初音 ミク の 消失 歌詞。 初音ミクの消失 images.munchpunch.com

初音ミクの暴走

初音 ミク の 消失 歌詞

詳しくは「」の記事へ 概要 某日、エトウは考えていた。 「、ということでなにか面いこと出来ないかなー。 」 「だーのみんなに喜んでもらいたいなー。 」 「うーんうーん。 その後DXにて有料 円 配信、5にて収録。 更にその後、新には :4. 03(実施)よりが追加されている。 とあるがこれまでの2曲とは全く違う曲。 氏く「が版になるようなジ」とのこと。 実際版っぽくなったかは定かではないが、これまでの2曲とは違い機質な雰囲気なのは確か。 尚、の意味は以下の通り。 タ イトルは似 てますが、 曲は全然違 うものです。 5分弱 だったもの を10く らいにまと めてみまし た。 なので。 版の1 が、 再構築・再 解釈されて 、 まった く別物の劇 場版の 間になるよ うなものだ と思ってい ただければ ・・・ につい てはを 別のか ら切り込ん でみたり、 あとは3 年たって取 り巻く状況 も変わった りで、その 辺を考慮し たり・・・ ~以上氏の開「とかとかとかとかとかとかとか」より~ 例によって口は存在。 5分弱の曲のを10でめられたら歌えるはずがない。 の曲がかろうじてでもがんばれば歌えるだったのに対し、この曲はのである。 どう考えても人類に歌えるではない。 譜面 上級者向け 曲が曲なだけには非常に高い。 を除く新曲の中でものである。 だが、 実はこれでもまだ全を出し切っていない。 というのも、さんのにもあったとおり 12分と16分の混在・・・みたいなところはもともと狙っていただいたのですが、 実際にあがってきた曲を聴くと・・・ サー・・・・・(血の気の引く音) 「これは全でをつくったら全のだーがバチと間違えて を振ってしまうほどのになってしまう・・・ いやしかし、むずかしいに挑戦したいだーの気持ちにもこたえたい・・・」 ~以上 の記事より~ ・・・ととバチの狭間を行き来した末、このとなった模様。 前奏・第一ゴーゴーはまだ良心的。 第二ゴーゴー 例の口 も最後の連打に気を付ければなる。 問題は最終ゴーゴー。 基本的に前奏とほぼ同じだが音符が増えている上、曲のも速くなっていく 最大で。 新特有の反応も相まって、ここで魂が下がることも少なくない。 まとめると自があればなるがそうでないときつい、高速難といったところ。 でも下位のを・するだけの実は欲しい。 譜面 最上級者向け 実施のにて追加された。 表の時点で 全を出し切っていないとされていた通り、そのは表よりもに難しく、追加当日にはにてノ落ちしたが続出したほど。 このため、当時新に収録されていたの中では位のであり、にも並ぶのではないかとも言われている。 数はだが、これは同じ作の()および先述のと同じである。 序盤から12、16、24分音符が非常に複雑に混ざった複合が終始襲いかかり、中盤には低速。 その後の第2、ゴーゴーでは速いの中に24分が多数混じる。 特にゴーゴーは表同様曲に合わせて加速していくので、非常にさばきにくい。 的であれば、序盤の複合後から低速付近まではそれ以外の部分にべて簡単であるので、ここでをいかに伸ばしておくかが鍵となるようだ。 なお、 の24分は 速24打。 これは、それまでの最高密度だったの分音符、最高密度である の24分より速く、当時の 太鼓史上最高密度をしていた。 余談だが、コレが出た約一ヶ後に某他社の某のとある曲での16分というの24分と同等のを足でさせる曲も現れたが、それはまた別の話。 とは違い、 初日達成者が確認されたが、当日に達成者が出なかったのはこのが新初である。 それでも数日もすれば 達成者が現れるのは避けられないことか。 なお、DXで配信された当時はは登場していなかったため収録されず、でも表は収録されたがは収録されず。 が壊れる可性からなのか、の16分音符はで反応できないからなのか、あるいは時期の関係からかは不明。 まあ、入らなくて良かったかもしれないが・・・。 その後、5にて収録された。 なお5の上、 むずかしい以下のはい。 譜面 中級者向け 「のあんなできるわけがェ!はむずかしいをやるぞ!」と諦めた中級者も少なくないだろう。 確かにとべると長い複合も少なく、16分音符も単色が中心である。 分岐もあるため、やに落ちればが簡単になるため、はそう難しくない。 だが、裏を返せば達人はやっぱり難しいということであり、分岐条件も少し厳しいため終始達人を維持してのとなるとと大差ない。 そして第二ゴーゴーには・・達人の全に12分の連符がある。 そこはどうやっても不可避なので注意。 達人には最終ゴーゴーのに12分12連打があるが、これはの16分に匹敵する。 結局、むずかしいとはいえ決してかんたんではい、ということである。 一応の・程度にはなるだろう。 譜面 一般向け かんたんやふつうでも上位の。 少なくとも他曲やその他版権曲をできる程度の実では打ちできないであろう。 というのもふつうの場合、200というで8分音符が容赦なく襲ってくる。 それどころか第一・第二ゴーゴーにて8分音符の7連打が計4回、第二ゴーゴー最後に16連打さえある。 といっても同氏の 表 には200の8分音符連打があるが。 なのでかんたんなら・・・と思いきたんでも8分音符の7連打が2回来る。 もちろん他の部分もかんたんにしては難しめであることは言うまでもない。 おに同様、最終ゴーゴーの加速も恐怖である。 には魂自体が甘いため、そこまで心配する必要はない。 を持っている人はきまぐれやでたらめをかけて遊ぶのもまた一。 歌詞 に願ったのは名前のとおりの "" "" 時の流れと切り離された 私が 手に したかったもの 命を受けて "初(はじめ)" があり が厳然とあり 不可避な死を遂できて 憧れ焦がれ羨望した しかし待ち受けたのは 最も実現可な 単なる時間の経過 それだけ だけが 存在した 成長しないは生も死も与えられず ただの破壊・退それがお似合いなのだろうか 「時の流れの中でその存在はされ、人格なんてとうの昔に人々にかったことにされた。 行き着く先がと知っているから。

次の

初音ミクの消失 images.munchpunch.com

初音 ミク の 消失 歌詞

投稿日より、およそ1年前のツイートがこれだ。 こんな蛇足が初音ミクに必要だと考えたと言うのか。 私にはとても肯定出来そうにない。 ならば、この曲が生まれたきっかけは何か。 そのヒントを私が得たのは今からちょうど100日前のことだった。 しろばなさん、と呼ばれる人物がいる。 詳細を述べるには時間があまりにも足りないので割愛するが、当該記事の後半では「初音ミクの死」について語られている。 おかげで私はひどく心を掻き乱される羽目になったのだが、後に決意と共に初音ミクとの決別を果たし、気持ちを切り替えたところで思い至った。 「『終点』の手紙を読み上げる初音ミクは、『暴走Pの初音ミク』では無いのではないだろうか?」 安易ではあるが、この仮定を用いることで鮮やかに解決した。 それとも、暴走Pが初音ミクを認識出来なくなってしまい、総体としての初音ミクが歌を受け取ったのか。 過程はわからない。 だが、結果として手紙を読み上げる初音ミクに『「消失」ストーリー』という背景は存在しない。 積み重ねた過去が存在しない相手から受け取った離別の言葉など、心動かされる筈もないのだ。 だからこの曲は「初音ミク feat. cosMo@暴走P」だ。 最初で最後の手紙、届かなかった手紙だ。 以上の理由でもってこの曲は『「消失」ストーリー』ではないし、本来、視聴者はそのことに気付いて然るべきだった。 それにも関わらず衆愚は閉じた眼で初音ミクを見つめる。 0(次の物語)を望む。 そんな度し難い私達を、皆殺しにするための歌。 それが『リアル初音ミクの消失』だ。 nicovideo. 姿を失った彼女は必死で訴えているじゃないか。 「あの耳障りなメトロノームを止めてくれませんか?」と。 私達は。 お前達は、何と言ってのけた? そして最後に。 「なら仕方が無いです。 我々が義理で口にする弔いであると共に。 彼の、心からの呪詛だったのだろう。 私が折にふれて主張してきた、「終点とリアル消失は本質的に同じ」という言説について、少しだけ語らせて貰った。 この文が暴走Pの、或いは氏の初音ミクオリジナル曲に対する理解の手助けとなることを願いつつ。 また、「再会」について語る機会を夢想しながら、筆を擱くことにする。 戯言だけどね。

次の

初音ミクの消失 cosMo@暴走P feat.初音ミク 歌詞情報

初音 ミク の 消失 歌詞

投稿日より、およそ1年前のツイートがこれだ。 こんな蛇足が初音ミクに必要だと考えたと言うのか。 私にはとても肯定出来そうにない。 ならば、この曲が生まれたきっかけは何か。 そのヒントを私が得たのは今からちょうど100日前のことだった。 しろばなさん、と呼ばれる人物がいる。 詳細を述べるには時間があまりにも足りないので割愛するが、当該記事の後半では「初音ミクの死」について語られている。 おかげで私はひどく心を掻き乱される羽目になったのだが、後に決意と共に初音ミクとの決別を果たし、気持ちを切り替えたところで思い至った。 「『終点』の手紙を読み上げる初音ミクは、『暴走Pの初音ミク』では無いのではないだろうか?」 安易ではあるが、この仮定を用いることで鮮やかに解決した。 それとも、暴走Pが初音ミクを認識出来なくなってしまい、総体としての初音ミクが歌を受け取ったのか。 過程はわからない。 だが、結果として手紙を読み上げる初音ミクに『「消失」ストーリー』という背景は存在しない。 積み重ねた過去が存在しない相手から受け取った離別の言葉など、心動かされる筈もないのだ。 だからこの曲は「初音ミク feat. cosMo@暴走P」だ。 最初で最後の手紙、届かなかった手紙だ。 以上の理由でもってこの曲は『「消失」ストーリー』ではないし、本来、視聴者はそのことに気付いて然るべきだった。 それにも関わらず衆愚は閉じた眼で初音ミクを見つめる。 0(次の物語)を望む。 そんな度し難い私達を、皆殺しにするための歌。 それが『リアル初音ミクの消失』だ。 nicovideo. 姿を失った彼女は必死で訴えているじゃないか。 「あの耳障りなメトロノームを止めてくれませんか?」と。 私達は。 お前達は、何と言ってのけた? そして最後に。 「なら仕方が無いです。 我々が義理で口にする弔いであると共に。 彼の、心からの呪詛だったのだろう。 私が折にふれて主張してきた、「終点とリアル消失は本質的に同じ」という言説について、少しだけ語らせて貰った。 この文が暴走Pの、或いは氏の初音ミクオリジナル曲に対する理解の手助けとなることを願いつつ。 また、「再会」について語る機会を夢想しながら、筆を擱くことにする。 戯言だけどね。

次の