ポケモン ぶっぱ。 ピカチュウ育成論 : ASぶっぱ最速電気玉ピカチュウ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

ポケモン ぶっぱ

特性「ダルマモード」 特性ダルマモードのヒヒダルマは、体力が半分以下になるとダルマモード状態になりフォルムが変化すると共に、種族値も大幅に変化します。 種族値(通常時) HP 105 攻撃 140 防御 55 特攻 30 特防 55 素早さ 95 合計種族値 480 種族値(ダルマモード時) HP 105 攻撃 160 防御 55 特攻 30 特防 55 素早さ 135 合計種族値 540 ダルマモードの種族値は、通常時の種族値と比べて攻撃が20、すばやさが40増加しており、ヒヒダルマの突破力がより高くなります。 ダルマモードヒヒダルマの強さ 高い素早さと攻撃力で制圧 ダルマモードヒヒダルマのすばやさ135という数値は、環境では最速ドラパルトやスカーフ持ち以外は抜き去ることができるため、 攻撃力と共に高い制圧力を誇ることができます。 変化技も活用できる 「ごりむちゅう」ヒヒダルマと比べて、最大の違いは、技が固定されず選択が可能という面です。 変化技も持たせることができる為、「つるぎのまい」「こらえる」などの変化技を駆使して戦うことができます。 「こだわりアイテム」以外を装備できる 「ごりむちゅう」ヒヒダルマは、「こだわりアイテム」以外を持たせる事は可能ですが、特性の性質上、 他の道具を持たせるより、「こだわりスカーフ」や「こだわりハチマキ」を持たせた方が、もともとのデメリットなく使えるので、どうしてもそれが一番強くなります。 他の型があったら教えてください ダルマモードヒヒダルマは、HPが半分以下になると発動するため、他の道具を持たせることができます。 また「こらえる」を同時採用することで、ステルスロックなどで少し削れている場合でもHP1を残して相手の攻撃を耐えれる為、安定してダルマモードを発動できます。 努力値 攻撃252 素早さ228 残りHP すばやさ調整ですが コオリッポ ナイス や1積み準速ギャラドスや1積み準速トゲキッス。 他にも準速ドラパルトなどの主要ポケモンを抜ける為228振りがオススメです。 技構成 「こらえる」 「つららおとし」 「ほのおのパンチ」 +サブウエポン 技構成は「こらえる」+タイプ一致技+サブウエポンです。 ほのお技は反動がない「ほのおのパンチ」、サブウエポンは「こおり」「ほのお」技が通らないポケモンを打点があるものを選択しましょう サブウエポンオススメ 「ばかぢから」「アイアンヘッド」「じしん」 「みがわり」「はらだいこ」「カムラのみ」型 ヒヒダルマは「ごりむちゅう」でこだわりアイテム持ちという認識が強い為、受けられる相手に引いてこられることが多い。 「はらだいこ」「みがわり」を採用し、HP管理をしながらダルマモードを発動していく型。 ヒヒダルマより早いポケモンに対しては役に立たないような型だが、スカーフ持ちの「ごりむちゅう」も必ず考慮に入れなければいけない為、不利対面でも思わぬ仕事をこなすことがあり面白いです。 特防はおくびょうサザンドラのあくのはどうを確定2発の所まで降っています。 素早さは、カムラ発動ダルマモードでスカーフサザンドラ抜き。 こちらは自分のパーティの抜きたいポケモンと相談して調整してください! 技構成 「みがわり」 「はらだいこ」 「ほのおのパンチ」 タイプ一致技2つの攻撃技構成ですが、環境に多い水タイプに通らないため、いまいち使いにくい感覚でした。 ヒヒダルマは「ばかぢから」や「じしん」など威力の高いサブウエポンをたくさん覚えるので、そちらを採用しても良いかもしれません。 ダルマモードヒヒダルマまとめ ごりむちゅうと誤認させろ! 使ってみた感想ですが、「ごりむちゅう」ヒヒダルマと比べて圧倒的に使い勝手は悪いです。 また攻撃力も素早さも「ごりむちゅう」スカーフ持ちヒヒダルマのほうが上なので もうそっちでええんちゃう!?みたいな場面がたくさんありましたが、普段対面で勝てない「であいがしら」持ちのアイアントやオノノクスには「こらえる」を使う事で勝てました。 また先制技にも弱いため選出には注意が必要です。 いかにも「ごりむちゅう」ですよ、同じ技しか打てませんよ。 という偽装が大切です。 起点にしたい受けポケモンなどを見極め、選出できる時のみの選出にしないと、腐ってしまいやすいので気をつけましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ヨクバリス育成の育成論と対策

ポケモン ぶっぱ

【はじめに】 お久しぶりです。 WINDYです。 この度剣盾ランクマS4にて最終順位の最高を更新できたので、使用構築を紹介したいと思います。 最後まで読んでいただけると嬉しいです。 記事の最後でレンタルパも紹介しているので、良ければ使ってみて下さい。 【使用構築】 【構築経緯】 S4からキョダイが解禁され、環境に入って来るだろうとは思っていたので、性能を実感するためにシーズン序盤はキョダイ入りのテンプレ的な構築(ドラパミミカビドリュキッス)を使用していたのだが、その構築を使っている際に相手のHDタラプアーマーがアが重めに感じたのでサブロムはこのを軸に構築を作ろうと考えた。 このガアを使用するにあたり、ステロ要員は欲しかったのでガアの苦手なミトム、ヒトムに強めなゲロゲを採用。 この2匹でキツい環境上位のキッスに強く、2匹との相性補完にも優れるヒトムを採用。 この3匹を基本選出とした。 このままでは初速の速いがいないので、蜻蛉でサイクルも回せてスイーパー、ストッパーとしても優秀なを採用。 ストッパーがダルマのみは不安だったのと、しんどい並びをなんやかんや処理してくれそうなので、汎用性の高い最強のを採用。 ここまでの5匹でほぼ戦えていたのだが、が重めなのと、ドヒド+ナットのような受けの並びが面倒だったのでピンポイントメタ気味にパッチラゴンを採用した。 9~99. スカーフサザンに突っ張る選択肢が欲しかったのでAを削って耐久振りで採用したが、火力不足は全然感じなかった。 技構成は、命中不安連打したくないのでメインウエポンにつららでなく冷パンを採用し、あとはテンプレ。 試合の序盤、中盤は自身の蜻蛉で相手を削り、終盤にスイープする動きがシンプルに強い勝ち筋だった。 今まであまり使ってこなかっただが、今回で割と気に入ったので色個体粘ろうかなと思う。 キョダイ入りのテンプレ構築や、その類似構築に強く出られそうと思い採用した。 適当な特殊技でガアを処理しようとする相手は、積みの起点にして返り討ちにする。 技構成はメインウエポンのブレバに、詰め筋になるビルド挑発羽。 ステロ撒いて積みからを切る流れも勿論強いのだが、を切らずとも詰め筋として十分に強力で、後述のゲロゲの毒と合わせた毒羽など強力な勝ち筋も持っているので非常に選出しやすかった。 ガアがを切らなくても強いことからこのにを切ることも多く、火力と耐久を両立したかったので持ち物はチョッキ。 技構成はテンプレで、運勝ちしたいので10万でなく放電を採用した。 ドラパやジュラルドンとよくで殴り合っていた。 ヒトムやミトムに強めなのが偉い。 調整は雑にHBに振り切っただけだが、行動回数を十分に稼いでステロや毒を撒く仕事が出来たので良かったかなと思う。 考慮されない毒が強い。 やと対面させたいなのでA0。 技構成は運勝ち出来る一致特殊技の熱湯、大地に優秀な補助技2種。 いくら特性すいすいのアタッカーも環境にいるとはいえ初手にエラがみで突っ込んでくるのはどうなんだ。 ストッパーとガアが出しにくい時の勝ち筋として採用した。 持ち物も技も調整も全てテンプレ。 相手にしていても自分で使っていても雑に強い。 ガルドもそうだが、これで弱体化されてるとか信じられない。 元々は弱保ジュラルドンがいた枠。 技構成について、メインウエポンの電撃嘴は確定として、非時に命中不安となるこいつをエース運用するのも嫌だったので、飛行技でなくナットの宿り木やドヒドのトーチカ等に対してアドの稼げる身代わりを採用。 身代わり時に逆鱗で拘るのも何か違う気がしたのでドロを採用。 炎技をナット以外に撃たなさそうだったので、ダメージも無く命中安定の放射を採用した。 調整はダイジェットしないので最低限のSだけ確保して余りHAベースにした。 ピンポイントメタとしての採用で選出率が群を抜いて低いので、このの性能は正直自分でもあまり分からないが、ナット+耐久水の並びに出した際には勝たせてくれたので、悪くはなかったのかなと思う。 【苦手な】 今期数を減らしていたのでとても助かった。 いざマッチしたらパッチを出す気全然ないのでをメインに頑張って倒していた。 竜舞ドラパルト ギャラとは逆に今期やたら増えた印象。 ゲロゲの前でブンブン舞ってきた。 選出出来てない時は、ゲロゲの大地や毒で削ってからガア、ヒトムで強引に切り返していた。 コットン型が毎度重い。 草打点が基本は無いので、ゲロゲで上手く毒入れてステロ撒いて宿り木をダルマで受けて蜻蛉してみたいなことを繰り返して突破していた。 こいつのためだけにやたら繊細な立ち回りを強いられるので、面倒くさい。 【おわりに】 ここまで読んで下さりありがとうございます。 今期は最終日前日にサブロムがこの構築で81位になり、本ロムがキョダイ入りの構築で160位くらいにつけられていたので、最終日の準備ばっちりだと思っていたのですが、いざ当日に潜ってみるとイマイチ集中力に欠けていた上に運もかなり悪く(自分の技は外れ、相手の一撃技がほぼ当たる、キツい型のを引きまくるなど)信じられないほどに本ロムを溶かしてしまいました。 こんな状態でサブロムを触るくらいなら放置した方がいい順位がつくだろうと思いそうしたのですが、結果的に300位辺りまでは落ちると思っていた順位が意外なほどに落ちず、156位という過去最高の最終成績を取ることが出来ました。 このこと自体は結果オーライで嬉しいのですが、最終日にちゃんと高い集中力で潜れていたらもしかしたらもっといい結果が出たかも知れないと思うと悔しくもあります。 とはいえ、その辺りの管理や運も含めて実力なので、来期以降にこうした勿体ないことをしないように気をつけたいと思います。 最後に結果の写真とレンタルパを載せておきます。 windy-poke.

次の

【剣盾 シングルS4 使用構築】ゲロゲガアヒトム【瞬間最高81位(3/30時点 )/最終156位】

ポケモン ぶっぱ

【はじめに】 お久しぶりです。 WINDYです。 この度剣盾ランクマS4にて最終順位の最高を更新できたので、使用構築を紹介したいと思います。 最後まで読んでいただけると嬉しいです。 記事の最後でレンタルパも紹介しているので、良ければ使ってみて下さい。 【使用構築】 【構築経緯】 S4からキョダイが解禁され、環境に入って来るだろうとは思っていたので、性能を実感するためにシーズン序盤はキョダイ入りのテンプレ的な構築(ドラパミミカビドリュキッス)を使用していたのだが、その構築を使っている際に相手のHDタラプアーマーがアが重めに感じたのでサブロムはこのを軸に構築を作ろうと考えた。 このガアを使用するにあたり、ステロ要員は欲しかったのでガアの苦手なミトム、ヒトムに強めなゲロゲを採用。 この2匹でキツい環境上位のキッスに強く、2匹との相性補完にも優れるヒトムを採用。 この3匹を基本選出とした。 このままでは初速の速いがいないので、蜻蛉でサイクルも回せてスイーパー、ストッパーとしても優秀なを採用。 ストッパーがダルマのみは不安だったのと、しんどい並びをなんやかんや処理してくれそうなので、汎用性の高い最強のを採用。 ここまでの5匹でほぼ戦えていたのだが、が重めなのと、ドヒド+ナットのような受けの並びが面倒だったのでピンポイントメタ気味にパッチラゴンを採用した。 9~99. スカーフサザンに突っ張る選択肢が欲しかったのでAを削って耐久振りで採用したが、火力不足は全然感じなかった。 技構成は、命中不安連打したくないのでメインウエポンにつららでなく冷パンを採用し、あとはテンプレ。 試合の序盤、中盤は自身の蜻蛉で相手を削り、終盤にスイープする動きがシンプルに強い勝ち筋だった。 今まであまり使ってこなかっただが、今回で割と気に入ったので色個体粘ろうかなと思う。 キョダイ入りのテンプレ構築や、その類似構築に強く出られそうと思い採用した。 適当な特殊技でガアを処理しようとする相手は、積みの起点にして返り討ちにする。 技構成はメインウエポンのブレバに、詰め筋になるビルド挑発羽。 ステロ撒いて積みからを切る流れも勿論強いのだが、を切らずとも詰め筋として十分に強力で、後述のゲロゲの毒と合わせた毒羽など強力な勝ち筋も持っているので非常に選出しやすかった。 ガアがを切らなくても強いことからこのにを切ることも多く、火力と耐久を両立したかったので持ち物はチョッキ。 技構成はテンプレで、運勝ちしたいので10万でなく放電を採用した。 ドラパやジュラルドンとよくで殴り合っていた。 ヒトムやミトムに強めなのが偉い。 調整は雑にHBに振り切っただけだが、行動回数を十分に稼いでステロや毒を撒く仕事が出来たので良かったかなと思う。 考慮されない毒が強い。 やと対面させたいなのでA0。 技構成は運勝ち出来る一致特殊技の熱湯、大地に優秀な補助技2種。 いくら特性すいすいのアタッカーも環境にいるとはいえ初手にエラがみで突っ込んでくるのはどうなんだ。 ストッパーとガアが出しにくい時の勝ち筋として採用した。 持ち物も技も調整も全てテンプレ。 相手にしていても自分で使っていても雑に強い。 ガルドもそうだが、これで弱体化されてるとか信じられない。 元々は弱保ジュラルドンがいた枠。 技構成について、メインウエポンの電撃嘴は確定として、非時に命中不安となるこいつをエース運用するのも嫌だったので、飛行技でなくナットの宿り木やドヒドのトーチカ等に対してアドの稼げる身代わりを採用。 身代わり時に逆鱗で拘るのも何か違う気がしたのでドロを採用。 炎技をナット以外に撃たなさそうだったので、ダメージも無く命中安定の放射を採用した。 調整はダイジェットしないので最低限のSだけ確保して余りHAベースにした。 ピンポイントメタとしての採用で選出率が群を抜いて低いので、このの性能は正直自分でもあまり分からないが、ナット+耐久水の並びに出した際には勝たせてくれたので、悪くはなかったのかなと思う。 【苦手な】 今期数を減らしていたのでとても助かった。 いざマッチしたらパッチを出す気全然ないのでをメインに頑張って倒していた。 竜舞ドラパルト ギャラとは逆に今期やたら増えた印象。 ゲロゲの前でブンブン舞ってきた。 選出出来てない時は、ゲロゲの大地や毒で削ってからガア、ヒトムで強引に切り返していた。 コットン型が毎度重い。 草打点が基本は無いので、ゲロゲで上手く毒入れてステロ撒いて宿り木をダルマで受けて蜻蛉してみたいなことを繰り返して突破していた。 こいつのためだけにやたら繊細な立ち回りを強いられるので、面倒くさい。 【おわりに】 ここまで読んで下さりありがとうございます。 今期は最終日前日にサブロムがこの構築で81位になり、本ロムがキョダイ入りの構築で160位くらいにつけられていたので、最終日の準備ばっちりだと思っていたのですが、いざ当日に潜ってみるとイマイチ集中力に欠けていた上に運もかなり悪く(自分の技は外れ、相手の一撃技がほぼ当たる、キツい型のを引きまくるなど)信じられないほどに本ロムを溶かしてしまいました。 こんな状態でサブロムを触るくらいなら放置した方がいい順位がつくだろうと思いそうしたのですが、結果的に300位辺りまでは落ちると思っていた順位が意外なほどに落ちず、156位という過去最高の最終成績を取ることが出来ました。 このこと自体は結果オーライで嬉しいのですが、最終日にちゃんと高い集中力で潜れていたらもしかしたらもっといい結果が出たかも知れないと思うと悔しくもあります。 とはいえ、その辺りの管理や運も含めて実力なので、来期以降にこうした勿体ないことをしないように気をつけたいと思います。 最後に結果の写真とレンタルパを載せておきます。 windy-poke.

次の