東京 モーター ショー。 東京モーターショー2019

東京モーターショー

東京 モーター ショー

東京オートサロンの様子 2020年1月初旬に幕張メッセで開かれた「TOKYO AUTO SALON 2020」は、実質2日半の一般公開期間の入場者が過去最多の33万6060人となり、会場はクルマと展示製品、そして人であふれかえっていた。 東京モーターショーに比べて、クルマ好きの人たちにとってははるかに魅力的なショーであることは間違いなく、今後の東京モーターショーのあるべき姿への示唆も与えてくれるものとなった。 今回もっとも力が入っていたのはトヨタ自動車で、「GRヤリス」のグローバルデビューを行い、豊田章男社長が出席、GRヤリスによる世界ラリー選手権挑戦も発表するなど、東京モーターショーにおけるトヨタのブースとは意気込みがまったく違っていた。 GRヤリスは1. 6L 3気筒ターボ(272ps)を搭載、価格は396万円(RZ)と456万円だが、今後、世界ラリー選手権でどのような活躍を見せるかは非常に興味深い。 ホモロゲーション上、連続した12カ月間に2500台以上の生産、ベース車両全体で2万5000台以上の生産が必要で、新型コロナウイルス問題がどのような影響を与えるかは予断できない。 メーカー展示としては、トヨタ以外にはあまりインパクトのあるものは見られなかった。 たとえば、マツダの「モータースポーツ」というテーマは悪くはないのだが、どのような活動に結びつけていくかの具体的な提案がなかったのが残念だ。 今年のデイトナ24時間出場車の展示、IMSAとル・マンとの競技規則の統一化に対する今後の戦略、底辺モータースポーツの具体的な施策、モータースポーツとSKYACTIV技術との今後のかかわりなどをぜひとも発表、展示してほしかった。 スーパーカー&スーパーSUVが多数出展 東京オートサロンの出展車両の中で非常に多いのが「スーパーカー」だが、今回はそれに加えて「スーパーSUV」と呼んでもいいクルマが多数出展されており、高価格のため自分の購入対象にはなりにくいが、非常に興味深いカテゴリーで、東京モーターショーではほとんどお目にかかれない車種だ。 18年末に納車を始めたスーパーSUV「カリナン」がロールスロイスの販売台数を牽引、19年の販売台数が25%も伸びるとともに、購入者の平均年齢が10歳以上若返ったという。 「スーパーカー」「スーパーSUV」とは対照的な軽SUVも軽市場の中で大きなシェアを占めつつあり、今後の動向が興味深い。 出展されていたクルマの中で数が多かったのはトヨタ「スープラ」と、すでに導入後30年近く経過した3代目「RX-7」のカスタムカーで、「スポーツカー」が依然として多くのクルマファンの心を捉えるものであることを意味しているのではないだろうか。 心高まる「スポーツカー」「スポーツバージョン」「スポーツユーティリティービークル」など活動的なライフスタイルに対応した商品系列を充実させることは、今後の日本車の生き残り&市場開拓にとって非常に大切なことではないかと改めて感じた。

次の

トヨタ TOKYO MOTOR SHOW 2019

東京 モーター ショー

「東京モーターショー」は、前身の「全日本モーターショウ(ショー)」の初開催以来、60年を超える歴史を刻んできた。 東京モーターショーは鏡のように、自動車産業を通じ、戦後日本の復興を映し出してきた。 アベックがため息をついて見つめた自家用車は、やがて「マイカー」という呼び名に変わり、高速道路網の発達とともに、日本中を走り回るようになった。 そして今、高い環境性能や安全性能を備えたマイカーが登場している。 読売新聞は、これまでの紙面で、戦後日本のモータリゼーションを見つめ続けてきた。 東京モーターショーの歴史が60年を超えた今、過去の紙面と、新たな取材から、改めて、自動車と日本経済・人々の暮らしの関わりについて振り返りたい。 トヨタは1959(昭和34)年に国内初の乗用車専用の組み立て工場を建設してクラウンの乗用車の量産に乗り出す。 他メーカーも次々に乗用車の専用工場建設を進め、国内生産が飛躍的に伸びたことがマイカー普及を後押しした。 昭和40年代にはモータリゼーション(車社会化)が一気に開花し、車の大衆化で「マイカー」という言葉も生まれた。 車の普及に合わせて、高速道路網など道路整備も急ピッチで進み、国土の姿も一気に様変わりする。 今日の世界に冠たる「自動車王国」日本の礎は、昭和30~40年代にできあがった。 「戦後日本のモータリゼーション」は、2011年12月3日読売新聞掲載の「昭和時代 モータリゼーション 自動車王国へ」を再構成しています。 文中敬称略、肩書・車名・記録等は掲載当時のものです。

次の

【東京モーターショー2019】賢い見所と美しきコンパニオンたち

東京 モーター ショー

東京オートサロンの様子 2020年1月初旬に幕張メッセで開かれた「TOKYO AUTO SALON 2020」は、実質2日半の一般公開期間の入場者が過去最多の33万6060人となり、会場はクルマと展示製品、そして人であふれかえっていた。 東京モーターショーに比べて、クルマ好きの人たちにとってははるかに魅力的なショーであることは間違いなく、今後の東京モーターショーのあるべき姿への示唆も与えてくれるものとなった。 今回もっとも力が入っていたのはトヨタ自動車で、「GRヤリス」のグローバルデビューを行い、豊田章男社長が出席、GRヤリスによる世界ラリー選手権挑戦も発表するなど、東京モーターショーにおけるトヨタのブースとは意気込みがまったく違っていた。 GRヤリスは1. 6L 3気筒ターボ(272ps)を搭載、価格は396万円(RZ)と456万円だが、今後、世界ラリー選手権でどのような活躍を見せるかは非常に興味深い。 ホモロゲーション上、連続した12カ月間に2500台以上の生産、ベース車両全体で2万5000台以上の生産が必要で、新型コロナウイルス問題がどのような影響を与えるかは予断できない。 メーカー展示としては、トヨタ以外にはあまりインパクトのあるものは見られなかった。 たとえば、マツダの「モータースポーツ」というテーマは悪くはないのだが、どのような活動に結びつけていくかの具体的な提案がなかったのが残念だ。 今年のデイトナ24時間出場車の展示、IMSAとル・マンとの競技規則の統一化に対する今後の戦略、底辺モータースポーツの具体的な施策、モータースポーツとSKYACTIV技術との今後のかかわりなどをぜひとも発表、展示してほしかった。 スーパーカー&スーパーSUVが多数出展 東京オートサロンの出展車両の中で非常に多いのが「スーパーカー」だが、今回はそれに加えて「スーパーSUV」と呼んでもいいクルマが多数出展されており、高価格のため自分の購入対象にはなりにくいが、非常に興味深いカテゴリーで、東京モーターショーではほとんどお目にかかれない車種だ。 18年末に納車を始めたスーパーSUV「カリナン」がロールスロイスの販売台数を牽引、19年の販売台数が25%も伸びるとともに、購入者の平均年齢が10歳以上若返ったという。 「スーパーカー」「スーパーSUV」とは対照的な軽SUVも軽市場の中で大きなシェアを占めつつあり、今後の動向が興味深い。 出展されていたクルマの中で数が多かったのはトヨタ「スープラ」と、すでに導入後30年近く経過した3代目「RX-7」のカスタムカーで、「スポーツカー」が依然として多くのクルマファンの心を捉えるものであることを意味しているのではないだろうか。 心高まる「スポーツカー」「スポーツバージョン」「スポーツユーティリティービークル」など活動的なライフスタイルに対応した商品系列を充実させることは、今後の日本車の生き残り&市場開拓にとって非常に大切なことではないかと改めて感じた。

次の