コインランドリーの料金。 コインランドリーの値段はいくら?料金の相場と使用の注意点を解説

コインランドリーの使い方をマスター!料金相場・所要時間や注意すべき4つのポイント

コインランドリーの料金

目 次• コインランドリーの乾燥時間の目安 コインランドリーの業務用乾燥機は、家庭用乾燥機よりもかなりの短時間で洗濯物を乾燥してくれます。 家庭の乾燥機は電気を使いますが、 コインランドリーはガスを使うので乾燥のパワーがとても強いです。 実際、家庭用の乾燥機だと、一般家庭の1度の洗濯物を6~8時間ほどかけて乾燥させます。 私の家にも乾燥機付きの洗濯機がありますが、正直使い物にならないと思っています。 というのも、一度に乾燥機にかけられる量が少なすぎるのと、時間がかかりすぎて非効率なので、まったく自宅の乾燥機を使っていません。 ところが コインランドリーなら、4人家族の洗濯物や毛布ぐらいの8kgほどの量なら、30分ほどもすればふわふわに乾燥できます。 また布団やこたつ布団なら50分ほどで乾燥できます。 他の洗濯物の乾燥目安はこのとおりです。 コインランドリーの利用料金の目安 コインランドリーの利用料金は店舗によって異なりますが、私の近くのコインランドリーの価格を参考にしてみます。 確かに早くて、ふわふわで、全自動でやってくれるのですが・・・ セール価格というのは???ですが、ただの安く思わせる作戦なのでしょうね。 ずっとセール価格ですし、他のコインランドリーの相場を見てみると、セール価格の方が一般的ですので。 コインランドリーを安く利用するには? 上記のコインランドリーの使用料金の種別を見てみますと、やはり 「洗濯」に関しての料金が高いです。 水や洗剤、電気代としても高くついてしまいます。 毛布や、布団など、家庭の洗濯機に入らず洗えないものなら仕方ありませんが、一般的なシャツや下着やズボン等などをコインランドリーで洗濯してしまうのはもったいないようです。 コインランドリーを安く使いこなすには 「乾燥機だけ使う!」ことでしょう。 ということで、まず洗濯と脱水は自宅の洗濯機で済ませましょう。 乾燥だけだと14kg(1分100円)の洗濯物で30分300円ですみます。 シャツや下着、軽いタオルだけなら20分200円で十分乾きます。 あえて大型のサイズ(23kg 8分100円など)を選ぶのも手です。 洗濯物がたくさんつまっているよりも、隙間が多く空いていているほうが乾きやすいです。 コインランドリーの乾燥機を安くする裏技! 容量の少ない乾燥機に詰め込む 本来は隙間が空いている方が乾きやすいのですが、実験してみたところ、小さい乾燥機に詰め込んでも乾かせました。 私の近くのコインランドリーでは【23kg 8分100円】と【14Kg 10分100円】があるのですが、私の経験上45Lのビニール袋5袋までなら【14Kg 10分100円】を使った方がお得でした! 14kgの適量ラインをはるかに超えているのですが 23Kg分ぐらい 、そちらに詰め込んで50分回しても十分乾きました。 【23kg 8分100円】だと48分で600円かかりますので、100円お得になります。 乾いたきれいなバスタオルを一緒にいれる! そしてたったこれだけという、とっておきの方法です。 乾いたきれいなバスタオルを1枚入れるだけです! そんなことで・・・と思うかもしれませんが、ちょっと思い出してみてください。 お風呂に入った後に髪をドライヤーで乾かしますが、ドライヤーだけで風を当て続けるのと、タオルで吹きながらドライヤーを使うのとどっちが乾きやすいでしょうか? 当然タオルを一緒に使った方ですね。 乾いたタオルを一緒に入れることで、乾いたタオルが湿気を吸ってくれるので、乾燥時間を短縮してくれます。 実際わたしが、いつも目安にしているビニール袋4袋分だと、30分では乾かず必ず40分にしていました。 しかしこの乾いたバスタオルを1枚投入すると、30分で十分乾いたのです。 洗濯ものの量にもよりますが、多い場合でも乾いたバスタオルを2枚投入したら十分でしょう。 必ずき れいな乾いたタオルを一緒に持って、コインランドリーに行ってくださいね。 コインランドリーの上手な使い方 クリーニングなどに大物(布団や毛布など)を出すと、3000~4000円ほどかかり、日数も1週間ほどいります。 ところが、 こたつ布団や毛布をコインランドリーに持って行って洗うと、1300~1500円1時間ほど済みます! さらに、布団や毛布をコインランドリーで乾燥するとふわふわに仕上がり、ダニなどの駆除もできます。 また、終了時間がわかるので、その間ずっと待たずに外出してゆったりとした時間を過ごすこともできます。 喫茶店に行ったり、買い物をしたり、本を読んだりと、時間を有効に活用でき、楽しむことができます。 梅雨の時期や雨が続く日は、家で洗濯をしても外に干せません。 部屋干ししても生乾きになったり、臭くなったりします。 そこで、 家で洗濯・脱水だけして、乾燥機だけを使うのが安く済みますし、きれいに乾燥します。 1日だけの少量だけでなく、 2~3日分まとめて乾燥機に持っていったほうが割安で済みますので、コインランドリーに行く時はある程度の量を持っていったほうがいいでしょう。 コインランドリーの注意点 コインランドリーは結構使用する人が多いです。 そのため、洗濯機や乾燥機に洗濯物を入れたまま長時間外出すると、次の人に迷惑をかけます。 実際は、乾燥などが終わったら、待っている人は洗濯物を取り出して、ランドリーに備え付けのカートやカゴに入れておいて、自分の洗濯物を乾燥機などにいれます。 他人に自分の洗濯物が触られるのが嫌でしたら、終了時間には戻ってきて、すぐに洗濯物を取り出すようにしましょう。 ひどい汚れのものや、ペットの衣類などはランドリ-の使用禁止になっています。 実際私が使ったコインランドリーの悲劇ですが、 洗った物が逆に汚れて出てきたことがあります! 前の人が、泥が付いたまま洗濯していたようです。 それ以降、洗濯機を開けて変な匂いがしないか、汚れがないか確認してから使うようにしています。 もちろん、洗濯槽の洗浄をしてから使う方がより安全といえるでしょう。 油分 動・植物性油や化粧品の油など を多く含んだ洗濯物は、洗濯後でも乾燥機にかけると発火のおそれがありますので、気をつけましょう。 また、コインランドリーには変な人が来ることがあります。 洗濯物が放置されていると 、勝手にのぞいて下着などを盗んでいく色情魔もいるのです。 特に女性の方は、あまり長い時間洗濯を放置しないほうがよいでしょう。 以上、乾燥時間と料金の目安でしたが、一度コインランドリーの乾燥機を使ってみると、もうやみつきになります。 晴れている日や少量なら家で洗濯していけばよいですが、雨の日や急ぎの時、大量に洗濯・乾燥したい時はぜひコインランドリーを使用してみてください。 「コインランドリーの使い方や料金は?洗剤は?写真でわかりやすく紹介」はこちら.

次の

自宅で洗濯 コインランドリー どっちがお得? 楽しい節約生活

コインランドリーの料金

コインランドリーの値段相場 それでは、早速紹介していきます。 今回は コインランドリーの値段についてです。 洗濯機• 乾燥機 この両方が付いているとっても便利な場所、それがコインランドリーです。 幸い、家から近い場所に複数のコインランドリー店があったため、洗濯・乾燥には困りませんでした。 ですが、時折お店に行った後で失敗に気づくケースが。 それは 料金の間違い です。 当然小銭を持っていくのですが、数カ月ぶりに行ったときなどは料金を忘れているもの。 今回は、 コインランドリーの値段相場についていろいろと紹介していきます。 洗濯機の料金 まずは、コインランドリー内にある洗濯機の料金について見ていきます。 洗濯機が故障した! 大量の洗濯物が出て大変• 家の洗濯機ではきれいにならない このようなお家の洗濯機の悩みを一挙に引き受け、解消してくれることもありその人気は衰えを知りません。 実際、私がいつも良くお店の洗濯機はいつも回っており、その人気ぶりがうかがえます。 さて、そんな大人気のこのアイテム、一体どれくらいの値段となっているのでしょうか。 先に書いておきますと、これはあくまで私が調べた値段相場・料金表であり、 全国共通の料金設定ではありません。 しかし、ほとんどのお店では設定料金は同じくらいに設定されているので、そう外れることもないでしょう。 どれくらいの小銭を用意すればいいか、その目安に活用してもらえればなと思います。 調べてみたところ、容量によってその料金も異なることが分かりました。 8キロタイプ(衣類専用)【30分:300円】 目安量:シャツ20枚・タオル30枚• 13キロタイプ【30分:500円】 目安量:毛布1枚、羽毛布団1枚• 20キロタイプ【30分:700円】 目安量:毛布2枚、羽毛布団3枚、コタツ布団1組• 28キロタイプ【30分:1000円】 目安量:毛布4枚、羽毛布団3枚、コタツ布団1組 上記4つが、平均的なラインなのかなと言う風に感じました。 他にも、• 12キロタイプ【30分:600円】• 17キロタイプ【30分:800円】• 25キロタイプ【30分:1200円】 の場所も。 このお店は有名なチェーン店でしたので、お店のブランドや、洗濯機の汚れを落とす力の高さもプラスしてやや割高になっているようです。 また、 ドラム式洗濯機の方が量が入る分、やや高めに設定されているお店が多かったです。 調べたお店は、• 全自動7キロタイプ300円• ドラム式全自動18キロ600円 となっていました。 ですがこの場合、 量がかなり入るドラム式の方が大家族の方はお得なのでうれしいところですね。 ちなみに、このサイズですとシングル毛布が3枚一度に洗えます。 私の家は3人家族という事もあり、洗濯機よりもこの乾燥機にお世話になることが多かったです。 恐らく、雨の日や梅雨時期のジメジメした日にはこの乾燥機だけを使いにコインランドリーへ足を運ぶ方も多いはず。 そんな大人気の乾燥機、料金はいったいいくらとなっているのでしょうか。 14キロタイプ【10分100円】 乾燥目安時間:衣類・下着類30分~、毛布類40分~• 25キロタイプ【8分100円】 乾燥目安時間:衣類・下着類30分~、毛布類40分~、羽毛布団・コタツ布団40分~ 殆どのお店が、この料金体系となっているようです。 洗濯機よりも料金のばらつきが少ないのが特徴の一つです。 ちなみに、調べた限り一番安かったのは• 13キロタイプ【12分100円】• 25キロタイプ【9分100円】 でした。 しかも、面白いことに この最安店・・・洗濯機料金が最も高いお店でもあるんです。 お店によっては、このように洗濯機と乾燥機とで料金設定が大きく異なる場合があります。 お近くに複数店舗がある場合には、自分の用途に合った場所を見つけるのがおすすめです。 高齢者の方たちは、自分で布団を干すのはかなり大変ですよね。 ですが、コインランドリーなら話が違います。 ヘルパーさんに頼めば、1時間のサービス時間内に乾燥~回収まで全てを終える事が可能です。 布団を取り入れる際に転倒事故が発生することは良くある話です。 実際、• 布団取り込み中に転倒• 寝たきり と言った、想定できる最悪なケースをたどる方、実は数多く存在しているんです・・・ 「小銭で事故を回避できるなら」 と考え、コインランドリーを活用してもらえたらなと思います。 文字通り、 洗濯から乾燥まですべてをこなしてくれるとっても便利なアイテムとなります。 家に洗濯機がない方などは、とっても重宝しているのではないでしょうか。 さて、こちらのお値段ですが• 11キロタイプ【50分800円】• 16キロタイプ【60分1200円】• 22キロタイプ【65分1800円】 この辺りが標準的な料金となっています。 両方一度にしてくれるのでとっても便利ではありますが、その分少しお値段は高めの設定になっています。 洗濯か乾燥、どちらか片方だけで済ませたほうがお得な場合もあります。 一般的には、 一人辺りの洗濯物の重さが約1. 5キロです。 ワイシャツや下着・ズボンにタオル、靴下にパジャマと言った毎日洗うものの重さの合計がこれに当たります。 あとは、その日の洗濯物の量によって重さや前後すると考えておけばいいでしょう。 10キロを超えるタイプの物は、布団の洗濯・乾燥を行う際などに用いると考えておいてください。 コインランドリーお得情報 さて、ここからは コインランドリーに関するお得な情報を紹介していきます。 折角ならもっとお得に、もっと上手に活用したいというのは誰しも思う事のはず。 そこで、私が知っているコインランドリーをお得に使うための二つの情報を最後にお伝えしておきます。 あなたは、晴れた日であっても何故かランドリー内の乾燥機がぐるぐると回っているのを見たことがないでしょうか。 天気もいい日なのに、いったい何故お金を払ってまで機械での乾燥を行うのか。 そこには、 洗濯・乾燥専門店ならではのメリットが存在していたのです。 メリットは全部で5つ! 洗濯物がふわふわに仕上がる 高温で一気に温める業務用乾燥機にしかできないふわふわ感を実現します。 大量の洗濯・乾燥が可能 大家族の方、布団などを乾かしたい時など、 たくさん洗濯・乾燥を一度にできるのは大助かりです。 洗濯物の嫌な匂いがしない 生乾きなどにはならないので、洗濯物から漂う嫌な生乾き臭は一切なし!! 乾燥時間の大幅短縮 短い時間で乾燥が終わるから、そのあとの予定を立てやすい です。 実は、コインランドリーは店舗によっては時間帯によってその利用料金を変えているお店があるんです。 そのため、お店側も何とか客を呼び込もうとして色々な工夫を行っています。 その工夫の一つが、 料金の割引です。 特に、 大型洗濯機・乾燥機の料金を通常サイズものと一緒にするお店など、場合によってはかなり安い値段での使用を可能としています。 もしあなたの家の近くのコインランドリーが、このような料金体系を取っているのなら、これはラッキーです! いかがだったでしょうか? 今回は、 コインランドリーの値段相場・料金一覧を紹介しました。 見ていただいた通り、お店によって多少の違いはあるものの、概ねどの店舗も同じような値段での利用が可能です。 乾燥機• 洗濯機• 洗濯乾燥機 この3つ全てをそろえてあるコインランドリーは、梅雨時期や忙しい方にとって心強い味方です。 汚れをきれいに落とし、しかも短時間で乾燥が可能といいことづくめなこのお店。

次の

コインランドリーで布団を洗濯するコツ。時間や料金、手順なども説明

コインランドリーの料金

本エントリーの目次• 節約をしよう! それにはどんな方法があるだろうか、と考えていた時に、はるるもこう考えたことがあります。 自宅で洗濯するよりも、コインランドリーの方がお得なのでは? そこで今回は、自宅で洗濯をするのと、コインランドリーで洗濯をするのとでは、どちらがよりお得かについて、考えてみたいと思います。 前提条件 まずは比較の際の条件を決めないと、正しい比較ができません。 そこで以下のような条件で考えることにします。 比較期間は1年間 節約は短期的な視野ではなく、 長期的な視野で考えないと真の結果が見えないことも多いです。 そこで今回は、1年間の費用を計算して比較を試みます。 1人暮らし 洗濯の場合は共用物の洗濯もないことはないですが、多くはありません。 あるとすれば、こたつ布団などでしょうか。 つまり基本的には、 人数が増えればその分だけ洗濯物の量が増える、と考えてよいでしょう。 そのため今回は計算を簡単にするために、一人暮らしのご家庭を想定します。 この場合では個人差がありますが、週に2回程度洗濯をするのが標準的ではないかと。 本当は毎日洗濯した方が洗濯物がたまらないので楽ですが、節約の観点からは、まとめて洗濯した方がお得なので、今回はこの条件とします。 年間洗濯回数 先に書いた通り、1週当たり2回洗濯を行います。 そのため年間50週とすると、年に100回の洗濯を行うというわけ。 本来は年間52週ですが、計算を簡単にするために50週とします。 洗濯機、コインランドリー共に同じ回数の洗濯を行いますから、計算上の問題にはなりません。 洗濯に使う水の量 1人暮らしで週に2回洗濯をする場合には、 全自動の洗濯機では毎回50リットルほどのお水が必要です はるるの自宅の洗濯機での平均より。 今回の計算では、この150リットルを使用します。 ちなみに最近の節水ブームから、中には1回のすすぎでOK! なんて洗剤も販売されており、以下の製品が特に汚れ落ちが良い!と評判とのこと。 ただ、まだはるるもそうですが、2回すすぎをしているよー! という方が多いと思うので、今回は2回すすぎの前提とします。 コインランドリーの1回当たりの使用料金 コインランドリーは、洗濯と乾燥が別料金です。 節約の観点から利用は洗濯のみとし、自宅で干すことに。 コインランドリーの洗濯1回当たりの一般的な価格は、 地域差がありますが200~400円程度。 また洗濯機の容量によっても価格が変わりますが、1人暮らしの3日分ぐらいの量であれば、相場はこのくらいでしょう。 そこで今回は間をとって、300円とします。 自宅の洗濯機による洗濯に使用する洗剤 洗濯機の洗剤の価格は、その性能や購入店舗によってまさにピンきり。 ですが今回は、最も標準的だろうと考えられる、以下の条件とします。 洗剤の価格 洗剤は最近CMでよく見かけるライオンさんのを使用することとします。 その価格は、ボトルが450gで300円、詰め替え用が1020gで700円で購入可能とします。 価格は有名通販サイトの、本日2014年11月19日時点のおおよその価格を採用することに。 ボトル買い直しのスパンは人それぞれですが、はるるの家では数年間ボトルの方を買っていません。 そのため今回は、すべて詰め替え用の洗剤を買うことに。 洗剤の洗濯1回当たりの使用量 は使用量の目安として、水30リットルに対して10g、と書いてありました。 1回の洗濯に使う水の量は、すすぎ分を除くと約50リットルなので、この時に使用する洗剤の量は、約16. 67g。 そこで洗剤の洗濯1回当たりの使用量は、17gとします。 尚、この洗剤はwebサイトで、以下のように書いており、本当に少ない洗剤の量で洗濯が可能とのこと。 当社従来品(トップクリアリキッド)の 半分の使用量でしっかりお洗濯できます。 より引用 洗濯費用を計算してみると… さて、条件が出そろいましたので、早速年間費用を計算してみましょう! コインランドリーの年間使用料金 コインランドリーの1回当たりの使用料金は、先に書いたとおり300円。 自宅の洗濯機を使う場合の年間洗剤費用 次に自宅の洗濯機による洗濯を行う際の、洗剤の費用を計算しましょう。 今度からこの洗剤に変えようかな…。 年間電気代 縦型全自動洗濯機の1回当たりの電気代は、約2~3円といわれています。 ですが今回は高めに5円としておきます。 意外に洗濯機の電気代って安いんですね。 東京の水道料金は、によると、以下のとおり。 そのため140. 年間洗剤費用、年間電気代、年間水道代を合計すると さてここまでで、自宅の洗濯機を使用した場合の費用を計算するためのデータが揃いました。 これは言い換えると、 コインランドリーを利用した場合、自宅で洗濯をした時に比べ、8倍の費用が必要だ!ということ。 予想はしていましたが、これほどまでに費用に差が出るとは…。 あれ?そういえば洗濯機は? そう思った方は鋭いですね! そうです!この計算には洗濯機の購入費用が含まれていないんです! そこで洗濯機を買った場合も考えてみることに。 洗濯機を買うと… たとえ1人暮らしであっても、まとめて洗濯するために少し大きめの、6Kgの洗濯機を購入した場合を考えましょう。 このサイズの縦型洗濯機の相場は、3~4万円前後。 そこで3. 5万円の洗濯機を購入した場合、3,781円であった洗濯費用は初年度には、38,781円に変わります。 あれれ、 今度はコインランドリーより高くなってしまう…。 ですがこれはあくまでも 初年度の洗濯費用。 次年度からは洗濯機の購入費用は当然かかりません。 そのため2年目からは、先ほどの計算通りの年間3,781円の洗濯費用で済みます。 2年間で考えるとどうだろう これを2年間で考えるとコインランドリーは6万円。 それに対して洗濯機を使う場合は、3万7562円です。 おお!洗濯機の方がやっぱり安いよね! 短期間ではコインランドリーの方がお得! 洗濯機購入という イニシャルコストがあまりにも大きいため、短期間ではコインランドリーの方がお得ということが分かりました。 ですが ランニングコストは、圧倒的に自宅で洗濯をした方が安いです。 つまり。 長期間にわたって洗濯機を使い続けられるなら、迷わず洗濯機! こういう結論になるでしょう。 ランニングコストの差は圧倒的。 そのためこちらを選ばないのは、節約を考えるともったいないです。 だから自宅で洗えるものは洗濯機を使用し、毛布など大きくて洗いづらいものはコインランドリーで洗う! といったように、適宜使い分けるのが、賢い使い方なんじゃないかと。

次の