ケトプロフェン テープ 20mg。 ケトプロフェンテープ20mg「三和」|ジェネリック医薬品|三和化学研究所

ケトプロフェンテープ20mg「トーワ」

ケトプロフェン テープ 20mg

ケトプロフェンテープ20mg「パテル」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 オーバーユース症候群(総論) 変形性膝関節症 上腕骨外側上顆炎(テニス肘) 変形性肘関節症 肩関節周囲炎(五十肩) 変形性関節症 腰椎捻挫(ぎっくり腰) 腰痛症 ケトプロフェンテープ20mg「パテル」の主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 関節痛や筋肉痛などを治療したり、による痛みをやわらげるお薬です。 ケトプロフェンテープ20mg「パテル」の用途• の消炎• の鎮痛• 筋肉痛の消炎• 筋肉痛の鎮痛• 腱炎の消炎• 腱炎の鎮痛• 腱周囲炎の消炎• 腱周囲炎の鎮痛• 腱鞘炎の消炎• 腱鞘炎の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 椎間板症の消炎• 椎間板症の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 変形性 脊椎症の消炎• 変形性脊椎症の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の関節局所の鎮痛• 外傷後の 腫脹の消炎• 外傷後の腫脹の鎮痛• 外傷後の 疼痛の消炎• 外傷後の疼痛の鎮痛• 筋・筋膜性の消炎• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、皮膚剥脱、局所発疹、皮下出血、眼瞼浮腫、消化性潰瘍 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、蕁麻疹、呼吸困難、顔面浮腫、喘息発作、アスピリン喘息、乾性ラ音、喘鳴、呼吸困難感、接触皮膚炎、皮膚そう痒感、皮膚刺激感、紅斑、発疹、発赤、皮膚腫脹、皮膚浮腫、皮膚水疱、皮膚糜爛、重度皮膚炎症状、皮膚色素沈着、皮膚色素脱失、全身に皮膚炎症状が拡大し重篤化、光線過敏症、強い皮膚そう痒 ケトプロフェンテープ20mg「パテル」の用法・用量• 1日1回患部に貼付する ケトプロフェンテープ20mg「パテル」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 光線過敏症• 刺激感• そう痒• 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作• スプロフェンに対して過敏症• チアプロフェン酸に対して過敏症• フェノフィブラートに対して過敏症• オクトクリレンを含有する製品に対して過敏症• オキシベンゾンを含有する製品に対して過敏症• 気管支喘息• 感染を伴う炎症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜 ケトプロフェンテープ20mg「パテル」の注意が必要な飲み合わせ.

次の

モーラステープ(ケトプロフェン湿布)の効果と副作用 妊婦と市販は?

ケトプロフェン テープ 20mg

ケトプロフェンテープ20mg「東光」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 オーバーユース症候群(総論) 変形性膝関節症 上腕骨外側上顆炎(テニス肘) 変形性肘関節症 肩関節周囲炎(五十肩) 変形性関節症 腰椎捻挫(ぎっくり腰) 腰痛症 ケトプロフェンテープ20mg「東光」の主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 関節痛や筋肉痛などを治療したり、による痛みをやわらげるお薬です。 ケトプロフェンテープ20mg「東光」の用途• の消炎• の鎮痛• 筋肉痛の消炎• 筋肉痛の鎮痛• 腱炎の消炎• 腱炎の鎮痛• 腱周囲炎の消炎• 腱周囲炎の鎮痛• 腱鞘炎の消炎• 腱鞘炎の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 椎間板症の消炎• 椎間板症の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 変形性 脊椎症の消炎• 変形性脊椎症の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の関節局所の鎮痛• 外傷後の 腫脹の消炎• 外傷後の腫脹の鎮痛• 外傷後の 疼痛の消炎• 外傷後の疼痛の鎮痛• 筋・筋膜性の消炎• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、皮膚剥脱、局所発疹、局所発赤、皮下出血、眼瞼浮腫、消化性潰瘍 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、蕁麻疹、呼吸困難、顔面浮腫、喘息発作、アスピリン喘息、乾性ラ音、喘鳴、呼吸困難感、接触皮膚炎、皮膚そう痒感、皮膚刺激感、紅斑、発疹、発赤、皮膚腫脹、皮膚浮腫、皮膚水疱、皮膚糜爛、重度皮膚炎症状、皮膚色素沈着、皮膚色素脱失、全身に皮膚炎症状が拡大し重篤化、光線過敏症、強い皮膚そう痒 ケトプロフェンテープ20mg「東光」の用法・用量• 1日1回患部に貼付する ケトプロフェンテープ20mg「東光」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 光線過敏症• 刺激感• そう痒• 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作• スプロフェンに対して過敏症• チアプロフェン酸に対して過敏症• フェノフィブラートに対して過敏症• オクトクリレンを含有する製品に対して過敏症• オキシベンゾンを含有する製品に対して過敏症• 気管支喘息• 感染を伴う炎症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜 ケトプロフェンテープ20mg「東光」の注意が必要な飲み合わせ.

次の

医療用医薬品 : ケトプロフェン

ケトプロフェン テープ 20mg

ケトプロフェンテープ20mg「東光」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 オーバーユース症候群(総論) 変形性膝関節症 上腕骨外側上顆炎(テニス肘) 変形性肘関節症 肩関節周囲炎(五十肩) 変形性関節症 腰椎捻挫(ぎっくり腰) 腰痛症 ケトプロフェンテープ20mg「東光」の主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 関節痛や筋肉痛などを治療したり、による痛みをやわらげるお薬です。 ケトプロフェンテープ20mg「東光」の用途• の消炎• の鎮痛• 筋肉痛の消炎• 筋肉痛の鎮痛• 腱炎の消炎• 腱炎の鎮痛• 腱周囲炎の消炎• 腱周囲炎の鎮痛• 腱鞘炎の消炎• 腱鞘炎の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 椎間板症の消炎• 椎間板症の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 変形性 脊椎症の消炎• 変形性脊椎症の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の関節局所の鎮痛• 外傷後の 腫脹の消炎• 外傷後の腫脹の鎮痛• 外傷後の 疼痛の消炎• 外傷後の疼痛の鎮痛• 筋・筋膜性の消炎• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、皮膚剥脱、局所発疹、局所発赤、皮下出血、眼瞼浮腫、消化性潰瘍 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、蕁麻疹、呼吸困難、顔面浮腫、喘息発作、アスピリン喘息、乾性ラ音、喘鳴、呼吸困難感、接触皮膚炎、皮膚そう痒感、皮膚刺激感、紅斑、発疹、発赤、皮膚腫脹、皮膚浮腫、皮膚水疱、皮膚糜爛、重度皮膚炎症状、皮膚色素沈着、皮膚色素脱失、全身に皮膚炎症状が拡大し重篤化、光線過敏症、強い皮膚そう痒 ケトプロフェンテープ20mg「東光」の用法・用量• 1日1回患部に貼付する ケトプロフェンテープ20mg「東光」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 光線過敏症• 刺激感• そう痒• 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作• スプロフェンに対して過敏症• チアプロフェン酸に対して過敏症• フェノフィブラートに対して過敏症• オクトクリレンを含有する製品に対して過敏症• オキシベンゾンを含有する製品に対して過敏症• 気管支喘息• 感染を伴う炎症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜 ケトプロフェンテープ20mg「東光」の注意が必要な飲み合わせ.

次の