突発 性 血小板 減少 性 紫斑 病。 【医師監修】特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は、子供と大人で特徴が違う!?

血小板減少性紫斑病とは…原因・症状・検査・治療法 [子供の病気] All About

突発 性 血小板 減少 性 紫斑 病

特発性血小板減少性紫斑病を理由として、妊娠を制限する必要はありません。 しかし、出産の際に大量出血の危険があるため、出産時に向けて血小板を増やすよう治療を行い、妊娠・出産は血液専門の医師と産科医のいる病院が良いでしょう。 また、治療に用いられる免疫抑制剤は、胎児に影響をおよぼす危険性があるので、妊娠は薬を服用せずに体調がコントロールできている時期が好ましいです。 また、特発性血小板減少性紫斑病で、血小板減少を引き起こす血液中の自己抗体は胎盤を移行します。 そのため新生児も血小板減少を起こすことがあるので注意が必要です。 新生児に血小板減少が起こった場合も、病気がうつったわけではなく一過性の血小板減少なので、多くは出生3? 4週後には正常値に戻ります。• 当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。 また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。

次の

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)での生活上の注意と疲れやすい関係とは?

突発 性 血小板 減少 性 紫斑 病

アレルギー性紫斑病 アレルギー性紫斑病はアレルギーの原因となる物質に過剰に反応することで、血管が炎症を起こしてしまうことで起こる紫斑病です。 血管から出血してしまうため、皮膚が紫色になります。 アレルギー性紫斑病の原因 この紫斑病の原因は現在でもよくわかっていないようです。 ただ、自己免疫疾患の1つと考えられていて、血液中のタンパク質に異常があるために発病すると考えられています。 アレルギー性紫斑病の症状 症状の特徴として、おしりや足といった下肢に紫斑がみられます。 かなりブツブツとした紫斑がみられ、紫斑部の皮膚は盛り上がります。 紫斑は下肢に左右対称に現れ、片方だけということはありません。 その他、下肢のむくみ、腹痛、関節痛などの症状もみられます。 腹痛と伴って排尿・排便に異常が出ることがあります。 具体的には血尿・血便です。 この場合、泌尿器や腸に炎症や潰瘍が考えられるため、早急な治療が必要です。 この病気は3〜10歳の小児に好発します。 また、男児のほうが女児より数が若干多くなります。 季節も関係していて、秋〜初夏に増加し、夏になると減少します。 症状の進行 症状が進行すると腎臓炎を発症することがあります。 この病気にかかった約半数の患者に腎臓炎がみられます。 病気の発症後は腎臓炎に対してかなり気を配る必要があるでしょう。 腸重積という病気も発症することがあります。 腸重積とは腸管が内側に入ってしまう状態で、血液の流れを阻害することがあります。 このため、細胞に血液が行き渡らず、腸管の壊死を招きます。 最悪、死亡するケースもあります。 アレルギー性紫斑病の治療 基本的な処置としては安静にし、適宜症状に合わせて治療を行なっていきます。 例えば関節痛が起これば、関節の痛みを抑える抗炎症剤を投与します。 ただ、アレルギー性紫斑病に対する特効薬はありません。 症状を1つ1つ対処していき、症状が治まるのを待つしかないでしょう。 症状の進行すると腸管に潰瘍ができることがあります。 このようなケースでは、抗潰瘍薬を投与し、症状を緩和します。 かなり重症化していることが推測されるので早急な対応が必要です。 アレルギー性紫斑病の予後 後遺症等が残ることは少ないですが、適切な治療が行わなければ、そのリスクはあります。 特に腎臓炎を患ってしまうと、腎機能がそのまま低下してしまうこともあるため注意が必要です。 症状は数ヶ月ほど続きますが、快方に向かいます。 しかし、数年経ってから再発するケースもあります。 再発時には再度、きちんとした治療を受ける必要があります。 単純性紫斑 単純性紫斑は皮膚に紫斑ができるものの、他の合併症を伴わない病気です。 アレルギー性紫斑病と同様、下肢に紫斑が集中しますが、かゆみや痛み、しこりはみられません。 単純性紫斑の原因 アレルギー性紫斑同様、その原因は深くわかっていないのが現状です。 20代女性に好発し、生理時に起こりやすいことがわかっています。 また、疲労も発症のきっかけになるといわれています。 疲労は血管を弱くする原因の1つです。 しなやかで柔軟性のある血管ですが、体が疲れているともろくなってしまうのですね。 仕事が忙しかったり、睡眠が取れていないなんてことがきっかけになるのです。 単純性紫斑の症状 先に述べたように紫斑は下肢に集中します。 違和感もなく、かゆみも感じません。 隆起もないので、皮膚がただ紫色になっていることだけを確認することができます。 反対にかゆみといった症状が出るようであれば、それは単純性紫斑ではない可能性があります。 他の病気を発症している可能性があるので、一度病院へ行った方がいいでしょう。 合併症の心配はありませんが、治療したあと紫斑が皮膚に沈着してしまうことがあります。 これはかなり女性として気になるかもしれません。 早期に治療を受けることが大切です。 単純性紫斑の治療 この病気ではそれほど大掛かりな治療をすることはありません。 紫斑は数週間という時間をかけて消失していきます。 他に合併症を招くこともありません。 ただ、血管を強化するためにビタミンCの服用を勧められることがあります。 血管がもろくなっていれば、それだけ病気も再発しやすいので、きちんと服用するようにしましょう。 紫斑が出ているときに過度な運動は避けた方がいいでしょう。 それは単にどこかにぶつけて内出血を起こしてしまうリスクが高いということもありますし、疲労がより溜まってしまうということもあるからです。 紫斑は自然治癒するとはいえ、なるべく安静にしていたいものです。 単純性紫斑の予後 基本的に症状は快方へ向かいます。 紫斑は自然消失し、合併症のことを心配する必要もありません。 しかし、再発の可能性が高いため、体に負担のかかることは避けた方がいいでしょう。 特に女性であれば生活リズムをきちんと正したり、食事をきちんととるなどのことが大切です。 生理にも影響を与えるので、健康を意識した生活を送るようにしましょう。 ステロイド性紫斑 炎症を抑える効果のあるステロイド剤。 これを長期間投与されることで起こるのがステロイド性紫斑です。 治療の一環で続けてきたステロイドが体に悪い影響を与えてしまうことがあるのです。 ステロイド性紫斑の原因 ステロイド外用薬という、塗るタイプのステロイド薬を長期期間使用することで発症します。 塗ることでステロイドは血管を浸透していきますが、その際の副作用として紫斑を発症させることがあります。 これを局所的副作用と呼びます。 ステロイド性紫斑の症状 皮下に出血し、紫斑を作ることは他の症状と同じです。 しかし、発症箇所は皮膚が薄い肘や首、顔に好発します。 この部位にステロイド外用薬を塗ることは注意が必要でしょう。 ステロイド性紫斑の治療 このタイプの紫斑では治療することなく、出血が消失していきます。 ただ、ステロイド外用薬を使用し続けることで症状は継続します。 長期間、多量の使用には注意する必要があります。 一方でステロイド外用薬をやめることで、再発してしまう病気もあります。 そのため、他の薬を改めて使うという方法もあります。 ただ、ステロイド外用薬を塗るかどうかの判断は、医師と相談したほうがいいでしょう。 薬と体の関係 よく薬と毒の区別は体に良い作用をするかどうかと言われることがあります。 良い作用をするものは薬、悪い作用をするものは毒というわけですね。 ステロイドは炎症を止める薬の代表です。 症状によく効きますし、長年使われてきた薬です。 しかし、良く効くということは副作用が大きいということでもあるのです。 ステロイドの副作用は紫斑症に限って言えば毛細血管の拡張、皮膚を薄くする、などがあります。 これらがきっかけとなって紫斑ができてしまうのですね。 炎症を抑える素晴らしい薬でありながらも、その後の生活に少々不自由を与えてしまうことがあるステロイド剤。 症状を抑えるためには必要な薬なのですが、使い方には十分注意する必要があるのです。 老人性紫斑 年齢を重ねるにつれ、血管の強度が低下していきます。 すると、ちょっとしたぶつかりでも血管が破れてしまい、皮下出血を起こしてしまいます。 このような経過でできる紫斑を「老人性紫斑」といいます。 老人性紫斑の原因 老化によって血管が破れやすくなっていることが原因です。 老化は止めることができない現象ですが、このように目に見える形で症状を自覚することがあります。 老人性紫斑の症状 老人性紫斑はモノによくぶつかる部位に発症します。 それは手の甲や腕などがあげられます。 また、血管が集中している顔にも発症することがあります。 体をぶつけたとき、患部は赤くなります。 その後、紫斑を形成します。 稀に黄色くなるケースもあります。 紫斑そのもので痛みを伴うことはありません。 老人性紫斑の治療 老人性紫斑は自然治癒します。 そのため、これといって治療をすることはありません。 家の家財にクッション材をつけるなど、体が当たっても衝撃を吸収できるような工夫をした方がいいかもしれませんね。 他の病気を抱えていてステロイド剤を使用している人は医師と相談することをお勧めします。 ステロイド剤によって紫斑の治りが悪くなるケースがあるからです。 血管を強くするために 加齢とともに体の組織が弱くなることは仕方のないことなのかもしれません。 血管は弱くなり、骨はもろくなり、体の節々が痛む。 そんなこともあるでしょう。 体の状態を良好にするために大切なことがあります。 それは運動。 習慣的に体を動かすことは、体のあらゆる組織を強化することにつながります。 例えば車なんかも、全く運転しないとどんどん錆びついて、走ることができなくなってしまいますよね。 メンテナンスを全くしなければ、すぐに乗れなくなってしまいます。 人の体も同じです。 日々、体を動かさなければ関節は弱り、骨ももろくなります。 血管に血液をきちんと流してあげなければ、強度は下がり、病気を招くことがあります。 どんな年齢になっても、少しでもいいので動くこと。 反対に全く動かなければ、簡単に体は錆びついていってしまいます。 突発性血小板減少性紫斑 これまで紹介した紫斑とは全く異なる原因で紫斑ができてしまう病気です。 血小板という血液中の一成分が減少し、些細な出血を止めることができず、発症します。 突発性血小板減少性紫斑の原因 この病気はその名の通り、突発的に血小板の減少症状が起こります。 血小板は出血してしまったとき、血液を凝固する役割があります。 しかし、その量が少ないということは、出血しても血液が止まりにくいことを意味します。 血小板が少なくなってしまう原因は、血小板に対して自己抗体ができることが考えられています。 抗体とは外から入ってきた異物に対して、体外へ排出する為に働くシステムのことです。 通常、自己抗体は生成されないのですが、何らかの原因で生成されると自身の血小板を異物として捉え、破壊・排除をしてしまいます。 これが血小板の減少につながります。 自己抗体ができる原因は不明です。 突発性血小板減少性紫斑の症状 皮膚の紫斑のほか、以下の症状がみられます。 歯茎からの出血• 血液が便に混じるタール便の発症• 軽度の血尿 女性であれば生理時に血液が止まりにくくなるといった症状もあります。 また、重症のケースでは脳出血を誘発しやすくなることもあり、命の危険もあります。 突発性血小板減少性紫斑の治療 この病気の治療ではポイントが3つあります。 それは「血小板を増加させる」「免疫を抑制する」「出血を予防する」です。 まず「血小板を増加させる」ですが、これは薬を服用することでできます。 血小板増加剤という薬があり、これを服用することで体内の血小板を増やすことができます。 ただ、血小板を増やすことはできるのですが、病気そのものを治療できません。 そのため、薬を継続して服用する必要があります 次に「免疫を抑制する」。 これは自己抗体の働きを弱め、血小板の破壊を抑制する効果を期待します。 一方で体そのものの免疫力が低下する為、使用には十分注意が必要です。 最後に「出血を予防する」。 病気によって血液が固まりにくくなっていますから、日常生活の中で出血をしないように生活することがポイントです。 モノとのぶつかりなんかは紫斑を作り、血液が止まらなくなることにつながりますから注意が必要でしょう。 詳しくは、を参考にしてください! 紫斑病の捉え方 紫斑病には様々な種類があります。 症状は同じ皮膚の変色ですが、その原因は大きく異なります。 ただ単にぶつけただけのケースもあれば、深刻な病気のケースもありました。 紫斑病を発症してしまったとき、まず大切なのはその原因を詳しく調べることでしょう。 単にぶつけただけなのか。 それならまだいいですが、病気が隠れていることもあります。 その場合は、早急に治療を開始する必要がありますよね。 小児に発症するようなアレルギー性紫斑病であれば、紫斑そのものはあまり警戒する必要はありません。 しかし、腎炎を招くことがあることから、経過をきちんと観察する必要があります。 子供が遊んでどこかにぶつけたんだろう。 そう思ってしまうと、紫斑病を見逃してしまうことがあるからです。 他にもご紹介した異常症状が見られるようであれば、病院へ行くようにしましょう。 紫斑病に似た病気 皮膚の変色は紫斑病だけに限りません。 紫斑病は皮膚が紫色になるという特徴がありますが、痛みやかゆみ症状を発症しません。 このため、皮膚に痛みやかゆみがあるようであれば、別の病気を疑うことができます。 例えば全身に発疹があるようであれば蕁麻疹や水疱瘡、扁平苔癬などが考えられます。 何かに触れることで発疹がでることもありますし、アレルギー性皮膚炎の可能性もあるでしょう。 病気の判断として、まずはかゆみがあるかどうかというのもみてみてください。 かゆみがあるようであれば、皮膚科へいくことをおすすめします。 まとめ 紫斑病は同一の症状を示しながらも、原因が多岐に渡ります。 全く心配の必要のないものであればいいのですが、救急性の高いケースもありますから、きちんと対応する必要があります。 皮膚が紫色になることはよくあること。 子供の頃、よくテーブルや椅子なんかに手をぶつけていた人は、そう判断するかもしれません。 しかし、それが病気の一症状であることもあります。 子供の紫斑病では病気を見逃してしまうと後遺症となることもあります。 こればかりは親がきちんと判断し、いかに病院へ早く連れて行くかが鍵になるでしょう。 単なるあざと安易に判断するのではなく、そのほかの症状を総合的に判断する。 これが紫斑病とただのあざを区別する第一歩であり、大切なことだと思います。 病気を見逃さないようにしてくださいね。

次の

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)(指定難病64)

突発 性 血小板 減少 性 紫斑 病

突発性血小板減少性紫斑病って知っていますか? とても長い名前の病名ですが、どのような病気なのでしょうか。 また、突発性血小板減少性紫斑病とピロリ菌にはどのような関係があるのでしょうか。 ピロリ菌と突発性血小板減少性紫斑病の関係についてまとめます。 特発性血小板減少性紫斑病とは 突発性血小板減少性紫斑病とは、自 分の体を攻撃してしまう免疫物質(自己抗体)が血小板に結合し、網内系細胞である組織マクロファージによって破壊され、血小板が減少する病気です。 突発性血小板減少性紫斑病の原因は明らかではなく、ある日突然血小板が減少してしまい、皮膚や粘膜の目に見える部分に出血症状や紫斑、青あざが見られる難病です。 この病気は10歳未満の小児に発症する事が多い急性型と成人に多い慢性型に分けられます。 主な症状は点状(斑状)の皮膚に見られる出血、歯ぐきや口腔粘膜からの出血、鼻血、血便、血尿、月経過多の他、重症な場合は脳出血などの症状もあります。 特発性血小板減少性紫斑病とピロリ菌の関係 1998年にイタリアの研究グループから、 ピロリ菌の除菌が突発性血小板減少性紫斑病に有効であるという報告が出ています。 日本ではこれに基づき2012年に突発性血小板減少性紫斑病治療の参照ガイドが改訂されたと言われています。 それによると、ピロリ菌に感染している方が突発性血小板減少性紫斑病と診断された場合、血小板の数が極端に少なくなっているケースを除き、ピロリ菌の除菌治療がファーストチョイスとして行われます。 しかしアメリではファーストチョイスではなく、ピロリ菌除菌の位置づけは後ろの方です。 これは、ピロリ菌の除菌治療によって血小板が回復する反応率が国によってかなり違っている事にあると言われています。 欧米やイタリアでは比較的反応が良いが、他国ではそれほど有効率が高くないとされ、ガイドライン上あまり優遇されていない事もあります。 現段階では突発性血小板減少性紫斑病とピロリ菌との関係がはっきりと確認されたものはないと言われています。 まとめ 難病とされている突発性血小板減少性紫斑病の治療に、ピロリ菌に感染していた場合、血小板の数が極端に少なくなっているケースを除いて除菌治療がファーストチョイスとして行われている国もありますが、さほど有効率が高くないという判断からガイドライン上、あまり優遇されていない国もあります。 現段階では、突発性血小板減少性紫斑病とピロリ菌との関係がはっきりと確認されたものはありません。

次の