ペイペイ と は 何 です か。 【PayPay】「ペイペイって何?」わかりやすく解説します

PayPay(ペイペイ )と一番相性が良いクレジットカードは何?ポイントの二重取りも可能?|キャッシュレスプロ

ペイペイ と は 何 です か

PayPay(ペイペイ )についてお調べ中ですね? スマホ決済アプリのPayPayは、 お買い物金額の1. 公共料金支払いも可能で、送金/割り勘も手軽にできます! また不正利用に対する補償体制もしっかり整っており、 不正利用そのものに対する防止策もしっかり施されています。 このような便利さがあってなのか、なんと 1500万人の利用者と150万店舗の加盟店を突破し、スマホ決済の中でも群を抜いた普及率といえます! (引用:) この記事では、PayPayのメリットやデメリット、安全性について分かりやすく解説します。 この記事を読めば、あなたはPayPayを使った方がお得なのか、はっきりと分かります。 ぜひ、参考にしてください。 スポンサーリンク PayPay(ペイペイ )とは、スマホで簡単に決済ができるアプリです。 大手企業のソフトバンクと、Yahoo! ジャパンが合同出資して設立されました。 また、ヤフーが提供する様々なサービスにアクセスできます。 決済としてのPayPayでは、基本的にお金を事前チャージしてお支払いします。 仕組みとしては電子マネー決済と同じです。 クレジットカードを紐付けて決済をすることもできます。 しかし電子マネーとは違い、スマホ一台で完結できることがポイント! 普段の買い物だと、カバンの中から財布を探して、現金やカードを出す必要がありますよね。 とくに現金だとおつりをもらう必要があって、何かと手間がかかります。。 しかしPayPayだとスマホ一台で済み、最短5秒で決済完了します! ではどのように使うのか、具体的な方法から見ていきましょう。 5〜1. 0 以上の対応機種 【iOS】iOS 11. PayPayマネー• PayPayマネーライト• PayPayボーナス• PayPayボーナスライト 違いは以下のように分けられます。 電子マネー チャージ元 送金 出金 有効期限 PayPayマネー ・銀行口座 ・セブン銀行ATM ・ヤフオク! それぞれ利用用途の制限や有効期限があるので、ご自身のPayPay残高がどのような構成になっているか、時々チェックしておきましょう。 支払い(決済)方法 お支払い方法は主に3つの方法があります。 (1)スキャン支払い• (2)コード支払い• (3)ネット支払い それぞれ詳しく見ていきますね。 (1)スキャン支払い コンビニ等のチェーン店で主に採用されているお支払い方法です。 ホーム画面下の「支払う」をタップすると、バーコードが表示されます。 お支払い元を確認し、店員がバーコードリーダーで読み取れば、5秒ほどで即決済が完了します。 (2)コード支払い 地元の商店等の小さいお店や請求書払いで採用されているお支払い方法です。 ホーム画面右の「スキャン」をタップするとカメラが起動するので、お店のレジに設置してある『QRコード』をスマホで読み取ります。 読み取りが完了したら、お支払い元の確認とお買い物金額を入力し、店員に確認を取ってもらって「お支払い」をタップすれば完了です。 少々手間がかかりますが、スマホ一台で決済できると考えると便利ですよね。 オンライン決済 PayPayは以下のネットショップでも利用できます。 Yahoo! ショッピング• ヤフオク!• LOHACO• PayPayモール• PayPayフリマ お支払い方法は、各サイトやアプリで、支払い元を選択する際にPayPayを選ぶだけ。 オンラインでもPayPayが使えるようになったので、より使い道が広がりました。 ただし、 初めてPayPayでお支払いする際は電話番号(SMS)を利用した本人確認を求められる場合があるので、注意しましょう。 PayPayからタクシーも呼べる 上記以外にも、 PayPayはタクシーを呼べるサービスを用意してくれています。 「DiDI Taxi」という、スマホでタクシーを呼べるサービスです。 GPSで現在地を取得するので、わざわざ電話で乗る場所を伝える必要はなく、予約するのに1分もかかりません。 もちろん、支払いはPayPayで可能です。 このように、PayPayは生活のいろんなシーンで使えるようになっています。 気になるPayPayのポイント還元率 PayPayはキャッシュレス決済である以上、ポイント還元がどれくらいなのか気になりますよね。 PayPayは通常、利用金額の0. 5%を「PayPayボーナス」として残高に直接キャッシュバックされます。 5%って低いな…」って思う方もいらっしゃると思いますが、PayPayは利用頻度や金額に応じて還元率が上がる仕組みになっています。 具体的には• つまり、 ひと月に50回以上使い、その合計金額が10万円以上になれば、翌月の還元率が最大1. PayPayは使えば使うほど、お得になるような仕組みと言えます。 また、今自分が条件を達成しているかどうかの確認は、アプリの「おトク」で確認できます。 PayPayを利用する3つのメリット ここまで具体的な使用方法を見てきましたが、PayPayのメリットはどこにあるのでしょうか? ズバリ!PayPayのメリットは以下の3つ! メリット一覧• 利用できる場所が圧倒的!• キャンペーン利用でがっつりお得に!• Apple Watchでも支払い可!もはやスマホ要らず! それぞれ詳しく見ていきましょう。 PayPayは他のスマホ決済アプリと比べて、圧倒的に利用できるお店が多いです。 加盟店はなんと、 驚異の150万店舗(2019年10月現在)と使えない場所はほぼありません。 ご自身の地元のお店でも、PayPay見かけることが多くなってきたのではないでしょうか? 対応店舗はメニューの「近くのお店」で地図検索できますので、ダウンロードして近場で使えるところがないか簡単に検索できます。 さらに実店舗だけでなく、 オンランショップやタクシーと、使えるサービスも順次拡大中。 生活のあらゆるシーンでPayPayが使えるようになっています。 PayPayは毎日のようにお得なキャンペーンを実施しています。 キャンペーン内容によっては、 10%以上の還元されるものもあります。 通常利用の還元率は0. つまり、 キャンペーンをうまく活用して、積極的に使えば、便利かつお得にお買い物ができるということ! コンビニなスーパーなど、毎日使うようなお店で積極的に使うと、確実にお得になるでしょう。 お支払いはPayPay残高のみ• バーコード決済やスキャン決済はできない チャージはできない 以上の3つがあります。 あくまでApple WatchのPayPayアプリは、支払いに特化しているということですね。 また、 決済中に画面が突然消えて決済できないことがあるので注意してください。 これはApple Watchの機能で、画面を見ていないときは自動で消えるようになっているからです(Apple Watch series5は常時画面が表示されます)。 画面の向きに注意して読み取ってもらいましょう。 スマホを取り出すことも面倒な方は、Apple WatchのPayPayアプリを導入すれば支払いがよりスマートになります。 使ってわかったPayPayの注意点 ここからは、使って分かったPayPayの注意点について説明していきます。 以下の注意点を理解すれば、より便利にPayPayを利用できますのでぜひ確認してみてくださいね。 注意点一覧• クレジットカードのお支払い上限が低い• ほとんどのお店が「スキャン決済」なので、支払いが少々面倒• 家計簿アプリとの連携ができない それぞれ詳しく解説していきますね。 注意点1. クレジットカードのお支払い上限が低い クレジットカードでお支払いをしたい場合、その利用上限に気をつける必要があります。 連携しただけの状態では、たったの5000円しか利用できません。 上限を上げるには、 本人確認手続き(3Dセキュア)を行う必要があります。 3Dセキュアとは、クレジットカードの本人認証サービス。 不正利用を防止するために利用します。 また一定の条件が達成されると、 アカウントページに青いバッジが表示され、上限が25万円まで一気に上がります。 PayPayでクレジットカードを使いたいという方は「」で詳しく解説しているので、ぜひコチラの記事をご確認ください。 注意点2. ほとんどのお店が「スキャン決済」なので、支払いが少々面倒 PayPayはお店側の導入を無料で行なっているので、全国のお店でPayPayが広がっています。 しかし無料で導入されるのは「スキャン決済」のみ。 スキャン決済だと、 お支払い金額を自分で入力する必要があり、少々手間がかかります。 それでも、PayPayを使えば1. 注意点3. 家計簿アプリとの連携ができない マネーフォワードやZaimなどの 家計簿アプリとの連携は今の所できないので、家計の一括管理はできません。 ただPayPayは便利にお支払いができるので、使い過ぎ防ぐためにもお支払いの管理はしたいですよね。 そんな時は、 「取引履歴」と「利用レポート」という機能を利用してみましょう。 自分がどのようにPayPayを使ったのかチェックすることができます。 これらの機能を活用して、より便利にPayPayを活用していきましょう。 取引履歴と利用レポートの詳細は「」の「」で解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 不正利用されたら?セキュリティは本当に安全? 「いろいろニュースになって、クレジットカードの不正利用が不安…。 」と思っている方もいらっしゃるでしょう。 ペイペイでも、 2018年末に開催された「第一弾100億円キャンペーン」で、クレジットカード不正利用があり、問題となりました。 PayPayは便利な反面、セキュリティに不安があって、利用をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか? まず、 PayPayであなたが不正利用被害に遭遇しても、全額補償されることが公式で明記されています。 (参照:) 規約によると、 被害に遭ってから60日以内に申し立てを行い、PayPayによる審査の上で補償されるとのこと。 原則、PayPay残高または現金で補償されると記載されています。 また、そもそもの不正利用に対する防止策としては、2018年度の教訓を生かして ・クレジットカードに本人認証サービス「3Dセキュア」を導入 ・クレジットカードの利用上限を厳しく設定(条件を達成すると引き上げ) これらの方法で、不正利用の防止に取り掛かりました。 結果、 不正発生率は0. (引用:) 自分のクレジットカードが、勝手に利用される危険にさらされる可能性が低くなったのは嬉しいですね。 つまり、 PayPayは不正利用に対する補償体制がしっかり整っており、防止策もしっかり対策されたスマホ決済アプリだと言えます。 スマホを勝手に利用されたらどうなるの? もう一つ不安なのが、スマホを勝手に利用されること。 PayPayアプリを開けば、誰でも利用可能です。 スマホのロックをしていないと、いつの間にか誰かに利用されてしまいます。 そのための対策として、 スマホ自体のロックや、アプリのパスコード設定が必須です。 設定すれば、支払いの際にパスコード(iPhoneなら生体認証も利用可)が要求されるようになります。 PayPayのようなスマホ決済アプリを使用する際は、スマホのセキュリティにも気を使いましょう! もし万が一、盗難/紛失にあってしまったら、専用サポートダイアルへ連絡しましょう。 例えば、 月額700円で10万円までの修理費を補償してくれる「」というサービスもあります。 モノを大事に扱うという姿勢が一番大事ですが、スマホが壊れるのが心配という方は、このようなモバイル保険を検討してみるのも良いかもしれません。 ズバリ!PayPayを利用すべき人は?! 結局、PayPayに向いている人はどんな人なんでしょうか? ズバリ、 以下の人にはPayPayをおすすめします! おすすめな人• とにかくスマホ決済でお買い物したい人• お得にお買い物したい人• SoftBank・Y! moblieに契約している人• Yahoo! サービスを愛用している人 それぞれ詳しく解説してきますね。 PayPayは、コンビニなどの全国チェーン店から地元のお店まで、あらゆる店舗で導入されています。 PayPayは店舗が無料で導入できることもあり、使えるお店が圧倒的に多いです! はじめてのスマホ決済としてもおすすめですよ。 この還元率はキャッシュレス決済の中でも高い方です。 moblie(ワイモバイル)に契約している人 もしお持ちのスマホ決済がSoftBank・Y! mobileで契約している方は、必ずPayPayをダウンロードしましょう! と言うのも、 SoftBank・Y! moblieユーザーはPayPayキャンペーンの特典がほぼ確実に優遇されるからです。 今後のキャンペーンもSoftBank・Y! moblieユーザーがより優遇される可能性があるので、ぜひ今のうちにダウンロードしておきましょう。 PayPayを利用していて、格安SIMをどれにしようか迷っている人はも検討してみてくださいね。 サービスを愛用している人 PayPayは、日本の大手企業Yahoo! JAPANとSoftBankから出資を受けた企業が運営しています。 したがって、 Yahoo! サービスを愛用している人もキャンペーンで優遇される傾向にあります。 特に、 はPayPayで唯一クレジットカードでチャージできるので、利便性はとても高いです。 むしろ、PayPayを積極的に使うならヤフーカード との紐付けは必須と言えるでしょう。 「あっ私Yahoo! のサービスよく使ってる!」と思った方は、PayPayがおすすめです! ただしキャンペーンの恩恵を受けるには、 Yahoo! JAPAN IDとの連携が必須です。 連携させていないと、せっかくキャンペーンを利用しても恩恵が受けられないことがあります。 SoftBank/ワイモバイルやYahoo! JAPAN IDとの連携は、ホーム画面の「アカウント」の「外部サービス連携」で設定できます。 モバイルTカードの表示• Yahoo! サービス利用でのPayPayボーナスの付与 以上の機能を使わない方はわざわざ連携させる必要はありませんが、Tポイントをためていたり、Yahoo! サービスをよく利用する方はぜひ連携しておきましょう! 連携はホーム画面の「アカウント」から「外部サービス連携」で設定できますよ。 チャージの上限は? チャージ上限は以下のような上限が設定されています。 お支払いの上限は? お支払い上限は以下のような上限が設定されています。 有効期限や利用制限がある電子マネーが優先して使われるので、安心して利用できますよ。 お支払いをキャンセルしたい時は? お店ごとに異なりますので、キャンセルしたい場合はお店のスタッフに聞いてみましょう。 クレジットカードの「青いバッジ」はどうやって付けられるの? 残念ながら、青いバッチが付く理由は不明です。 私も一時期付いていたことがありますが、気づいたらなくなっていました。 青いバッチが付くと、クレジットカード利用の上限が一気に増えるので付いて欲しいですが、詳細がわからないので付くまで待つしかありませんね。 PayPay残高を銀行口座へ出金したい! PayPay残高を銀行口座への出金は可能です。 そのためには、本人確認手続きが必要です。 ただし、 本人確認後にチャージしたPayPayマネーのみ出金可能。 確認前にチャージしたPayPayマネーや、その他のPayPay電子マネーは出金できませんので注意しましょう。 出金についての詳細は「」の「」で詳しく解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 機種変更したらどうすればいい? 機種変更した際に電話番号を変更してない場合は、新しい機種にPayPayアプリをダウンロードしてログインすればそのまま使えます。 もし電話番号を変更した場合は、新しくアカウントを作成する必要があります。 残高の移行等のデータ引き継ぎは一切はできませんので、電話番号を変える場合はPayPay残高を出金したり使い切ってから変更しましょう! Q9. 解約はできる? できます。 気になるPayPayの口コミ・評判 「PayPayの魅力は分かったけど、やっぱり実際に使っている人の声が気になる。 」と思いますよね。 そこで、PayPayの口コミ・評判を徹底調査して参りました!• 実際に使いやすいの?• やっぱり使った方がお得?• ペイペイのへ不満や不安 それぞれ順番にみていきましょう。 手数料無料パワーで対応店舗が非常に多い。 楽天ペイは楽天カード持ちは美味しい。 LINEペイはクレカ払いができないので現状使い物にならない。 メルペイのクーポンは確かにお得だけど、キャンペーンなくなったらけっこうきつい。 グループサービス使ってたらお得になるペイペイは利用し続ける理由がある。 泥タブレットを使う店では現金より遅いという本末転倒さ。 チャージ方法が実質JNB口座による現金だけなのでこちらも不便極まりない。 還元残高使い果たしたらやめると思う。 ユーザ間送金に特化すればよかったんじゃないかな。 — 黒猫パパkazukita kazukita1976 キャッシュレスアプリは還元率の観点で素晴らしいものだが、マネフォで詳細を管理するには不便。 特にPayPayね。 PayPayは紐付けできないので、Yahooカードからのチャージは自動記録できても実際に使った金額・品目管理しようと思ったら手動になってしまう。 仲良くしろよ、マネフォとヤフー。 キャンペーンを活用してPayPayを一番お得に使う方法 現在、PayPayではさまざまなキャンペーンが行われています。 その中には、期限が設けられているものもあるので、上手に活用するのがポイントです。 また、登録するクレジットカードによって、ポイントのたまりやすさも異なります。 ここでは、現在行われているの一部を紹介しておきます。 マネとも!編集部です。 当記事をお読みいただきありがとうございます。 まず、PayPayアプリの不具合や対応機種等につきましては、"運営か開発元にご連絡するのが一番良い"ということを先に言わせていただいてから、わかる範囲でご回答いたします。 まずは、android OSの問題かもしれませんので、OSを最新版にアップデートすることをおすすめします。 アップデートはをご覧ください。 PayPayはandroid OSのver. 5以上が対応となっております。 なお使いのスマホがOSアップデート不可の場合、PayPayが正常に起動しない可能性があるかもしれません。 この際、「機種が古い」という条件に当てはまるのかもしれません。 ご了承くださいませ。 新規会員登録 「電話番号・パスワード」と「Yahoo! JAPAN ID」から選択します。 私は、音声SIMでなく、データSIMで、かつSMSサービスを使用していません。 この場合、paypayは利用でいないということでしょうか? 他にSMS認証ができるアプリってないでしょうね? 本人確認は必要と思っていますが・・・ また、Tカードを登録したYahoo! JAPAN IDの登録内容はリアルでないので、paypayを登録した際には齟齬があります。 これはpaypay登録や利用に支障がありますか? これは他のスマホ決済でも同じことなのでしょうか? line payは使用してみたいと思っています。 マネとも!運営編集部です。 当記事をお読みいただきありがとうございます。 順に弊サイトがわかる範囲でお答え致します。 基本的にキャッシュレスサービスでは電話番号でのSMS認証は必須でございます。 ただ、データSIMでもSMS使えるなら問題なく利用可能だと思います。 Yahoo! JAPAN IDについては、おそらくpaypay登録や利用に支障はないと思います。 またLINEペイなどの他のスマホ決済についてですが、 結論としましては、具体的な手続きはスマホ決済サービスによって異なります。 どのサービスも電話番号によるSMS認証と本人確認認証が必須でございます。 ただ、LINEペイの場合はLINE使う時点でSMS認証ができています。 しかし、実際お支払いを行う際は銀行口座を介した本人確認が必要になります。 LINEペイにつきましては、でも解説していますので、よろしければご覧くださいませ。 また、より詳細なご質問等に関しましては、直接公式サイトに連絡するのがもっとも良いかと思います。 ご了承くださいませ。 ジョンくん様 記事をお読みいただきありがとうございました。 まず、エラー等のお問い合わせは、公式に聞くのが良いとお答えした上で弊サイトのご意見を述べさせていただきます。 私も実際利用して同じような現象が起こりました。 ・支払い処理中にアプリを閉じてしまった ・ネットとつながっていなかったため支払いエラーが起きた ・PayPay残高で支払おうとして残高が足りずエラーが起きた 以上の原因がわたしにはありました。 以下はあくまで私が行った対応なので、確実とはいえませんがご参考にしてください。 ・アプリ再起動 ・カード連携をはずして再連携 ・違うカードで連携して支払い どれも不可能だった場合は、数日経たないと使えませんでした。 いずれにせよ、エラーに関することは全て公式にお問い合わせすることを推奨いたします。 よろしくお願いいたします。

次の

PayPay(ペイペイ)がまたやるぞ!最大10%還元!まちかどペイペイとは何?【スタバで使える?使い方】キャッシュレス決済

ペイペイ と は 何 です か

目次(もくじ)• PayPay(ペイペイ)は新しいスマホ決済アプリ PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンクグループが提供する新しい スマホ決済アプリです。 スマホにPayPay(ペイペイ)を入れて、金額をチャージしておけば、スマホひとつで買い物ができるということですね! 便利なだけでなく、 信じられないぐらいお得なキャンペーンを展開しているんです。 PayPay(ペイペイ)の基本情報 サービス名 PayPay(ペイペイ) 運営企業 PayPay株式会社 株主 ソフトバンク株式会社・ヤフー株式会社 設立 2018年6月15日 ホームページ PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンクとヤフーが共同出資して設立した、PayPay株式会社によって開発・運営されています。 ヤフーもソフトバンクグループですから、 PayPay(ペイペイ)はソフトバンクグループが運営するスマホ決済アプリと考えてOKです。 インド最大の決済サービス事業者であるPaytmと連携して技術的な課題をクリア、2018年10月から実験的にサービスが開始されています!• スマホ決済アプリは、中央のサーバーと通信しています。 サーバー側で、チャージされた現金を管理しています。 スマホ決済アプリが使える店舗のレジも、サーバーと通信していて…• 店舗レジで、スマホ決済アプリのQRコード・バーコードを読み取ると、• サーバー側で現金が引き落とされる処理が実行されます。 その情報がスマホ決済アプリにも反映されて、すべて完了! そういう流れです。 基本的な仕組みは非常に簡単なので、中国などでは買物の大部分がスマホ決済で行われているぐらいです。 課題は安全性、セキュリティの部分ですよね。 多くの人が安全に利用できるようにするためには、安全性の確保が不可欠です。 PayPay(ペイペイ)の開発時間も、その多くはセキュリティ確保のために必要だったと考えて良いでしょう。 PayPay(ペイペイ)を使うと必ず0. 5%割引に! PayPay(ペイペイ)は、新しく登場してきたスマホ決済アプリですから、何かしら超強力な利用メリットが無ければ、みんな使ってくれないですよね…。 多くの人に利用してもらうために、PayPay(ペイペイ)は、 非常にお得な仕組みを用意しています! PayPay(ペイペイ)は完全無料で使用可能 PayPay(ペイペイ)は 完全無料で使うことができます。 アプリのダウンロード、支払い方法の登録、利用の際に費用は一切かかりません。 PayPayライト:利用者が自分でPayPay残高にチャージした金額• PayPayボーナス:特典やキャンペーン等の適用で利用者に付与された金額 どちらも現金と同じく利用できますが、 利用金額の0. 5%還元分は、「PayPayボーナス」の区分にチャージされるということです。 チャージ残高は、「PayPayボーナス」の方から消化される仕組みです。 ここは問題ないですよね。 一点制限があるのが、 「PayPayボーナス」が付与される上限額は月間5,000円まで、ということです。 よほどのことが無ければ、この制限が問題になることは無いでしょう! 0. 5%還元は恒久的な制度とされています。 PayPay(ペイペイ)を使うと、必ず0. 5%割引になると考えてOKです! PayPay(ペイペイ)の期間限定キャンペーン! できるだけ多くの人に体験してもらわないと、PayPay(ペイペイ)のメリットも伝わりませんよね…。 スタートダッシュのために、PayPay(ペイペイ)は 通常ではあり得ないぐらいお得なキャンペーンを展開しています! 新規登録でもれなくPayPay残高500円プレゼント PayPay(ペイペイ)に新規登録が完了した時点で、500円相当の「PayPayボーナス」が付与されます! PayPay(ペイペイ)に新規登録したら500円貰えるという意味ですよ! お一人様につき1回限りという制限はありますが、これはまーOKですよねw 2019年3月末まではポイント還元率20%!!!! PayPay(ペイペイ)の利用が殺到して、サービスが止まってしまった原因がコレです…。 何と、 2019年3月末まではポイント還元率20%!!!! しかも、このキャンペーンの「PayPayボーナス」付与上限は、 月額50,000円相当と拡大されています! 計算上、月間50,000円の「PayPayボーナス」が付与されるための、PayPay(ペイペイ)の利用金額は月間25万円となります。 月間25万円までの利用なら、何を買っても2割引になるということです!! 2019年3月末までは2. 5%の確率で全額無料になる!!!! さらに、 2019年3月末までは40回に1回の確率で全額ポイント還元!!!! もちろん「PayPayボーナス」で還元されるわけですが、このキャンペーンに当選すると、「PayPayボーナス」付与上限は、 月額100,000円相当に拡大されますので、枠制限の心配はありません! 40回に1回って…。 確率を計算すると、2. 5%ということですよね。 当選確率2. 5%で全額無料って…。 得られるリターンと比べると、 衝撃的な超高確率だと思います! 【2018年12月14日更新】キャンペーン早期終了のお知らせ 衝撃的なお得感で、一種の社会現象にもなった今回のPayPayキャンペーンですが、実施開始後の10日間で予定していた100億円相当に到達。 2018年12月13日分迄で終了となりました…。 次回のキャンペーンにも期待したいですね! PayPay(ペイペイ)の登録方法は非常に簡単! PayPay(ペイペイ)の 登録方法は超簡単です! PayPay(ペイペイ)のユーザー登録する PayPay(ペイペイ)のユーザー登録は、携帯電話の番号で登録する方法と、Yahoo! Japan IDで登録する方法の2種類があります。 携帯電話の番号で登録する方法 2. Yahoo! Japan IDで登録する方法 PayPay(ペイペイ)にチャージする PayPay(ペイペイ)にチャージする方法は、クレジットカード、Yahoo! ウォレット、銀行口座、3種類の方法があります。 まずはチャージ画面を開いて準備します 1. クレジットカードからチャージ 2. Yahoo! ウォレットからYahoo! マネーでチャージ 3. 銀行口座からPayPay残高にチャージ PayPay(ペイペイ)は、銀行口座から直接チャージできるので、 クレジットカードを持てない未成年でも利用可能なことが特徴です!• お店の店員にスマホのバーコードを提示する。 お店の店員が読取端末で、バーコードを読み取り会計が完了。 PayPay(ペイペイ)が利用できる店舗 PayPay(ペイペイ)が利用できる店舗は、率直に言うとまだまだ少なく、おそらく 利用店舗の拡大が最大の課題になってくると思います。 PayPay(ペイペイ)が使える小売店は家電量販店が中心 ソフトバンクスマホの納入先という取引関係もあってのことと思いますが、PayPay(ペイペイ)が利用できる小売店は、 現時点では家電量販店が中心です。 とはいえ、ヤマダ電機やビックカメラに代表されるように、近年の家電量販店は、日用品も数多く取り扱っているので、非常にお得に利用できる可能性があります! PayPay(ペイペイ)が使えるコンビニはファミマのみ PayPay(ペイペイ)が利用できるコンビニは、12月4日時点では ファミリーマートのみ。 ミニストップと、ポプラが近日対応予定のアナウンスが行われています。 この他、飲食店では居酒屋チェーンを中心に利用可能な店舗が増えています。 PayPay(ペイペイ)が利用できる店舗を確認するには、アプリを導入して、 アプリ上から確認するのが最も確実です。 PayPay(ペイペイ)の公式サイトでも、対応予定が公開されています! PayPay(ペイペイ)のメリットとデメリット PayPay(ペイペイ)のメリットとデメリットをまとめてみました! PayPay(ペイペイ)はメリットが山盛り! 今回紹介したこと• PayPay(ペイペイ)はソフトバンクグループが運営するスマホ決済サービス• 導入方法・利用方法ともに非常に簡単!• 12月4日から始まったキャンペーンはあり得ないぐらいのお得感!• PayPay(ペイペイ)は利用できる店舗がまだ少ないのが、唯一最大の弱点…。 今ならアプリに登録するだけで500円貰えるので、登録だけはしておくのがおすすめ! 12月4日から始まったキャンペーンは、あまりにもお得感がすごすぎて、 人気沸騰! 利用者が殺到して、PayPay(ペイペイ)の利用に障害が出てしまい、夜のNHKニュースで報道されるほどの事態となりました! PayPay(ペイペイ)を利用すれば、お買物が必ず2割引になるんです。 冷静に考えてみても、PayPay(ペイペイ)の今回のキャンペーンのお得感は際立っています…。 汗 日本中のユーザーが狂喜乱舞するようすが目に見えるようですw 『お金節約.

次の

【PayPay】「ペイペイって何?」わかりやすく解説します

ペイペイ と は 何 です か

・PayPay残高 ・Yahoo! マネー ・クレジットカード PayPay残高はあらかじめ設定した銀行口座かヤフーカードからのみチャージ可能。 また、決済方法であるバーコードの読み取り方式は、 ・お店が掲示したQRコ ードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式 ・ユーザーがアプリに表示した バーコード(1次元バーコード、QRコード)をお店の方がレジなどで読み取る「ストアスキャン」 方式 上記の2通りが提供されます。 「PayPay」の登録については、新規利用登録をすると500円相当の「PayPay」電子マネーがもらえるキャンペーンは継続的に行われていますので、とりあえず登録してみても良いかと思います。 PayPay(ペイペイ)の特典 ユーザー PayPay(ペイペイ)を利用した際のユーザーの特典についてですが、 支払い金額に対して0. 5%か3%のPayPayボーナスが貯まります。 付与される割合は以下のように支払い方式によって変わります。 PayPay残高/Yahoo! ただし注意が必要なのは、小数点以下は切り捨てなので0. また、PayPayボーナスの有効期限ですが、残高の変動から2年となっているので、 継続的に利用している方であれば実質は無期限と考えて良いのではないでしょうか。 15追記) 過去にはポイントの上限が5,000ポイント(100万円利用相当)と設定されていましたが、PayPay(ペイペイ)は悪用が多発した事でかなり利用に制限がかけられています。 本人認証である3Dセキュアも導入され、その設定有無によって利用の上限金額が変わります。 本人認証をしないクレジットカードだと5,000円、本人認証をしておけば30日で50,000円迄。 さらに青いバッジがついている人は30日で250,000円迄に増えました!! 青いバッジについては、PayPay(ペイペイ)で取り決められた一定の条件に該当すると付くようです。 アカウントを選択して、自身の名前の横に青い上記の様なマークがつきます。 ただし付与される条件は教えてもらえないようですが、正しく利用していると付くようになるものと考えられまます。 送金できるのは銀行口座やヤフーカードからチャージ可能なPayPayライトだけで、買い物で得たPayPayボーナスは対象外。 今後は出金の機能もつくのではないかと考えられますが、まだ使えるようにはなっていません。 加盟店 キャンペーン特典ですが、「ユーザースキャン方式」では2021年9月末まで加盟店手数料無料です。 さらに先着30万店舗までは利用された金額の1%が還元される(2019年1月末迄)というものすごいキャンペーンが行われていました。 これをすることで加盟店がPayPayを進めるインセンティブができるのでバーコード決済では割と後発なので追い上げを図っているのでないでしょうか。 また、PayPayは中国のアリペイとも提携をしており、アリペイ登録者がPayPay加盟店で利用ができる為、中国人観光客の利用が見込まれます。 さらにボーナス500円分もすぐに付与されました。 右下のアカウントから「お支払い方法の管理」を開いて登録開始。 クレジットカードを追加を選びます。 カードをカメラで読み取ることで番号は読み込んでくれますので、それ以外の項目を入力。 途中、3Dセキュア(本人認証)登録をして、登録完了です。 本人認証の有無によって利用上限額が変わりますので、登録をお勧めします。 クレジットカードの登録はVISAとMasterCardのみです。 ただしヤフーカードについては、VISAとMasterCardとJCBが設定できます。 ヤフーカードについては他のクレジットカードとは違い、別にPayPay(ペイペイ)残高へのチャージもできます。 クレジットカードは複数設定ができますので、メインカードとは別でも設定をしておいて損はないと思います。 また、PayPay残高を使い切るにはぴったりの金額をチャージする必要が出てきます。 残高へのチャージについては1円単位で行えますので調整してみてください。 ただしヤフーとソフトバンクのリソースを活用できるので、顧客基盤がかなり強い事に加えて、100億円キャンペーンをはじめとする各種キャンペーンによって、かなり巻き返しているでしょう。 メリット 100億円キャンペーンで派手に目立ってしまいましたが、PayPay(ペイペイ)のメリットとして本来考えられるのは、 クレジットカードが使えないようなお店でもキャッシュレスで買い物ができるようになるということです。 具体的には、私の会社の近くのインド料理屋では現金のみしか使えませんでしたが、最近PayPay(ペイペイ)が利用できるようになりました。 QRコードをスマホで読み取る形式なので、お店としての導入コストがほぼないことから導入されたものと思われます。 今まで現金しか使えなかったようなお店でもキャッシュレスでの支払いができるようになってきています。 これはPayPay(ペイペイ)に限ったことではなく、スマホ決済全般に言えることですが、PayPay(ペイペイ)はソフトバンクの営業力があるので、 家の周りを見ても小さいお店への利用拡大がかなり進んでいます。 他には、導入期の現時点ではキャンペーンを多発しているので現時点ではこの波に乗っておいたほうがお得ということ。 通常の還元率はでも クレジットカードと合わせると1. また、アプリについても頻繁にアップデートされて、使い勝手も向上しています。 お店でコードを読み取ってくれる方式はいいですが、お店のQRコードを読み取る形式だと自分である程度はスマホを操作する必要がある。 加えて金額の入力間違いをする可能性もあるので、慎重にならざるを得ない。 スマホでスムーズに決済ができるという声もありますが、 クレジットカードや電子マネーが使えるのであれば、そちらの方が利用するにはスムーズに決済ができると感じます。 そして、私の考えるPayPay(ペイペイ)の最大のデメリット・・・、 くだらないと思われるかもしれないですが、 ネーミングがダサい!! 店で支払いをするときに、「ペイペイでお願いします」というのが少し恥ずかしいのと、様々な「〜ペイ」がある中で聞き間違いがあるのではないかと心配もしましたが、その点は特に問題なさそうです。 最後に、悪用が多発したということで悪い意味でも目立ってしまったPayPay(ペイペイ)ですが、そのせいか利用金額や条件がコロコロと変わり安定していません。 ある程度のところで定まるのかもしれませんが、なかなか運用が定まらないというところも今のと頃はデメリットとして捉えてしまします。 早く運用が固まることを望みます! (2019. 4追記) PayPay(ペイペイ)の100億円還元キャンペーンの第二弾が開催されますね。

次の