウスクリーニングで開業・独立・起業

ハウスクリーニング フランチャイズ メリット

コンビニ• 買取・リサイクルショップ・古着屋• 雑貨・アパレル・デザイン• 中古車・自動車・自転車• その他・各種小売• サービス• ハウスクリーニング• 学習塾・個別指導塾・家庭教師• 幼児教育・保育園• 各種スクール• 買取販売(ブランド・貴金属)• 介護・デイサービス・訪問看護• 修理(リペア)・クリーニング• 理美容・整体・リラクゼーション• IT・通信・情報・携帯電話• フィットネス・ジム・スポーツ• コインランドリー• 不動産• その他・各種サービス• 海外FC サービス• ファーストフード・ハンバーガー• 居酒屋・バー• ラーメン• うどん・そば• カレー• お弁当• カフェ・喫茶店・レストラン• たこ焼き・お好み焼き• キッチンカー・移動販売• パン・スイーツ• その他・各種飲食• 海外FC 飲食• 北海道• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 北信越• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県 「体力が落ちて掃除が難しい」「仕事が忙しくて掃除する時間がない」など、生活における日々の悩みを解決するハウスクリーニングサービス。 高齢化や女性の社会進出や共働き世帯の増加など社会の変化に伴い、ますます需要は増加中です! 経済産業省の調査によると2012年の市場規模は約900億円だったのに対し、 将来的には6,000億円の規模にまで拡大すると言われています。 ハウスクリーニングは特別な許認可が不要で個人でも開業しやすい業界ですが、高度な掃除のスキルや宣伝方法、人脈がなければ安定した収入が見込めないのが難点。 フランチャイズなら 本部の知名度や信頼度を活かせるので、開業後はスムーズに経営を軌道に乗せることが可能! 充実した研修制度で、未経験者でも技術や営業スキルをしっかり身につけることができます。 また、 店舗不要で場所も自由に選べるので、低資金・1人での開業可能。 年商1,000万円も目指せる夢のあるビジネスです。 「手に職をつけたい」「やりがいのある仕事がしたい」という方はぜひ、ハウスクリーニングのフランチャイズを検討してみてください!.

次の

おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング

ハウスクリーニング フランチャイズ メリット

ハウスクリーニングで開業・起業しようと思った時、多くの人がハウスクリーニングフランチャイズ加盟店募集を調べたり、資料請求をしたりします。 インターネットでハウスクリーニングフランチャイズの事を調べると、メリットは沢山紹介されているのですが、フランチャイズ加盟のデメリットやフランチャイズ加盟の欠点はあまり紹介されていないのが実際です。 しかし、ハウスクリーニングフランチャイズ加盟のメリットだけではなくデメリットも知りたいですよね。 そこでこの記事では、ハウスクリーニングフランチャイズ加盟した時のデメリットについて調べてみました。 あなたのハウスクリーニング開業起業の参考にしていただければ幸いです。 ハウスクリーニングフランチャイズのデメリットとは? どんなフランチャイズにもメリットとデメリットがあります。 ここからはハウスクリーニングフランチャイズのデメリットについてご紹介いたします。 ロイヤリティの支払いがある フランチャイズ加盟店募集にも必ず記載がある「ロイヤリティ」です。 日常の生活で使う言葉ではないので、なんとなく「加盟店が本部に毎月支払うお金」と認識しているのではとないでしょうか。 このロイヤリティとは、本部が提供するノウハウの利用料、商標やブランドを利用させて頂いている看板代として加盟店が支払うお金になります。 例えば、おそうじ本舗のフランチャイズでは、毎月固定6万円のロイヤリティ支払いがあります。 月額6万円と聞くと、安定した売り上げがあれば大した負担ではないように思えるかもしれません。 しかしロイヤリティは必ず毎月支払いがあるため、• 開業したばかり• 売上が低迷している時期• 事情があり休業している時期 など、売上が少ない時期には、ロイヤリティの支払い負担が辛くなる場合があります。 経営に自由度はない ハウスクリーニングのフランチャイズでは、通常、運営方法からサービス、料金などを本部が全て決めています。 そのためお客様からしたら、全国展開しているフランチャイズだと、全国一律の料金だったり、全国統一されたサービスの提供が受けられるという安心感があります。 しかし、フランチャイズ加盟して開店した場合、加盟店が「独自のサービスを提供したい」「独自アイディアの企画を実施したい」と思っても、本部の運営方針に沿った経営をする必要があるため、経営に制限されます。 起業した以上、経営者として自由にアイディアを活かして経営したいと思うこともありますが、フランチャイズ加盟では経営に自由度はありません。 他店との差別化ができない ハウスクリーニングフランチャイズでは、近隣に同じフランチャイズの加盟店が出店することがあります。 出店募集エリアは決められていても、チラシポスティングなどの営業活動はエリア関係なく自由にできるフランチャイズがあります。 このような場合、同一フランチャイズブランドで同一サービスの提供となり、他店との差別化が図れず、売上が下がってしまうということもあります。 不祥事などの影響を受けるリスクがある ハウスクリーニングのフランチャイズだけの話ではなく、フランチャイズ加盟では、も不祥事などの影響を受けるリスクがあります。 ハウスクリーニングではありませんが、ある飲食店でアルバイト従業員さんがSNS投稿した動画が問題となり毎日のようにテレビニュースで話題にされていたことがありました。 その結果、そのフランチャイズ全体で売上が減少してしまったとニュースになっちました。 他店の従業員の方が起こした不祥事で、ブランドイメージが低下っしてしまい、加盟店全体が影響を受けるといったこともあり得るのです。 フランチャイズ加盟では、加盟店で従業員が不祥事を起こしたとか、ブラック企業だと報道されてしまったとか、加盟店と本部が裁判紛争しているなど・・・フランチャイズのブランドイメージ低下が売上減少、経営悪化になるリスクがあるということです。 自由に廃業できない ハウスクリーニングフランチャイズ加盟した場合には、契約期間が定められています。 契約期間は、1年などの短い契約期間のハウスクリーニングフランチャイズもありますが、長期契約のハウスクリーニングフランチャイズもあります。 ハウスコンシェルジュ 1年契約• おそうじ本舗 2年契約• おそうじ革命 3年契約 ハウスクリーニングで開業起業した人の中には、「売上不振が続いている」「自分には仕事が合わなかった」「体力的に続けるのが厳しく廃業したい」と何らかの事情で廃業したいという加盟店が一定数居ます。 しかしハウスクリーニングフランチャイズ加盟して起業した場合、契約期間中の廃業するためには、解約金や違約金を支払う必要があります。 また、ハウスクリーニングフランチャイズ開業した時、加盟金や研修費などを自己資金の現金一括払いではなく、リース契約や日本政策金融公庫などの金融機関から融資を受けて開業している人も多数います。 リース契約や融資を利用し開業していて、支払い期間が残っている場合は、廃業した後にもリースや融資の返済が残ることになり、違約金や解約金と一緒にこれらの返済も必要となります。 同業種で開業できない ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟時の契約書の中には、「フランチャイズを辞めた後何年間は、同業種の仕事ができない」といった競業避止義務(きょうぎょうひしぎむ)という内容が書かれています。 簡単に言うと、辞めた後は同業種の営業は禁止ですよという契約です。 本来であれば、ハウスクリーニングのフランチャイズ契約は、契約期間後には、契約更新せずフランチャイズを辞めて、ハウスクリーニング業を独自で開業することができるのです。 しかし、本部からしたら、フランチャイズを辞めて独自でハウスクリーニング開業されてしまっては、営業ノウハウの流出や、ライバル店が増えていってしまうことになります。 そのため辞めた後のハウスクリーニング業ができな契約となっています。 もし将来は、フランチャイズを解約して、独自で起業したいと思うことがあると、ハウスクリーニングをフランチャイズ加盟で起業することは、十分デメリットとなります。 まとめ ハウスクリーニングフランチャイズ加盟のデメリットについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? これからハウスクリーニングフランチャイズに加盟検討しているんだけど不安があるという人にぜひ読んで頂きたいと思います。 ハウスクリーニングフランチャイズ加盟は、メリットもデメリットもあります。 私自身もハウスクリーニングフランチャイズの資料請求をしたり、説明会にも行き検討した経験があります。 加盟検討している方ならば、資料請求したパンフレット、ユーチューブも見ますし、ホームページや口コミなども調べていると思います。 ハウスクリーニングフランチャイズで成功された方も紹介されていますが、失敗してしまった方や裁判した元加盟店の方、中途解約して独自で開業した方など、いろいろな情報を読んで不安になると思います。 不安はなくなることはありませんが、あなたの情報収集のお役にたてていただければ幸いです。 あなたのハウスクリーニング起業を応援しています。

次の

フランチャイズで独立しよう!メリットやその問題点までを解説!

ハウスクリーニング フランチャイズ メリット

フランチャイズの評判 そりゃそうですよね。 フランチャイズに加入・加盟しているのに、仕事も少ないし、やっとこさ、 独立して自分がトップで仕事をするはずが、フランチャイズに加入・加盟したばかりに、お金を多く持っていかれるとなると何の為に働いているのか、わからなくなりますよね。 そして、フランチャイズの評判によっては、悪い影響をうける場合もあります。 フランチャイズで悪い影響を受けて失敗 フランチャイズの加盟店もあなたも仮に同じフランチャイズの中にいれば、悪いこともあなたの看板であるフランチャイズの評判になってしまいます。 あなたがどんなに丁寧にお客さんに対応していようが、心無い加盟店が1店舗でもあればその悪い噂はたちまち広まってしまいます。 ぼくだったら、絶対にやらないです。 だって、そんなことをしなくても、 集客できますから。 フランチャイズに加入・加盟すると研修期間が設けられますが、その期間にぼくがやっている事を実践していったほうが、オーナーさんから直接仕事がもらえるし、間にフランチャイズも居ないので、マージンを取られることもありません。 当然、その間に清掃技術や清掃の心得は学ぶ必要はあります。 ただし、難しいことではありません。 手(作業)が遅くても丁寧に行なえば、お客さんとも信頼関係が生まれます。 信頼関係が生まれれば、そのお客さんが新しいお客さんをまた連れて来てくれます。 フランチャイズのランキング比較と料金 フランチャイズのランキング比較と料金 比較とか料金とかを出してもあまり意味がないかもしれませんが、一応打ち出していきます。 Daiohsの開業資金とランキング比較 開業資金:250万円(10年) 内訳は• 加盟金100万円• 保証金50万円• 3%の請求が来ることを考えると50万円の売上が仮に出て、41万円の利益がでるので御の字と思いたい所ですが、実際には・・・ その他の交通費などを考慮していかないとならないでしょう。 それに加えて、いくらかかるのか洗剤代。。。 洗剤代で10万円前後の覚悟は合った方がいいでしょう。 おそうじ隊501の開業資金とランキング比較 開業資金250万円(10年) 内訳• 加盟金70万円• 研修費30万円• 資機材費150万円• 車両費約80万円• 必要備品(PC,FAXなど)約50万円 売り上げの6%がロイヤリティとまぁまぁですね。 営業部分がどのようになっているのか。 また、10年後には、再契約?というところが焦点でしょうか。 おそうじ本舗の開業資金とランキング比較 開業資金231万円(税抜)2年間• 加盟金20万円• 保証金20万円• 研修・講習費26万円• 機材費145万円• システム導入費15万円• 開業支援チケット5万円• 2年後再度加入ですか? 大きな金額が2年おきに動く事になります。 しかも2名は確保しなくてはいけない点にも注意です。 開業資金としては、高く感じますね。 約400万円?? その辺りで折り合いがつけば、良いのではないでしょうか。 フランチャイズのランキング比較と記事にしましたが、どれも一緒かな。 と思うので、ランキングはつけられませんでした。 フランチャイズの現状 はっきりお伝えすると、どのフランチャイズでも飽和が起きています。 知恵袋でもこの様な記事が書かれている。 相当厳しい現状なので、フランチャイズを検討されている方は上記の内容を確認した方が良さそうです。 フランチャイズの看板とあなたという看板 フランチャイズの看板はそれこそフランチャイズの本部のですよね。 CM費用をかき集めて沢山の加盟店に振り分けて居るようにも見えます。 ですが、小さな円のなかで加盟店が集まりすぎていて仕事がない状況なんですね。 ところが、あなたという看板ならばどうでしょう。 あなたは1人しかいませんので、あなたという人柄が営業になり、良い仕事をすれば、新しい仕事が頂けます。 そして、あなたの円はそのほかの人に乱されることはないのです。 つまり、営業はぼくの方法を学んでもらえれば、お客さんはネットから集客できます。 そうした連鎖で仕事が増えます。 決して楽ではありませんが、すべて自分に跳ね返ってきます。 売り上げをフランチャイズみたいに横取りされることもありません。 一連の流れもご確認ください。

次の