あつ森 デッドスペース。 【あつ森】服・家具大量ゲット!住民全員から毎日アイテムを強制的にもらう裏技

『あつ森』で「隠し部屋」的な見せ方がブームに‥入り口の演出にこだわるユーザー続出│SWITCH速報

あつ森 デッドスペース

『あつまれ どうぶつの森』で、「 エイブルシスターズ」を建設する方法についてのメモです。 「エイブルシスターズ」は、衣服を取り扱う「仕立て屋」です。 服やアクセサリーを購入するだけでなく、他のプレイヤーが作った「マイデザイン」をダウンロードすることもできます。 ・ 「エイブルシスターズ」建設までの流れ まずは、島の開発を進めて「タヌキ商店」を完成させます。 ・ タヌキ商店オープン後、初めて店内に入ると「 きぬよ」と対面することになり、以降、不定期で行商にやってきます。 行商の営業時間は、午前5時〜午後10時です。 行商中の「きぬよ」から何度か商品を購入すると、「 したてやのこうじかんばん」を渡されます。 建設予定地を決めると、その 2日後に、店舗が完成します。 「エイブルシスターズ」を早く建てたい方は、きぬよの行商を見かけたら、なるべく多く商品を買っておくと良いかもしれません。 「エイブルシスターズ」で出来ること 「 エイブルシスターズ」では、服やアクセサリー、靴などを購入することができます。 店舗の中央に置かれているのは、毎日品揃えが変わる「日替わり商品」で、左側のマネキンは、定期的に入れ替わる「オススメコーデ」です。 また、店舗奥の壁は「マイデザイン展示」スペースで、気に入ったマイデザインを保存したり、自分が作ったデザインを他のプレイヤーに持ち帰ってもらうことができます。 その他、実際に着替えて服を選べる「試着室」や、マイデザインを投稿・ダウンロードできる「マイデザインショーケース」も設置されています。 店の営業時間は、朝9時〜夜9時です。 「試着室」の機能 店舗右側の「 試着室」では、店の商品に着替えて購入することができます。 基本的な操作方法は、自宅の「クロゼット」と変わりません。 「試着室」では、展示されている服の 色違いや、 店内に置かれていない商品も選べるようになっているので、服装にこだわりたい方は、要チェックです。 購入した服は、そのまま着て帰るか、マイホームの「収納」に送るかを選択できます。 「マイデザイン」の投稿・ダウンロード 店舗奥の端末にアクセスすると、「 マイデザインショーケース」を利用できます。 自分の作ったマイデザインを投稿したり、他のプレイヤーが投稿したマイデザインをIDで検索して、ダウンロードできるサービスです。 ただし、この機能を使うには、有料の「 Nintendo Switch online」への加入が条件となります。

次の

やっぱりデッドスペースはYAMAZAKIタワー!洗濯機も冷蔵庫も横スペースが吊るす収納に早変わり

あつ森 デッドスペース

モノ作り大好き・とみこじ村長()です。 所詮村長の眼力なんてそんなもんですな。 当然博物館で引き取ってもらえないので、じゃタヌキ商店でゴミ価格程度で売るか〜と足を運んでみたところ…買取不可だと!? 見た目はかなりボリュームもあって、言われなければ偽物かも分からないから、このままどこかに飾るのもありかなという気もしつつ、今の島ではそういう場所がないんですよね…。 あとはフレンドの訪問時のお土産にするか、離島に捨ててくるか…。 大掛かりな感じではなく、ちょっとしたアイテムがもらえる程度っぽいですね。 労働者の日であるメーデーなのに、コロナの影響で経済がストップしてるというのもなんとも皮肉。 そんな私も現在半無職状態なので、メーデーとは微妙に遠い位置におります…。 水曜のカブ値も大きな動きなし…と。 いよいよ明日あたりにカブ値に動きがないと怪しい感じになってきますぜ…。 ようやくまともなベッドが手に入りました。 スペース的に本当はダブルベッドがいいんですが、贅沢はいってられないです。 デザインもじゅうぶんオシャレだし。 今までマイホーム、博物館、キャンプサイト、仕立屋、商店…と島の開発をしてきましたが、いよいよ住人が住む場所の開発に着手したいと思います。 マップを見ても分かるとおり、現状の住宅は邪魔だから適当にはじっこに置いてるだけという雑な配置。 今回はまず赤で囲んだ場所に、メープルとドレミの居住エリアを作りたいと思います。 ここは島のなかでも一番印象がない場所で、ただ木が生えているだけの高台でしかありません。 池などもないので、来る機会もほとんどない場所でした。 ひとまず一度木を全部撤去して整地から始めますかー! 地形の左下部分が広範囲に斜めに削られていて、何をするにも有効に使えないデッドスペースになっていました。 ここを島クリエイターでちょっとだけ土地を盛りました。 以前から書いているとおり、あまり元の地形をいじるつもりはないですが、これくらいなら許容範囲かなと…。 人工的な感じに見えないように、ある程度歪ませたりして自然な仕上がりにしております。 この高台は中央で区切って南北に1軒ずつ家を移設することにします。 中央の道と家を隣接し過ぎると柵や木が植えられなくなるので、穴をガイド代わりにしてスペースも計算しながら位置を決めていきました。 ひとまずこれでドレミの引っ越し先は決定〜! メープルの引っ越しもすぐしたいところですが、区画整理は1日1軒ルールのため今日の開発はここまでにしたいと思います。 Twitterも合わせてよろしくお願いします!.

次の

【あつ森】島の評判を星5に上げる方法【あつまれどうぶつの森】

あつ森 デッドスペース

ロケットニュース24のP. サンジュンです。 私の化身「 サンチェル少年」がロケッ島(ろけっとう)で暮らし始めて2カ月半ほどが経ちました。 ロケッ島が浮かぶ南半球では雪がちらつき始め、いよいよ本格的な冬が始まりそうな気配です。 最近はやたら「こたつ」や「ストーブ」が出るのもそのせいかもしれませんね。 さて「あつまれ どうぶつの森」はゆるゆるとプレイするゲームなので、基本的にそこまで困ることはありません。 ただ、今回ばかりはピンチ……いや、 大ピンチかも……! というのも、坂を設置しようとしたところ「8本の壁」に阻まれてしまったからです。 ・アネモネの交配も完了 まずはここ1週間でロケッ島に起きたトピックをご報告いたしましょう。 先週の時点で化石をコンプリートしたサンチェル少年は、相も変わらず花の交配をメインにした生活を送っています。 そしてついに アネモネの交配も完了! 残すはバラ、つまり「青バラ」を残すのみとなりました。 一時期は元々島に咲いていたユリを除く、コスモス・キク・ヒヤシンス・チューリップ・アネモネ・パンジー、そしてバラの 7種類を同時に交配させていましたから、率直に「ようやく交配が終わりそう……」と喜んでいます。 とはいえ、残りは交配の中でもトップレベルに難しいとされる青バラですから、まだしばらく時間がかかることでしょう。 ・超レア、イトウ そうそう、北半球は6月に入って釣れる魚が一気に増えたようですが、南半球では「イトウ」が釣れるようになったんですよ。 正直、どの魚も比較的簡単に釣り上げてきたサンチェル少年は「 イトウも余裕だろ」と思っていたのですが、これは大変な思い違いでした。 元々、サンチェル少年もといサンジュンは、ポケモンGOを死ぬほどプレイしているので「あつ森の生き物は超簡単に集まるな」と感じていたのです。 ……が、 イトウだけは違いましたね。 初日、60個用意したつりエサが無くなったときは、何が起きたのか一瞬わかりませんでした。 その後、今度はつりエサを80個用意した結果、20回目くらいでイトウが釣れたんですが、個人的には「ゴールデントラウト」や「ロウニンアジ」よりも遥かに イトウの方が釣りにくかった印象です。 ・和風ゾーン作りに着手 さてさて、本題に入りましょう。 先週パンジーの交配が完了し、まとまった土地が空いたサンチェル少年は、いよいよ念願の「 和風ゾーン」の制作に取り掛かりました。 妻と娘が寝静まった金曜日の夜、島クリエーターで一気に「和風ゾーン」を作り始めたのです。 久々にガッツリ取り組んだ島クリエーターは非常に楽しく「ここは石の床にして~」とか「ここに和風の壁を置いて~」なんて、1人キャッキャウフフと汗を流していました。 あんどんや灯篭、さらには竹などもそうですが「 和風ゾーンで輝くアイテム」をこの日のために溜めておいたのです。 が、しかし……。 果物を食べ、ポケットいっぱいに竹を詰め、コツコツと移植に励んでいたときのこと。 「そうだ、和風ゾーンにも坂を作ろう」と考えたサンチェル少年は、集会場でたぬきちさんから 衝撃の事実を告げられてしまいます。 「坂の数は8本までと決めてるんだなも」 えええええええええええええ! え、え、え? ええぇぇぇえええええ!? ・坂に上限があるなんて そうなんです、島には坂が8本までしか作れないそうなんです。 これには愕然としましたし、 正直やる気を失いかけました。 橋や坂の設置数に上限があることを知らなかったサンチェル少年は、一晩中泣き続けました。 それはウソですが、その日は島クリエーターもやめて、ふて寝したことは事実です。 また、あの日以来「和風ゾーン作り」は 完全にストップ。 というか、よくみなさん8本の坂と8本の橋でどうにかなってますよね。 新たに坂を設置するためには既存の坂を撤去する必要があるんですが、正直どれも選べません。 本当、どうしましょ……。 ……と、ロケッ島は「 坂が増やせない問題」が発覚し、右往左往した1週間でした。 今後の見通しは立っておらず、和風ゾーンもどうなることやら。 ・マイデザインに感謝感激 最後にお見せできる範囲でロケッ島の一部をご紹介しましょう。 今回は浜辺に設置した屋台ゾーンなんですが、 サーティワンや チャンビール(タイのビール)のロゴはマイデザインでいただきました。 マイデザインって本当にありがたいですよね。 自分では絶対に作れないので、両方とも本当に感謝しています。 また、砂浜にはもう1つTwitterで発見したマイデザインをいただいて設置したゾーンがあり、そちらも大変気に入っています。 デッドスペースになりがちな砂浜がにぎやかになると、島のグレードが上がった感じがしますよね。 まあ、雪が降っているんですが、それはそれで良しとしましょう。 というわけで、思わぬゲームの仕様に阻まれたサンチェル少年でしたが、果たして和風ゾーンはどうなっていくのでしょうか? いちいちハシゴは面倒だしなぁ……かといって、どの坂も撤去できないしなぁ……。 参考リンク: Report: ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch).

次の