物置 オシャレ。 おしゃれ物置・屋外収納 一覧

ベランダに置けるおしゃれスリムな物置おすすめ7選 人気のベンチ型から防水性や通気性に優れたものまで

物置 オシャレ

2020. 21 2020. 01 スペシャルオーダータイプの物置「BLACK BADGE」を発表いたしました。 2019. 23 2019. 07 2018. 10 2018. 10 2016. 05 すべての心を動かす美しいデザインの物置「GM」を新発売。 2016. 01 「MA-SOLAR」ソーラー発電で電気が使える物置を新発売。 2016. 14 「MH」さんかく屋根のあたらしい小型物置を新発売。 2016. 14 「MH」さんかく屋根のあたらしい小型物置を発表。 2015. 06 「IM」すべてを1つのカラーで統一した小型物置を新発売。 2015. 01 「MA」あたらしいサイズ追加で計9サイズになりました。 「MAW」木のぬくもりをプラスした物置を新発売。 「MA TERRA」物置にテラスをプラスした物置を新発売。 2015. 01 「HOB」狭い場所にも最適な収納BOXを新発売。 2015. 01 「SBA-700」販売好評のSBAに新サイズが追加。 2015. 01 「SBS」ステンレス製だからサビに強い! ゴミ収集庫の販売を開始。 2014. 06 マツモト物置 MAシリーズを発売開始。 2020. 30 2019. 30 2019. 06 2018. 05 RIKCADにマツモト物置のCAD情報が登録されました。 2018. 05 O7CADにマツモト物置のCAD情報が登録されました。 2017. 04 2017. 23 2017. 24 2016. 1 2016. 18 2016. 29 2016. 05 2016. 13 2016. 08 2016. 24 2015. 12 2015. 13 2015. 18 2015. 07 2015. 07 2015. 10 2014. 26 2014. 07 2014. 06 「MA」マツモト物置を発売開始しました。

次の

マツモト物置 WEBSITE

物置 オシャレ

ガーデニング等の屋外作業で使う物が収納出来ると便利ですね。 物置があると屋外で使うガーデニング用品や自転車、タイヤも収納することが出来てとても便利です。 防災グッズ等の嵩張るものも、家の中に置かずに物置に入れて置くと取り出しやすいし、家の中もスッキリと片付きます。 物置にはちょっとしたスペースに簡単に設置出来るタイプもあれば、シャッターがついている大型タイプもあります。 屋外に置いておくと防犯面から心配になるという方もおられるかもしれませんが、大抵の物置には鍵が付いています。 私も物置を使用していますが、ガーデニングで使う肥料や脚立、枝切り鋏がすぐに取り出せるので重宝しています。 ここでは、「物置の種類は用途に合わせて選ぼう」「物置の選び方」「物置の人気メーカーの特徴比較」について説明させていただきたいと思います。 そして、ランキング形式で、「大型おすすめ物置」「小型おすすめ物置」をそれぞれお5点厳選して御紹介させていただきます。 物置をこれから設置しようと検討されている方は、是非読んでいって下さい。 物置の種類は用途に合わせて選ぼう 物置には、間口の扉のタイプや開閉方法、棚の有無等によって、いくつかの種類に分ける事が出来ます。 ここでは、種類ごとの特徴について見ていくことにしましょう。 開口口は大きい商品がおすすめ 物置には比較的大物を収納することが多いと思います。 ビールケースやタイヤ、ホースや脚立、キャリーケース、ゴルフバッグ等の嵩張るものや高さのあるものを物置に入れた場合には、取り出す時のことも考えておきましょう。 目的のものを取り出すには、出来るだけ開口口が大きい方が便利です。 物置の中に人間が入って取り出す場合も想定すると、開口口は大きいに越したことはありません。 小物を収納したいのなら全面棚の商品がおすすめ 頻繁に使うガーデニング用品等の小物も収納するのであれば、物置庫内全面に棚がついている商品が向いています。 大物を収納しないのであれば、小型の物置で全面棚タイプで十分役に立ちます。 棚がオプションで追加出来る物置もあるので、用途に合わせて選べるところも良いですね。 また、取り出しやすいように棚が可動式になっている商品もあるので、便利に活用出来そうです。 脚立を収納するならハーフ棚の商品がおすすめ 基本的には小物を収納したいけれど、スキー道具や釣り道具、脚立や枝切り鋏、箒も収納したい、という場合にはハーフ棚の物置が活躍してくれます。 もちろん、棚も設置されているので、小物もしっかりと収納出来ます。 庭の右側に物置を設置する場合には、右側に回り込みにくくなるので、高さがある部分は左側についている商品を選ぶと良さそうです。 大型物置なら3枚扉やシャッター式がおすすめ 大型物置になると、中に様々な物が収納されているため、取り出し時の事を考えると間口寸法が大きい商品が便利です。 一般的な物置の扉は2枚となっていますが、大型物置では3枚扉やシャッター式も採用されています。 シャッター式であれば、自転車等の大物もすぐに出すことが出来て快適に使えそうですね。 また、物置の左右、前面にスペースがある場合には、開き戸になっている商品も便利だと思います。 物置の選び方 物置には多くのメーカーが様々な商品を販売しているので、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますね。 ここでは、物置を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを見ていきたいと思います。 外観重視の方はデザインで! 物置にはスッキリとしたスタイリッシュなデザインの商品や、イングリッシュガーデンを連想させてくれるような木製の商品等も選ぶ事が出来ます。 特に、人目に付くことが多い玄関横での物置となれば、お洒落な商品を選びたい方も多いはず。 ナチュラルな木目調のタイプを前庭に置いているお宅も多く見られます。 デザインを重視する場合には、収納力や耐水性が一般的な物置よりも満足出来ない商品も多いため、そのあたりは覚悟して選ぶことになります。 野外に置く場合には耐久性がある金属製 一般的な物置は屋外に設置することを想定して作られているため、金属製の商品が多く見られます。 屋外での使用であれば、耐久性はもちろん防水性も重要となります。 金属製であれば、耐久性が高く耐水性も優れているので、非常に物置としては適した素材となっています。 また、降雪時にも耐えられる仕様の「多雪型」や結露しにくい商品もあるので、冬場に大雪となる地域の方は是非チェックしておいて下さい。 木製物置であれば雨対策が施してある商品を 最近の木製物置には、お洒落な商品が多く、置いておくだけで庭の雰囲気さえも格上げしてくれる商品も見られます。 ただ、木製物置は雨に弱いという欠点があるので、物置の天板に防水対策が施してある商品を選ぶようにしましょう。 また、水滴が溜まらずに流れるように天板が傾斜している商品も良いと思います。 木製の物置は完全防水にはならないため、設置場所は出来るだけ軒下等が向いていると思います。 鍵付きの商品であれば屋外でも安心 一般的物置であれば鍵が付属品として付いてきます。 しかし、自分で手作りした物置等では鍵を後から付ける必要があります。 また、鍵1つだと心配だという方も、しっかりとした鍵を後付けするのも良いですね。 物置に大切な物が入れてある方は絶対に鍵を忘れないようにしましょう。 価格帯の目安は大型物置なら100,000円~200,000円 、小型物置なら50,000以下 物置の価格帯は、大型、中型、小型というサイズと、扉のタイプとで大きく違ってきます。 しかし、一般的な物置を想定した場合には、大型物置であれば100,000円ぐらいから選べるようになっており、シャッター式採用のような商品であれば価格は上がります。 小型物置であれば、安い商品は10,000円程度から選べるため気軽に買えるところも良いですね。 また、物置の設置は、地面を水平にして、物置きの接地面に必ずブロックをかませる必要があります。 転倒防止工事も必ず行わなければなりません。 大型物置の設置はかなりこの作業が大変になるため、業者さんに依頼することになり、その費用もかかることを覚えておいて下さい。 小型物置の設置は比較的容易で一人でも可能ですが、女性一人の場合にはやはり業者さんに依頼することになるため、設置費用も別に考えておきましょう。 物置の人気メーカーの特徴比較 物置の人気メーカーと言えば、いくつかのメーカー名がすぐにあがってきますね。 ここでは、物置で知られている人気メーカーを取り上げ、それぞれの商品の特徴を見ていきたいと思います。 イナバ物置 イナバ物置は、稲葉製作所を代表する商品で、「100人乗っても大丈夫」というTVCMでもお馴染みのブランドです。 稲葉製作所は、物置の他にオフィス家具や倉庫、ガレージも取り扱っている老舗企業です。 イナバ物置は丈夫であることにこだわっており、素材には厚い鉄板を用いています。 100人乗っても大丈夫、という自信はこの品質から来ているものだと思われます。 また、鉄製の物置なので、錆びないかという点が不安になりますが、イナバでは重ね塗り加工の他、外部に高級ウレタン塗装を施しているということなので、とても信頼出来ます。 オフィス家具製造のノウハウを物置製造にも活かしており、例としては外部のボルト用にキャップを付ける等の工夫が挙げられます。 イナバでは、荷重試験や雨水侵入試験など、独自の厳しい耐性試験を実施しているので、非常に安心感が持てます。 しかも、全て安心安全の日本製です。 イナバの物置では、小型物置の「シンプリー」や大型物置の「ネクスタ」といったブランドが人気となっています。 サイズは、幅1540. 0mmなので、かなり高さのある物を収納することが出来ます。 重量は82㎏で、必要ブロック数は6個。 素材はスチールです。 ほこりの侵入に配慮しており、扉上部・下部にはシール材、合わせ目部分には扉パッキンで埃の侵入を軽減してくれます。 上下部レールとも滑りや耐久性に優れたアルミの押出し形材を採用しています。 また、扉の跳び返り防止用として下部レールには戸車落とし込み加工が付いています。 仮ロック機能が付いているので、鍵がなくても仮ロックすることが出来る点も嬉しいですね。 鍵はリバーシブルキーを採用しているということですよ。 こちらは、関東・東海限定の配送となっている商品です。 価格帯も一流メーカーの物置ということなので、妥当ではないかと思います。 ヨド物置 ヨド物置は、淀川製鋼所のエクステリアの主力商品です。 淀川製鋼所は、1935年設立の歴史ある企業で、発足当初は溶融亜鉛メッキ鋼板メーカーでした。 現在では、「鋼板」「建材」の他、「エクステリア」関連にも力を入れています。 ヨド物置の特徴は、耐久性に優れたガルバリウム鋼板仕様という点にあります。 耐久性が高いだけでなく、錆びに強いという特徴がある素材です。 しかも自然環境にも優しいということなので、安全安心で長く使えるところが人気となっています。 ヨド物置は、小型物置の「エスモ」「エポミニ」の人気が高く、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいですね。 3枚扉を採用しているところも魅力的で、収納物の出し入れがスムーズに行えます。 大型物置の「エルモ」シリーズは、扉下レールをなくしてスムーズな開閉を実現しているという特徴があります。 寒冷地での凍上対策としても役に立つ作りとなっています。 サイズは、幅1487. 0mmで、重量は116kg です。 必要ブロック数は6個なので、頑張れば自分で設置出来るところも嬉しいですね。 素材はスチール。 3枚扉を採用しているので、開口部がワイドとなっており出し入れがスムーズというだけでなく、中に入っている物を見渡して整頓しやすい点も良いと思います。 アルミレール採用の上吊り式扉で、ベアリング入り戸車で動きもスムーズです。 また、鍵がなくても仮ロックが可能で、安全安心の設計となっています。 水平の調整が出来るアジャスター機能が付いているのも安心感があります。 暗い庫内からもはっきり分かる畜光素材のシールがついた解除レバーが付いているので、便利に使えるようになっています。 扉の重なり部分には樹脂製パッキンが使用されており、扉と扉の隙間からの埃の侵入を軽減する仕様となっています。 価格は若干高めではありますが、機能性が良く高品質な点を考えると、価格以上の価値があるように思います。 タクボ物置 タクボ物置は、田窪工業所の商品です。 田窪工業所は、昭和21年創業の企業で、物置の他、ガレージ、自転車置き場、パイプ棚等を手掛けている企業です。 タクボ物置は、小型物置の「グランプレステージ」シリーズ、中型・大型物置の「Mr. トールマン」「Mr. ストックマン」が知られていますね。 扉には吊り戸方式を採用しているので、開閉が「軽い」「静か」「滑らか」という特徴を持ちます。 戸車はベアリング入りローラー方式採用です。 上レールは錆びに強いアルミレールとなっています。 さらに、耐食性に優れた特殊亜鉛鋼板に高級焼付塗装が施されているのも良いと思います。 背の高さに関係なく、どの位置からでも手を掛けられる、人に優しい把手となっているところも大きな魅力です。 また、2ロックシステム錠なのも安心感がありますね。 サイズは、幅516. 0mmで、必要ブロック数は6個です。 素材はスチールで、物置の弱点である錆対策としては、高級焼付塗装を施してあります。 吊り戸方式を採用しているので、開閉が「軽い」「静か」「スムーズ」という特徴があります。 ゴミや砂づまりのトラブルが少なく、ベアリング入りローラーなので滑らかに開閉します。 設置出来る棚は50mm間隔で調節可能となっていて使い勝手が向上しています。 また、アルミフック付きなので、箒なども掛けられるようになっています。 組立ても、側面が自立する設計だから組立が簡単に出来る仕様になっており、転倒防止兼用金具付きなので、転倒防止工事を行うことで天災対策も可能となります。 本体カラーは全6色で、ディープブルーの他、カーボンブラウン、グリントシルバー、シルクホワイト、トロピカルオレンジ、ムーンホワイトからも選べるようになっています。 価格帯は一般的なので、手軽に買えるところも良いと思います。 【大型・しっかり収納・自転車】物置おすすめランキングTOP7 自転車等も収納出来る大型物置があると、玄関まわりや庭がスッキリとしそうですね。 ランキング形式で、大型のおすすめ物置を御紹介させていただきます。 第7位 アイリスオーヤマ サイクルガレージ メタルシェッド S101A-GR 世界中で売れている強度の高いおしゃれ物置 ユーロ物置は、アメリカやヨーロッパなど世界中で人気があるおしゃれな物置です。 見た目のおしゃれ間だけでなく、機能性も抜群です。 ブルースコープスチールという強度の高い高張力鋼 HTSS を使用しているため、丈夫で長持ちします。 耐雪強度を上げることのできるスノーキットもオプションで用意されており、雪国にも対応できます。 パネルには防錆加工がされているので、錆のメンテナンスをしなくて長期間の使用が可能です。 ビスも少なく、組み立てが比較的楽なことも魅力。 お値段はかなりしますが、丈夫で長持ちする物置をお探しの人におすすめです。 第5位 ガーデンガーデン 木製収納庫 Potager ポタジェ モザイク PTG-177LBR 美しいお庭にぴったり!まるでオブジェのよう ガーデンガーデンの木製収納庫(物置)で、見た目重視の方向けの商品です。 お洒落なモザイクガラスがあしらわれており、まるでお庭のオブジェのように素敵なお庭を演出してくれます。 吊り金具付きのミニ壁面棚を好きな場所に2ヶ所設置することが可能です。 アスファルトシングルの防水パネルを加工した天板は、降りかかった水滴が自然に流れ落ちるように後方に向けて若干傾斜しています。 雨のかかる場所での使用も考えて天板に乗せる波板も付属しています。 材質は、杉天然木で、ステイン系塗装が仕上げとして施してあります。 カラーはライトブラウンです。 組み立て式で、組立時に電動ドライバーがあると良いと思います。 組み立てるには、広めの場所が必要になるので、完成品をギリギリに設置しようと思っている方は注意が必要です。 また、扉が観音開きタイプなので、設置場所前にスペースを確保しておきましょう。 価格帯は若干高めですが、デザインと雰囲気重視の方向けなので、妥当ではないかと思います。 デザイン性が高く素敵な商品ですが、耐久性や使い勝手、機能性を考えてランキング5位とさせていただきました。 サイズは、幅2310. 素材はスチール。 必要ブロック数は14個と数が多くなっていることもあり、設置は業者さんに依頼した方が良いように思います。 床付タイプで、自転車を入れる等の用途に最適です。 鋼板製の床パネルで全面開口の物置として利用できるようになっており、便利に使えると思います。 地盤と接触して錆びやすいシャッター水切りスラットをアルミ製にすることで錆びの発生を抑えています。 シャッターレールには、耐久性に優れたアルミの押し出し形材を採用しているので安心感があります。 シャッター開閉時の滑りや消音効果を増すためにポリエチレン樹脂製のシャッターレールがはめこんであるそうですよ。 土間の高さに対応出来るアジャスタブル支柱を採用しているので、棚板が利用しやすくなっています。 シャッター錠前には防犯性の高いディンプルキーが採用されているのも安心感があります。 ロードバイク等の大切な自転車をキレイに保管しておきたいという方におすすめの商品です。 こちらは、配送が関東・東海限定商品となります。 価格帯は高めではありますが、一流ブランドの商品なので妥当だと思います。 機能性、品質、素材、価格をトータルで考えて、やはり少しお高めなのでランキング4位とさせていただきました。 冬に積雪の多い地域にお住まいの方向けの商品です。 サイズは、幅2280. 0mmです。 必要ブロック数は12個と多めなので、自分で設置したい場合には何人か人を集めておくと良いでしょう。 素材はスチール。 連動吊り戸だから開閉が軽くて静かな点が良いと思います。 耐久性と滑りに配慮したアルミレールも嬉しいですね。 丈夫で安心の設計で、軒樋・たて樋付となっており、雨水トラブルの心配もありません。 錆びに強い高級焼付塗装が施してあるところも良いと思います。 棚板は背面3段に加え、側面3段を標準装備してあり、使い勝手が良さそうです。 アルミフックも付いています。 鍵は2ロックシステム錠を採用しています。 雪の多い地域で安心して使える仕様なのに、価格帯は案外とリーズナブルなのも良いと思います。 耐久性、使い勝手、機能性、価格をトータルで考え、ランキング3位とさせていただきました。 第2位 サンキン物置 SK8 SK8-100 コスパ良好 開口部も広い サンキン物置の屋外向け大型物置です。 サンキン物置はサンキン株式会社のエクステリア商品で、サンキン株式会社は立体駐車装置や車止め、鋼管なども取り扱う企業です。 サンキン物置SK8シリーズは、開口が大きく開いて荷物の出し入れが楽になるという特徴があります。 右開き、左開きどちらにも組立可能なので、置き場所も自由です。 雪に強い積雪仕様の用意もあるので、どのような地域でも使えるようになっています。 サイズは、幅2296. 0mmで、重量は141kg あります。 必要ブロック数は16と多目なので、組み立ては業者さんに依頼する方が無難だと思います。 カラー鋼板を使用しているので、錆びに強く耐久性があります。 また、吊戸設計で、砂やホコリによるレールの目詰まりや凍結などで動きが鈍くなる事を軽減してくれています。 連動方式で開閉がとてもスムーズなところも嬉しいですね。 さらに、鍵がなくても仮ロックが出来る機構を採用しており、荷物を持っていても片手で操作が出来るようになっています。 棚板2枚、棚支柱2本が付いていて、高さ調整は10段で可能です。 自転車も置ける大型のサイズなのに、価格も非常にリーズナブルな点が良いと思います。 コスパの良い大型物置を探している方におすすめの商品です。 機能性、サイズ、価格等を考えて、お得感があるため、ランキング2位とさせていただきました。 サイズは、幅2213. 0mmで、重量は236kgです。 必要ブロック数は9個と少な目ですが、重量があるので、組立時には複数人で作業をした方が良いでしょう。 素材はスチールです。 扉下レールが無いのが特徴的で、スムーズに扉を開閉することが出来ます。 大きな取っ手「握りん棒」が付いていて、両手がふさがっていても、ひじで開閉が出来る機能が付いています。 扉下レールが無いので、積雪地域でみられる凍上にも安心出来る仕様となっています。 仮ロック機能も付いているので安心感がありますね。 好みに応じで、右開きにも左開きにも出来るので、設置場所を問わずに使えるようになっています。 床も錆びに強く頑丈な作りとなっています。 価格帯も一流ブランドの物置としてはお得感があります。 機能性、高品質、サイズ感、価格等を合わせて、ランキング1位とさせていただきました。 屋根まわりは雨筋のつきにくい「汚れんコーティング」が施されているのでキレイが長続きするところも嬉しいですね。 【小型】物置おすすめランキングTOP7 前庭やベランダにも気軽に置くことが出来る小型物置は気になりますよね。 ランキング形式で、おすすめしたい小型物置を御紹介させていただきます。 第7位 アイリスオーヤマ ロッカー ML-450V 扉が大きく開くから、入れやすく出しやすいコンパクト物置 狭いスペースで便利に使える、コンパクトサイズの物置です。 扉が大きく開き側面の壁に収納されるため、狭いスペースでも大きく開いて荷物を入れることができます。 盗難防止に市販の南京錠が使える金具付です。 アジャスターがついているので、高さを10cm程度微調整できます。 材質は、本体がポリプロピレン、シャッターがPVCです。 ベランダ等の狭いスペースでの使用に最適です。 ガーデニングアイテムや、スポーツアイテムなど、ちょっとしたものの収納に便利です。 第6位 山善 ガーデンマスター スチール収納庫 KSSB-098 気軽に買って設置出来る 玄関まわりをスッキリ アイリスオーヤマの小型物置で、背が低く設置が簡単な商品です。 アイリスオーヤマは、収納用品、家電、ペット用品等を手掛ける企業で、収納用品には定評があります。 6㎏と非常に軽量です。 可動棚板は1枚付いているので便利に使えそうです。 灯油ボトルやクーラーボックス等を収納するのにぴったりのサイズで、玄関まわりの小物をすっきりと収納出来るところが良いですね。 ガタつき防止のアジャスターが付いていて、高さが調節出来るところも嬉しいです。 盗難防止として、市販の南京錠を使用することが出来るのも良いと思います。 何より、価格が非常に安いところが気に入っています。 ベランダにも置いておけるサイズですし、前庭に置いておくと大活躍してくれそう。 季節もののアイテムの収納場所を確保したい方におすすめです。 機能性、価格を合わせて考えると好印象なのですが、Amazonでのレビューが賛否両論な点も考慮してランキング5位とさせていただきました。 第4位 グリーンライフ 家庭用収納庫 HS-92 コスパ抜群 設置も簡単ですぐに使える グリーンライフの小型物置で、前庭や玄関回り、ベランダやバルコニーで気軽に使える大きさです。 外寸サイズは、幅88. 材質はスチールで、焼付粉体塗装が施されています。 製造国は安心安全の日本という点も嬉しいですね。 棚板は1枚付属で付いており、高さは8. 5cm刻みで6段階調節可能です。 鍵が付いているので、安心して屋外でも使えますね。 プラスドライバー1本で簡単に組み立てられる仕様も良いと思います。 18L灯油缶も収納出来るので、嵩張る荷物がスッキリと片付きます。 上部には、プランターなどを置けるスペースもあるので、有効に活用出来ます(25kg以内) 別売りですが、エアコン室外機カバーの上に設置すれば、空間を上手く活用することが出来るのも良いと思います。 シリーズには、高さ外寸132cmタイプ、高さ外寸162cmタイプの用意もあります。 カラーはライトグレーです。 価格が非常に安く、気軽に購入出来るところも嬉しいですね。 組み立て、設置のしやすさ、機能性、品質、価格をトータルで考え、ランキング4位とさせていただきました。 サイズは、幅920. 0mmで、重量は40kg です。 必要ブロック数は4個なので、自分で組み立て出来る範囲ではないかと思います。 素材はスチール。 小型物置ながらもしっかりとした作りは、流石は一流ブランドの物置といったところでしょうか。 価格帯も買いやすく、長く安心して使える小型物置を探している方におすすめの商品です。 機能性、品質、耐久性、価格を合わせて考えて、ランキング3位とさせていただきました。 全面棚タイプで棚板の高さは簡単に調節出来るようになっており、調節ピッチは50mmです。 ガーデニングやカー用品などの小物、防災用品などの収納に向いている物置だと思います。 ほこりの侵入に配慮した作りで、扉上部・下部にはシール材、合わせ目部分には扉パッキンでほこりの侵入を軽減しています。 収納しやすいフラット床床面の支柱は厚みがなく、支柱をまたいで収納出来るようになっています。 仮ロック機能付きで、鍵にはリバーシブルキーを採用しています。 サイズは、幅1148. 0mmとなっており、素材はスチールです。 必要ブロック数は4個なので、自分で設置出来る範囲の大きさだと思います。 タクボのグランプレステージジャンプは、吊り戸方式だから開閉が「軽い」「静か」「スムーズ」という特徴があります。 砂やゴミづまりによるトラブルが少なく、ベアリング入りローラーなので滑らかに開閉し、アルミレール採用なので静かだということですね。 使いやすい把手と2ロックシステム錠で、背の高さに関係なく誰でも簡単に取っ手を利用することが出来る仕様になっています。 また、50mm間隔で丈夫な棚を標準装備しているので、便利に活用出来そうですね。 アルミフック付きなので、高さのある箒も掛けることが出来、収納面も安心感があります。 錆びにも強く、高級焼付塗装が施されている点も良いと思います。 転倒防止兼用金具付きなので、転倒防止工事を行う事で天災などに対策することも出来ます。 カラー展開は全6色で、ディープブルーの他、カーボンブラウン、グリントシルバー、シルクホワイト、トロピカルオレンジ、ムーンホワイトからも選べるようになっています。 価格帯は若干高めですが、耐久性や品質の良さ、機能性、価格を考えて、ランキング2位とさせていただきました。 非常に魅力的な商品ですが、開口部がそれほど広くないことも2位の理由となっています。 サイズは、幅1050. 0mmで、重量は50㎏です。 必要ブロック数は4個なので、頑張れば自分で組み立てられる範囲だと思います。 また、アルミレール採用の上吊り式扉が採用されいてるので、扉の開閉もスムーズに出来ます。 鍵がなくても仮ロック出来る仕様で、鍵は2本付いています。 水平の調節が出来るアジャスター機能も備えており、暗い庫内からも解除レバーの位置がはっきりとわかる仕様になっています。 雨水をスムーズに長し落とすように屋根に前傾斜をつけ、屋根前面と左右の壁に排水溝をつけてあります。 カラーバリエーションも豊富で、全部で6色展開。 メタリックローズの他、プレシャスホワイト、エバーグリーン、スノーシルバー、スミ、ダークウッドのカラーからも選べます。 棚は自由に配置出来る仕様なので、庫内の整理も簡単にできそうです。 価格帯も一流メーカーの物置としては一般的だと思います。 機能性、便利さ、カラーデザイン、価格等を合わせて考えると、ワイドな間口が魅力的なので、ランキング1位とさせていただきました。 物置の売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、物置の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 物置を活用して、玄関まわりもお庭もスッキリ 物置があると、乱雑に玄関まわりや庭に出しっぱなししている小物も、すっきりと収納することが出来て非常に便利です。 物置には棚も付いていて活用する事により、ガーデニンググッズ等の小物はもちろん、タイヤや自転車もホコリを避けて保管することが出来るのが良いと思います。 鍵がついている物置であれば、安心して屋外に設置しておけるのも嬉しいですね。 小さくて軽い物置であれば、玄関先やベランダにも置けるので、空間を上手く使って片づけることが出来ちゃいます。 ランキングで挙げた商品は、有名メーカーの商品、話題商品、私が使ってみたい商品を集めてみました。 物置選びの際に、少しでも参考にしていただければ、と思います。 物置を活用して、玄関まわりやお庭もスッキリとしていきたいものですね。

次の

おしゃれ物置・収納庫の激安販売|物置の通販なら環境生活

物置 オシャレ

2020年6月2日 更新• 皆さんはどのように活用していますか。 活用はしたいけど、洗濯物を干しているだけになっている、引っ越ししてから出たことがない。 という方も多いのではないでしょうか。 最近は、べランダを上手に活用する人も増えていて、その活用方法は様々。 今回は、ベランダを新たな収納スペースとして活用できる物置を紹介します。 特に、おしゃれな物置を置くことで、新たな生活のスペースを楽しめるかもしれません。 ベランダに、物置を置くメリットは何でしょうか。 近年は、マンションやアパート等の集合住宅に住む人も増え、一軒家に比べて少ない収納スペースに困っている人も多いと思います。 特に屋外で使用するアウトドア用品や、年に数回しか使わないクリスマス用品といった季節物で室内の手頃な収納スペースを圧迫するのは避けたい人も多いと思います。 そんな時、ベランダ収納ができる物置があれば、室内収納を埋めることなく、すっきりと片付けすることができます。 出典: また、最近のベランダに置ける物置はおしゃれなものも多く、ベンチになっていたり、観葉植物の飾り棚があったりするものもあります。 おしゃれなベランダ用物置を置けば、ガーデニングやくつろぎの場としてべランダの新たな活用ができるかもしれません。 ベランダに物置を置くことで憧れのベランダライフをはじめてみてはいかがでしょうか。 マンションなどの集合住宅に住んでいる方はベランダの活用に注意が必要です。 マンションには自分たちが所有している部屋のように専用部と、エントランスや通路のように居住者全員が使う共用部があります。 ベランダは自分専用の所有スペースと思いがちですが、専用使用権のある共用部なので制限があります。 出典: 例えば、近隣住民の洗濯物等を濡らしてトラブルになる可能性があるため水の使用が制限されていたり、高層マンションの場合、布団を干したりすると落ちて問題になる可能性があるため布団を干すことが禁止されていたりします。 また、その部屋の住人の個人的な理由で景色を損ねたり、自由に改造することはできません。 特に、ベランダ収納をするときに気にしなければならないのが、避難経路の確保です。 集合住宅のベランダは薄いパーティションで仕切られていることが多く、災害時にはその壁を取り外し避難経路にすることが想定されています。 このように自分たちのスペースとして使うことができるベランダですが、共用部ということを踏まえて物置の設置や活用をするようにしましょう。 ベランダに設置したら便利に活用できる物置ですが、最近では、様々な形やデザインのものが数多く販売されています。 実際に購入するとなった場合どのような点に注目して選べばいいのでしょう。 ここでは、ご自宅のベランダにぴったりの物置を選ぶための選び方のポイントを紹介します。 自宅のべランドをイメージしながら検討してみてください。 物置は入れるものに合わせて適切なものを選ぶのが一番です。 ベランダ収納には、土がついたりしてあまり家の中には入れておきたくない野外で使うものや汚れが気になる大型の物を保管するのがおすすめです。 具体的にはキャンプ用品やガーデニング用品、季節物やイベントで使うもの、災害用のグッズなどを収納すると良いでしょう。 出典: 物置の種類によっては、細かいものを入れる棚が付いているもの、大きいものでもごそっと入る間口の広いものもあります。 何を収納するのか決めてから、物置のデザインを決めるのもいいでしょう。 ベランダは、屋外の環境なので、雨や風、直射日光などに晒される場所です。 物置を設置する場合は、物置自体の劣化や汚れを防ぐため、雨、風があたりにくい場所や、一日中日が当たる場所よりなるべく日陰になるところが良いでしょう。 出典: また、ベランダの大きさは各家庭、物件によって異なります。 ベランダに物置を置く場所によっては、扉が開かない、人が通れないということにならないようベランダを事前に採寸しておきましょう。 収納したいものを納めるには、どの程度の大きさの物置が必要かということも合わせて大きさを考えましょう。 2階以上のベランダやバルコニーでは危険性が薄れますが、1階に置く場合は防犯性も確認して置くことがおすすめです。 1階のベランダは住民以外も比較的簡単に侵入できてしまいます。 そのため、物置には、鍵がついているか、南京錠等を取り付けられるか確認してから選ぶと安心です。 出典: また、鍵や南京錠が取り付けられても小型の物置は、物置自体が持ち出される可能性もあります。 ベランダに置く物置には、あまり高価なものを収納しない様にしましょう。 ベランダ収納と室内収納の違いの1つが雨風に晒されるか否かです。 そのため、ベランダ収納では、室内収納ではあまり考える必要性のない防水性能を考えなければいけません。 また、ベランダ収納用品には「防水」と書かれていることも少なくありませんが、この防水に関する認識に差異があるかもしれないので注意が必要です。 出典: ベランダに置ける物置に書かれている防水の意味の殆どが物置が濡れても壊れないということであり、中まで水が入ってこないというわけではありません。 また、完全防水の物置を探しているという人も少なくありませんが、完全防水とは全く水を通さない機能のことを指します。 水を通さないということは、当然空気も通しにくいことになってしまい、湿気がたまりやすくなってしまいます。 ベランダ収納では、土等の水分を含んだ汚れがついたもの、つきやすいものを収納することが多く、どうしても湿気が溜まりやすい環境です。 出典: また、完全防水の場合、もし水が入ってしまうと水が溜まり続けてしまいます。 そのため、多くのベランダ物置では、通気性を考え天板と側面の間に隙間があったり、下部がスノコになっており水が落ちる様にできていたりします。 構造によっては地面で跳ねた下からの水に弱いものや真横からの雨風に弱いものがあります。 ベランダ用の物置を選ぶときには、どの様な防水性能なのか構造等も確認しつつ選ぶと良いでしょう。 口コミやレビューに書かれていることもあるので、参考にするのもおすすめです。 また、もし濡れて欲しくないものを収納する場合は防水ケースに入れてから物置に収納すると物置内の通気性を確保しつつ防水性も確保できます。 ベランダに置く物置は、木製や金属、プラスチック製が主流です。 それぞれの特徴や見た目の印象をチェックしておきましょう。 出典: 木製の物置は、木材のナチュラルな質感がおしゃれで魅力的。 自然の質感が無機質なコンクリート製のベランダにあたたかみを与えてくれます。 ウッドパネル等と合わせたり、ベランダ菜園と合わせるとおしゃれなベランダに仕上がるでしょう。 木材は雨風で腐食されやすいので、木製の物置を選ぶときは、木製は腐食、防水処理がされているかを必ず確認してください。 出典: プラスチック製の物置は、軽量で設置しやすく、錆びにくく比較的安いのが特徴。 整形しやすいので用途やデザインに特化した物置も少なくありません。 ただし、紫外線に弱く、耐久性が低いので注意が必要です。 特にプラスチック製の物置は鍵や南京錠を取り付けられてもニッパー等で物置側が破壊されてしまうこともあります。 プラスチック製の物置を選ぶ場合は、紫外線対策がされているか確認してから選ぶと良いでしょう。 出典: 金属製の物置は、丈夫であることがメリットです。 プラスチック製にあった、紫外線の問題や防犯性の問題が少しだけ解決されます。 とは言え、バールやドリル等で破壊されてしまえば元も子もないので、あまり高価なものの収納は控えましょう。 また、スチール製の場合は塗装やコーティングが剥がれると錆びやすくなります。 比較的過酷な環境での使用におすすめの材質です。 せっかく新たにベランダを活用するのであれば、デザインや見た目にもこだわりたいものです。 金属製や、プラスチック製は、シンプルで、無機質なものが多いので、質感とあわせてインダストリアルな雰囲気や男らしい雰囲気が好きな人に人気なものもあります。 出典: 一方で、木製の物置も多く、カフェ風のかわいらしいものから公園のベンチを思わせるような物置には見えないものもあります。 ガーデニングや、テラスのようにおしゃれに活用したい方におすすめです。 出典: 物置をはじめに、ベランダ全体のコーディネートをはじめてみるのも良いでしょう。 ここからは実際におしゃれな物置を紹介します。 おしゃれなデザインの収納を中心に選んでみました。 これから、ベランダ収納だけでなく、有用なスペースに構築したい人におすすめのものばかりです。 選び方と合わせて参考にしてください。 出典: 杉材の天然木を使ったコンパクトな収納。 高さ調節はもちろん奥行きの調節が可能な棚板が3枚ついているので、収納するものに合わせて内部の構造を変えることができます。 天板はアスファルトシングルという素材で防水効果もあるので、木製でも安心です。 また、天板を後ろに少し傾斜させているので、雨水などもたまってしまうことがありません。 その他にも底板は、すのこのように少し隙間があいているので通気性もよく、庫内のカビの心配も要りません。 定番な形ですが細かい工夫がされた初心者にも使いやすい収納庫です。 外形寸法 幅120cm 奥行55cm 高さ95cm• 材質 杉、アスファルトシングル、プラスチック 出典: 古材のような味のある風合いに仕上げるオイルステイン加工が施されたおしゃれな収納です。 こちらも天板はアスファルトシングルで雨風に強くなっていますが、ステイン塗装は防水性に少し劣る部分もあるので過信は禁物です。 奥行きは40cmとスリムながら想像以上の収納。 棚板をはずせば、大きめのキャンプ用品やテントも入る大きさです。 前面部分にあしらわれた飾り窓がかわいい印象的で、この窓が決め手という方も多いおしゃれな物置です。 色はライトブラウンとホワイトの2色でどちらも素敵な色ですがベランダに合わせてよりおしゃれに決まる方を選びましょう。 外形寸法 幅80cm 奥行き40cm 高さ92cm• 材質 天然木 ステイン塗装杉材 、ガラス 出典: 白とベージュの木目調がおしゃれなデザインの小サイズの物置。 屋外でも使用できる大容量の物置で、奥行きには省スペース設計が施されているので置く場所に困りません。 シンプルで洗練されたデザインは、ベランダを素敵に彩ってくれます。 天板には滑り止めがついているので、植木鉢やガーデニング用品を置くのに最適です。 さらに天板の角度が斜めに設計されているため、雨水が溜まらずに済みます。 脚の高さも調節できるため、地面がデコボコの場所でも安心。 外形寸法 幅80. 5cm 奥行50cm 高さ92cm• 材質 杉天然木、アスファルトシングル 出典: こちらの物置は、エアコンの室外機上のスペースを有効に活用した収納ボックスです。 デッドスペースになりやすく、無機質で生活感も出やすいエアコンの室外機を有効活用できます。 アイアンのおしゃれなデザイン小窓もついていて、殺風景な室外機の周りがおしゃれな収納スペースに変身します。 また、室外機カバーと収納部分を分けて使えるので、別々に使うと室外機の上も鉢植えを置いたりできる飾り棚のようになります。 天然の杉を使用していますが、腐食防水処理済みで安心です。 室外機のせいでおしゃれなベランダに仕上がらないと困っている人におすすめのベランダ物置です。 外形寸法 幅97cm 奥行40. 5cm 高さ141. 5cm• 材質 杉天然木 出典: 普段はベンチとして使えるおしゃれな収納。 サイズも大きめなのでたっぷり物が入れられ、ゆったりしたベランダにおすすめ。 鉢植えなどを飾ることもでき、夏にはベンチに座ってビール片手に夕涼み、なんていうのも素敵です。 別売りにはなりますが、施錠することもできるので鍵を取り付けるとさらに安心。 ポリプロピレン製なので汚れも取れやすく腐食、防水処理済みです。 汚れ安い屋外でもお手入れが簡単にできそうです。 色はブラウンとホワイトの二色で、どちらもおしゃれで迷ってしまいます。 外形寸法 幅140cm 奥行60cm 高さ84cm• 座面高 45cm• 材質 PP ポリプロピレン 出典: 座面を飾りだのように観葉植物を飾ったり、ちょっとした腰掛けにもなるベンチタイプ。 奥行33cmのスリムタイプなのでスペースの限られたベランダにも邪魔にならずにコンパクトに置くことができます。 おしゃれでやさしい見た目のベンチ収納はベランダを素敵に演出してくれます。 こちらも腐食、防水処理済みで安心です。 外形寸法 幅90cm 奥行33cm 高さ60cm• 座面高 40cm• 材質 杉材天然木 ステイン塗装 出典: アイリスオーヤマのシンプルなアルミ製の収納です。 背もたれがついていないので圧迫感も少なく、18Lの灯油缶タンクがすっぽりと6缶も入るゆとりある大きさが魅力。 ベンチとしてや、ちょっとした作業台としても使えそうです。 木目調とは違った雰囲気でシンプルなベランダにしたい方におすすめのベランダ収納庫です。 アルミ製なので丈夫さと防水性には優れています。 外形寸法 幅122. 5cm 奥行48cm 高さ54cm• 材質 アルミニウム エポキシ樹脂塗装 、ポリカーボネート、シリコン、ポリエチレン、PVC、EVA いかがでしたでしょうか。 収納用の物置といっても、木製でおしゃれなものから、ベンチにもなるかわいらしいものまで様々なタイプを紹介しました。 ベランダに置くだけで、収納も増え、なんだかおしゃれな空間ができそうです。 洗濯物を干すだけになっていたベランダも物置をきっかけにおしゃれに活用してみてはいかがでしょうか。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の