アイコス 故障してないのに交換。 IQOS(アイコス) 3とマルチは保証交換に回数制限あり! いざという時の為につまらない交換はNGですよ!

アイコスが故障して返送しないでいたら通知が来た。

アイコス 故障してないのに交換

回答に回数が書いてないのですが、原則としては保証期間内なら何度でも交換してくれると捉えて良いのでしょうか。 私があえて「1回なのか?何回でもなのか?」と書いてるにも関わらず回数に触れてないのはなんか誤魔化してる感じはしますね。 よくわからないので直接電話して聞きました。 私は昨年の9月にアイコスを購入し、3ヶ月後の12月に蓋の不具合で交換してもらいました。 その交換して頂いた製品の蓋がまた壊れた場合、交換対象になるか直接電話で問い合わせたところ・・・ 結論としては再交換して頂けるとのことです。 私の場合、保証期間である今年の9月までなら再交換可能です。 あくまで最初に購入した製品の保証期間内の話で、交換品が届いた日からではないのでご注意下さいね。 落下させてしまい破損した場合、水没させてしまった場合それぞれ1回ずつの交換ではなく、お客様に起因しての故障については全て含めて1回のみとなります。 こちらの過失で故障、破損した場合でも1回なら交換して頂けます。 この辺の対応はありがたいですね。 スポンサーリンク まとめ こちらに過失がない場合の自然故障は、保証期間内なら何度でも交換してくれます。 ただし登録情報をすべて確認され、アイコス側で交換出来ないと判断される場合もあるそうです。 その辺は話し合いですね。 過失がある場合でも、1回のみ交換して頂けます。 この辺りはさすがアイコスですね。 他では考えられません。 どちらも 会員登録と 製品登録をしていないと交換対象にならないので、アイコスを購入したらすぐに登録することをおすすめします。 私の質問のしかたが悪くもっと良い聞き方があったかも知れませんが、このような結果になりました。 参考にしてみて下さい。 素早い対応でした。 ちょうど一ヶ月前に購入し、気に入って1日1箱弱で 吸っていました。 外出先で2本吸った後、パイプが青ランプなのに カートリッジを入れると赤ランプになり加熱せず、数回試してダメで 帰宅し 充電器に差し込む。 本体充電は 毎日睡眠中に行い MAXで持ち運ぶので充電切れは ないはず。 充電器も充電済みの状態でパイプを出しても同じ状態なので 17:00カスタマーセンターに電話、事情を説明。 お掃除は ほぼ毎回ブラシで掃除し、汚れもなし、芯の折れもなしと説明。 登録してあったので かけた電話番号から 住所もわかり すぐ交換のパイプを送ってくれました。 本体は正常なのでパイプのみ交換。 アイコスが吸えず、元のケントが残ってたので 吸ったけど まずくて吸えず。 超困りましたが 次の日 午前中に届き 助かりました。 対応が 早かった。 アプリは バーコードを貯めているのに 開けない状態が続いていますが…… 利用者が多く混線中とかーー?? 対処して欲しい。 でも一ヶ月で故障は厳しいですね。 アイコス依存中。

次の

アイコス蓋が閉まらない!故障対処方法とiQOS専用バンドでオシャレ予防

アイコス 故障してないのに交換

アイコス故障時に届いた交換品の返却方法 あまり批判的な内容は掲載したくないのですが、私の所有している新型アイコス3台のうち、ついに2台目の故障が発生しました…(泣) 両方ともホルダーの故障でしたが、どうやら新型アイコスのホルダーも旧型アイコス同様に故障しやすいのかもしれません(汗) 別記事でも掲載しておりますが、アイコスが故障した際には『ホルダーの故障なのか?』、それとも『ポケットチャージャーの故障なのか?』の判別は必要不可欠なことですので、是非下記リンクもご覧ください。 当然ながら故障経験のある方はご存知かと思いますが、念のため交換品の返却方法を掲載していきます。 【1】故障診断、または電話にて交換の申し込みをする 基本的にアイコスが故障した際には、アイコス公式サイトのデバイス診断を利用するか、電話やアイコスストアにて交換申込をします。 別記事にてデバイス診断の使い方をご紹介しておりますので、下記リンクも併せてご覧ください。 最短翌日から2日程度で交換品が届くと思いますが、アイコスストアに持ち込むことが出来る方は即日交換することが可能です。 送られてきた交換品の箱が返却用の箱に早変わりしますので、蓋に書いてある手順で故障したアイコスを箱に入れます。 (送料は無料です。 ) ちなみに直接交換品を受け取った方は、その場でヤマト運輸の方に返却の発送をお願いすることも出来るようです。 『交換ペナルティって何やねん!』と思った方!私も初めて耳にした時は少々驚きました。 しかし、あくまでこれは噂ですので、信じるか信じないかはアナタ次第です(笑) (やっとこのフレーズが言える機会が訪れましたw) 余談はさておき、アイコスの「交換ペナルティ」とは、分かりやすくご説明すると「ブラックリスト」のことです。 本当は壊れていないのに、故障したと嘘をついて新品に交換してもらう• 交換品の返却をしていない、あるいは返却するのを忘れてしまった• カスタマーに電話する際、暴言を吐いたり、半ば脅したりする行為 上記に記載のようなことをしてしまうと、アイコスの顧客情報の中でブラックリスト入りさせられてしまうという噂があるようです。 また実際にブラックリスト入りさせられてしまったユーザーは、故障した際に交換までの過程で、正常のユーザーよりも時間がかかったりするという噂もありますので、アイコスユーザーであれば気を付けていかなければなりません。 そして、最悪の場合は保証期間内なのに一切対応してくれないという情報もあるようです。 (信用性はありませんが…) ですので、アイコスが故障した際には故障診断や電話にて、明確な情報を伝えた上で交換申込をするようにしましょう。 まとめ いかがでしたか?当然ながらアイコス交換品の返却方法は誰でも分かる簡単な作業ですので、まずはアイコスの指示通りに返却してしまいましょう。 またあくまで噂ですが、「交換ペナルティ」なるものが存在するようですので、アイコスが故障した際にはこちらもアイコス側の指示のもと正式な手順で交換申込をするのが理想かと思います。 ただし、アイコスを1台しか持っていない方やアイコスの故障に何度も遭遇している方は、気持ち的にもイライラすることがあると思います。 ですが、ブラックリスト入りをさせられては元も子もありませんので、冷静に落ち着いて対応した方が良いと思います。

次の

アイコス故障、交換はスマホで簡単&2日で到着!色も同じで一安心。

アイコス 故障してないのに交換

今回は、 iQOS アイコス 故障、破損の無料交換する方法や保証期間でレシートがない方の保証に関してまとめてみました。 大人気の加熱式電子タバコアイコスが故障した際に気になる、 「無料交換の条件」や 「補償期間」などの詳細などをまとめてみましたので、ユーザーの方たちの参考になればと思います。 まず、前提としての話になりますが、アイコス本体の寿命は1日の喫煙本数がヒートスティック20本だと換算して、約一年間だと言われています。 つまり、 アイコスチャージャーの充電回数が約400回ほどで、アイコスホルダーの充電回数が約7200回程度で寿命を迎えてしまう計算になります。 アイコスの場合、サポートでの修理は基本的には行っておらず、保証期間内の故障ですと無料交換対応になります。 そのアイコスサポートの無料交換について詳しく説明していきますのでご覧下さい。 アイコスの保証期間 アイコスの保証期間については、ご存知の方がほとんどかと思いますが、 基本的には購入日から6ヶ月間が無料保証期間になっています。 しかし、 現在購入日から2週間以内に購入したアイコスの製品登録を行うことで、保証期間が1年間に伸びるキャンペーンが開催されているので、是非ともアイコスの製品登録は行っておいたほうが良いでしょう。 アイコスの製品登録方法は下の章でわかりやすく解説しています。 まだ登録が済んでいない場合は、解説を読みながらぜひ登録してみましょう。 アイコスの保証内容 アイコスの保証の内容に関しては、先述したように修理の項目はありません、 無料で新品の製品と交換するといった内容になっています。 製品に関して言えば、 アイコスのポケットチャージャーとアイコスホルダー、専用のACアダプターに専用のUSBケーブルが保証内容の範囲内の製品になります。 アイコスの製品登録の方法 保証期間が2倍の1年間になるためのアイコスの製品登録の方法。 この製品識別番号は、チャージャー側のものとホルダー側のもので番号が違うのですが、どちらか一方を打ち込めばリンクして識別してくれるので片方の番号だけの製品登録だけで大丈夫です。 アイコスの保証にレシートが必要な状況について あらゆるサイトやアイコスサポートの説明にもあるように、購入したレシートを保存しておく旨のアナウンスはどういった理由があるのでしょうか? 基本的に、製品登録の時の購入日も正確な日にちでなくとも登録自体は出来てしまいます。 ではなぜレシートの保存が必要なのか。 実は、アイコスの保証で製品番号を入力する必要性は、その 番号によって製造日をメーカー側が把握しており、その 製造日より60日以内でユーザーが購入したことになっていれば無料保証が受けられる算段になっているのです。 それでは、考えづらいですが店舗に60日以上新品で保存されていたアイコスを買ってしまったユーザーは、無料保証の対象外になってしまうのでしょうか? その救済措置としてのレシートになるのです。 製造日から60日以上経っているアイコスを買ってしまったとしても、それを証明できるものがあれば保証の範囲内として製品登録時の購入日をメーカー側に信用してもらえるのです。 細かい話になりましたが、とりあえず アイコス購入時のレシートに関しては保存しておいたほうが無難ということになります。 アイコス保証がカバーしてくれる故障とは? ここでは主に、アイコスの保証でカバーできるよくある故障箇所に関して記述していきたいと思います。 まず何と言ってもアイコスのよくある故障としては、 チャージャーの蓋が閉まらない、 勝手に開いてしまうという故障です。 この故障はもちろん保証の範囲内になっていて、無料交換の対象故障箇所になります。 続いて、 ホルダーを充電しても赤ランプが点灯してしまって充電できないという故障です。 こちらも機能不良がメーカーサイドで確認できれば、無料交換の対象故障箇所になっています。 次に、 メンテナンス中の加熱ブレード折れに関しても、 保証期間内に一回限りという縛りはあるものの、無料交換の対象箇所になっているため、 自分でブレードを折ってしまった人でも交換してもらえます。 最後に、 気になる落下事故や水没など過失での故障なのですが、なんとこちらも 保証期間内に限って1度きりにはなりますが、無料交換の対象になっているのでなんとも嬉しい限りです。 しかし、水没をして無料交換してもらった後に過失での落下事故による故障での無料交換はしてもらえませんので、注意してアイコスを使用するようにしましょう。 アイコス故障保証の対象外事例 次に、ここではアイコスの保証が適用されない故障や破損事例について記述していきたいと思います。 まず当たり前ですが、 通常使用による製品の劣化は保証範囲外になります。 普通に使っていれば1年以上持つのですから当たり前ですね。 次に 表面的な損傷は保証外で、引っかき傷やくぼみなどだけでは交換はしてもらえません。 使用上の誤りや不適切な使用が認められた際の個体は保証対象から外されてしまいます。 内部を改造してあったり、基盤をいじった後があるような個体のことですね。 次に、 互換性のない商品の使用が認められた場合も保証の範囲から外されてしまいます。 それ以外には、 火災や地震や自然災害による故障も無料交換保証の対象外ですので注意しましょう。 家のコンセントが異常電圧であった時の故障も対象から外れてしまいますので、海外でのアイコスの充電にはくれぐれも気をつけましょう。 最後に 今回は、 iQOS アイコス 故障、破損の無料交換する方法や保証期間でレシートがない方の保証に関してまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか? 基本的なことは記事の内容に書きましたが、 アイコスの保証を受けるためには何はともあれ必ず会員登録と製品登録が必要になりますので、アイコスの購入後は保証を受けるためにも、きちんと登録を済ませておきましょうね。 故障かな?と思った時は、まずは再起動をしてみて、それでも不具合が改善しないようならアイコスサポートに保証期間内かどうか、確認してみると良いでしょう。

次の