アオサ コロナ。 【朗報】アオサがヒトコロナウイルスを抑制 「新型」へも効果期待 中部大チーム確認

アーサ(アオサ)が新型コロナウイルスに効く?詐欺に…

アオサ コロナ

2月20日に公開されたのは、中部大学・生命健康科学部の河原敏男教授と工学研究科の林京子客員教授、化学薬品メーカー「江南化工株式会社」(三重県)とアオサの健康効果を研究するラムナン研究所(同)の共同研究の結果。 「新型にもラムナン硫酸の効果があると期待している」と述べている。 リリースは一部メディアが引用して記事化され、「アオサがヒトコロナウイルスを抑制」(琉球新報)「アオサにコロナウイルス増殖抑制効果」(大学ジャーナル)などという見出しで拡散。 これを受け、メルカリでは「コロナウイルス対策に!」として転売がはじまったほか、SNS上には、一部のスーパーでアオサが売り切れた様子がアップされている。 さらに、加工海苔メーカーで唯一上場している「大森屋」の株価が一時18%以上あがるなど、影響は広がった。 SNS上ではこの研究結果に対し、そもそも「効果に期待」という情報が誤解を招くのではという指摘のほか、内容について疑問を示す声もあがった。 たとえばプレスリリースでは、「ラムナン硫酸」の効果を以下のように「A型インフルエンザウイルス」に感染したマウスを用いて調べた、としている。 理由は「ヒトコロナウイルスの感染実験に使用できる動物がいない」からだという。 《A型インフルエンザウイルスを用いて感染マウスに対するラムナン硫酸の効果を調べた。 その結果、ウイルスに感染させたマウスにラムナン硫酸を与えたところ3日後のウイルスの量が半減した》 一方で、コロナウイルスについては以下のように、インフルエンザウイルスと「エンベロープとRNAを持つ」という共通の構造を持つことに触れているのみだ。 「これらの成果を論文にまとめて公表する準備をしている」とあるが、新型コロナウイルスを含め、「増殖を抑える効果」をどう確認したのか、その根拠は特段示されていない。 《ヒトコロナウイルスと新型コロナウイルス、他に麻疹ウイルスやおたふくかぜウイルス、A型インフルエンザウイルス、エイズウイルスもエンベロープとRNAを持つ点で共通する。 ヒトコロナウイルスだけでなくこれら他のウイルスについてもラムナン硫酸がウイルスの増殖を抑える効果を持つことを確認した》 また、研究チームが化学薬品メーカー「江南化工株式会社」がアオサ(ラムサン硫酸)のサプリメントを販売していることに触れ、信頼性に対する批判もあがっていた。 リリースは「研究チームは今後、コロナウイルス対策に特化した商品の開発も視野に入れる」という言葉で締められている。

次の

コロナウィルス対策

アオサ コロナ

海藻のアオサにヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果があることが、中部大学生命健康科学部の河原敏男教授、中部大学大学院工学研究科の林京子客員教授、化学薬品メーカー・江南化工、海藻の健康効果を研究するラムナン研究所の共同研究で分かった。 研究グループは新型肺炎を引き起こしている 新型コロナウイルスに効果があると期待している。 chubu. 上記より、あおさの摂取量の詳細はもちろんコロナウイルス対策に特化した商品もまだ開発れてません。 全くのわからない状態のようです。 では、ラムナン硫酸が含まれるのはあおさだけなのかというと、実はそうではないことが判明! ラムナン硫酸について調べてみると以下の様に記されています。 ラムナン硫酸(ラムナンりゅうさん、rhamnan sulfate)は、 藻類の ヒトエグサや スピルリナなどに含まれる 多糖類の一種。 平均分子量は数万から数百万、主な構成糖はL-ラムノースと硫酸化L-ラムノースで、硫酸化多糖でもある。 ラムナン硫酸を用いた研究の結果、生体に有用な効果を持つことが明らかになりつつある。 血液凝固阻害活性 腫瘍転移阻害作用 血管新生阻害作用 血中コレステロール低下作用(新薬と臨床 J. New rem. &Clin. Vol. 55 No. kyusan-u. html) ラムナン硫酸にはまだまだ未知の部分が多く、これからの研究・発展が期待される多糖である。 引用:Wikipedia 上記より、あおさの摂取量がコロナウイルス対策にどれぐらい摂取すれば効果が期待できるか現時点不明であるなら、 スピルリナで代用するのもありなんじゃないかと(あくまで私的感想) しかも、スピルリナはすでに食品としても、サプリメントとしてもどちらも豊富な品ぞろえで世に出回っているのでこちらを調べてみると、 引用: スピルリナのサプリメントや食品が豊富にそろっているiherbをのぞいてみたところ、サプリメントだと1日3000mgの摂取を推奨していました。 誤解を招くといけないので、この推奨の摂取量はコロナウイルス対策に対しての摂取量ではありません! あくまで、 スピルリナを「健康促進とした補助食品」として摂取する場合の推奨摂取量であります。 が、しかし、いざiherbをのぞいてみると以前から健康に対する効果効能が高くスーパーフードとされているだけのことあって口コミがすごいです。 ヨーグルトに入れるのは結構味にクセがあるからおすすめはしませんが。。。。

次の

アオサが「新型コロナ」に効果?中部大学が公表→批判相次ぎ削除、その理由は(BuzzFeed Japan)

アオサ コロナ

中部大学(愛知県)の研究チームは24日までに、沖縄料理にも欠かせない海藻のアーサ(アオサ、ヒトエグサ)に、ヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果があることを確認したと発表した。 アオサに含まれるラムナン硫酸という多糖類(食物繊維)にウイルスの増殖を抑える効果も確認されたという。 世界的にも感染の拡大が続いている新型コロナウイルスも構造が似ていることから、研究チームは新型ウイルスにも効果があると期待している。 研究は、中部大生命健康科学部の河原敏男教授と同大大学院工学研究科の林京子客員教授が実施。 化学薬品メーカーの江南化工(三重県)とラムナン研究所などと共同で研究している。 今後、論文にまとめて発表し、商品開発も目指す。 研究では培養したコロナウイルスにラムナン硫酸を接触させると、高い抗ウイルス活性を示した。 同じ構造を持つA型インフルエンザウイルスを用いたマウスへの感染実験では、ラムナン硫酸を与えると3日後にウイルスの量が半減。 抗体ができる量を見ると、与えなかったマウスと比べ7日で1・5倍、2週間で2・3倍に増えた。 研究チームはラムナン硫酸が、ウイルスが人体の細胞に取り付くのを阻害するのと同時に人体が持つ免疫細胞を活性化して抗体をつくるのを促進させる効果もあると分析。 ウイルスの構造が似ている他のインフルエンザウイルスやおたふくかぜ、麻疹のウイルスにも増殖抑制の効果があると期待している。 そのためヒトコロナウイルスの代わりに 同じくエンベロープとRNAを持つA型インフルエンザウイルスを用いて感染マウスに対するラムナン硫酸の 効果を調べた。 その結果、ウイルスに感染させたマウスにラムナン硫酸を与えたところ3日後のウイルスの 量が半減した。 マウスの体内にはラムナン硫酸を与えなくても一定量の抗体はできるが、ラムナン硫酸を 投与すると抗体は7日で約1. 5倍、14日で約2. 3倍と大きく増殖した。 今回の報道の原因となった実験ではA型インフルエンザウイルスを使ったとあります。 つまり、新型コロナウイルスに効果があるというエビデンスはまだありません。

次の