バイデン トランプ。 トランプ大統領とバイデンの対中国政策の違い!真逆なアメリカの政党わかりやすく

バイデンは本当にトランプに勝てるのか? 民主党副大統領候補の長所と短所 WEDGE Infinity(ウェッジ)

バイデン トランプ

好き嫌いで判断する話ではありません。 歴史を振り返れば明らかですがトランプです。 自民党と共和党は良好な関係にありました。 更には個人的にも緊密だったのが中曽根レーガン、小泉ブッシュ 子 、安倍トランプなどです。 彼等は盟友と呼ばれる程の強い信頼で結ばれおり、日本の国益にも大いに貢献しています。 一方の民主党とは難しい関係となるケースが多々ありました。 オバマ政権は第二次安倍政権を極右と決め付け冷遇しました。 日米両国のメディアが揃って「戦後最悪の日米関係」と報じた程でした。 トランプには賛否両論あるのは当然です。 しかし彼は総理の話は聞きます。 少なくとも話を聞く耳はあるのです。 これまでの会談数や頻繁な電話会談数などは総理が断トツなのです。 バイデン政権となれば全てがパーです。 個人的信頼関係が築ける保証もありません。 残り任期わずかな総理に対してバイデンが歩み寄る理由などないのです。 先ずは感情論ではなく、過去の歴史に学ぶべきです。

次の

バイデンは本当にトランプに勝てるのか? 民主党副大統領候補の長所と短所 WEDGE Infinity(ウェッジ)

バイデン トランプ

好き嫌いで判断する話ではありません。 歴史を振り返れば明らかですがトランプです。 自民党と共和党は良好な関係にありました。 更には個人的にも緊密だったのが中曽根レーガン、小泉ブッシュ 子 、安倍トランプなどです。 彼等は盟友と呼ばれる程の強い信頼で結ばれおり、日本の国益にも大いに貢献しています。 一方の民主党とは難しい関係となるケースが多々ありました。 オバマ政権は第二次安倍政権を極右と決め付け冷遇しました。 日米両国のメディアが揃って「戦後最悪の日米関係」と報じた程でした。 トランプには賛否両論あるのは当然です。 しかし彼は総理の話は聞きます。 少なくとも話を聞く耳はあるのです。 これまでの会談数や頻繁な電話会談数などは総理が断トツなのです。 バイデン政権となれば全てがパーです。 個人的信頼関係が築ける保証もありません。 残り任期わずかな総理に対してバイデンが歩み寄る理由などないのです。 先ずは感情論ではなく、過去の歴史に学ぶべきです。

次の

トランプ氏、激戦6州総崩れ 対バイデン氏世論調査―米大統領選:時事ドットコム

バイデン トランプ

激戦州であるバージニア州が勝敗の鍵を分けると判断したからでしょう。 この読みは外れました。 勝敗を左右したのは、中西部ミシガン州、ウィスコンシン州及び東部ペンシルべニア州でした。 クリントン氏は激戦州を基準に副大統領候補を選択したのです。 一方、ドナルド・トランプ大統領は中西部インディアナ州マイク・ペンス知事(当時)を副大統領候補にしました。 その主たる理由は、キリスト教福音派の票の獲得です。 信仰心が薄いとみられているトランプ大統領は、福音派のペンス氏を指名して、自分の弱点を補いました。 ちなみに、08年米大統領選挙でバラク・オバマ前大統領は外交・軍事問題における経験不足を補うために、バイデン氏を副大統領候補に選択しました。 では、バイデン前副大統領は何を補う必要があるのでしょうか。 一言で言えば、陣営に欠けている「熱意(enthusiasm)」です。 トランプ大統領は6月20日、自身のツイッターに「ジョー・バイデンの集会。 熱意ゼロ!」と投稿しました。 バイデン氏には黒人差別問題で盛り上がっている抗議活動家の熱意が不可欠です。 女性票獲得を狙い、女性を副大統領に指名すると宣言しました。 そこで黒人女性候補を選択すれば、11月3日の投票日まで人種問題を主要な争点にして、抗議デモの勢い(momentum)を持続できるという大きなメリットが生じます。

次の