スマホ 電池消耗。 スマホの電池が急に減りが早くなったと感じたらするべきこと

スマホバッテリーの減りが早い!原因は寿命?対策方法はコレ

スマホ 電池消耗

関連記事• 目次:スマホのバッテリーの減りが早い!設定を確認しよう!• バッテリー問題について スマホを利用しているユーザーの多くの方の悩みといえば「電池持ち」。 スマートフォンは、容量が大きいバッテリーを搭載しているはずなのに、どんどん電池が減ってしまうことがあります。 その理由は、画面サイズが大きくなったことや、スマホアプリやインターネット利用時間の増加などが挙げられます。 また、インストールしたアプリがバックグラウンドで通信を行うものだった場合、その分電池を消費します。 しかし、スマホを手放したくない人にとっては利用を制限すること無く自由に使いたいですよね。 そこで、バッテリー長持ちへの第一歩。 設定を見直して電池の無駄を抑えるようにしましょう。 設定できる項目を知ろう スマホ本体には様々な機能や、大きなディスプレイなどが詰まっています。 しかし、無線LAN経由でインターネットが出来る"Wi-Fi"はとても便利ですが、常に使うものでは無いものです。 中には家に無線LANの機器が無い、公衆無線LANの契約をしていないなど使用することがない人もいるかと思われます。 そういった 利用しないセンサーなどを設定からOFFにすることでバッテリーの節約ができます。 主な設定項目を紹介しますので、自分の 利用状況に合わせて設定してみましょう。 設定画面の見た目は端末、Androidのバージョンによって異なります。 設定方法は、必ず同じとは限りません。 多くの端末では同じような操作方法で設定可能ですが、操作方法が違う機種も存在します。 予めご了承下さい。 画面スリープまでの時間 スマホの画面は大きくディスプレイを点灯させる為の電力消費量はとても多いです。 画面を見ている間はともかく、画面から目を離してから消灯するまでの時間をなるべく短くすると電池消費を抑えられます。 あまり短くすると、文章を読んでいる間に画面が消えたりしてイライラが募るので、適度に調整しましょう。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 機種やシリーズによって設定ボタンの場所が異なるので注意しましょう。 「画面設定」をタップしてメニューを開きます。 「スリープ」をタップしてバックライト消灯までの時間を設定します。 自分の使い方に合わせて消灯するまでの時間を設定しましょう。 上記文言のメニューが見つからない場合は、目視で確認してスマホ画面が自動的に電源OFFになる設定項目を探して調整しましょう。 液晶画面の明るさ 当然と言えば当然ですが、画面は明るくすればする程バックライトを強く点灯させます。 また、画面の明るさを自動にすると周りの明るさに応じてバックライトの明るさを調整してくれます。 それは、センサーで周りの明るさを測り、見やすいように明るさを調整してくれます。 この設定だと周辺の明るさを測ったり、必要以上に明るくなる場合があるので明るさは自分で設定しましょう。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "画面設定"をタップしてメニューを開く "明るさ"をタップして画面の明るさを設定します。 "自動明るさ調整"のチェックを外して、明るさを変更します。 その場合は、明るさの調整のみを行います。 また、バッテリーの電源管理というメニューから、電力消費を抑えるモードに一括変更してくれる機能もあります。 各モード共、使用できる機能が極端に減りますが電池持ち効果は非常に高いので、状況に合わせてこれらの機能も使ってみましょう。 Bluetooth ブルートゥース Bluetoothは、対応ヘッドフォンやキーボードなど主に周辺機器と繋ぐための機能です。 対応機器を所有していない場合は、ONにする必要がないので切断しましょう。 また、スマホホーム画面で、上方向から下方向にスワイプしてメニューを表示する事で(端末やOSバージョンによって操作が異なる可能性があります)bluetooth設定を行う事も可能です。 GPS GPSは、現在位置を測定するのに使用する機能です。 現在位置を取得することは、地図アプリなどを利用する場合に便利ですが、普段は必要ありません。 なので、地図アプリなどGPS機能を利用する時以外はOFFにして問題ないです。 また、天気ウィジェットなどアプリによっては定期的に位置情報を取得します。 様々なアプリがあるのでここでは紹介できないですが、 設定変更することで現在位置を取得しないようにすることができるものもあるので、合わせて設定変更すると良いです。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "位置情報とセキュリティ"をタップしてメニューを開く "GPS機能"をOFFにします Wi-Fi 無線LAN 無線LANを利用するポイントは自宅や職場、カフェなど限られているかと思います。 なので、利用しない場所ではOFFにしましょう。 ONにしたままですと、常にアクセスポイントを検索するのでバッテリーの消費が早くなります。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "無線とネットワーク"をタップしてメニューを開く "Wi-Fi設定"をタップしてWi-FiをOFFにします アカウントの自動同期 スマホに登録したGoogleアカウント等は自動同期行うことができます。 例えば、メールアカウントを同期しておくと常にメールの内容が最新の状態になります。 その分通信が発生するので、必要の無いものはアカウントの同期を解除すると良いです。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して「設定」を開きます。 ユーザー設定の「アカウント」をタップしてメニューを開くきます。 下の方に"アカウント管理"の項目が出てきます。 例えば、Googleアカウントをタップすると、"電話帳同期"、"Gmail同期"などがでてきます。 あまり利用していないサービスの同期を解除するとバックグラウンドでの動作が減ります。 また、全ての同期が必要ない場合は、"自動同期"のチェックを外すと止まります。 基本的は設定の「アカウント」の項目から調整する事が可能ですので、必要のない同期設定はOFFにするようにしましょう。 不要アプリは停止 自分が使わないと思っていてもスマホ購入時に初めから入っているアプリ、通称プリインストールアプリ 便利だけど自分は使わないよ…と思っていてもアンインストールできない! こんなアプリは 無効化することでバッテリー持ちを改善 CleanMaster(クリーンマスター)はバッテリー持ちを悪くしているかもしれないプリインストールアプリを無効化してくれるアプリだ。 ワンタップで稼動しているアプリを全て停止してくれぞ。 また、停止したくないアプリは選択しておけば、以降、停止してしまうことはないので、LINEなどのよく使うアプリはチェックをはずしておこう。 設定項目が多くて難しかった方もいるかと思います。 しかし、これらの設定をすることで電池の持ちが良くなったことが体感できるかと思いますよ! また、GPSやWi-Fiなどは利用状況に合わせてマメに設定変更することが重要です。 癖つければ難しいことはありませんので、取り組んでみると良いです。 機種によっては、通知バーである程度設定できるものや、設定変更を助けてくれるアプリもあります。 それらを利用すると簡単に変更できるので、試してみると良いです。 次回は、「壁紙」の変更について解説します。

次の

スマホの電池の減りが早い!急にダメなった原因は?

スマホ 電池消耗

安部首相が、会見で「多くの皆さんにアプリをダウンロードしてほしい」と呼び掛けた厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」を、早速19日インソールし使用しています。 ただ、他の人の次の様な記事を見てスマホの電池消耗が気になりました。 ~~~ それにプラスしてブルートゥース Bluetooth をONにしておくことが必須条件であり、それを働かせるために 貴重なスマホのバッテリーを消耗させてしまうため スマホの稼働時間が短縮する恐れがある。 わたしは自宅にいる時、自家用車で移動している時、広い畑で農作業をしているときは ブルートゥース Bluetooth を切っておこうと考えている。 電車で街へ出てから帰ってくるまでは、ブルートゥース Bluetooth を働かせておこうと考えている。 ONにした方が多く消費するのは違いないですけど、もりもり減るようなもんではないですよ まぁまだ出始めで不具合もあるだろうし、謎な部分もあるので、消費量に関しては断定は出来ません、もう少し実証実験などのデータが出回るのには時間がかかるでしょう ただ、昨日私が買い物に出たり何だりして半日くらい人のいる場所を動き回って帰ってきた感覚だと、私は消費量に大した違いは感じませんでした(Andoroid使用) 正直バックグラウンド通信をしてバッテリーを食う、普段あまり使っていないアプリを処分したほうが、余程効果が高いと思います。 反対のための反対や、非科学的なノイズに惑わされるのではなく、自分で試してみる、色々な情報を調べてみるのが大事だと思います、情報の選択にお気をつけください ちなみにCOCOAのバッテリー消費に関する記事です BluetoothをONにしているいと、ある程度はバッテリーを食う。 曝露通知アプリは、バッテリーの消費の懸念があるから、少なくともAPIはバッテリー消費を最小限にするよう改善したそうですが・・・ BluetoothをONにするよりも無線LANをONにしている方がバッテリーの消費が激しかったりしますけどもね。 あと、NFCってPayPayは使いませんが・・・ NFC(Type-F含む)を使うのは、Google PayのiD、Suicaとかですが・・・ Android10にしている機種を利用されているから、その不都合って可能性はある。 Android10って、バッテリーの消費が激しいって不都合がありましたからね。 一応はある程度の改善はされていますが・・・ ドコモの機種って、オートGPS機能を有効にしていると、ある程度のバッテリーの消費が激しい気がしますけどもね。 my daizとかで使われる機能だったりしますが・・・.

次の

トラブル診断

スマホ 電池消耗

スマホのバッテリーがすぐに減ってしまうという悩みをかかえていませんか? バッテリーは充電を繰り返すことにより劣化していくものなので、長年使っていると減りが早くなる宿命にあります。 しかし、買ってからそれほど経っていないのに減りが早いというのであれば、バッテリーそのものの故障、もしくはスマホの設定や使い方に問題があるかもしれません。 スマホには多くの機能が搭載されており、表面的に見えないところで、あなたが意図していないプログラムが動いていることもあります。 そこでまずは、どんな設定になっていて、どんなプログラムが動いているかを確認してみましょう。 もし無駄なプログラムが動いているのであれば、それを停止することでバッテリーの消費を軽減することができます。 また、スマホに用いられているリチウムイオン電池について知っておくことで、電池を長持ちさせる方法や、逆に劣化を早めしてしまう行動が分かります。 その他、バッテリーを買い換えたり交換したりする際に注意したいポイントもまとめておきます。 目次: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1. スマホの設定を確認!バッテリーを浪費する3つの原因 スマホのバッテリーがすぐに減ってしまうのは、何かしらの用途に電力が消費されているからです。 バッテリーを大きく減らしてしまう事柄は、大きく3つ考えられます。 表面的には分かりづらいことですが、バックグラウンドで「不要な通信が行われている」「不要なアプリが起動している」といった事柄が2つと、「ディスプレイの輝度(明るさ)」という画面に関する事柄です。 なお、ここではAndroidを主題にして話を進めますが、iPhoneに関しては「」でまとめます。 1-1. 原因その1|不要な「通信」 バックグラウンドで動いている通信が、電池を浪費している可能性があります。 利用する必要のないものは止めてしまいましょう。 ここでは、バックグラウンドで行われる通信の概要を紹介するとともに、それを確認する方法と停止する方法を解説します。 画像はAndroid8. 0のものを使用しています 1 Bluetooth ブルートゥース Bluetoothとは短距離無線通信技術の1つで、イヤホンやスピーカーなどの周辺機器をワイヤレスで利用することを可能にします。 [設定確認と停止方法] アプリ一覧から「設定」を開きます。 「無線とネットワーク」の「Bluetooth」にチェックが入っていれば、オンになっていることを意味します。 停止したい場合は、これをオフにします。 [使えなくなるもの] Bluetoothを使用して接続するイヤホン、ヘッドセット、スピーカー、キーボード、マウス、プリンタといった周辺機器との接続 2 GPS(全地球測位システム) GPSは現在地を測定する、いわゆる位置情報サービスです。 地図アプリをはじめ、気象情報アプリ、紛失対策アプリなど、さまざまなもので利用されます。 [設定確認と停止方法] アプリ一覧から「設定」を開きます。 「セキュリティと画面ロック」の「位置情報」をタップします。 これがオンになっていれば、GPS機能が有効になっています。 停止したい場合は、これをオフにします。 [使えなくなるもの] 位置情報サービスをオフにすると、Googleマップなど位置情報のアクセス権限が必要なアプリはサービスに支障をきたすことがあります。 こうした権限を多く与えるほどバッテリー消費が多くなるので、必要な権限だけにしておくのが良いでしょう。 3 Wi-Fi 無線LAN Wi-Fiとは、無線でネットワークに接続する技術のこと。 これがオンになっていると、つねにアクセスポイントを探し求めるようになり、バッテリーを消費しやすくなるといわれています。 [設定確認と停止方法] アプリ一覧から「設定」を開きます。 「無線とネットワーク」の「Wi-Fi」にチェックが入っていれば、オンになっていることを意味します。 停止したい場合は、これをオフにします。 [使えなくなるもの] 家庭のWi-Fiや、屋外で使用できるWi-Fi(各携帯キャリア、コンビニエンスストアやカフェ、公共施設などが提供する無線LAN)を利用できなくなります。 4 アカウントの自動同期 Gmailやツイッターなど、パソコンや別端末等で利用しているさまざまなアカウントを、スマホと自動同期させることができます。 自動同期ということは、つねに通信が行われる状態にあるということです。 [設定確認と停止方法] アプリ一覧から「設定」を開きます。 「アカウント」をタップすると、同期されている項目が表示されます。 それぞれのアプリのアイコンをタップすると、そのアプリでの自動同期を設定する画面が開きます(内容はアプリによって異なります)。 そこで自動同期をオフにすることができます。 [使えなくなるもの] 自動同期をオフに設定すると各アプリの同期機能が停止します。 スマホだけでしか利用していないアプリで自動同期がオンになっているのなら、停止してしまっても問題ないでしょう。 1-2. 原因その2|不要なアプリの起動 表面上では見えないものの、バックグラウンドであなたが意図していないアプリが動いている可能性があります。 ここでは、無駄にバッテリーを消費しているアプリがないかをチェックする方法を解説します。 「設定」から「電池」選択すると、電池の管理画面になります。 この画面では「電池の最適化」として個別のアプリが電力を最も効率良く使用するように設定が可能です。 また、電池消費が多いアプリの通知をオンにしておくと、特定のアプリが大量に電池を消費している時に通知が発せられます。 それが無用なアプリであれば、終了させるかアンインストールすることで電力消費を抑えることができます。 どちらもとてもスマホのバッテリー対策にはとても有効なので、ぜひご活用ください。 1-3. 原因その3|ディスプレイの明るさ 画面を明るく表示させるほど(輝度が高いほど)、バッテリーを消費します。 また、スリープ時間(無操作の時に自動消灯するまでの時間)が長いほど、バッテリーを消費します。 2 点灯時間を調整する方法 アプリ一覧から「設定」を開き、「ディスプレイ」>「スリープ」の順にタップします。 ここでは無操作状態で画面消灯するまでの時間を決めることができます。 できるだけこの時間を短くすることで、バッテリー消費を抑えられます。 バッテリーには寿命があることを認識する 一般的なスマホはリチウムイオン電池というバッテリーを利用しています(2019年現在)。 そのリチウムイオン電池は、充電を繰り返すことで性能が落ちていきます。 大まかにいうならば、毎日充電していると約1年半で性能が半減してしまうということです。 2-1. バッテリーの寿命を縮める5つのNG行動 <充電しながらのスマホ利用> 充電しながらスマホを利用すると、端末と電池が発熱し、電池の劣化を早める原因となります。 リチウムイオン電池にとって、熱は大敵なのです。 <充電のしっぱなし(過充電)> 充電により満タンになった状態で、ずっと充電器につながれたままだと、電池の劣化につながります。 例えば就寝中にずっと充電している人は多いでしょうが、それが実はリチウムイオン電池にとって良くない行動なのです。 <電池残量の無い状態での放置(過放電)> 電子残量がない状態で、充電をせずに長時間放置するということも、電池劣化の要因となります。 <頻繁な充電> ちょっと減るたびに充電をする、といった頻繁な充電は、電池の性能を低下させます。 <高温> 過度な使用による発熱はバッテリーによくありませんが、直射日光が当たる場所や、炎天下の車中など高温の環境に置いておくのもいけません。 なお、リチウムイオン電池の最高許容周辺温度は45度に規定されています。 2-2. <寝る前に充電を完了させる> 多くの人が就寝中に充電をしっぱなしにするという習慣で、電池を劣化させています。 そうしないためにも、たとえば帰宅したらすぐに充電し、寝る前までに完了させておくなどの行動が良いといえます。 もちろん充電が満タンになったら、充電器から外すことが重要です。 <バッテリーの熱を意識する> リチウムイオン電池の敵は高温です。 スマホが熱を持つのは、長時間の利用、複数のアプリを起動し続けているなど様々な理由がありますが、スマホが熱いと感じたら本体が冷めるまで利用を控えるのが賢明です。 また真夏の車中に置きっ放しにしておくなど、スマホを高温にさらす行為も注意が必要。 バッテリーだけでなくスマホ本体そのものが故障してしまう恐れがあります。 スマホが熱くなる理由や対策については、「」の記事にも詳しい解説がありますので、熱が気になる方はぜひこちらも併せてお読みください。 バッテリー交換を検討するときに注意するポイント すでに電池の性能が劣化してしまっているという人は、電池の買い替えや、予備電池を検討していることでしょう。 ここでは、その際に注意したいポイントをまとめます。 3-1. 安心して使いたいなら純正品! スマホのバッテリーは、純正品以外にサードパーティー製があります。 しかし、価格の安いサードパーティー製は、一般的に電池が膨張したり液漏れしたりという故障要因が発生する可能性純が正品と比べて高いとされており、それによる故障についてはメーカーの保証対象外となってしまいますので、注意が必要です。 純正品を利用するのがトラブル回避の対策となります。 3-2. 内蔵型はキャリアショップで交換修理 最近の機種には、電池が内蔵されたタイプもあります。 そうしたタイプは、キャリアショップへ持ち込み、交換してもらいます。 iPhoneのバッテリーについて 4-1. バッテリーの電力消費を抑える方法 これまでAndroidで解説してきた事柄と同様のことが、iPhoneにもあてはまります。 によれば、フル充電〜放電を500回繰り返すと、バッテリー容量が元の80%までしか充電できなくなってしまいます。 下記の電池が減ることへの改善方法を全て試しても状況が変わらないのであれば、バッテリーの寿命が考えられます。 iPhone バッテリーを長持ちさせる方法• 画面の明るさを調整する• プッシュメールをオフにする• アプリのプッシュ通知をオフにする• 位置情報サービスをオフにする• Wi-Fiをオフにする• Bluetoothをオフにする• 「視差効果を減らす」をオンにする• バックグラウンド更新をオフにする• マルチタスクで起動中のアプリを終了する Androidの改善方法をご覧になった方なら、改善方法のほとんどはiPhoneも同じであることが分かると思います。 ここで取り上げたiPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法の設定・手順の詳細はにありますので、そちらをご確認ください。 なお、Android同様、機能をオフにすることで使えなくなるサービスが出てきます。 設定変更する際はご注意ください。 それぞれの機能が不要な時にこまめにオフにするという意識が有効です。 4-2. iPhoneのバッテリー交換 iPhoneのバッテリー交換は、携帯キャリアでは対応してくれません。 Apple Store直営店、iPhoneのサービスプロバイダ、Appleオンライン修理サービスが窓口となります。 (詳細はキャリアによって異なります)。 詳しくはAppleのにまとめられています。 まとめ スマホのバッテリーが早く減ってしまうのは、主にバックグラウンドで動くプログラムや、画面の輝度に電池が消費されているからだといえます。 その設定を改善すれば、減るスピードを抑制することができるはずです。 また、充電を繰り返すことでバッテリーは劣化していくので、意識して充電回数を減らすことが、電池を長持ちさせるコツです。 逆に充電しながらスマホを使用したり、充電器につなげっぱなしにすることはなるべく避けた方がよいでしょう。 ここで紹介した内容を駆使すれば、バッテリーを長持ちさせることができるようになるでしょう。 近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された• 電話帳のデータが知らないうちに流出していた• 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた• 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。

次の