ソフトバンク対巨人。 巨人対ソフトバンクとなった今年の日本シリーズ

ソフトバンク戦: ガンバレ読売巨人軍、選手!

ソフトバンク対巨人

ソフトバンクが快勝した。 1点を先制された2回にグラシアルの2ランで逆転すると、6回に中村晃の犠飛で加点し、7回には牧原、柳田の適時打などで4点を挙げた。 千賀が7回を3安打1失点と力投し、甲斐野、森とつないで逃げ切った。 巨人は2回に阿部のソロで先制したが、その後は攻め手を欠き、救援陣が崩れて突き放された。 森が後続を抑え ソフトバンクが先勝 ソフトバンク対巨人 巨人に先勝しハイタッチをかわすソフトバンクナイン(撮影・梅根麻紀) ソフトバンク対巨人 9回表巨人1死、右越えソロ本塁打を放つ大城(撮影・垰建太) <8回> 【巨人】 坂本勇人の左前安打も無得点 【ソフトバンク】 グラシアルが左前安打、高谷は四球も無得点 ソフトバンク対巨人 7回裏ソフトバンクに3失点した田口(左)をなぐさめる阿部(撮影・山崎安昭) <7回> 【巨人】 ゲレーロ、田中俊の連打などで2死二、三塁。 代打重信は見逃し三振 【ソフトバンク】 松田宣の二塁打など1死二、三塁。 牧原、柳田の適時打などで4点追加 ソフトバンク対巨人 7回裏ソフトバンク1死一、三塁、柳田は右前適時打を放つ(撮影・栗木一考) ソフトバンク対巨人 7回裏ソフトバンク1死一、三塁、中前適時打を放つ牧原(撮影・垰建太) 7回裏ソフトバンク1死二、三塁、牧原の中前適時打で三塁走者周東(左)に続き二塁走者川島(右)が生還し、次打者今宮とハイタッチで喜ぶ(撮影・加藤諒) ソフトバンク対巨人 7回表巨人2死二、三塁、重信慎之介を見逃し三振に仕留めた千賀滉大(撮影・梅根麻紀) 7回表巨人1死、大城の直球を好捕する二塁手牧原(撮影・加藤諒) <6回> 【巨人】 3者凡退。 ここまで安打は阿部の本塁打のみ 【ソフトバンク】 牧原が二塁打、デスパイネの死球などで1死満塁、 中村晃が中犠飛で1点追加 ソフトバンク対巨人 6回裏ソフトバンク1死満塁、中村晃は右犠飛を放つ(撮影・梅根麻紀) ソフトバンク対巨人 6回裏ソフトバンク1死満塁、三走牧原は中村晃の中飛で生還し犠飛となる、右は小林(撮影・加藤哉) ソフトバンク対巨人 6回表巨人1死、丸佳浩は空振りの三振(撮影・梅根麻紀) <5回> 【巨人】 3者凡退 【ソフトバンク】 3者凡退 <4回> 【巨人】 3者凡退 【ソフトバンク】 3者凡退 <3回> 【巨人】 亀井、丸の四球など2死一、三塁も岡本は直球に詰まり遊ゴロ 【ソフトバンク】 3者連続三振 ソフトバンク対巨人 3回裏ソフトバンク2死、豪快に空振り三振に倒れる柳田(撮影・垰建太) ソフトバンク対巨人 3回表巨人2死一、三塁、遊ゴロに倒れさえない表情の岡本(左)(撮影・垰建太) <2回> 【巨人】 1死から 阿部が先制弾!初球の直球を捉え右中間スタンドへ 【ソフトバンク】 中村晃の二塁打から グラシアルが逆転2ラン。 先制されてすぐに逆転できてよかった。 少し詰まったけど入ってくれてよかったよ」 ソフトバンク対巨人 2回裏ソフトバンク1死二塁、グラシアルは左中間へ逆転2点本塁打を放つ(撮影・栗木一考) 2回裏ソフトバンク1死二塁、逆転の2点本塁打を放ったグラシアル(右)は、走者中村晃(中央)、次打者松田宣にタッチで迎えられる(撮影・加藤諒) ソフトバンク対巨人 2回表巨人1死、阿部慎之助は右越えに先制本塁打を放つ(撮影・梅根麻紀) 2回表巨人1死、阿部(手前)は右中間に先制のソロ本塁打を放ち、ベンチで原監督(左から2人目)らナインとハイタッチ(撮影・加藤諒) <1回> 【巨人】 3者凡退。 千賀は最速159キロの直球など落ち着いた立ち上がり 【ソフトバンク】 1死から今宮が左前安打も柳田は見逃し三振。 デスパイネの打席で今宮は一塁けん制死 ソフトバンク対巨人 1回裏ソフトバンク2死一塁、今宮(右下)は山口のけん制でタッチアウトとなる。 一塁手大城(撮影・垰建太) ソフトバンク対巨人 力投する巨人先発の山口(撮影・山崎安昭) ソフトバンク対巨人 巨人打線を相手に力投する千賀(撮影・栗木一考) スタメン.

次の

巨人対ソフトバンクとなった今年の日本シリーズ

ソフトバンク対巨人

ソフトバンクが快勝した。 1点を先制された2回にグラシアルの2ランで逆転すると、6回に中村晃の犠飛で加点し、7回には牧原、柳田の適時打などで4点を挙げた。 千賀が7回を3安打1失点と力投し、甲斐野、森とつないで逃げ切った。 巨人は2回に阿部のソロで先制したが、その後は攻め手を欠き、救援陣が崩れて突き放された。 森が後続を抑え ソフトバンクが先勝 ソフトバンク対巨人 巨人に先勝しハイタッチをかわすソフトバンクナイン(撮影・梅根麻紀) ソフトバンク対巨人 9回表巨人1死、右越えソロ本塁打を放つ大城(撮影・垰建太) <8回> 【巨人】 坂本勇人の左前安打も無得点 【ソフトバンク】 グラシアルが左前安打、高谷は四球も無得点 ソフトバンク対巨人 7回裏ソフトバンクに3失点した田口(左)をなぐさめる阿部(撮影・山崎安昭) <7回> 【巨人】 ゲレーロ、田中俊の連打などで2死二、三塁。 代打重信は見逃し三振 【ソフトバンク】 松田宣の二塁打など1死二、三塁。 牧原、柳田の適時打などで4点追加 ソフトバンク対巨人 7回裏ソフトバンク1死一、三塁、柳田は右前適時打を放つ(撮影・栗木一考) ソフトバンク対巨人 7回裏ソフトバンク1死一、三塁、中前適時打を放つ牧原(撮影・垰建太) 7回裏ソフトバンク1死二、三塁、牧原の中前適時打で三塁走者周東(左)に続き二塁走者川島(右)が生還し、次打者今宮とハイタッチで喜ぶ(撮影・加藤諒) ソフトバンク対巨人 7回表巨人2死二、三塁、重信慎之介を見逃し三振に仕留めた千賀滉大(撮影・梅根麻紀) 7回表巨人1死、大城の直球を好捕する二塁手牧原(撮影・加藤諒) <6回> 【巨人】 3者凡退。 ここまで安打は阿部の本塁打のみ 【ソフトバンク】 牧原が二塁打、デスパイネの死球などで1死満塁、 中村晃が中犠飛で1点追加 ソフトバンク対巨人 6回裏ソフトバンク1死満塁、中村晃は右犠飛を放つ(撮影・梅根麻紀) ソフトバンク対巨人 6回裏ソフトバンク1死満塁、三走牧原は中村晃の中飛で生還し犠飛となる、右は小林(撮影・加藤哉) ソフトバンク対巨人 6回表巨人1死、丸佳浩は空振りの三振(撮影・梅根麻紀) <5回> 【巨人】 3者凡退 【ソフトバンク】 3者凡退 <4回> 【巨人】 3者凡退 【ソフトバンク】 3者凡退 <3回> 【巨人】 亀井、丸の四球など2死一、三塁も岡本は直球に詰まり遊ゴロ 【ソフトバンク】 3者連続三振 ソフトバンク対巨人 3回裏ソフトバンク2死、豪快に空振り三振に倒れる柳田(撮影・垰建太) ソフトバンク対巨人 3回表巨人2死一、三塁、遊ゴロに倒れさえない表情の岡本(左)(撮影・垰建太) <2回> 【巨人】 1死から 阿部が先制弾!初球の直球を捉え右中間スタンドへ 【ソフトバンク】 中村晃の二塁打から グラシアルが逆転2ラン。 先制されてすぐに逆転できてよかった。 少し詰まったけど入ってくれてよかったよ」 ソフトバンク対巨人 2回裏ソフトバンク1死二塁、グラシアルは左中間へ逆転2点本塁打を放つ(撮影・栗木一考) 2回裏ソフトバンク1死二塁、逆転の2点本塁打を放ったグラシアル(右)は、走者中村晃(中央)、次打者松田宣にタッチで迎えられる(撮影・加藤諒) ソフトバンク対巨人 2回表巨人1死、阿部慎之助は右越えに先制本塁打を放つ(撮影・梅根麻紀) 2回表巨人1死、阿部(手前)は右中間に先制のソロ本塁打を放ち、ベンチで原監督(左から2人目)らナインとハイタッチ(撮影・加藤諒) <1回> 【巨人】 3者凡退。 千賀は最速159キロの直球など落ち着いた立ち上がり 【ソフトバンク】 1死から今宮が左前安打も柳田は見逃し三振。 デスパイネの打席で今宮は一塁けん制死 ソフトバンク対巨人 1回裏ソフトバンク2死一塁、今宮(右下)は山口のけん制でタッチアウトとなる。 一塁手大城(撮影・垰建太) ソフトバンク対巨人 力投する巨人先発の山口(撮影・山崎安昭) ソフトバンク対巨人 巨人打線を相手に力投する千賀(撮影・栗木一考) スタメン.

次の

ニッカン式スコア ソフトバンク対巨人

ソフトバンク対巨人

ソフトバンク対楽天は楽天が9対1で勝ちました。 楽天は1対1の5回、鈴木大地選手の2点タイムリーツーベースヒットとブラッシュ選手の2点タイムリーヒットで4点を勝ち越し、6回にも浅村選手の2点タイムリーヒットなどでさらに4点を加えました。 先発の塩見投手は7回1失点の好投で今シーズン初勝利を挙げました。 ソフトバンクは先発のバンデンハーク投手が6回途中7失点。 得点も1回の1点のみと投打に精彩を欠きました。 オリックス対日本ハムは延長10回、4対4で引き分けました。 2点を追うオリックスは6回に伏見選手の1号ソロホームランで追い上げ、8回には2アウト一塁三塁のチャンスを作り、相手のエラーで同点に追いつきました。 日本ハムは6回に中田選手の7号スリーランホームランで逆転しましたが、9回と延長10回に勝ち越しのチャンスを逃しました。 ロッテ対西武は雨のため4回裏の途中でノーゲームとなりました。 阪神対巨人は阪神が2対1で勝ちました。 阪神は0対0の7回、ボーア選手の2試合連続の3号ツーランホームランで先制しました。 先発のガルシア投手が6回無失点と好投し、2人目の岩崎投手が今シーズン初勝利です。 阪神は連勝を3に伸ばしました。 巨人は9回、代打の亀井選手のタイムリーヒットで1点を返すのにとどまり、今シーズン初の2連敗です。 広島対DeNAはDeNAが5対1で勝ちました。 DeNAは1回、ロペス選手と宮崎選手の連続タイムリーで2点を先制し、8回にはオースティン選手の3号ツーランホームランでリードを広げました。 DeNA先発の井納投手は6回1失点で2勝目です。 広島はドラフト1位、ルーキーの森下投手が5回2失点と粘りましたが、プロ初黒星を喫しました。 中日対ヤクルトはヤクルトが8対6で勝ちました。 ヤクルトは1点を追う9回、山崎選手の2点タイムリーヒットで逆転し、さらに村上選手のタイムリーツーベースヒットで2点を加えました。 ヤクルトは4人目のマクガフ投手が今シーズン初勝利です。 中日は8回にアリエル・マルティネス選手のタイムリーヒットなどで逆転しましたが、抑えの岡田投手がリードを守り切れませんでした。

次の