オリンピック ムーブメント 例。 日本に、オリンピック・ムーブメントは起きているか?

オリンピックとは|オリンピック情報|2020年大会開催準備|東京都オリンピック・パラリンピック準備局

オリンピック ムーブメント 例

日本のオリンピック・ムーブメントの始まりと嘉納治五郎 日本がオリンピック・ムーブメントに関わるようになったのは、およそ100年前のことである。 それは、嘉納治五郎(1860〜1938年)が、1909年に国際オリンピック委員会(IOC)委員に日本人として初めて就任してからである。 嘉納治五郎というと、柔道を経験している人なら知っている通り、講道館柔道を創始した人物である。 講道館柔道とは、日本に昔から存在していた柔術の各流派をまとめ、青少年の教育のためにつくられたものである。 当時の嘉納は、柔道のみならず、東京高等師範学校(現在の筑波大学)の校長も務め、水泳や長距離走、さらにはテニスやサッカーなど各種のスポーツを学生たちに行わせるほど、体育に熱心な教育者であった。 さらに、1896年からは中国からの留学生も積極的に受け入れ、彼らにも体育やスポーツ、そして柔道を教えていた。 留学生の受け入れは、1909年までに約7000人にも上った。 それは、体育は身体を強くするだけではなく、自他ともに道徳的に高めることができ、さらに生涯続けることで、心身ともに若々しく活動しながら、幸福に生きることができる、と嘉納は考えていたからであった。 1912年ストックホルム大会に日本初参加・入場行進(写真上)と 参加賞メダル(写真下)。 嘉納は、駐日フランス大使ジェラールからオリンピックの理念を聞き、IOC委員への就任を引き受けたが、それは、嘉納の考えとオリンピックの理念とは、何ら矛盾するところがなかったからである。 嘉納は、IOC委員に就任してからオリンピック・ムーブメントに積極的に関わっていった。 スウェーデン・オリンピック委員会の求めに応じて、1912年の第5回オリンピック競技大会に日本選手を参加させる準備を行う。 オリンピック選手を派遣するための組織として、大日本体育協会(現在の日本体育協会)を創設し、選手の予選会を実施。 短距離走の三島弥彦とマラソンの金栗四三の2名を、日本代表選手に選んだ。 しかし、東京高等師範学校の生徒であった金栗には、ストックホルムまで渡航する経済的な余裕はなかった。 すると嘉納は、東京高等師範学校で金栗の後援会を結成し、募金を呼びかけ、資金を工面したのであった。 こうして日本初代表の選手はストックホルム大会へと参加したのである。 これ以降、IOC委員の嘉納は、ほとんどすべてのIOC会議やオリンピック競技大会に出席している。 オリンピック競技大会終了後には、各国のIOC委員を訪問し、その国の体育やスポーツ事情を見聞するとともに、柔道を紹介するなど、親交を深めた。

次の

オリンピックとは

オリンピック ムーブメント 例

目的 [ ] 「とその諸価値に従いスポーツを実践することを通じて若者を教育し、平和でよりよい世界の建設に貢献することである」との第1章に規定されている。 として有名な、「より速く、より高く、より強く(Citius・Altius・Fortius)」というは、1996年版オリンピック憲章の14. に書かれているという情報がある。 「2011年7月8日から有効」版オリンピック憲章には第1章の10. に書かれている。 などオリンピック・デジグネーションについては、第1章の14. に書かれている。 構成要素 [ ] オリンピック・ムーブメントの3つの構成要素• IOC• NOC 「オリンピック・ムーブメントにいかなる形で属する何人もどの団体もオリンピック憲章の条文に拘束され、かつIOCの決定に従わなければならない」とに規定されている。 脚注 [ ].

次の

オリンピック競技大会

オリンピック ムーブメント 例

目的 [ ] 「とその諸価値に従いスポーツを実践することを通じて若者を教育し、平和でよりよい世界の建設に貢献することである」との第1章に規定されている。 として有名な、「より速く、より高く、より強く(Citius・Altius・Fortius)」というは、1996年版オリンピック憲章の14. に書かれているという情報がある。 「2011年7月8日から有効」版オリンピック憲章には第1章の10. に書かれている。 などオリンピック・デジグネーションについては、第1章の14. に書かれている。 構成要素 [ ] オリンピック・ムーブメントの3つの構成要素• IOC• NOC 「オリンピック・ムーブメントにいかなる形で属する何人もどの団体もオリンピック憲章の条文に拘束され、かつIOCの決定に従わなければならない」とに規定されている。 脚注 [ ].

次の