ホンダ スクーター 150。 150cc前後のスクーター・バイク一覧│選ぶメリット・デメリット

ホンダPCX(MR/CVT)/PCX150<ABS>(MR/CVT)【レビュー】 コンパクトでもインパクト

ホンダ スクーター 150

近年発売開始されるモーターサイクルの排気量を見ていると、時代は変わったな……と思い知らされます。 かつては日本に合わせて125cc、250cc、400cc、未満のモデルが大半を占めていたのですが、今や各メーカーは125cc以上で250ccより遥かに小さい、150~200ccのモデルを盛んに投入しています。 活況を呈する150~200ccスクーター そのクラスが、どれ程盛り上がって来たかと言うと…… こ~んなに沢山、当サイトでも同クラスのスクーターをご紹介しているわけです。 それもグローバル化が時代の流れ。 落ち着いて考えてみると、排気量あたりの性能は向上しているワケで、実用上は150ccでも200ccでも、特に問題ないのです。 スズキ「バーグマン200」 ブリリアントホワイト さて、「バーグマン200」は、軽量・コンパクトで扱いやすい車体に、力強い加速と滑らかな走行を実現する200ccの水冷エンジンを搭載したスクーター。 多機能メーターの採用や実用的なサイズのスクリーンを装備。 ご覧のとおり、フルフェイスのヘルメット二つを収納できる大容量のシート下スペースも自慢です。 フロントパネル内には二つのボックスを装備。 ロック付きのフロントボックスをひとつ、ミニボックスを右に、レイアウト。 小物やグローブなどの収納に活躍します。 またフロントボックス内にはスマホの充電に便利なアクセサリーソケット(DC12V)を装備しています。 足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高も、実用性を高めるうえで重要なポイントでしょう。 というワケで「バーグマン200」は、通勤・通学からプライベートまで様々な用途での使い勝手を高め、快適性と機能性を追求しています。 ライバル以上なのはエンジン! 250ccに極めて近い排気量でなくても問題ない、と言い切れるのは、やはり性能が保たれているから。 それを可能にするのが高性能なエンジンです。 上掲他社メーカーが150cc付近なのに対して、「バーグマン200」は、同じ水冷4サイクル単気筒エンジンですが、排気量は少し大きい199cc。 というワケで、それに応じて若干パワフルになっています。

次の

最もアツいクラスは200cc以下!新色が追加されたスズキ「バーグマン200」はエンジンが魅力的!

ホンダ スクーター 150

2段階に調整可能なスクリーンやフルデジタルメーター、LED灯火類、スマートキー、そしてUSB電源ポートの設置など、利便性にを追求。 ABS仕様については、急ブレーキ時にハザードランプが高速で点滅する「エマージェンシーストップシグナル」も採用している。 アイドリングストップ機能などにより、46. 8Lの燃料タンク容量から、373kmもの航続距離を確保した。 走りの面でも抜かりはない。 特に目につくのは、SHOWA製ピギーバックリザーバー付きのツインショックだ。 サスストロークは未発表ながら、最低地上高はPCX150の137mmに対しADV150は165mmを稼ぐ。 PCX同様の3段バネを使用するなどつくりも凝っている。 また、前後にウェーブタイプのディスクブレーキも採用(PCXの日本仕様はリヤにドラム式を採用/インドネシア仕様PCX150はリヤもディスク式)しているほか、ホイールサイズもPCXの前後14インチから前14/後13インチとして、リヤにワンサイズ太い130mm幅のタイヤを採用した。 冬には日本仕様も登場しそうだ。 早ければ東京モーターショーでその姿を見ることもできるかもしれない。 期待して待ちたい!.

次の

【150ccスクーター 比較インプレ】原付二種+αの「ちょっとした余裕」がイイよね♪高速道路も乗れて移動が快適!買い物からツーリングまでマルチに活躍!

ホンダ スクーター 150

最新の150cc~155ccクラスのスクーターから、おすすめ5車をまとめてご紹介します 原付二種クラスではちょっと物足りない、さらにゆとりのある走りとパワーがほしい、 ゆったりとイージーにロングツーリングを楽しみたい! そう思って、このクラスのスクーターを検討されているかたもいると思います。 150ccだと高速道路を走れますし、普段の街乗りからロングツーリングまでカバーできるところが魅力です。 国内では種類が少ないですが、それぞれ個性のあるスクーターになっています。 そんな150c~155ccスクーターをあつめてご紹介いたします! 本記事の内容 1. 2020年 おすすめの150~155ccスクーターはこの5選です 2. それぞれのスクーターの良いところは?比較してみました• 0 54. その後正式発売も決まり、予約が殺到した人気バイクです。 兄貴分のX-ADVの小排気量的存在ですが、その完成度から期待度満点のアドベンチャースクーターです。 作りはアドベンチャーテイストでバイク感覚を楽しめるスクーターになっています。 低回転域でもエンジンパワーがあるので、街乗りでも軽快なハンドリングと太目のタイヤと長めのサスペンションのおかげで、ラフ路面でも衝撃吸収とタイヤのグリップ性が発揮されて、安定した走行を楽しめます。 0 52. 初期の発売は2012年4月になります。 高速道路も乗れることから、通勤からツーリングまで幅広く使えます。 サイズはPCXと同じでコンパクト。 若者はもちろん、ベテランライダーのセカンドバイクとしても脚光を浴びPCXとともに人気バイクです。 PCXとPCX150はベトナム生産です。 東南アジア系のスクーターなので、前後14インチホイールが採用されています。 これは荒れた路面や不整地での走行を高めるためで、タイヤも細めのタイヤを履いています。 250ccスクーターが50万円を大きくこえる現在、30万円台で高速も乗れるスクーターとして魅力です。 6 49. 初代NMAXは2016年3月18日に発売されています。 NMAX155は2017年4月に発売されています。 特徴は両車とも高性能なブルーコアエンジンを搭載していることです。 エンジンの回転数が6000回転以上になると切り替わり、低速の粘りと高速の伸びを楽しめる魅力的なエンジンを搭載しているのです。 そんなNMAX155は通勤や街乗りはもちろん、高速道路も使えるためロングツーリングにも無理なく使えるなど、1台で何役もこなしてくれます。 4 40. 250㏄クラスのスクーターに比べると一回り小さく、PCXやNMAX155に比べると一回り大きい車格になります。 足元もフラットなので買い物や通勤なども便利で、高速道路も乗れてツーリングにも行ける155ccスクーターの王道バイクです。 パワフルな155㏄スクーターならマジェスティSになります。 個人的には155㏄スクーター1番のおすすめなバイクになります。 2 43. 大きな特徴は、LMW リーニング・マルチ・ホイール を採用していることです。 簡単に言うと、前が二輪になり三輪バイクになったという事ですね。 デメリットは車重が重く、車格が大きくなったことです。 LMW機構が構造上重くなることは仕方のないことですが、高速道路も走れる155ccなので、ある程度の重さは安定感にもつながり高速道路が走りやすくなるともいえます。 大きなメリットは走行が安定することで、転びにくくなったという事です。 通勤から高速道路を利用したツーリングなど活躍できますね。 スタイルもカッコいいし。 通勤や普段使いに使うのもいいですが、やはりツーリングに行きたくなるバイクです。 PCX150とNMAX155は発売から年数が経っているので、完成度としては高いですね。 通勤や普段使い、ツーリング用まで、なんでもこなせる万能バイクとしての魅力があります。 マジェスティSはそのパワフルさからくるスポーティーな走りを期待してしまうバイクですね。 燃費はチョット悪いかもしれませんが、パワーを求める僕のおすすめバイクです。 トリシティ155は日本初の3輪スクーターです。 ちょと重さが気になりますが、安定した走りは1番でないでしょうか。 転びづらいので安心した走りを求める人におすすめなバイクです。 まとめ 東南アジアが主体なので仕方ないのですが、ここ数年で150㏄クラスのバイクが増えました。 以前は、日本の免許制度からだと150㏄クラスって非常に中途半端な排気量に感じていましたが、実は日本の道路事情に非常にマッチしているように思えます。 通勤、普段使い、ツーリングと一台あれば何でもこなせる排気量です。 125㏄だとパワー不足に感じることが、155㏄だと高速にも乗れるちょうどよい排気量になります。 お気に入りの一台を探してくださいね。 質問や疑問がありましたらコメントしてください。 ツイッターもしていますので見てくださいね。

次の