Question: 街頭写真は大丈夫ですか?

練習の中で練習されているのは、魅力的な面を持つことがありますが、彼らの主題との共感の欠如、尊敬の欠如、あるいは別の方法で行動を正当化することによって、写真家によって展示されることがあります。通常、通りの撮影を述べることで違法ではありませんので大丈夫です。

はStreet Photography Safe?

結論です。一日の終わりには、通りの撮影は路上でのみ危険です。通りの写真自体はそうではありませんが、あなたの良い判断に従っているのは良いことです。

ホームレスを撮ることは大丈夫ですか?

脆弱な診断を避ける理由はおそらくそれを撮ることは言うことなく行くべきですそれらを劣化させるためのホームレスは受け入れられませんが、脆弱な人と好意的なものよりも低いキャプションを含む写真を見ました - 時には「おかしい」と努力しています。

なぜそんなに人気があるのですか?

Street Photographyは私たちに他の街の写真家に会い、新しい志向の芸術家のコミュニティを構築し、そしてまた他の人と共有することを可能にすることを可能にします。私たちが幸せなものです。

は公開撮影違法ですか?

写真に合法的ですまたはパブリックプロパティで何もビデオテープを合理的なコミュニティ標準の範囲内である。特定の法律または法令で明示的に禁止されていない限り、一般的な観光客を撮影またはビデオテープ、一般的に法律ではないと考えられています。

通り撮影の倫理は何ですか?

通り撮影は時々 撮影することがあります 写真。しかし倫理的には、関係は「与えると取る」です。すべての被験者は尊敬に値する。写真家と撮影した撮影者の関係を調べると、主題がホームレスであるときです。

は、ストリート写真が最も難しいですか?

通りの写真はあなたが追求することができる最も難しいジャンルの1つとして見られます。視聴者を魅了する率直な画像を作成するのは簡単ではありません。あなたが何に行くべきか知っても、状況は完璧でなければなりません - あなたの影響を与えずに。段階的な写真家は、それらのためにどのような作品を見るためにさまざまな設定を試すことができます。

Reach out

Find us at the office

Ribley- Wingren street no. 102, 47264 Santiago, Chile

Give us a ring

Mahki Crocetti
+34 902 786 883
Mon - Fri, 8:00-17:00

Contact us