うつろひたる菊現代語訳。 蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 解説・品詞分解

蜻蛉日記のうつろひたる菊の「正月ばかりに~ねむごろなるようなりけり」...

うつろひたる菊現代語訳

今井四郎、木曾殿、主従二騎になつてのたまひけるは、「日ごろは何とも覚えぬ鎧が今日は重うなつたるぞや。 」今井四郎申しけるは、「御身もいまだ疲れさせ給はず。 御馬も弱り候はず。 何によつてか、一領の御着背長を重うは思しめし候ふべき。 それは味方に御勢が候はねば、臆病でこそさは思しめし候へ。 兼平一人候ふとも、余の武者千騎と思しめせ。 矢七つ八つ候へば、しばらく防き矢つかまつらん。 あれに見え候ふ、粟津の松原と申す、あの松の中で御自害い候へ。 」とて、打つて行くほどに、また新手の武者五十騎ばかり出で来たり。 「君はあの松原へ入らせ給へ。 兼平はこの敵防き候はん。 」と申しければ、木曾殿のたまひけるは、「義仲、都にていかにもなるべかりつるが、これまで逃れ来るは、汝と一所で死なんと思ふためなり。 所々で討たれんよりも、ひと所でこそ討ち死にをもせめ。 」とて、馬の鼻を並べて駆けんとし給へば、今井四郎馬より飛び降り、主の馬の口に取りついて申しけるは スポンサーリンク 『平家物語』 木曽義仲の最期 ここまでの歴史 このお話のような軍記物語は、史実に沿って書かれています。 だから、 歴史を理解してから読むとよくわかります。 ちょっと長いですが、 ここまでの経緯をまとめましたから、 まずはこれを読んでから訳に進みましょう。 この話は 鎌倉幕府成立直前。 栄華を極めた平氏に打ち勝って、 本格的な武士の時代が始まるほんの少し前のことです。 貴族政治時代に重要だったのは人脈と智謀。 それに加えて武士の時代は武力に勝らないと勝負になりません。 強い武力を持ちながらも、人脈形成が下手な上に策略下手の木曽義仲が、せっかく掴んだ念願の立場を、短い間に失うことになってしまう。 貴族と武士の狭間に生きた一人の武将の死に様がこの「木曽の最期」です。 木曽の勇者義仲が最期どのように戦ったのか、とっても気になりますね。 『平家物語』 木曽義仲の最期の超現代語訳 当時の戦いは騎馬戦。 馬を操って、槍や刀で戦います。 今井四郎兼平と木曽殿と最後は主従二騎だけになった。 木曽殿はおっしゃられる。 「日ごろは何とも思わぬ鎧が今日は重くなったぞよ」 今井四郎兼平が申し上げた。 「殿はまだお体もお疲れになっておられません。 御馬(おんま)も弱ってはございません。 どうして一着の鎧ごときを重う思われることがありましょうか。 それはきっと味方に軍勢がおりませんので、 気遅れてそう思われるのでございます。 どうか殿、 今は兼平一人ではございますが、 後ろに、武者千騎とお思い下さいませ。 私、矢が七つ八つございますので、 しばらく防き矢差し上げます。 あれに見えますのは、 有名な粟津の松原と申します。 あの松の中でなら人目にもつきますまい。 どうぞ立派に御自害なさいませぇ」 とて、馬に鞭打って行く間に、また新手の武者五十騎ばかりが出て来た。 これは殿のご自害が成立しないと判断した兼平は言う。 「お前たち、 日ごろは噂に聞いているだろう。 さあ今こそはご自分の目で見られよ。 木曽殿の御乳母子、 今井四郎兼平、生年三十三になり申す。 こういう者がいることは、 頼朝様までもご存じのはずじゃ。 それ、兼平を討ってこの首をご覧に入れてみよ」 と言って、射残した八本の矢を、 次々と弓につがえて容赦なく射る。 相手の死生はわからないが、 たちまちに敵八騎を射落とした。 その後、太刀をぬいてあちらで討ちあい、 こちらで討ちあい、ばっさばっさと切って回る。 顔を合わせる者もいない。 多くの敵をやったのだった。 敵どもは「射殺せよ。 」 と言って兼平をただ中に取り囲んで、 雨の降るように矢を射るけれども、 鎧が良いので裏まで通らず、 隙間もないので、 傷さえも負わないのであったよ。 木曽殿はたった一騎で、 粟津の松原へ駆けなさるが、 正月二十一日、 日の入り際のことなので、 松原には薄氷が張っていた。 木曽殿はそこに沼田があるとも知らないで、 馬をざっと乗り入れたらば、 みるみる沈んで馬の頭も見えなくなってしまったのだ。 木曽殿がどんなに鐙で馬を蹴っても、 鞭を討っても打っても馬は動かない。 木曽殿は兼平の行方が心配になって、 ふっと振り向いたその瞬間、 内甲を射抜かれてしまったのだ。

次の

蜻蛉日記「うつろひたる菊」現代語訳

うつろひたる菊現代語訳

九月 【注1】ばかりになりて、 出でにたる 【注2】ほどに、箱 の 【注3】あるを、 手まさぐり 【注4】に開けて見れば、人のもとに やらむ 【注5】と しける 【注6】文あり。 あさましさ 【注7】に、 見てけり 【注8】と だに 【注9】 知られむ 【注10】と思ひて、書きつく。 うたがはし 【注11】ほかに 渡せる 【注12】 ふみ 【注13】見ればここや とだえ 【注14】に ならむ 【注15】と すらむ 【注16】 など思ふほどに、 むべなう 【注17】、 十月 【注18】 つごもり方 【注19】に、三夜 しきり 【注20】て 見えぬ 【注21】ときあり。 つれなう 【注22】て、「しばし 試みる 【注23】ほどに。 」など、 けしき 【注24】あり 重要な品詞と語句の解説 語句【注】 品詞と意味 1 九月 名詞。 読みは「ながつき」。 陰暦九月の異称。 2 出でにたる ダ行下二段動詞「出づ」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の連用形+完了の助動詞「たり」の連体形。 意味は「出て行ってしまった」。 3 の 格助詞の主格。 意味は「~が」。 「の」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 4 手まさぐり 名詞。 意味は「手先でもてあそぶこと・手慰み」。 5 やらむ ラ行四段動詞「やる」の未然形+意志の助動詞「む」の終止形。 意味は「やろう」。 「む(ん)」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 6 しける サ変動詞「す」の連用形+過去の助動詞「けり」の連体形。 意味は「した」。 7 あさましさ 名詞。 意味は「驚きあきれること」。 8 見てけり マ行上一段動詞「見る」の連用形+強意(確述)の助動詞「つ」の連用形+詠嘆の助動詞「けり」の終止形。 意味は「見てしまったよ」。 9 だに 副助詞。 意味は「せめて~だけでも」。 10 知られむ ラ行四段動詞「知る」の未然形+受身の助動詞「る」の未然形+意志の助動詞「む」の終止形。 意味は「知られよう・分かってもらおう」。 11 うたがはし シク活用の形容詞「うたがはし」の終止形。 「疑はし」と「橋」の掛詞。 12 渡せる サ行四段動詞「渡す」の已然形+完了の助動詞「り」の連体形。 意味は「渡した・与えた」。 「渡せ」は、「はし(橋)」の縁語。 13 ふみ 名詞。 意味は「手紙」。 「文」と「踏み」の掛詞。 「踏み」は、「はし(橋)」の縁語。 14 とだえ 名詞。 意味は「男女の仲が途絶えること」。 「途絶え」は、「はし(橋)」の縁語。 15 ならむ ラ行四段動詞「なる」の未然形+推量の助動詞「む」の終止形。 意味は「なろう」。 16 すらむ サ変動詞「す」の終止形+現在推量の助動詞「らむ」の連体形。 意味は「するのだろう」。 「らむ」は係助詞「や」に呼応している。 17 むべなう 連語。 意味は「なるほど」。 18 十月 名詞。 読みは「かんなづき・かみなづき」。 陰暦十月の異称。 19 つごもり方 名詞。 意味は「下旬ごろ・月末ごろ」。 20 しきり ラ行四段動詞「しきる」の連用形。 意味は「連続で起こる」。 21 見えぬ ヤ行下二段動詞「見ゆ」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形。 意味は「見えない」。 22 つれなう ク活用の形容詞「つれなし」の連用形。 意味は「よそよそしい・そしらぬ顔だ」。 「つれな う」は「つれな く」がウ音便化している。 23 試みる マ行上一段「試みる」の連体形。 意味は「試してみる・様子を見る」。 24 けしき 名詞。 意味は「態度・そぶり」。 九月ごろになって、(夫の兼家が)出て行ってしまったときに、文箱が置いてあるのを(見つけて)、手慰みに開けて見ると、他の女性のもとにやろうとした手紙があった。 驚きあきれて、せめて見てしまったよとだけでも知られようと思って、和歌を書きつける。 疑わしいことです。 他の女性に渡した手紙を見ると、ここ(私の所)へ来るのが途絶えようとしているのでしょうか。 などと思っているうちに、なるほど(やはり)、十月の下旬に、三夜連続で、姿が見えないときがあった。 (夫は戻ってくると)そしらぬ顔をして、「しばらくあなたの気持ちを試しているうちに(日が過ぎてしまったよ)。 」などと言った態度であった。 いかがでしたでしょうか。 この箇所で特に重要な文法事項は次の通りです。

次の

蜻蛉日記「町小路の女/うつろひたる菊」 問題

うつろひたる菊現代語訳

[うたがはしほかに渡せるふみ見れば ここやとだえにならむとすらむ] など思ふほどに、むべなう、十月つごもりがたに、三夜 みよ しきりて見えぬ時あり。 つれなうて、「しばしこころみるほどに」など、気色あり。 これより、夕さりつかた、「内裏 うち の方ふたがりけり。 」とて出づるに、心得で、人をつけて見すれば、「町の小路 こうじ なるそこそこになむ、とまり給ひぬる。 」とて来たり。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二日三日 ふつかみか ばかりありて、暁方 あかつきがた に門をたたく時あり。 さ * なめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 [嘆きつつひとり寝 ぬ る夜のあくる間は いかに久しきものとかは知る] と、例よりはひき繕ひて書きて、うつろひたる菊に挿したり。 返り言、 「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの来あひたりつればなむ。 いと理 ことわり なりつるは。 [げにやげに冬の夜ならぬ真木 まき の戸も おそくあくるはわびしかりけり]」 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、いとどしう心づきなく思ふことぞ、限りなきや。 「うつろひたる菊」の現代語訳 そうして、九月頃になって、 兼家が 出て 帰って しまった時に、文箱があるのを何気なく開けて見ると、他の人 =女 の所に届けようとした手紙がある。 驚きあきれて、 せめて私がその手紙を 見てしまったと いうこと だけでも知られようと思って、 余白に歌を 書きつける。 [疑わしいこと。 他 の女の方 に送ろうとする手紙を見ると、もうこちら の私の所にあなたが来るの は途絶えてしまうのでしょうか。 ] などと思っているうちに、案の定、十月の末頃に、三晩続いて姿を見せない時があった。 あの人は 平然として、「しばらく、 あなたの気持ちを 試しているうちに 三日もたってしまった。 」などと、思わせぶりな言い訳をする。 こちら =私の家 から、夕方頃、「宮中が禁忌の方角にあたっていたのだよ 方違えのために出かけよう。 」と言って出かけるので、納得しないで、召し使いに尾行させて見届けさせたところ、「町の小路にあるどこそこに、 車を お止めになりました。 」と言って 帰って 来た。 思ったとおりだと、たいそう情けないと思うけれど、どう言えばよいか方法もわからずにいるうちに、二、三日ほどたって、夜明け頃に門をたたく 音がする 時があった。 その =あの人の訪れの ようだと思うと、気が進まなくて、開けさせないでいると、例の 町の小路の女の 家と思われる所に行ってしまった。 翌朝、やはりこのままではいられまいと思って、 [嘆きながら独りで寝る夜が明けるまでの間がどんなに長 くつら いものかおわかりですか 、いえ、おわかりになりますまい。 ] と、いつもよりは体裁を整えて書いて、色変わりした菊に挿し て送っ た。 返事は、 「夜が開けるまで待って 様子を みようとしたが、急な 用件を伝える 召し使いが来合わせたので 引き返してしまいました。 あなたが怒るのも 全くもっともですよ。 [全く本当に 冬の夜はなかなか明けないが 、冬の夜でもない真木の戸でも遅く開くのはつらいことですよ。 ]」 それにしても、全く不思議なくらい、そしらぬふりをしている。 しばらくは、人目を避けている様子で、「宮中に。 」などと言いながら通うのが当然であるのに、ますます不愉快に思うこと、この上ないよ。 「うつろひたる菊」の単語・語句解説 [手まさぐりに] 何気なしに。 [遣らむと] 届けようと。 [むべなう] 「むべなく」のウ音便。 [十月つごもりがたに] 十月の末頃に。 [三夜しきりて見えぬ時あり] 三晩続けて来ない時があった。 当時は結婚する際に三晩続けて通う風習があった [夕さりつかた] 夕方頃。 [ものしたり] 行ってしまった。 [うつろひたる菊] 色変わりした菊。 [とみなる召し使ひ] 急な召し使い。 [いと理なりつるは] 全くもっともですよ。 [げにやげに] 全く本当に。 [おそくあくる] 「夜が遅く明ける」のと「戸を遅く開ける」を掛けている。 答え:兼家が訪れてきたこと。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は蜻蛉日記でも有名な、「うつろひたる菊」についてご紹介しました。 (教科書によって「なげきつつひとり寝る夜」や「町の小路の女」という題名のものもあり) その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の