スタ 速。 【超速GP】コースアウト・バウンドしないマシンのセッティングまとめ【ミニ四駆超速グランプリ】|スマホゲーム攻略隊

【超速GP】コースアウト・バウンドしないマシンのセッティングまとめ【ミニ四駆超速グランプリ】|スマホゲーム攻略隊

スタ 速

概要 [ ] 5月にで発売された。 国内では同年8月に先行予約を開始し、に発売された。 当時のマツダは5チャンネル体制を敷いており、その内の店の第一弾車種として「 ユーノス・ロードスター」の名称で発売された。 発売初年には国内で9307台を販売、翌年は世界で9万3626台を販売してスポーツカーとしては大ヒットとなった。 このロードスターの成功を受け()や()などの国産メーカーだけでなく、()や()、()、()、()といった海外メーカーまでが影響を受け、中小型オープンカーが開発された。 消滅しかけていたと思われていたライトウェイトスポーツカー市場が活性化する起爆剤になった。 には生産累計53万1,890台を達成し、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としての認定を受けた。 また、の生産累計70万台達成時、の生産累計80万台達成時、の生産累計90万台達成時にも記録更新の申請を行い認定されている。 そしてにはついに生産累計台数100万台を達成した。 日本国外では マツダ・MX-5(Mazda MX-5)の名称で販売されている。 なお、北米では マツダ・MX-5ミアータ (Mazda MX-5 Miata)と呼ばれており、単にペットネームの ミアータ(Miata)と呼ばれることもある。 「ミアータ」は古語で「」「」を意味する。 マツダは2019年から国内の車名を海外名と順次統一しているが、ロードスターに関しては統一せず名前を残すとしている。 発売直後から全国でオーナーズクラブが発足し現在も活動を続けている。 誕生10周年、誕生20周年に合わせた記念ミーティングがマツダ三次テストコースで開催され、日本全国だけでなく、及びからもオーナーが集まった。 1989年から自動車メディア関係者による「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」がで行われており、以降1991年を除く毎年9月に開催されている。 後に平井の退職に伴い、開発の担当であったが主査を引き継いだ。 プロダクトデザインは田中俊治、ら数名の手によるものである。 開発の発端 はマツダが北米に開設していたMAZDA RESEARCH of AMERICA(以下MRA)のスタッフが空港に向かう車中で「のようなライトウェイトカーがあれば」と話したこととされている。 それを受けて、当時MRAに在籍していた福田成徳 らがデザインコンセプトをまとめた。 デザインコンセプトは有志の手によって試作車となり、イギリス、アメリカで実際に走行試験が行われた。 この走行試験を見かけた一般車が試作車を追いかけてきて「代金はいくらでも払うから譲ってほしい」と言われた逸話がある。 この試作車はマツダ社内に保管されており、2009年夏に20周年イベントのプレイベントにて展示公開された。 その後も開発は、日本国内の工場の隅にある、通称「リバーサイドホテル」と称される施設で、有志により継続された。 その後、有志によって「ライトウェイトオープン スポーツ」の存在がマツダ社内でプレゼンされ、正式開発の指示の下、正式開発ラインに初めて乗ることになる。 開発に当たってのキーワードは「人馬一体」とされた。 当時、マツダのデザイン拠点は広島本社とは別に前述のMRAの他、横浜にあるデザイン本部 MRY 、そしてヨーロッパ MRE にも展開されており、これら3拠点で練られたデザインが持ち寄られ、最終的なデザインの方向性が決められた。 主となるデザインはMRA提案であったが、後の開発過程で贅肉をそぎ落としていくことになる。 当時のデザインコンセプトは「ときめき 」である(その後デザインコンセプトは「ひびき」、「語らい」と続いていく)。 デザインモチーフには「日本の伝統」を記号化したものが多く用いられた。 フロントマスクは、のひとつである「小面」、フード部分で盛り上がり、サイドウィンドウに沿ってなだらかに下がって再び盛り上がるサイドのラインは、同じく能面のひとつである「若女」を横から見た姿にインスパイアされている。 そして車体の曲面は光の映り込みまで計算されている。 シート表面のパターンは表の模様、リアコンビランプはのが使ったの形をデザインしている。 独特の形状のアウタードアハンドルは、あえて従来のものとは一線を画すようにデザインされた。 これは、日本の茶室の「くぐり戸」から入る際の緊張感と同列の感覚をロードスターの運転を前に感じて欲しいという、開発者からのメッセージでもある。 にはを採用。 は、デザイン性と機能性の両立を評価され、 MoMA に展示・永久収蔵されている。 なお、スペースの都合で車両自体の展示が出来ず、ロードスターのアイコンとして田中俊治が提示したのがこのパーツであった。 量産モデル決定後、他の市販車ではあり得ない約1年半という期間で市場にデビューすることになる。 灰皿のシボ模様はロードスターの室内樹脂部品のシボ模様と異なるが構成部品として採用された。 なお、ユーノスチャンネルはに伴うマツダの経営戦略の見直しにより1996年3月末で廃止されたため、名称は「ユーノス・ロードスター」のまま販売チャンネルは店に移った。 最初期のモデル以降、2度の大きなマイナーチェンジを受ける。 排気量の変更を始め、各部剛性の向上など性能は大きく変化することになるが、エクステリアに関しては大きな変更はなく、どのモデルも大きな違いはない。 2004年、米国のスポーツカー専門誌、の選出したで第1位を獲得した。 20世紀に生産された乗用車の中から、世界32か国、約130名の選考委員により選び出すではベスト100に入った。 なお、には4代目モデルのに壮年男性の運転する本モデルのロードスターが登場している。 NA6CE [ ] NA6CE型(末尾のEはEunosのE)は初代の最初のモデルである。 1,600ccの16バルブエンジンを搭載する。 このエンジンのベースはに搭載されていたで、への変更や吸排気系の高効率化、の高回転化、軽量部品の使用などの改良が施された。 これらの改良によりファミリアのB6型と較べてレブリミットが200rpm、最高出力が5ps上昇した。 レイアウトとしてはエンジンの重心を前輪の車軸より後方に配置するフロントミッドシップを採用し、やも間に収め、を前輪は後側、後輪は前側に配置するなど、を減らすために徹底して重量物を中央に寄せる工夫がなされている。 また、バッテリーをトランクに設置するなど前後の重量配分を整え、2名乗車時で50対50の理想的な前後重量配分を実現している。 はレバー比4. 4、ストローク45mmと当時の日本車では最小のショートストロークで、手首を返すだけでも操作が可能である。 トランスミッションは当初は5速MTのみであったが、3月に4速ATが加わった。 はマツダでは初となるが前後とも採用された。 また、ミッションケースとケースを結合するパワープラントフレーム(PPF)の使用により、駆動部の剛性を高めてダイレクト感のあるアクセルレスポンスやシフトフィールを実現している。 フロントミッドシップのレイアウトやダブルウィッシュボーン式サスペンション、パワープラントフレームは後の世代のロードスターやFD3S型、にも採用されている。 、カバー、PPFなどを製にするなど軽量化も徹底され、車重は940kg - 950kgに収められている(AT車は980kg)。 ソフトトップは手動式である。 オープン時には畳んだ幌の見栄えを考慮し、幌収納部を覆うトップブーツが標準装備。 オプションでデタッチャブルハードトップが用意された。 左右サンバイザーはオープン時に飛び出さないように2分割式のものを採用。 オープンで車を離れるときのために、鍵付きのボックスと助手席前グローブボックスを備える。 センターコンソールボックス内部にはフューエルリッドオープナーがあり、1991年8月にはトランクオープナーも併設された。 ラジオアンテナはネジ形状による差込脱着式であったがその後、電動式に変更された。 グレードは当初標準車に加え、製本革巻きやアルミ、、を装備するスペシャルパッケージのほぼ単一グレードの展開であった。 後に標準車にパワーステアリングとパワーウインドウだけを装備するMタイプが追加された。 1990年7月には製ウッドステアリング、ウッドシフトノブ、ウッドサイドブレーキやタンカラーの内装などを装備したVスペシャル、7月にはナルディ製本革ステアリング、本革シフトノブ、本革サイドブレーキや製ダンパー、製アルミホイール、リアスポイラーなどを装備したSスペシャルが追加された。 当初のボディカラーは「クラシックレッド」、「シルバーストーンメタリック」、「クリスタルホワイト」、「マリナーブルー」の4種類。 その後追加されたVスペシャルが「ネオグリーン」と「ブリリアントブラック」(ブラックは8月に追加)、Sスペシャルが「クラシックレッド」と「ブリリアントブラック」である。 また限定車「Jリミテッド」専用色として「サンバーストイエロー」も設定(Aピラーも同色のイエロー)幌はブラックのみ。 オプションのデタッチャブルハードトップは当初、熱線なしのブラックとレッドの2種類が用意され、1990年8月にブルー、シルバー、ホワイト、グリーンを追加。 価格は標準車で170万円、スペシャルパッケージで180. 5万円、VスペシャルやSスペシャルは200万円以上の設定であった。 NA8Cシリーズ1 [ ] NA8C シリーズ1 Vスペシャル 7月にマイナーチェンジが行なわれ、1,600ccのB6型エンジンを改良して1,800ccのBP型エンジンに変更された。 の拡大は国内外からの1,600ccエンジンのパワー不足を指摘する声を反映したもので、この改良を受けて型式も NA8C型となる。 6mmからボア83. 0mmに拡大され、のさらなる高速化なども行なわれ、最高出力は10ps、最大トルクは2kgf・mアップしている。 また、は全体的にアップ(特に低中回転域が向上)しており、それに合わせてファイナルが4. 3から4. 1に変更。 また、ボディの補強やブレーキローターの大型化、LSDのビスカス式からトルセンへの変更、ホイールのリム幅の拡大などが行なわれた。 これらの改良により重量も増加してしまい車重は40kg程度増加してノーマル車で980kg、それ以外で990kgとなった(AT車は1,020kg)。 出力やトルクはアップしたものの、ファイナルギアレシオの設定(4. 3から4. 1へ変更)や補強による重量増によってほぼ相殺された。 グレード構成は従来の4種類に加え、Vスペシャルにタイプ2を追加。 Vスペシャルタイプ2にはVスペシャルの装備に加え、タンカラーの幌が装備された。 また、Vスペシャルのタイプ1、タイプ2ともにオープンカー用に開発されたセンソリーサウンドシステムを標準装備する。 さらにノーマルグレード以外には電動アンテナを採用(ノーマルグレードは従来の着脱式アンテナ)。 スペシャルパッケージとVスペシャルに電動格納式のを採用。 ボディカラーはノーマルとスペシャルパッケージが「クラシックレッド」「シルバーストーンメタリック」「シャストホワイト」の3色、Sスペシャルが「ブリリアントブラック」とシリーズ1専用となる車から転用の「ラグナブルーメタリック」の2色、Vスペシャルが「ブリリアントブラック」「ネオグリーン」の2色が初期のラインナップで、12月にノーマルに「ブリリアントブラック」、VスペシャルとSスペシャルに「シャストホワイト」追加された。 価格はNA6CE型から5万円程度上昇。 Vスペシャルのみセンソリーサウンドシステムの装備などの影響で大幅に価格が上昇して230 - 240万円(約20万円増)となっている。 NA8Cシリーズ2 [ ] 8月にNA8C型の短所となってしまった加速感などのフィーリングを向上させるマイナーチェンジが行なわれた。 エンジン制御のを8bitから16bitに変更することで高回転域での燃焼を最適化してトルクを向上、軽量の使用、ファイナルギアが加速重視のギア比へ変更(MT車のみ4. 1から4. その他、変更点としてはをウィンドウ接着タイプに変更。 それに伴いインストゥルメントパネル内に収められていたルームランプをフロントトリムヘッダー中央へと変更。 2分割式だったを一枚タイプに変更、メーターのメタル調リング、ヘッドレストスピーカーを廃止(センソリーサウンドシステム装着車を除く)、ドアトリムのグリップアシストをNA6CEと同形状のアームレストタイプへと変更、標準装備だったトップブーツをオプションに変更、衝撃吸収ステアリングの採用などがある。 また、1996年12月に一部改良され、全グレードにモモ製内蔵ステアリングが装備される。 グレード構成はさらにMパッケージとSスペシャルにタイプ2が追加された。 Mパッケージはノーマルとスペシャルパッケージの中間的なグレードでスペシャルパッケージからアルミホイールやLSDが除かれる。 Sスペシャルタイプ2にはSスペシャルの装備に加え、15インチのホイールなどを装備する(標準は14インチ)。 価格はシリーズ1より下回るか、ほぼ同程度となる。 ノーマルは169万円とNA6CE型よりも安くなっているが、これはトップブーツなどの標準装備を減らしたことなどが影響している。 内装 年表 [ ]• 2月 - で「 MX-5 Miata」として発表。 9月 - ユーノス店から「 ユーノス・ロードスター」として発売。 3月 - AT仕様を追加。 8月 - 「 Vスペシャル」発売。 7月 - 特別仕様車「 J LIMITED」発売。 ボディカラーを専用色サンバーストイエローとしたモデル。 「J」はで黄色を表すjaune(ジョーヌ)から。 限定800台。 発売当日に予約受付完了、抽選での販売となった。 8月 - 「Vスペシャル」にブラックカラーを追加。 12月 - 特別仕様車「 M2 1001」発売。 限定300台。 価格は340万円。 1990年代前半にマツダが東京・世田谷の環状八号線沿いに置いていたでカスタムされた。 ホイールはパナスポーツ製。 内装もアルミ製4点式、機械式、センターコンソールレス、専用などで。 エンジンは専用のカムシャフトとピストンが組み込まれノーマル比から10馬力向上となった。 購入希望者はM2本社ビルに来訪の上手続きし、抽選、当選した場合の納車も本社でしか行なわなかった。 8月 - 安全装備を追加。 9月 - 「 Sスペシャル」発売• 11月 - 特別仕様車「 M2 1002」発売。 300台生産の予定とされたが、100台目の受注で生産を終了した。 第2弾。 前回の1001とは異なり、動力関連には手を入れず、内外装を非常にエレガントに仕上げた「大人のためのスポーツカー」をコンセプトとした。 外装色ブレイブブルーマイカ。 専用のフロントノーズを装備するのは1001と同じだが、形状は異なる。 内装が豪華でアイボリーの専用本革シートは風合いを重視しトップコートを従来品に比べて薄くしており、スピーカー穴が開くことを嫌いヘッドレストスピーカーは廃止された。 クラッシュパッドから下部分の色はアイボリーになっており、シートベルトもアイボリー、ベルベットブルー起毛地張りのダッシュボード、本木目張りのセンターパネルなどが装着されている。 ソフトトップ自体は「Vスペシャル」と同様のタン色でソフトトップカバーはアイボリー。 12月 - 特別仕様車「 S LIMITED」発売。 Sスペシャルベース。 限定1,000台。 イギリスやアメリカの古典的スポーツカーに多く見られる赤の内装をロードスターで初採用した。 外板色はブリリアントブラック。 シートは赤の本皮シート。 さらに専用の14インチアルミホイール(メッシュ部分がゴールドペイントになっている)を装備。 内装は前記のとおりやや濃い目の赤となっており、ダッシュボードのトップ部分以外はすべて赤である(シートベルトやソフトトップカバーも赤)。 7月 - 商品改良を実施。 8リットルDOHCエンジンを採用。 「 VスペシャルタイプII」を発表。 11月 - 特別仕様車「 TOKYO LIMITED」名前のとおり東京地区ディーラーのみで発売。 限定40台。 前述のM2 1002用に作られ在庫として残っていたアイボリーの内装を、通常販売モデル(ブリリアントブラックのスペシャルパッケージ)に装着したモデル。 12月 - 特別仕様車「 J LIMITED II」発売。 限定800台。 2年前に出たJ LIMITEDと同じくサンバーストイエローの外板色。 ただしAピラーはブラックアウトされており、アルミホイールのデザインも異なる。 2月 - 生産累計台数30万台達成。 特別仕様車「 M2 1028」発売。 第3弾で最後のモデル。 限定300台。 1001、1002と異なり全国のディーラーで販売される。 再び走りを重視した変更が行なわれた。 外装色はシャストホワイト PT とブルーブラック HQ の2色。 外装はドアミラーがヴィタローニ製セブリングを採用 ミラーの台座部に「M2 INCOPORATED」と刻印のあるもの 、右前のトーイングフックをアルミ製のレッドアルマイト仕上げの物へ変更され、NA型に装備されている右前以外のトーイングフックは徹底した軽量化の為に取り外され、別添付の箱に入れられデリバリーされた。 ホイールはNA8C純正アルミホイールと同形状の14インチだが、スポーク部分を肉抜きして軽量化し、ガングレーに塗られている。 トランクリッドもアルミ製で、形状もノーマルと異なる後端中央が盛り上がったダックテール状となっている。 またNA型全モデル中唯一のハードトップ標準装備モデル。 そのハードトップは従来品に比べFRPの比重が軽く、またリアウインドウはガラス製ではなくポリカーボネイト製とするなどして軽量化されていた。 幌は装着されておらず、簡易式の幌を緊急用としてオプションで設定していた。 内装はアルミ製10点式ロールバー、センターコンソールレス、左右ともエスケレート製フルバケットシート、専用メーターフェイスなど。 エンジンも手が入り、専用のカムシャフト、ピストン、エキゾーストマニホールド、エアクリーナーへ変更され10馬力向上。 7月 - 特別仕様車「 RS LIMITED」発売。 限定500台。 Sスペシャルベース。 専用色モンテゴブルーマイカ。 専用シート2脚、15インチBBSホイールを純正装備。 最終減速比4. 3のデフを搭載する。 12月 - 特別仕様車「 G LIMITED」発売。 限定1,500台。 7つの特別装備が追加されたモデル。 専用色サテライトブルーマイカに紺色の幌。 2月 - 特別仕様車「 R LIMITED」発売。 限定1,000台。 Sスペシャルベース。 専用色サテライトブルーマイカに紺の幌。 内装は赤。 BBS製15インチホイール装着。 この内最終ロットの106台はシャストホワイトになった。 8月 - 商品改良を実施。 軽量フライホイールを採用し、エンジンの応答性を向上させた。 限定700台。 Sスペシャルベース。 コンビネーションAは外板色アールヴァンレッドマイカにタンの幌、トープの革シート(センティアと同じ革素材)。 コンビネーションBは外板色エクセレントグリーンマイカに緑の幌、黒の革シートで限定800台。 双方とも純正オプションで設定のあった15インチアルミホイールを装備。 内装はシフトノブ、パーキングブレーキレバーがアルミの専用品となり、カーボン模様のメーターカバー(VR Limitedロゴ入り)が付いた。 またシフトブーツの周りには純正オプションのアルミプレートが付いている。 12月 - 特別仕様車「 R2 LIMITED」と「 B2 LIMITED」発売。 R2は限定500台。 Sスペシャルベース。 外板色シャストホワイト。 純正オプションの15インチアルミホイール装着。 内装はシートのみ赤。 シフトノブ、パーキングブレーキレバー、シフトプレートはVR LIMITEDと同じくアルミ製。 B2は限定1,000台。 Mパッケージベース。 専用色トワイライトブルーマイカに紺の幌。 14インチのアルミホイールはVスペシャルタイプIIと同じバフ仕上げのメッキホイール。 他にドアミラーもメッキされている。 8月 - 特別仕様車「 SR LIMITED」発売。 限定700台。 Mパッケージベース。 通称サヨナラリミテッド。 専用色スパークルグリーンメタリックとシャストホワイトの2色が設定された。 バフ仕上げの14インチ純正アルミホイール、ヌバック調シート表皮などを特別装備。 MT車はトルセンLSDも特別装備されている。 メーターフェイスはM2 1028と同じもの。 成約者にはレザーブルゾンが贈られた。 このモデルの最後の車体はスパークルグリーンとシャストホワイトのツートーンに塗られた(工場生産時点)。 12月 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 1月 - 車名ブランドをユーノスからマツダに変更した2代目と入れ替わる形で販売終了。 12月 - 初代ロードスターのレストアサービスを開始。 指揮を執るのは、後述する4代目の開発主査を務め、「ロードスターアンバサダー」の肩書を持つ山本修弘である。 11月 - 2019年の「 歴史遺産車」に初代モデルが選定されたことが発表された。 マツダ車が「日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定されたのは、2003年のに続いて2回目となった。 6L 直4 BP-ZE型 1. 8L 直4 BP-VE型 1. 8L 直4 BP-ZET型 1. この代から マツダ・ロードスターの名称での販売となり、販売店にマツダ店も追加された。 なお、初代に引続き北米市場では「Mazda MX-5 Miata」、欧州・アジア市場では「Mazda MX-5」という名称で販売された。 開発主査は先代途中より就任したが引き続き担当。 チーフデザイナーは林浩一。 初代のアイデンティティの1つであったは軽量化や低減、対人衝突時に与えるダメージの低減などのため廃止され、全幅は5mm拡大された。 性能面では・ジオメトリーの見直しと補強の追加が施された。 グラム単位でムダを省き、各部を徹底的に見直すこと(通称「グラム作戦」)により重量増を最小限に抑えた。 また、より低重心化を図るためバッテリーやスペアタイヤの搭載位置を初代よりも下方へ変更。 初期モデルにのみ設定されている標準車グレードではエアコンレス仕様もあり、車重が990kgのモデルも選択可能であった。 モデルチェンジの最も大きな理由であるパッシブセーフティ強化に対応するため、全車エアバッグ標準装備。 初代ではビニールスクリーンだったリアウィンドウはガラス製へと変更された。 オプション販売されている脱着式ハードトップは初代と設計を共通化することで、2代目にも装着可能になっている。 幌をシート後方へトランクとは独立して収納することにより、開閉状態にかかわらず同じトランク容量を確保している。 ボディカラーは国内仕様で全26色、海外仕様を含めると30色になり、歴代ロードスターで最もカラフルなモデルとなる。 初代のマイナーチェンジ時に廃止された1,600ccエンジンを搭載するモデル( NB6C型)が復活し、可変吸気システムを搭載し改良された1,800ccエンジンを搭載するモデル( NB8C型)とともに販売された。 ただし海外市場はNA時代から1,600ccと1,800ccモデルが併売されており、それに沿ったエンジン構成に戻ったことになる。 NB6C型には5速MTが、NB8C型には6速MTがそれぞれ組み合わされた。 なお、ATモデルには全車にABSを装備。 2000年にマイナーチェンジ(NB2型)が行われた。 エクステリアはフロントマスクとリアコンビネーションランプを中心に手が加えられ、インテリアは座席シートの軽量化とデザイン変更、メーターパネルのデザイン変更、インパネのデザインを一体感があるものへアップデートされた。 ボディは補強部位やパフィーマンスバーの追加により剛性が強化。 キーレスエントリーの採用や、センターコンソール周辺のデザインの見直しも行われた。 また、1,800ccエンジンは可変吸気システムを採用していたBP-ZE型に代わり、であるS-VT機構が搭載されたBP-VE型へ変更、最高出力・最大トルクともに向上している。 ただし、このエンジンはアジア・オセアニア市場のみの採用で、欧州・北米市場ではBP-ZE型が継続搭載されている。 その後、衝突安全性の向上、新騒音・対応、自己診断装置(OBD2)の国際基準対応、および燃費向上のため、NB3型、NB4型とマイナーな変更が施された。 ( 、 の一部改良) モデル末期の には、10月にクーペモデルのロードスタークーペが 、また12月には限定車ながらターボモデルのロードスターターボが 販売された。 架装はともにが手がける。 なお、2019年5月現在、NB系ロードスター自体が国内市場において最後の5ナンバーサイズ(小型自動車)のFRスポーツカーになる。 2003年8月 英国AUTOCAR誌において「Best Handling Car 2003」を受賞。 最終まで競合したのはポルシェ911GT3(996)であったが「ドライバーの資質やコーナリングスピードに左右されることなく頭一つ抜けたハンドリングを提供してくれる車」として、MX-5(ロードスターの欧州名)が評価された。 10周年記念車オーナメント• 1月 - 「マツダ・ロードスター」として国内販売開始。 1月 - 限定車「 10周年記念車」発売。 世界限定7,500台。 運転席側の車体側面にシリアルナンバー入りのオーナメントが施されており、日本には500番までの500台がデリバリーされた。 「RS」がベースグレードであるため、専用チューニングされたビルシュタインダンパーやトルセンLSD、6速MTなどは標準装備された。 譲りの専用色イノセントブルーマイカを中心として、バフ仕上げホイールや青色の幌などの独自の装飾が施された。 2月 - 生産累計台数50万台達成。 1月 - 限定車「 NR リミテッド」発売。 8Sベース。 限定500台。 NAの限定車「VRリミテッドコンビネーションA」と同じ外板色アールヴァンレッドマイカを塗装。 室内はVSの内装に準じるが内装色をタンをベージュに変更、アルミホイールは15インチのバフ仕上げ。 - 「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてに認定される。 - 商品改良を実施 、それに伴い「標準車」の廃止。 - 限定車「 YS リミテッド」発売。 限定700台。 6lモデルのMをベースにチタン風内装を施し、専用色(ブラックマイカ)を含む3色のボディカラーをラインアップした。 外観の特徴はブラックアウトされたヘッドライトベゼル。 - インターネットカスタマイズ専用車「 web-tuned@Roadster(ウェブチューンドロードスター)」発売。 - 限定車「 マツダスピード ロードスター」発売。 トップモデルの1. 8lRSにのマフラー、エキゾーストマニホールド、車高調整式サスペンションを装備し、よりスポーティな仕様とした。 エクステリアも純正エアロパーツをフル装備、ボディとホイールは専用色塗装(スターリーブルーマイカ、ゴールド)。 限定200台。 - モータースポーツ用グレード「NR-A」を追加。 - 限定車「 MVリミテッド」発売。 6l車にブラウンレッドの本革内装と専用ボディ色(チタニウムグレーメタリック)を施したもの。 5速MTモデルと4速ATモデルが存在する。 ホイールはNR-Aと共通デザイン(色は銀)の15インチ。 限定300台。 - 商品改良を実施。 VSグレード及び、WebTunedにてロードスター初のクロス(布)製の幌が選択可能となった。 - 限定車「 SGリミテッド」発売。 ブルーのクロス(布)ソフトトップと内装、セリオンシルバーメタリック(薄緑銀)の専用ボディ色を持つモデル。 幌型の限定車で唯一1. 6lと1. 8lの2種のエンジンが選択可能で、1. 6lはNR-A、1. 8lはRSをベースにしている。 ホイールは1. 8lが専用デザインの16インチ、1. 6lがNR-Aと共通デザイン(色は銀)の15インチ。 限定400台。 - 商品改良を実施。 - 「 ロードスター クーペ」発売。 受注生産での販売。 がクーペに改造したモデル。 6l標準顔の「COUPE」、1. 8l標準顔の「COUPE TYPE-S」、1. 形式名は1. 6lが「NB6C改」、1. 8lが「NB8C改」となっている。 しかし、マツダ宇品第一工場塗装ラインの火災により生産休止になり、市場にデリバリーされたのはクーペ全体で179台になる。 - 限定車「 ロードスターターボ」発売。 限定350台。 歴代ロードスターで唯一を搭載したモデルで、エンジンは前期型に搭載されたBP-ZEがベースとなる。 3月 - 生産累計台数70万台を達成。 4月 - 受注生産されたクーペの生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 7月 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 8月 - 3代目と入れ替わって2代目モデルすべて販売終了。 目標月間販売台数は360台と発表された。 開発主査は先代に続いてが、チーフデザイナーは中牟田泰が担当した。 前回のモデルチェンジでは初代の基本コンポーネントをほぼ引き継いでいたが、今回はプラットフォームから一新され、全幅は5ナンバーの最大幅である1,700mmを超えて1,720mmとなり、初めて3ナンバーとなった。 デザインは2代目の抑揚のあるデザインから初代のようにフラットなラインを使用したデザインに変わり、先代までのサイド中央が細くなっているコークボトルシェイプから楕円状のオーバルシェイプになっている。 張り出したやドライバー保護の意味も兼ねたシートバックバー、エンドパイプが2本になったなどが特徴的である。 可倒式メッシュ構造のエアロボードが採用され、風の巻き込みも低減されている。 幌は「Zタイプ」と呼ばれる幌の開き方になっていて、フレームがZ字状に折りたたまれ、トップ外側部分が上面になって収納されるので綺麗に収まる。 インテリアは2代目のようなセンターパネル一体型ではなく、初代と同じ分割型のデザインが採用された。 にはチルト機構が設けられ、も運転席側に変更されている。 収納も改善され、シート後部に小型ながらストレージボックスを設け、トランクにはの代わりにパンク修理キットが装備される。 インテリアは通常の内装色は黒であったが、オプションでレザーシートを装備したサドルタンの内装色も用意された(VSは標準でサドルタン)。 は従来のB型からやに搭載されるに変更され、縦置き用などに改良したものを搭載する。 日本・米国仕様は2,000ccのみで、欧州市場のみ税制の関係で1,800ccも設定されている。 RSとNR-Aには社製サスペンションが装備され、ボディを補強するタワーバー、フロア補強メンバーなども追加されている。 NR-Aのビルシュタインサスペンションには二段階の車高調整機構も備わっており、ユーザーが用途に合わせて任意に車高を変更することが可能である。 プラットフォームは、新規開発のが用いられた。 基本アーキテクチャーはと共通だが、設計を全面的に刷新し細部における徹底的な軽量化が行なわれることで、先代のNB型のRS最終型(1,080kg)とNC型のRS(1,100kg)の比較で20kgの重量増に抑えられた。 11月には、2005-2006年に選ばれた。 開発陣はこのNC型を「カーオブザイヤーの受賞を念頭において開発した」とユーザー向けミーティングの席上で発言しており、正に念願成就となった。 にはにて、MX-5 ロードスター・クーペが出品された。 車名は「Mazda MX-5 Roadster Coupe」(欧州)、「Mazda MX-5 Miata Power Retractable Hard Top」(北米)、「マツダ ロードスター パワーリトラクタブルハードトップ RHT 」(日本)。 幌の代わりにが搭載され、開閉速度は約12秒で世界最速とされた。 また、ルーフをシート後方にトランクとは独立して収納することにより、屋根の開閉の状態にかかわらず幌のモデルと同じトランク容量を確保している。 日本では8月23日に発売された。 欧州向けの特別仕様には専用カラー や、とのコラボレーション腕時計 など、日本向けにはない仕様・オプションが存在する。 また「MX-5 Yusho()」「MX-5 Miyako()」「MX-5 Kendo()」「MX-5 Kaminari()」「MX-5 Hamaki()」などコンセプトをイメージした日本語がモデル名に付けられている。 ボディー及びシャシー (2005年)• - にて、3代目MX-5 ロードスター を世界初公開。 - 3代目ロードスターの生産開始。 - 国内での予約受注の開始。 - 国内販売開始。 同時に、限定車「 3rd Generation Limited」発売。 RSベース。 限定500台。 外板色は専用色ベロシティレッドマイカと、マーブルホワイト、ギャラクシーグレーマイカの3色。 - を受賞。 - 特別仕様車「 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車」発売。 RSベース 6速MT とVSベース 6速AT。 外板色はカッパーレッドとブラック。 幌は両色ともにブラッククロス。 - モータースポーツ用グレード「NR-A」を追加。 - Webカスタマイズモデル「ウェブチューンドロードスター」を設定。 - パワーリトラクタブルハードトップ(PRHT)仕様を追加。 - 特別仕様車「 Blaze Edition」発売。 発売期間限定モデル。 ソフトトップ(ブラッククロス幌)とRHTモデルをラインアップ。 外板色はラディアントエボニーマイカとハイランドグリーンマイカ。 他に主要な専用装備としてBBS社製17インチ鍛造ホイール、クロームヘッドランプベゼル、クリアヘッドランプターンランプ、クリアサイドマーカーレンズ、クリアハイマウントブレーキランプ。 - 生産累計台数80万台を達成、ギネス記録更新を申請。 - 「 マツダスピードM'z Tune」発売。 RS(6MT・ソフトトップ)がベース。 専用のエンジン制御コンピュータプログラム ROM 、エアダクト、フライホイール、低排圧キャタライザー、マフラー、ビルシュタイン車高調、スプリング、ブレーキパッド、エアロパーツ、スカッフプレート、シフトノブ、3Dネットスポーツシート、専用ボディカラー。 - 特別仕様車「 Prestige Edition」発売。 「RS RHT」および「VS RHT」がベース。 シートヒーター付本革製バケットシート(ブラック)、BBS社製鍛造17インチアルミホイール、ステンレス製スカッフプレート、フロントフォグランプ、フォグランプベゼル、運転席ラチェット式シートリフター、など。 6AT車には、カウル結合タイプのフロントサスタワーバーと横滑り防止機構を特別装備。 6MT車は、タワーバー標準装備、横滑り防止機構は標準装備なし(メーカーオプションで追加可)• - マイナーチェンジ。 フロントグリルにはマツダ車特有の五角形グリルを採用、リアコンビネーションランプは凹凸を持った形状となり、バンパーと滑らかにつながるようにした。 これにより全長が4,020mmとなり4mを超えた。 グレードの整理も行われ、ソフトトップモデルはMT車のみの設定となった。 RHTモデルはRS以外の2グレードはAT車のみの設定となった(RSは従来通りMT車のみ)。 さらに、オートエアコンが全車標準装備となり、NR-Aのみオプションであったアルミホイールを全車標準装備とし、ホイールのデザインも一新された。 シートは新デザインの4種が用意される。 VS RHTはハバナブラウン色の本革シートを、その他のグレードにはファブリック素材のブラックシートを標準装備。 またRSとRS RHTにはブラック本革シート、ブラックの本革とを組み合わせたRECARO社製バケットシートをそれぞれメーカーオプションに設定した(VS RHTはRECARO社製バケットシートのオプション選択可能)。 インテリアも細部が変更され上質感を高めているが、インテリア・幌ともにタンカラーが廃止され基本的なカラーは黒のみとなる。 ただしシートやドアトリムなど部分的にハバナブラウン色の本革を用いた内装とするオプションなども用意された。 また、デコレーションパネルは標準がピアノブラックからアルミ調に変更され、オプションでもウッド調のみとなる。 ボディカラーにはアルミニウムメタリック、サンフラワーイエロー、メトロポリタングレーマイカの新3色を追加。 メーターは平均燃費や外気温も表示される新デザインの5連メーターを採用。 環境性能も向上された。 MX-5 Superlight version 2009年• - 特別仕様車「 20周年記念車 」発売。 ソフトトップモデルの「RS(6速MT車)」およびRHTモデルの「VS RHT(6速AT車)」がベース。 さらに、ソフトトップモデルではクロス製ソフトトップ(ガラス製リアウィンドー付)とRHTモデルのベース車では標準装備されているシートヒーター・ソフトパッドを、RHTモデルではソフトトップモデルのベース車では標準装備されているフロントサスタワーバー(カウル結合タイプ)も特別装備されている。 ボディカラーはロードスターでは初採用となる「クリスタルホワイトパールマイカ」1色のみを設定する。 - 「 MX-5 Superlight version」を発表。 - 生産累計台数90万台を達成、ギネス記録更新を申請。 - 特別仕様車「 BLACK TUNED 」発売。 6速MT車は「RS RHT」、6速AT車は「VS RHT」がそれぞれベースとなっており、パワーリトラクタブルハードトップやアウタードアミラーなどにブリリアントブラックを、17インチアルミホイールにガンメタリック塗装を採用するなど、ブラック調で統一された装備を採用し、よりスタイリッシュなスタイリングに。 また、ブラックレザーシートやステアリング本革巻にサンドカラーステッチを施し質感も向上。 ボディカラーは人気の高い「クリスタルホワイトパールマイカ」、本仕様のみの専用色である「スピリティッドグリーンメタリック」と「ベロシティレッドマイカ」の全3色を設定している。 - 商品改良を実施。 2012年9月より継続生産される車に課せられた保安基準である「歩行者頭部保護基準」に対応するため、衝突時にセンサーが検知し、ボンネット後端が瞬時に持ち上がってエンジンとボンネットの間に空間を作ることで歩行者への頭部の衝撃を緩和するアクティブボンネットを標準装備した。 当該機能の標準装備においても、重量増を抑えるため、外装・装備から内部の配線までグラム単位の軽量化を徹底した。 2タイプの個性をより鮮明にするために、ソフトトップ車は「タイトスポーツ」をキーワードに、随所にグロッシーダークグレーを配したブラック基調のインテリアに、RHT車は「プレミアムスポーツ」をキーワードに、シルバーやアルミ調を配した上質なインテリアとした。 フロントデザインはグリル開口部を拡大して奥行きのあるデザインにし、フォグランプベゼルのデザインも変更。 チンスポイラーを追加した。 ボディカラーはメトロポリタングレーマイカに替わり、ドルフィングレーマイカを追加した。 走行性能の改良も加えられ、ブレーキブースター(制動倍力装置)の特性を変更することで減速コントロール性を高め、さらにMT車はスロットル制御プログラムをより緻密に設定することで加速コントロール性も高めた。 アクティブボンネットの重量増加は4. 1kgだがカタログモデルで10kg増と増減なしのモデルがあるのは車両重量が10kg刻みで四捨五入されるため。 - 仕様変更。 昨年の一部改良で追加された「ドルフィングレーマイカ」に代わり、「メテオグレーマイカ」が設定された。 なお、仕様変更と同じ時期にマツダの企業CMとしてOAされ、同年に発売されたのシングル「」のに登場するモデルは当型後期である。 - 商品改良を実施。 - に参戦。 - 特別仕様車「 25周年記念車 」発売。 4月にで公開した「MX-5 Miata 25th Anniversary Edition」の日本仕様版で、「RS RHT」の6速MT車をベースに、パワーリトラクタブルハードトップ、フロントピラーカラー、ドアミラーをブリリアントブラックで統一したほか、フロントコンビネーションランプベゼルやシートバックガーニッシュもブラックを、レザーシート(温度5段調整機能付シートヒーター内蔵)やドアトリムにはオフホワイトを採用。 また、、、など、エンジンの回転系部品を厳選してレスポンス、伸び、吹き上がり、音質を追求。 ボディカラーはマツダの情熱を象徴する「ソウルレッドプレミアムメタリック」を専用色として設定した。 日本国内では25台の限定販売で、5月27日より専用のWebサイトから先着順の商談予約受付のみとしており、スペック等の詳細情報もすべてWebサイトでのみ公開としているため、紙カタログは用意されない。 4月 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 5月 - 4代目とバトンタッチして販売終了。 4代目は「」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した新世代車種の第6弾となる。 フロントオーバーハングを短く・低くして、人を中心に配置したコンパクトキャビンと合わせて乗る人の姿が引き立つプロポーションとし、低くワイドな台形フォルムとなる。 重量や剛性もさることながら、人馬一体をキーワードにエンジン、ボディー、サスペンションなどがすべてベストな状態になるよう開発され、気持ちの良いハンドリングと加速を実現している。 また、室内小物入れや脱着式ドリンクホルダーを装備し、トランクも機内持込対応サイズのスーツケースを2個積載できる容量を確保するなど利便性にも配慮された。 日本仕様車では3代目からされた直噴1. 5Lガソリンエンジン「 1. 5」のみを設定。 このエンジンをに搭載し、前後の重量配分を50:50に設定。 トランスミッションはMT車に6速直結にして構造をシンプル化・小型化することで軽量化を図ったFR用6速MT「SKYACTIV-MT」を採用。 AT車は6速ATを改良し、スリップ・ロックアップ領域の拡大によりダイレクト感を向上し、マニュアルモードやDレンジのダイレクトモードでシフトダウンすると瞬時にエンジン回転数を上げて指定したギア段にあったエンジン回転数とすることで、素早い変速とシフトダウン時の減速時の連続性・応答性を実現するブリッピング機能やシフトパネルのスイッチ操作でアクセル操作に対するトルクの出方を変更し、力強い加速が得られる「ドライブセレクション」を追加した。 また、マツダ車で初となるデュアルタイプの電動パワーステアリングシステムを採用した。 また、6AT車には機構「」と減速エネルギー回生システム「」を標準装備した(6MT車でも一部グレードはメーカーオプションにて装備可能である)。 また、先進安全技術「i-ACTIVSENCE」も導入され、車線変更時に側方や後方から接近する車両を24GHz準センサーで検知してドアミラー内のインジケーターとブザー音で警告する「ブラインド・スポット・モニタリングシステム(BSM)」、自動的にヘッドランプのロービームとハイビームを切り替える「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」、カメラでレーンマーカーを検知して車線逸脱を予測してドライバーに警告する「(LDWS)」、ドライバーのステアリング操作量とクルマの速度からカーブの路形を予測してコーナーの先を照射する「(AFS)」、後退時に接近する車両を検知してドライバーに警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」の5つで構成される。 ただし、発売開始当時はが搭載されておらず、ユーロNCAPの安全性テスト5星中4星しか取れなかったが、2018年6月の商品改良により、衝突被害軽減ブレーキにあたる「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」と「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」が新たに標準装備された。 グレード構成は発売開始当初、インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)、セグメント液晶オーディオディスプレイ、脱着式カップホルダー(1個)などを装備したMT専用のベーシックモデル「S」、7インチWVGAセンターディスプレイ、コマンダーコントロール、フルオートエアコンなどを装備するとともに、MT車 にはトルクセンシング式スーパーLSD、AT車にはi-stopをそれぞれ装備し、前述の「i-ACTIVSENCE」の装備をオプション設定したハイグレードモデル「S Special Package」、ガラス製リアウインドー付ソフトトップ(クロス・インシュレーター付)を装備し、シート背もたれの前面・サイドサポート部内側・シート座面・ヘッドレスト前面に本革を使用。 前述の「i-ACTIVSENCE」の装備をすべて標準装備した最上位モデル「S Leather Package」の3種類を設定。 2015年9月にはパーティレース(公認で行われるナンバー付車両を使用した)への参加など走行を想定したMT専用のモータースポーツ向けベースモデル「NR-A」を追加(他のグレード同様、ナンバーを取得して公道走行が可能)。 その翌月にはMT専用の最上位グレード「RS」も追加。 「NR-A」同様に、ビルシュタイン製ダンパー(「NR-A」とは異なり、車高調整機能はなし)、フロントサスタワーバー、大径ブレーキを標準装備したほか、RECARO社との共同開発によるとナッパレザーの専用シートを採用し、エンジンの持ち味を更に強調するためにインダクションサウンドエンハンサーも標準装備。 2016年に、との技術協力協定により、同車をベースとした「」が発売された。 また、同年4月からはマツダ店でも取り扱いを開始した。 先代のリトラクタブルハードトップ(RHT)の後継的位置付けで、RFのRはリトラクタブル式、Fは(ルーフから車両の最後端までルーフラインがなだらかに傾斜していく形状のこと)をそれぞれ意味している。 エンジンは各国の市場に合わせ、「SKYACTIV-G 1. 5」または「SKYACTIV-G 2. 0」を使い分け、北米モデルの「MX-5 RF」には「SKYACTIV-G 2. 0」を搭載する。 RFでは電動格納式ルーフの開閉操作をスイッチ操作のみでできるように改良するとともに、それぞれの部品の動きをオーバーラップすることで開閉動作を美しくするとともに、トップロックの解除を含むスイッチ操作開始からルーフがロックされるまで約13秒で開閉できる速さも兼ね備えた。 トランクはソフトトップモデル同様、機内持込対応サイズのスーツケース2個を積載できる容量を確保しているほか、荷室内にはなどが収納可能なマルチボックスを配置した。 日本国内においても2016年(平成28年)11月10日に予約受付を開始し、同年12月22日に発売されることが発表された。 日本仕様ではソフトトップモデルよりも排気量が大きい「SKYACTIV-G 2. 4 kgf・m)を採用する。 グレード体系はベーシックモデルの「S」、シート素材にナッパレザー を採用した充実装備の「VS」、ブラックのとナッパレザーを組み合わせ、赤のパイピングを配した社製シートを採用 したスポーティモデルの「RS」の3グレードが用意される。 マツダ車のグランプリ受賞は2001年の第3回以来15年ぶり2回目となった。 年表 [ ] 2012年5月23日 との協業プログラムを発表。 マツダとフィアットは、次期「マツダ ロードスター(海外名:Mazda MX-5)」のFRアーキテクチャをベースに、マツダおよびフィアット傘下の向けのオープン2シータースポーツカーの開発・生産に向けた協議を開始することで合意。 両社の車種をマツダの本社工場で生産することを想定しており、アルファロメオ向けの車両は2015年に生産開始することで検討を進めることを発表した。 2013年1月18日 フィアットと正式に事業契約を締結。 次期マツダ ロードスターのFRアーキテクチャをベースに開発される向けのオープン2シータースポーツカーをよりマツダの本社工場で生産すること、ブランド毎に独自のエンジンを搭載する予定であることを発表した。 2014年4月16日 にて、次期MX-5に採用する新開発「SKYACTIVシャシー」を初公開。 2014年5月25日 「軽井沢ミーティング2014」にて、「SKYACTIVシャシー」を日本初公開。 2014年9月4日 新型「マツダ ロードスター」を世界初公開。 4代目となる新型「マツダ ロードスター」を、、で行われたファン参加型イベントで世界初公開。 2015年よりグローバルに導入する予定、と発表。 2014年10月28日 同年11月開催のロサンゼルスオートショーへ出品することを発表。 5Lおよび2. 0LのSKYACTIV-Gガソリンエンジンを市場ごとに適切なラインアップで展開すること、北米仕様車は、SKYACTIV-G 2. 0ガソリンエンジンを搭載することを同時に発表。 2014年12月18日 2015年1月開催の「 2015 with NAPIC」へ参考出品することを発表。 2015年2月5日 3月20日から新型『マツダ ロードスター』の先行商談の予約を開始。 通常の販売店店頭での予約開始に先駆け、3月20日より3月30日まで、専用プレサイトにて先行商談の予約受付を行うことを発表。 また、発売が「今年6月頃」と公表された。 2015年3月5日 宇品第1工場で日本向けの生産を開始。 2015年3月20日 先行商談の予約受付を開始。 グレード構成、希望小売価格(予定)が公表された。 2015年5月20日 フルモデルチェンジ。 (5月21日発売) 日本仕様は、直列4気筒1. 5L「SKYACTIV-G 1. 5」を搭載(「P5-VP[RS]」型。 「i-ELOOP+i-stop装着車は「P5-VPR[RS]」型)。 ラインアップは「S」、「S Special Package」、「S Leather Package」の3グレード。 全グレードに6速MT(SKYACTIV-MT)を、「S」以外のグレードには、6速「」 6EC-AT を設定する。 ボディカラーは「アークティックホワイト」、「クリスタルホワイトパールマイカ(特別塗装色)」、「セラミックメタリック」、「メテオグレーマイカ」、「ジェットブラックマイカ」、「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」、「ブルーリフレックスマイカ」の7色を設定した。 2015年9月24日 モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた新グレード「NR-A」を追加。 (10月15日発売) 「NR-A」は、パーティレースへの参加などサーキット走行を想定して、車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパーを採用するなど一部仕様を変更したグレード。 大容量ラジエーター、大径ブレーキなどを採用して冷却性と耐久性を向上している。 トランスミッションは6MTのみの設定。 2015年10月1日 新グレード「RS」を追加。 「RS」は、ロードスターのラインアップ中、最も「走り」を追求したグレードである。 足回りには、ビルシュタイン社製ダンパーとフロントサスタワーバー、大径ブレーキを標準装備し、社と共同開発された「RS」専用シートを装備している。 エンジンサウンドにもこだわり、インダクションサウンドエンハンサーも標準装備とした。 トランスミッションは6MTのみの設定。 2015年11月27日 「2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞。 2015年12月7日 「2015-2016 」を受賞。 2014年に受賞したに続いてマツダ車が2年連続で受賞するとともに、主催団体によって異なる車種が選出される場合が多い日本でのにおいて、すでに受賞している日本自動車殿堂と合わせて2つの主催団体から同じ車種が選出された。 2016年3月23日 リトラクタブルハードトップモデル「MX-5 RF」を世界初公開。 「 Mazda MX-5 RF(日本名:マツダ ロードスター RF)」を初公開するとともに、3月25日から開催されるニューヨーク国際自動車ショーに出品することを発表。 2016年3月25日 2016年「」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞。 WCAが主催する特別賞の一つである「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー WCDOTY 」も日本車として初めて受賞。 1車種による、WCDOTYのダブル受賞は、同賞創設以来初めて。 2016年4月25日 4月22日に累計生産台数が100万台に達したことを発表。 初代モデルの生産を開始してから27年での達成となった。 2016年10月5日 宇品第1工場で、北米、欧州市場向け「 Mazda MX-5 RF」の生産を開始。 2016年11月10日 リトラクタブルハードトップモデル「 マツダ ロードスター RF」を発表。 12月22日発売) 日本仕様は、直列4気筒2. 0L「SKYACTIV-G 2. 0」を搭載(PE-VPR[RS]」型)。。 ラインアップは「S」、「VS」、「RS」の3グレード。 全グレードに6速MT(SKYACTIV-MT)を、「RS」以外のグレードには、6速「」 6EC-AT を設定する。 ボディカラーは「クリスタルホワイトパールマイカ(特別塗装色)」、「セラミックメタリック」、「マシーングレープレミアムメタリック(特別塗装色)」、「ジェットブラックマイカ」、「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」、「ブルーリフレックスマイカ」の6色を設定した。 2017年1月13日 「 ロードスター」に限定色「クラシックレッド」を設定。 同日より予約受付を開始し、同年2月28日まで期間限定で販売することを発表。 「クラシックレッド」(特別塗装色)は、初代「 ロードスター」を世界初公開した1989年2月のシカゴモーターショーにおいて、メインカラーとしてお披露目したボディカラーである。 4代目ロードスターにおいて、このカラーを最新の水性塗装技術「アクアテック塗装」で忠実に再現している。 2017年4月3日 「 MX-5 RF」が独「2017年レッド・ドット:ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞。 世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつである「2017年レッド・ドット賞:プロダクトデザインにおけるベスト・オブ・ザ・ベストを受賞した。 「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」はレッド・ドット賞のプロダクトデザイン部門における最高の賞で、MX-5は2015年にソフトトップモデルで同賞を受賞しており、リトラクタブルハードトップと両モデルでの受賞となった。 2017年9月21日 手動運転装置付車を発売。 「 ロードスター」・「 ロードスター RF」に設定された手動運転装置付車は、左手でアクセルならびにブレーキ操作可能でウインカー、ホーン等のスイッチが集約されているコントロールグリップや、右手で変速ができる専用のステアリングシフトスイッチを装備した車両。 足でのペダル操作が困難な、車いす利用者が運転できるように配慮されている。 2017年11月10日 商品改良。 同時に特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」を設定。 (12月14日発売) 「 ロードスター」・「 ロードスター RF」共通の改良内容として、リアコンソールボックス(キー付)内部床面に遮音マットを追加し、小物類の転がり音を低減させた。 「 ロードスター」は、リアサスペンションやステアリングフィールが改良されたほか、静粛性も向上。 また、タコメーターの文字に白印刷を追加し、LEDによる発光と共に発色を改善することで、主に昼間走行時の視認性を向上させている。 ボディカラーは、「 ロードスター」・「 ロードスター RF」共に、「ソウルレッドプレミアムメタリック」を「ソウルレッドクリスタルメタリック」に、「クリスタルホワイトパールマイカ」を「スノーフレイクホワイトパールマイカ」(いずれも特別塗装色)に、「ブルーリフレックスマイカ」を「エターナルブルーマイカ」にそれぞれ入れ替えた。 「 ロードスター」は、「メテオグレーマイカ」に替わり「マシーングレープレミアムメタリック(特別塗装色)」を新設定(ロードスターRFは設定済み)。 アダプティブ・LED・ヘッドライト ALH を新採用。 (ロードスターはS Leather Package・RS標準装備。 Sにメーカーセットオプション) 特別仕様車「RED TOP」は、「 ロードスター」S Leather Packageをベース車としている。 ダークチェリー色のソフトトップと、オーバーン(赤褐色)のインテリアを新採用し、ドアミラーをボディ同色とした。 また、高輝度塗装16インチアルミホイール、ナッパレザーシートを特別装備としている。 なお、ボディカラーはベース車に用意される「ソウルレッドクリスタルメタリック」のみ選択ができない。 なお、注文受付は2018年3月31日までとなる。 2018年6月7日 商品改良。 同時に特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」を設定。 (7月26日発売) 「 ロードスター RF」は、2. 0Lエンジン「SKYACTIV-G 2. 0」の吸気系からシリンダーヘッド、ピストンやコンロッド等の回転系部品、排気系、サイレンサーに至るまで大幅に改良。 全回転域でトルクを向上させ、高回転域では出力性能を15%以上高めながら、最高回転数も6,800rpmから7,500rpmに引き上げた。 最高出力は+26PS +19kW)の184PS(135kW)、最大トルクは+0. 5kgf・m(+5N・m)の20. 9kgf・m(205N・m)にそれぞれ向上。 高性能化に合わせたエンジンサウンドの変更、燃焼システム改善による環境・燃費性能も向上させている。 また、「VS」の内装色に新色の「スポーツタン」と「ブラック」を追加。 継続設定の「オーバーン」に加え全3色から選択可能とした。 「 ロードスター」は、1. 5Lエンジン「SKYACTIV-G 1. 5」について、今回「SKYACTIV-G 2. 0」で開発した燃焼改善技術を採り入れる等の改良が実施された。 最高出力は+1PS +1kW)の132PS(97kW)、最大トルクは+0. 2kgf・m(+2N・m)の15. 5kgf・m(152N・m)にそれぞれ向上している。 また、マルチインフォメーションディスプレイ MID に、TFTカラー液晶を採用した。 (「S Leather Package」と「RS」に標準装備、「「S Special Package」にメーカーオプション) 「 ロードスター」・「 ロードスター RF」ともに、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の標準装備化が行われ、予防安全性能が大幅に向上。 また、「 ロードスター RF」の「S」はアダプティブ・LED・ヘッドライト ALH を標準装備化。 「 ロードスター」の「S」・「S Special Package」・「NR-A」にはハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)が新たに標準装備となった。 認識システム(TSR)と「ドライバー・アテンション・アラート(DAA)」も新採用。 「 ロードスター」の「S Leather Package」と「RS」及び「 ロードスター RF」の全グレードに標準装備、「 ロードスター」の「S Special Package」にメーカーオプション設定とした。 歴代ロードスターで初採用となる「テレスコピックステアリング」を全グレードに標準装備。 また、アルミホイールのホイール色をガンメタリック塗装からブラックメタリック塗装に変更した(高輝度塗装を採用するロードスター RFの「S」・「VS」を除く全グレード)。 特別仕様車「Caramel Top」は、「 ロードスター」の「S Leather Package」をベースに、ブラウン色の幌、スポーツタン色のインテリア、ボディ同色ドアミラー、高輝度塗装16インチアルミホイール特別装備としている。 なお、注文受付は2018年12月24日までとなる。 2019年2月8日 にてMAZDA MX-5 日本名:マツダ ロードスター の誕生30周年を記念した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を世界初公開。 MX-5 30周年記念車は、特別色「レーシングオレンジ」のボディカラーを採用。 また、MX-5用としてと共同開発した鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)および、シリアルナンバー付オーナメント等を特別採用。 ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル合わせて全世界3,000台限定で販売する、と発表した。 2019年3月25日 特別仕様車「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を専用ウェブページにて開始する、と発表。 「ロードスター30周年記念車」は、同年2月開催のシカゴオートショーで公開された「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の日本国内仕様である。 日本での販売台数は、「 ロードスター」(ベース車:「RS」)・「 ロードスター RF」(ベース車:「RS」および、「VS」のAT車)を合わせて150台を予定。 ウェブページでの商談予約受付期間は「 ロードスター」が同年4月5日から4月15日、「 ロードスター RF」が同年5月27日から6月10日と発表。 特別装備として、エクステリアでは専用ボディカラーとして新色「レーシングオレンジ」を採用したほか、製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30:30TH ANNIVERSARY 刻印入り)、30TH ANNIVERSARYオーナメント(シリアルナンバー付)、製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)、製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)を採用。 インテリアでは製シートをはじめ、各所にオレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(シート、エアコンルーバーベゼル、 ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー、パーキングブレーキレバーなど)を施したほか、ドアトリムやインパネ、シート表皮にを採用。 走行性能では前述の専用ブレーキキャリパーに加え、製を採用した。 2019年11月14日 商品改良並びに「 ロードスター」特別仕様車「SILVER TOP」が発表された(12月5日発売)。 「 ロードスター」「 ロードスター RF」共通で、ボディカラーは「セラミックメタリック」に替わってから採用されている「ポリメタルグレーメタリック」を設定。 内装はステッチカラーがグレーに変更され、「 ロードスター」の「S Leather Package」と「RS」、「 ロードスター RF」の「S」を除く全グレードにステンレススカッフプレートが採用され、「 ロードスター」の「S Leather Package」と「 ロードスター RF」の「VS」は(穴あけ加工)が施された。 その他、アドバンストSCBSが夜間歩行者検知機能に、マツダコネクト(「 ロードスター」の「S」と「NR-A」は非装備)が・にそれぞれ対応した。 「 ロードスター」は1本当たり約800g、合計約3. 2kgの軽量化が図られたRAYS社製鍛造16インチアルミホイール(RAYS ZE40 RS)を「S Special Package」、「S Leather Package」の各MT車及び「S」、「RS」に、Brembo社製フロントブレーキを「S Leather Package」のMT車と「RS」にそれぞれメーカーオプション設定された。 なお、「VS Burgundy Selection」はボディカラーにおいて「ソウルレッドクリスタルメタリック(オプションカラー)」が未設定となる。 「 ロードスター」特別仕様車「SILVER TOP」は「S Leather Package」をベースに、ソフトトップをグレー色、ドアミラーをボディカラー同色(メーカーオプションのRAYS社製鍛造アルミホイール ダークガンメタリック塗装 選択時はピアノブラック)とし、高輝度塗装16インチアルミホイールを特別装備した。 2020年3月31日までの注文受付とする期間限定販売となる。 また、商品改良に伴いトランク左下の「ROADSTER」エンブレムのフォントが以降のものに変更された。 2020年4月3日 マツダの創立100周年を記念した「100周年特別記念車」が発表され、予約受注が開始された(7月以降発売、2021年3月31日までの期間限定受注)。 「 ロードスター」の「S Leather Package」と「 ロードスター RF」の「VS」をベースに、バーガンディのフロアカーペットを装備し、ボディカラーに「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を、「 ロードスター」のソフトトップカラーには「ダークチェリー」をそれぞれ採用。 また、フロアマットとフロントフェンダー部には創立100周年記念バッジが装着され、前身となる東洋工業創業時に制定されていた「丸工マーク」と現在のマツダのブランドシンボルマークを重ね合わせた創立100周年スペシャルロゴをヘッドレストとキーフォブ(キーフォブは100周年専用化粧箱入り)の刻印やセンターホイールキャップのロゴに採用した。 参考文献 [ ]• 『ル・ボラン別冊 ユーノス・ロードスター』立風書房、書籍コード 09508-12。 『ユーノスロードスター名鑑』、1997年12月。 脚注 [ ] []• 2014年6月21日閲覧。 2014年6月21日閲覧。 、AUTO SPORT web 2011年4月14日• 2014年6月21日閲覧。 レスポンス 2019年7月4日. 2019年7月4日閲覧。 ただし、北米向けのようにペットネームと併用することは否定していない。 プレスリリース , マツダ 2009年09月30日 ,• 2014年6月21日閲覧。 デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第8号3ページの訂正ステッカーより。 デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第8号3ページより。 『ル・ボラン別冊 ユーノス・ロードスター』36ページ• 『ル・ボラン別冊 ユーノス・ロードスター』p. 70-75• 『ル・ボラン別冊 ユーノス・ロードスター』70ページ• 2014年6月21日閲覧。 2014年6月20日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2019年11月8日 ,• デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第15号15ページより。 - マツダ 2000年7月18日• - マツダ 2002年7月9日• - マツダ 2003年9月18日• - マツダ 1998年12月15日• - マツダ 1999年12月16日• プレスリリース , マツダ 2000年7月13日 ,• プレスリリース , マツダ 2000年7月18日 ,• - マツダ 2000年12月22日• プレスリリース , マツダ 2001年2月1日 ,• - マツダ 2001年5月24日• プレスリリース , マツダ 2001年12月13日 ,• - マツダ 2001年12月18日• プレスリリース , マツダ 2002年7月9日 ,• - マツダ 2002年12月16日• プレスリリース , マツダ 2003年9月18日 ,• リクルート株式会社 2020年1月29日. 2020年1月29日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月29日. 2020年1月29日閲覧。 - マツダ 2005年8月25日• - マツダ 2005年11月9日• - マツダ 2006年8月23日• プレスリリース , マツダ 2005年02月28日 ,• プレスリリース ,• プレスリリース , マツダ 2005年06月15日 ,• - マツダ 2005年8月25日• プレスリリース ,• - マツダ 2005年12月26日• プレスリリース ,• プレスリリース ,• プレスリリース ,• - マツダ 2006年12月22日• プレスリリース ,• プレスリリース , マツダ 2007年10月01日 ,• プレスリリース ,• - マツダ 2008年12月9日• - マツダ 2009年7月31日• プレスリリース , マツダ 2009年8月5日 ,• プレスリリース ,• - マツダ 2011年10月3日• プレスリリース ,• - マツダ 2012年7月5日• プレスリリース ,• プレスリリース ,• - マツダ ニュースリリース 2014年5月20日(2014年6月16日閲覧)• リクルート株式会社 2020年1月29日. 2020年1月29日閲覧。 MT車トランスミッションの製造は山口県にある防府工場の中関地区で行われている。 日本経済新聞 2016年2月26日 2016年2月29日閲覧。 マツダ 2016年3月23日. 2016年3月24日閲覧。 レスポンス 2016年3月23日. 2016年3月24日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年11月10日 , 2016年11月10日閲覧。 使用部位は、シート背もたれ前面、サイドサポート部内側、シート座面、ヘッドレスト前面。 - マツダ公式(2016年12月21日閲覧)• それぞれの使用部位は、アルカンターラがシート背もたれ前面と座面中央、ナッパレザーがサイドサポート部内側とヘッドレスト前面。 - マツダ公式(2016年12月21日閲覧)• - 日本流行色協会 2016年12月10日(2016年12月12日閲覧)• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年12月12日 , 2016年12月12日閲覧。 PDF プレスリリース , マツダ株式会社 フィアットグループオートモービルズ, 2012年5月23日 ,• PDF プレスリリース , マツダ株式会社 フィアットグループオートモービルズ, 2013年1月18日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年4月16日 ,• 2014年6月20日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年9月4日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年10月28日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年12月18日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年2月5日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年3月5日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年3月20日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年5月20日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年9月24日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年10月1日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年11月27日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年12月7日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年3月23日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年3月25日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年4月25日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年10月5日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年11月10日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年1月13日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年4月3日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年9月21日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年11月10日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2018年6月7日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2019年2月8日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2019年3月25日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2019年11月14日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2020年4月3日 , 2020年4月9日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 初代のパワートレーンをベースにしていた。 - 3・4代目がベースとなっている。 - 4代目がベースとなっている。 - 4代目がベースになっている。 なお日本には仕様の「」のみ導入。 外部リンク [ ]• ブランド()はを参照 日本国内未販売車種 : - -.

次の

【一次関数の利用】追いつく速さの文章問題を解説!

スタ 速

(3)BくんがAさんに追いついた時刻と場所を求めなさい。 2人が追いつくのは、グラフが交わるところになります。 つまり、グラフの交点の座標が分かれば 2人の追いつく時間、場所を求めることができるわけです。 ここで思い出しておきたいのは でしたね。 というわけで、先ほど求めた2人の式を連立方程式で解いていきましょう。 問題 Aくんは、自宅を10時に出発し、途中、本屋に寄ってから図書館に行った。 次の問いに答えなさい。 (1)家を出てから本屋までの分速を求めなさい。 (3)姉は10時35分に家を出て、自転車に乗って分速200mの速さで図書館に向かった。 (4)姉がA君に追いつく時刻と、家からの道のりを求めなさい。 なんか、グラフがカクカクしていて何を表しているのか分かりにくいですね。 まずは、このグラフの形から読み取れることを確認しておきましょう。 始めの直線は、自宅から本屋まで 真ん中の横線は、本屋に滞在していたところ 最後の直線は、本屋から図書館まで をそれぞれ表しているんですね。 このことを理解した上で、それぞれの問題を確認していきましょう。 グラフから速さを求める (4)姉がA君に追いつく時刻と、家からの道のりを求めなさい。 Aくんのグラフと、先ほど書き込んだ姉のグラフとの交点を求めましょう。 グラフを見ると、交点がぴったりと目盛り上にあるので 連立方程式を解かなくても交点を求めることができますね。 よって、姉がAくんに追いつく時刻は10時45分、追いついた場所は2000mの地点ということがわかりました。 もし、交点がぴったりと目盛り上にない場合には 姉の式を求めて、Aくんの式と連立方程式を作って計算していけば求めることができます。 グラフの交点をよく見て、すぐに読み取れそうならそのまま 読み取れないようであれば連立方程式へ というように判断していってくださいね。 一次関数 追いつく問題まとめ お疲れ様でした! 一次関数の追いつく問題では• グラフから式を求めること• グラフの交点を求めること が必要となります。 一次関数の問題が苦手な人は まず、式を作ったりグラフを書いたりする問題をマスターしてみましょう。 そうすれば応用問題であっても理解しやすくなるからね!.

次の

【超速GP】コースアウト・バウンドしないマシンのセッティングまとめ【ミニ四駆超速グランプリ】|スマホゲーム攻略隊

スタ 速

Contents• スタビライザーやローラー上を装着してローラー減速をつける 簡単にできるコーナー対策として、 ローラーを装着するという方法があります。 ローラーには最大で8箇所に装着することが可能。 2段ステーを装着するとスタビライザーとローラー上をセッティングできます。 ローラーを多く装着するほどコーナーでコースアウトにくくなりますが、その分だけ コーナーで減速するためタイムが遅くなります。 最初は ローラーを1箇所ずつ装着していき、コースアウトしないギリギリのローラー数を試してみるとよいでしょう。 コースの登り坂でコースアウトする時の原因・対策 登り坂があるコースでは パワーが足りないと坂を登りきれずにコースアウトすることがあります。 パワーはモーターのパーツ性能が大きく関係してきます。 パワーの低い貧弱なモーターしか持っていない場合は、ショップで購入できる トルクチューンモーターへ変更するだけでもパワーが格段に上がります。 ジャンプ特性のパーツを選択することでコースアウトを防止できます。 ショップでは リヤローラー・スタビライザーがおすすめ。 ブレーキ減速1のスキルがつくのでジャンプ時に減速してコースアウトを防止します。 ウエイトはフロント・リアを同じ重さにする ウエイト(重り)の装着もコースアウトの対策として有効です。 セッティングウエイト2gと4gがあり、ショップでそれぞれ600コインで手に入ります。 ウエイトを設定するときはフロントとリアを同じ重さにセッティングしましょう。 重すぎると速度が落ちすぎるため、2gずつ装着してコースアウトしないか試してみましょう。 ウエイトは バウンド対策にも有効です。 パーツ改造でコーナー安定に有利なスキルをつける パーツ改造で コーナー安定などコースアウトにしくいスキルを付けることも有効です。 逆に 軽量化や エアロダウンフォース減少などを設定すると速度は上がりますがコースアウトしやすくなります。 改造は一度設定すると外すことができないので、レアパーツはよく考えてから改造をするようにしましょう。 1位 【大人気PCゲームのスマホ版】 GooglePlay・AppStoreで1位を獲得! シェルターを発展させ、世紀末の荒廃した世界で生き残れ!もちろん日本語対応。 2位 【 最新作RPG】 最強のアニマルを育成し、敵を殲滅させろ! 今一番アツいスマホ間違いなし! 3位 【史上最強の三国RPG】 今まで語られることのなかった、 新しき三国志のストーリー。 【神器】システムで課金勢を蹴散らそう! 4位 【キャラが可愛すぎる!】 楽しい学院生活で、女の子との絆を深めよう!奥深いバトルで激ハマりするユーザー多数! 5位 【放置系ゲームの王道】 MMO初心者でも無料で楽しめる!本当に放置してるだけで最強になります。 2位 【 最新作RPG】 最強のアニマルを育成し、敵を殲滅させろ! 今一番アツいスマホゲーム間違いなし! 3位 【史上最強の三国RPG】 今まで語られることのなかった、新しき三国志のストーリー。 【神器】システムで課金勢を蹴散らそう! 4位 【キャラが可愛すぎる!】 楽しい学院生活で、女の子との絆を深めよう!奥深いバトルで激ハマりするユーザー多数! 5位 【放置系ゲームの王道】 MMO初心者でも無料で楽しめる!本当に放置してるだけで最強になります。

次の