軽 自動車。 【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

軽自動車 車検費用

軽 自動車

5リットル超2リットル以下、総重量1t超〜1. 5リットル超2リットル以下、総重量1t超〜1. 各維持費の節約方法 駐車場にガソリン代、車検に消耗品費と車を維持するためには結構お金がかかるもの。 上手に節約して負担を減らしたいですね。 そのためのコストカット方法をお伝えいたします。 自家用車を持たない 究極はこれです。 最近ではガソリンスタンドなどを拠点として格安レンタカーも増えてきましたので、使うときだけ借りれば維持費はかかりません。 また会員間で車をシェアする「カーシェアリング」もおススメです。 「車はあるけど、あまり乗らない」と言う方は検討してみてはいかがでしょうか。 リースの車を利用する カーリースは、客が乗りたい新車をリース会社が代わりに購入し、月々のリース料を徴収して貸し出す仕組みです。 クルマの所有者はリース会社となるため各種税金の納付などはリース会社が行います。 リース期間は自分のクルマのように乗ることができます。 軽自動車に買い替える これまでも説明したとおり、もっともコストパフォーマンスが高いのが軽自動車です。 車両価格はコンパクトカーと変わりなく、むしろそれよりも高い場合もありますが、長く所有するなら維持費の安さで十分ペイできます。 ファミリー向けからオープンカーまで多彩なモデルが揃っていますので、ライフスタイルによってお選びください。 エコカー減税対象車を選ぶ エコカーとは二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)などの排出量が少なく、燃費もよい自動車のこと。 燃費が良く環境にも優しいため各メーカーが販売しています。 しかもエコカー減税対象車の重量税は、半額になります。 総重量が重い車ほどお得で、2,500kg〜3,000kgの車にいたっては15,000円も安くなります。 いいことづくめと言えますね。 駐車場を変更する 現在利用している駐車場を見直してみましょう。 屋根の有無などの条件を変更すれば、今よりも安い駐車場が他に見つかるかも知れません。 駐車場無料または低額の物件に引っ越すという方法もあります。 駐車場代を家賃に含めることで、場所によっては今よりも良い物件に住めるかも知れませんよ。 自動車保険を見直す 現在加入中の保険会社や保険のプランを見直すことで保険料を安く済ませることができます。 ロードサービス目的でJAFに入会しているのなら、その補償が付いた保険に入ることでJAFを脱会して費用を浮かすこともできます。 まずは保険会社に見積もりを請求してみてください。 また、自動車保険は事故率の低い車種であればあるほど保険料が安くなる「型式別料率クラス」を採用しています。 保険料を安くできる可能性がありますので、車選びのときに料率クラスも検討材料にするとよいでしょう。 近くの安いガソリンスタンドを利用する いくら1、2円安くても遠くのガソリンスタンドを利用しては結局割高になります。 家の近くで安いガソリンスタンドを探しましょう。 支払いはそのガソリンスタンドの会員価格になるクレジットカードは割引率が高く、ポイントも付くのでお得です。 上手に利用してください。 ユーザー車検を利用する 自分で軽自動車検査協会や陸運支局に車を持ち込み、車検を通すのが「ユーザー車検」です。 費用は手数料を含めた法定費用のみ。 書類の記載方法は見本を見れば誰でも書けますし、検査レーンも係員が親切に教えてくれるので心配なし。 もっとも安く車検を通すことができます。 ただし、ユーザー車検では不具合の整備ができなかったり、不合格になった場合は再度検査を受ける必要があったりとデメリットもあります。 メリット・デメリットを理解したうえで利用しましょう。 車両価格は約40万円もの差がありますので、実は長距離トラック並みに走る人でもない限りコストパフォーマンスは良いとは言えません。 しかもハイブリッド車はガソリン車よりもバッテリーが高価です。 そのため盗難件数も多く発生しています。

次の

軽自動車の車検費用の目安は?車検相場や費用の内訳、必要書類などを徹底紹介

軽 自動車

5リットル超2リットル以下、総重量1t超〜1. 5リットル超2リットル以下、総重量1t超〜1. 各維持費の節約方法 駐車場にガソリン代、車検に消耗品費と車を維持するためには結構お金がかかるもの。 上手に節約して負担を減らしたいですね。 そのためのコストカット方法をお伝えいたします。 自家用車を持たない 究極はこれです。 最近ではガソリンスタンドなどを拠点として格安レンタカーも増えてきましたので、使うときだけ借りれば維持費はかかりません。 また会員間で車をシェアする「カーシェアリング」もおススメです。 「車はあるけど、あまり乗らない」と言う方は検討してみてはいかがでしょうか。 リースの車を利用する カーリースは、客が乗りたい新車をリース会社が代わりに購入し、月々のリース料を徴収して貸し出す仕組みです。 クルマの所有者はリース会社となるため各種税金の納付などはリース会社が行います。 リース期間は自分のクルマのように乗ることができます。 軽自動車に買い替える これまでも説明したとおり、もっともコストパフォーマンスが高いのが軽自動車です。 車両価格はコンパクトカーと変わりなく、むしろそれよりも高い場合もありますが、長く所有するなら維持費の安さで十分ペイできます。 ファミリー向けからオープンカーまで多彩なモデルが揃っていますので、ライフスタイルによってお選びください。 エコカー減税対象車を選ぶ エコカーとは二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)などの排出量が少なく、燃費もよい自動車のこと。 燃費が良く環境にも優しいため各メーカーが販売しています。 しかもエコカー減税対象車の重量税は、半額になります。 総重量が重い車ほどお得で、2,500kg〜3,000kgの車にいたっては15,000円も安くなります。 いいことづくめと言えますね。 駐車場を変更する 現在利用している駐車場を見直してみましょう。 屋根の有無などの条件を変更すれば、今よりも安い駐車場が他に見つかるかも知れません。 駐車場無料または低額の物件に引っ越すという方法もあります。 駐車場代を家賃に含めることで、場所によっては今よりも良い物件に住めるかも知れませんよ。 自動車保険を見直す 現在加入中の保険会社や保険のプランを見直すことで保険料を安く済ませることができます。 ロードサービス目的でJAFに入会しているのなら、その補償が付いた保険に入ることでJAFを脱会して費用を浮かすこともできます。 まずは保険会社に見積もりを請求してみてください。 また、自動車保険は事故率の低い車種であればあるほど保険料が安くなる「型式別料率クラス」を採用しています。 保険料を安くできる可能性がありますので、車選びのときに料率クラスも検討材料にするとよいでしょう。 近くの安いガソリンスタンドを利用する いくら1、2円安くても遠くのガソリンスタンドを利用しては結局割高になります。 家の近くで安いガソリンスタンドを探しましょう。 支払いはそのガソリンスタンドの会員価格になるクレジットカードは割引率が高く、ポイントも付くのでお得です。 上手に利用してください。 ユーザー車検を利用する 自分で軽自動車検査協会や陸運支局に車を持ち込み、車検を通すのが「ユーザー車検」です。 費用は手数料を含めた法定費用のみ。 書類の記載方法は見本を見れば誰でも書けますし、検査レーンも係員が親切に教えてくれるので心配なし。 もっとも安く車検を通すことができます。 ただし、ユーザー車検では不具合の整備ができなかったり、不合格になった場合は再度検査を受ける必要があったりとデメリットもあります。 メリット・デメリットを理解したうえで利用しましょう。 車両価格は約40万円もの差がありますので、実は長距離トラック並みに走る人でもない限りコストパフォーマンスは良いとは言えません。 しかもハイブリッド車はガソリン車よりもバッテリーが高価です。 そのため盗難件数も多く発生しています。

次の

【公式】おくるま!ストア|軽帯(ケータイ)自動車

軽 自動車

コンパクトカーと比べても今どきの軽自動車は高額 軽自動車は日本独自のベーシックカーだ。 かつては価格の安さと維持費の安さが売りだったが、いつの間にか価格が高騰。 NAで150万円、ターボで170万円したりする。 一例として、いま日本でもっとも売れているホンダN-BOXを例に挙げると、もっとも廉価な標準車のNA、G Honda SENSING FFで141万1300円。 ターボともなれば、最高価格のカスタムG・EXターボHonda SENSINGのFFで199万6500円。 その4WDだと、あっと驚く200万円超えである。 その好ライバルであり、最新の日産ルークスにしてもプロパイロットが付くハイウェイスターXプロパイロットエディションのFFが184万3600円。 ハイウェイスターGターボプロパイロットエディションに至っては193万2700円である。 もちろん、スズキ・ハスラーの例が示すようにHYBRID GのFFで136万5100円から、HYBRID XターボのFFで161万2600円と、どの軽自動車も幅広いプライスレンジを持っていることは確かだが、たとえば新型ホンダ・フィットが150万円台から、トヨタ・パッソの中間グレードが130万円台から買えることを考えると、やはり今どきの軽自動車は高すぎじゃないか!? と思って当然だ。 しかし、それでも軽自動車は売れに売れていて、なんと2020年2月の新車全体の販売台数ベスト6を軽自動車が占めているのだ。 具体的には1位N-BOX1万9177台、2位日産デイズ1万5495台、3位ダイハツ・タント1万4496台、4位スズキ・スペーシア1万3945台、5位ダイハツ・ムーブ1万1570台、6位ホンダN-WGN1万1121台。 そして登録車を含めると7位トヨタ・ライズ9979台(登録車1位)、8位日産ノート9913台(登録車2位)、9位トヨタ・カローラ9898台(登録車3位)、10位日産セレナ8647台(登録車4位)……が新車販売台数ベスト10となる。 とくにN-BOXは圧倒的だ(新型ルークスの登場で勢力図は変わるかもしれない)。 もちろん、軽自動車には比較的リーズナブルな価格帯のグレードもあるわけだが、それでも全体的には「安い」クルマとは決して言えないのが実情だ。 にもかかわらず、売れている理由はまず狭い駐車場や狭い道でもスイスイ走りやすいサイズにある。

次の