急性腎盂腎炎。 腎盂腎炎になったかも!?病院に何科に行くべき?同じ病気になった私が答えます

《医師直筆》飲み物が大事!腎盂腎炎の症状・原因・治療の話

急性腎盂腎炎

急性腎盂腎炎とは まず 腎盂腎炎とは「じんうじんえん」と読み、尿をつくる腎臓に細菌が感染して発生する炎症のことです。 基本的に、腎臓から尿道に至るまでの尿の通り道である尿路は無菌状態です。 ここに細菌が侵入して発生する病気を「尿路感染症」と呼びます。 この 尿道に入った細菌が膀胱へ到達すると膀胱内で細菌が増えていくようになり、最終的には腎盂や腎臓に侵入するようになってしまい、腎盂腎炎になってしまうのです。 そして、急性の腎盂腎炎の場合は突然症状が現れるようになりますが、適切な治療を早期から施していれば5日もあれば症状は落ち着くと言われております。 ここで気が付かずに放っておいて、 風邪薬などで対処してしまうと、急性から慢性になってしまうことがあるので要注意と言われております。 急性腎盂腎炎の症状 症状の表れ方は、 悪寒・震え・発熱・背中や腰の痛み・尿の濁り・頻尿・残尿感といったもので、これらの症状がいくつかまとめて出てくるようになるでしょう。 腎臓の炎症が発生すると腰や背中の痛みが発生することがありますが、これは腎臓が腰に当たる部分に位置する臓器なので、腎臓の痛みから背中や腰辺りが痛むようになってしまうのです。 稀に、下痢の症状を訴える方もいますが、下痢になる理由はわかっておりません。 推察ではありますが、排尿を促すためにできる限りの水分補給を指示されることがあるとのことなので、そのことから下痢になっているのではないかと思われます。 急性腎盂腎炎の原因はストレス? 急性腎盂腎炎とストレスには直接的な関係はありません。 しかし、 免疫力が低下している状態になると発症する確率は上昇すると言われているので、ストレスや疲労が溜まっている人のほうが免疫力が落ちるので発症しやすいとは言われております。 もともとの原因が、尿路に細菌が入ってしまうことにあるのでそのような状況を作ってしまったこと自体が最大の理由となるのですが、細菌に感染してしまった後の抵抗力はストレスや疲労の度合いによって大きく異なってくるので、関係していると言えるのではないでしょうか。 急性腎盂腎炎を治すには入院が必要? 症状が軽い状態なら入院する必要はありません。 通院での治療でも十分と答える医師のほうが多いようです。 しかし、 症状が重症化してしまって吐き気や嘔吐がひどく、普通に食事をすることすら困難な人なら入院する必要が出てきてしまうでしょう。 敗血症などの合併症を引き起こしている方も重症化する可能性が非常に高いので、入院する可能性は高まります。 腎盂腎炎は感染症の部類に属してはいますが、人にうつる病気ではないので、通勤や通学に規定はありません。 しかし、治療が遅れると細菌が全身に回ってしまい重篤な状態に追いやられてしまうので、入院治療が必要になってしまうでしょう。 急性腎盂腎炎の治療法 治療の基本は飲み薬の抗菌薬を服用する薬物治療です。 また、抗菌薬の治療開始後3日くらいで効果があるのかを、尿や血液培養による原因菌チェックから判断して、効果があるのならその治療を続け、効果が薄ければ別の薬に切り替えることになります。 急性腎盂腎炎の完治の目安の期間は? 急性腎盂腎炎の治療期間の目安は入院したら1週間程度になるようですが、 抗菌薬を使った治療期間を含めると2週間はかかるとのことです。 Sponsored Link 症状が入院するほど重くはなく、あくまで 通院で済ませるレベルなら処方された薬を飲んで水分補給をしっかり行うことで、1週間から10日で症状が治まると言われております。 急性腎盂腎炎で療養中の食事は? 急性腎盂腎炎になってしまった方の食事についてです。 基本的に腎炎になってしまった人はタンパク質と塩の摂取量について制限がかかってしまうようですが、腎盂腎炎の場合はその限りではなく食事制限が付くことは無いようです。 ただし、膀胱内や尿管内にいる細菌をできる限りたくさんの水分で流しだしてしまいたいので、先にも記載していますが 水分補給を促されることになるでしょう。 だいたい1. 5リットルの水分補給を推進されるようですので、しっかりと補給しましょう。 ただし、 偏った食事が推奨されるわけではないので、早く治したいのならしっかりとバランスの良い栄養補給を行いましょう。 細菌によって腎臓や尿管に影響が及んだことが原因ですが、それは体力低下やストレス過剰による免疫力低下も関係しているので、 ストレスや疲労からの回復も重要になります。 急性腎盂腎炎から起こりうる敗血症とは? 敗血症とは全身に細菌やウイルスが血液を通して巡ってしまうことで、臓器不全などの全身症状を引き起こす病気です。 具体的には 肺炎・風邪・下痢・腎盂腎炎のような尿路感染症などから発症するものであり、それらの原因となった病原菌が体内を巡るようになってしまい、その病原菌から体を守ろうとする反応なのです。 敗血症は重症化してしまうと3人に1人が死亡してしまう危険な症状で、 アメリカでは死因の第2位となっているとのことです。 年間20万人が死亡しているという情報があります。 また、腎盂腎炎から急性呼吸窮迫症候群などの危険な病気になってしまったり、腎臓が弱ってしまって腎機能障害が発生することもあるでしょう。 そして、腎盂腎炎になってしまた方は3分の1の確率で膀胱炎になっていると言われているので、そちらの治療も並行して行うことになります。 急性腎盂腎炎と慢性腎盂腎炎の違いは? 腎盂腎炎には慢性のものもあります。 頻尿になることもありますし、トイレのたびに痛みが発生することもあるでしょう。 背中や腰の痛みが発生することもあり 自分の体にダメージが発生していることが必然的にわかります。 ただ、 急性の場合は抗菌薬の投与でほとんどの場合で治ります。 慢性の場合は最初のうちは 発熱も軽微であり 頻尿もそこまでひどくないですし、 トイレの時に痛みが発生することも稀です。 症状に気がつかない人すらいます。 ただし、慢性化している場合は腎実質(さまざまな腎臓の働きをする実質的な組織)の破壊が行われてしまい腎機能の低下に繋がってしまう恐れがあります。 しかも、慢性の場合は原因菌が薬の耐性を得てしまっていることも多く、 基礎疾患がなかなか除去されません。 このように、急性の場合はわかりやすい症状が出ますし高確率で治るのですが、慢性の場合は気がつきにくく治すことが困難なケースが多いのです。 腎盂腎炎につきましては次のページも参考にして下さい。 急性腎盂腎炎の症状や原因・治療法は?敗血症の危険も?のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は急性腎盂腎炎について色々とお伝えしてまいりました。 膀胱炎ならおそらくほとんどの方が知っている病気と言えるでしょうが、腎盂腎炎となるとかなり知名度が低下します。 同じような原因で発症する病気ではありながら知名度が大きく異なるものとなっておりますので、発症しやすい女性の方は膀胱炎と共に覚えておかれるとよい病気と言えるでしょう。 腎盂腎炎になっている方は膀胱炎も併発する確率が高いのですが、ストレスや疲労による免疫力低下でどちらも発症しやすくなるので、しっかりと心身のケアを行うようにしてください。 カテゴリー•

次の

腎盂腎炎について

急性腎盂腎炎

腎臓内の尿がたまるところ(腎盂)に細菌が繁殖し炎症を起こした状態を腎盂腎炎といいます。 悪寒戦慄(ぞくぞくする、ぶるぶると震える)を伴う高熱、吐き気、食欲不振、全身倦怠感、脱力感、腰痛、頻尿等の症状が特徴です。 高齢者や糖尿病を合併した方、インフルエンザや過労に伴い免疫力が低下した方では容易に敗血症を続発して重症化しやすいので注意が必要です。 急性腎盂腎炎の症状 急性腎盂腎炎の場合、膀胱炎と同様に排尿時痛、頻尿、残尿感などの症状に加え、発熱、全身倦怠感などの全身症状、腰や背中の痛み、さらには悪心、嘔吐などの消化器症状を認めることもあります。 子どもやお年寄りでは脱水による意識障害がみられることもあります。 また、細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がった場合(敗血症)、血圧低下(敗血症性ショック)、急性腎不全、多臓器不全となり命にかかわることがあります。 急性腎盂腎炎の原因 本来、健康な人は膀胱から尿管、腎盂には細菌は存在しません。 それが何らかの原因で細菌が侵入して炎症を起こすのです。 細菌の侵入経路で、もっとも多いのは尿道の出口から侵入した細菌が尿の通り道を遡り腎盂に達して起こるケースです 上行性感染。 稀に、血管を通って腎臓に感染することもあります 血行性感染。 主に大腸菌、緑膿菌などグラム陰性桿菌と腸球菌です。 なかでも大腸菌による感染が約90%にも達します。 引用:杏林大学医学部付属病院 急性腎盂腎炎の検査法 診断は臨床症状と検査結果により行う。 急性腎盂腎炎の臨床症状は悪寒・戦慄を伴う高熱、患側の側腹部痛、肋骨脊椎角部叩打痛、悪心・嘔吐などがあり、全身症状が強い。 検尿にて膿尿、細菌尿、血尿を認め、腎実質への感染の波及時には沈渣にて白血球円柱が認められる。 血液検査では好中球を主体とした白血球増加、CRP 高値などの炎症反応を認める。 引用:医薬品医療機器総合機構 【問診】症状発症から現在までの状況、熱型(発熱の パターン)等を確認します。 【触診】腎臓や膀胱部の痛み、腎盂腎炎以外に他の病気が隠れていないかを確認します。 【尿検査】尿中の炎症細胞(白血球)、細菌、血尿、タンパク尿の有無を検査します。 【画像診断】超音波検査、レントゲン検査、CT検査等必要に応じて行います。 【血液検査】血液中の炎症反応、腎機能等を調べます。 急性腎盂腎炎の治療方法 急性腎盂腎炎の治療を開始する際、原因となる細菌が特定されない場合は広範囲な菌に効果がある抗菌薬を選択して治療を開始します。 原因となる細菌が特定されると、その細菌に効果的な抗菌薬に変更して治療を継続します。 症状を抑えるために、消炎鎮痛剤を用いることもあります。 通常、4~7日ほどで症状はおさまってはきますが、治療は1~2週間ほどかかります。 また治療が終了した後にも、さらに1~2週間あけて、再発していないか確認するために検査を行います。 引用:徳洲会グループ 【安静】できるだけ安静を保ちます。 【水分補給】経口もしくは点滴で水分補給を行い、尿量を増やす事で尿路のばい菌をおしっこから体外に排出するようにします。 【解熱剤投与】高熱に対して必要時には解熱剤を使用します。 【抗生剤投与】内服または点滴で抗生剤を投与します。 【急性腎盂腎炎の治療期間】症状が軽い場合には1~2週間抗生剤の内服を行い、自宅で安静療養をする事で症状は軽快します。 症状が重い場合は入院での加療を行います。 腎盂腎炎の原因となる疾患があれば、それぞれに対応した治療を行います。 特に尿路結石等の尿路通過障害がある場合には緊急処置を行います(尿管ステント留置、ドレナージ等)。 放置すると、敗血症といって全身にばい菌が拡散されて命にかかわる(敗血症性ショック)可能性があるからです。 また、腎盂腎炎を繰り返す場合にも膀胱尿管逆流症等の原因となる疾患が隠れている場合がありますので泌尿器科での精密検査が必要です。 この記事の監修ドクター.

次の

急性腎盂腎炎・AFBN・腎膿瘍のCT画像所見まとめ!

急性腎盂腎炎

急性腎盂腎炎のCT画像所見は? まず注意するのは、 急性腎盂腎炎はほとんどCTで異常所見を示さないことが多いということです。 急性腎盂腎炎の診断は上に述べたように、あくまで臨床症状などから診断されます。 ですので、ここで挙げる CT画像所見はあくまで補助的に診断に用いることになります。 それを踏まえた上で、急性腎盂腎炎のCT画像所見は以下のようになります。 すなわち、• 腎臓そのものの変化• 腎臓周囲の変化 と分けることができます。 それぞれ見ていきましょう。 腎臓そのものの変化 感染により、 腎臓そのものが腫大することがあります。 また造影剤を用いたダイナミックCTにおいて早期動脈相で 楔形の造影不領域を示すことがあります。 (平衡相において楔形の造影不領域を示す場合は、厳密には、急性腎盂腎炎よりも進行した急性巣状細菌性腎炎(AFBN:acute focal bacterial nephritis)に分類されます。 ) 腎臓周囲の変化 腎臓や腎盂・腎杯に起こっている炎症が、周囲に波及した様子がCT画像で捉えられることがあります。 それが、 腎臓の周囲の脂肪織の濃度上昇(腎臓周囲の毛羽立ち)や、腎臓の周囲の 筋膜(Gerota筋膜)の肥厚という形でCTで所見として現れます。 それでは実際の症例を見ていきましょう。 症例 30歳代 女性 発熱、左腰背部痛、嘔吐 CRP高値、プロカルシトニン高値。 左腎腫大あり。 腎周囲の脂肪織濃度上昇(毛羽立ち)及び腎周囲筋膜の肥厚を認めています。 臨床所見と合わせて、 左腎盂腎炎と診断されました。 症例 30歳代女性 発熱、右下腹部痛 WBC 14900、CRP 5. 84、膿尿、細菌尿あり。 造影CTで右腎に淡い造影不良域2箇所あり。 右腎盂腎炎と診断、加療されました。 (厳密には平衡相での撮影であり、あとで解説するAFBN相当) 症例 30歳代 女性 発熱 CRP高値、膿尿あり。 左腎に淡い造影不良域の内部にリング状に辺縁に造影効果を有する低吸収域を認めています。 左腎膿瘍を疑う所見です。 急性巣状細菌性腎炎(AFBN:acute focal bacterial nephritis)とは? 上に述べたように平衡相において楔形の造影不領域を示す場合は、厳密には、急性腎盂腎炎よりも進行した急性巣状細菌性腎炎(AFBN:acute focal bacterial nephritis)に分類されます。 また、急性巣状細菌性腎炎(AFBN)がさらに進行すると、膿瘍を形成して腎膿瘍(renal abscess)となります。 ですので、急性巣状細菌性腎炎(AFBN)は、急性腎盂腎炎と腎膿瘍の間の状態であり、Rosenfileldらの疾患概念によると、急性腎盂腎炎の一病型であり、• 膿瘍形成(液状化)を伴わない腎実質の炎症が組織学的に証明される• 炎症の存在を示唆する症状があり、画像診断により腎臓に明瞭な腫瘤像を認め、治療によりこれらが消失する このいずれかを満たすものとされています(Radiology 132:553-561,1979)。 ですので、急性腎盂腎炎、AFBN、腎膿瘍のCT画像所見の違いをまとめると以下のようになります。 ただし、急性腎盂腎炎との鑑別や違いは臨床的には非常に曖昧であり、実際の臨床の現場では、急性巣状細菌性腎炎(AFBN)を含めて急性腎盂腎炎ということが多いと思われます。 最後に 急性腎盂腎炎に加えて、急性巣状細菌性腎炎(AFBN)及び腎膿瘍のCT画像所見についてまとめました。 急性腎盂腎炎と急性巣状細菌性腎炎(AFBN)を厳密に分類する意義はあまりないのかもしれませんね。 また、なんども申し上げるようにCTはあくまで補助的な役割を果たします。 ただし、膿瘍形成の場合は、ドレナージなど外科的治療の必要性も考慮せねばならずCT撮影の意義は高いと言えますね。

次の