ローソン 写真 印刷 スマホ。 スマホからコンビニで印刷するには?

コンビニでも OK!スマホ内の写真や文書ファイルをプリントする 3 つの方法

ローソン 写真 印刷 スマホ

ローソンでスマホやデジカメの写真が印刷できます コンビニのローソンで店内コピー機を使ってiPhoneなどのスマホやUSBメモリから 写真プリントができます。 この記事ではローソンでの写真プリントの際に必要なものや料金、値段、写真のサイズや画質についてローソンの写真プリントを徹底解説。 ローソンでの写真の印刷に関する端末の操作方法がわからない場合はこちらの記事をご覧ください。 店内マルチコピー機から写真を印刷 先ほども少し触れたのですが、ローソンでの写真プリントは店内の マルチコピー機にておこないます。 「コピー機からの写真の印刷って普通のペラペラの紙でのこと言ってない?」 と思う方もいるかと思いますが、 ご安心ください。 ちゃんとした写真用の用紙でちゃんとした写真として印刷できます。 ちなみにペラペラの紙でも印刷できます。 ローソンでスマホから写真印刷の場合アプリが必要 ローソンで iPhoneなどのスマホ内の写真を印刷したい場合は 専用のアプリが必要になります。 少し面倒だなと思う方もいるかと思いますが、これが写真プリントだけでなくPDFなどの書類を印刷する際にも使えるのでお手持ちのスマートフォンに入れておいていいアプリです。 使用するアプリはひとつ そのアプリなんというのかというと・・・その名も プリントスマッシュそれがこちら Print Smash スマホに保存された写真やPDFファイルを、Wi-Fi通信を利用して、コンビニに設置されているシャープのマルチコピー機で印刷できるアプリケーションです。 シンプルでとてもわかりやすい設計になっています。 このアプリからスマホ内のカメラロールへアクセスしプリントしたい写真を選択します。 その写真を店内のマルチコピー機に直接送信するといった仕組みでコピー機から写真プリントが可能になっています。 なぜスマホからコピー機に直接写真を送信できるのかは、このローソンのマルチコピー機にはWi-fiが内蔵されています。 その同じWi-fi環境下で写真の送信が成立しています。 スマホ以外のUSBやSDカードなどのメディア対応は? ローソンでの写真プリントはiPhoneやAndroidの スマホからだけではありません。 USBメモリーや microSDカードからに入っている画像データを写真として印刷することもできます。 スマホ以外のメディアからの印刷(現像)の場合はお手持ちのメディアをマルチコピー機に差し込むかたちになります。 メディア選択をすると 〇のカバーが開き、お手持ちのメディアが差し込めるようになります。 スキャンしてプリントすることも可能 スマホやメディアからだけでなく、マルチコピー機を使用していますので、単純にカラーコピーを取るような感覚での写真プリントも可能です。 普段カラーコピーをするように写真にしたいものをマルチコピー機に置き、スキャンしてコピーします。 大事なのはここからでそのコピーしたものをカラーコピーであればA4などの普通紙に出力しますが、写真にしたい場合はその用紙のサイズ選択の画面で写真用光沢紙を選択します。 すると写真にしたかったものが写真用の光沢紙に印刷されて通常の写真になります。 普通紙にコピーしてプリントすることも可能 お気づきの方もいるかもしれませんが、用紙の選択の際に写真用の光沢紙を選択できるということは反対に写真として印刷もできるけど、A4などの普通紙に写真および画像データを印刷することもできます。 写真だとサイズが限られていて、多くの人に見てもらいたい際は大きく引きのばして大きい紙に印刷することができるのはありがたいですね。 ただ写真を印刷するだけではないので何か用途が広がりそうです。 (出典:) この機能を使うと雑誌の切り抜きなどを写真として印刷することもできます。 写真プリントの料金・値段、サイズは? ローソンで写真プリントができるのは便利でいいことなんですが印刷の料金・値段が高かったらあんまり意味がない気もしますよね・・・ ローソンでの写真プリントの料金・値段そしてサイズはこちらになります。 ローソンでの写真プリントは安い こう比較をしてみるとローソンでの写真プリントは高くない、むしろ安いとおわかりいただけるとおもいます。 サイズに関してはL版と2L版の2種類のみです。 ローソンで印刷した写真の画質や仕上がりは? 様々なメディアから写真プリントに対応していて値段も高くない、むしろ安いというのはわかった。 でも実際に出てきた写真が「そんなにきれいじゃなかったら」あんまり意味がない気もすると、おもうあなた!私もそう思います(笑) 実際にローソンで写真プリントをした写真をみて画質を見てみましょう。 iPhone Xsで撮影した写真を印刷してみる こちらがローソンのマルチコピー機から実際に印刷した写真 いかがでしょうか。 あまり普段写真を見ない私のような素人からすると何の不満もない出来かと思います。 ちょっと選んだ写真が悪かったか少し暗い気もしますが実際の撮った写真がそうなのでいい意味でそこも反映されていると(笑) これは普通にiPhoneで撮った写真です。 証明写真も印刷できる ローソンの写真プリントについてかなり後半のほうまで来たんですけれども、風景や人物などの普通のよくある写真だけでなく、なんと履歴書や免許証などの申請に必要になる証明写真の印刷もできてしまうんです。 あらかじめ専用アプリで証明写真用に写真を自撮りか人に撮ってもらうかで用意しておかなければならないのですが、そのアプリも使いやすくかんたんに発行することが可能です。 しかもローソンだとものすごくお得に証明写真を印刷することができてしまうんです。 コンビニでの証明写真発行についてはこちらの記事をご覧ください。 まとめ ここまでローソンでの写真プリントについて紹介してきました。 ここでローソンでの写真プリントについてまとめます。 最近のスマホは画面の解像度、そもそものカメラの性能の向上により、そのままスマホで写真を眺めていられますよね。 タブレットやPCで写真の管理をしていたら尚更ですよね。 大切な写真、お友達とシェアしたい写真などあればお近くのローソンから簡単にプリントできます。 写真ってちょっとしたプレゼントみたいになります。 料金も1枚30円 税込み で1枚からでもお気軽に写真プリントができますのでぜひ、この機会にローソンで写真プリントしてみてはいかがでしょうか。

次の

全部知ってたらスゴイ!ローソンのマルチコピー機で実現できること8選!【AD】

ローソン 写真 印刷 スマホ

コンビニ(ファミマ)でのプリント料金 今回は写真プリントでA4の光沢紙(カラー)で引き伸ばしプリントをしたので、120円でした。 普通紙だと、A4カラーの場合は50円です。 iPhoneの写真をコンビニ(ファミマ)でA4印刷する方法・手順 写真や文書をスマホからWi-Fi経由でプリントするためのアプリをインストールしておきます。 このアプリを使うには、位置情報の利用と写真へのアクセス許可が必要です。 アプリを起動すると、同意画面のあと、位置情報の利用の許可が出ますので、「許可」を選択します。 この位置情報は近くのコンビニ情報を取得するために使われます。 コンビニ内で、アクセスすればそこのファミマが表示されますが、数百メートル先にあるファミマも検索されています。 写真へのアクセスを許可しないと、カメラロールの写真を選択できないので、「OK」で許可します。 アプリ「PrintSmatsh」を立ち上げてくださいという画面になるので、起動していなければアプリを立ち上げます。 Wi-Fi設定画面になるので、iPhoneの設定画面からコンビニのシャープのマルチコピー機に繋がるWi-Fiを選択します。 マルチコピー機へのWi-Fi接続が成功していると、PrintSmashアプリにも「Wi-Fi接続完了」と表示されます。 PrintSmashアプリからプリントする写真を選択します。 iPhoneのカメラロールやアルバムなどから選択できます。 選択したら、決定をタップ。 ちなみに、PNGファイルだと1920x1018の画素数ではPrintSmashに「画素数が大きい」と却下されて追加できませんでした。 PNGファイルの画素数を960x500にリサイズしたらエラーは出ませんでしたが、この場合は、 JPEG(ジェイペグ)に圧縮ロスなし変換した方がいいですね。 JPEGファイルなら画素数2448x3264ピクセルでもエラーになりません。 PNGファイルをJPEGに変換したりリサイズするにはが便利です。 写真を選択し、「選択中の写真をプリントする」 マルチコピー機の画面に、スマホからの画像送信用のパスワードが表示されているので、そのパスワードをPrintSmashアプリに入力します。 4桁のパスワードを入力 スマホアプリから「送信が完了しました」と出たら、あとはマルチコピー機での作業となります。 写真データの送信が終わり、通信完了したら、「通信終了して次へ」を選択 プリントメニューが出るので、今回はA4サイズに写真プリントをしたいので、「引きのばしプリント」を選択します。 プリントするカラーモードの選択、「フルカラー」 用紙選択は「光沢紙のA4」を選択しました。 つやのある用紙で少し厚紙になります。 写真の場合、コピー用紙だとどうしても画質が荒くなってしまいますので、きれいに印刷したいなら光沢紙ですね。 シンプルなイラストや、書類とかならコピー用紙でのプリントでも問題ないかと思います。 プリントしたい画像を選択して「次へ」をタップ プレビュー確認画面になるので、プリント料金を入れて、問題なければ「プリント開始」を押します。 日付やプリント領域を調整したりが少しできます。 プリント時間は1分未満でした。 コンビニの引きのばしプリントの画質は? コンビニ(ファミリーマート)のマルチコピー機で、写真をA4 光沢紙で印刷してみた画像です。 一緒に映している、L版の写真はファミマでプリントした写真ですが、それと比べてしまうとやはり違います。 引きのばしプリントで画質にこだわるなら、 などのネットプリントサービスを使う方が良さそうですね。 まとめ コンビニ(ファミマ)でiPhoneの写真をA4サイズに引きのばしプリントをしてみましたので、そのやり方をまとめました。 PrintSmashアプリをいれれば手軽にiPhoneからコンビニで写真のプリントができます。 画質はそれほど良いわけではありませんが、近くのコンビニですぐにプリントできる点が最大のメリットですね。

次の

コンビニで写真プリントはどのサイズがある?名刺、はがきは?

ローソン 写真 印刷 スマホ

2020年3月、シール紙への印刷に対応したマルチコピー機がローソンに登場しました。 いま話題のネップリでシールプリントもOK! 今回は、 写真をシールにしたいときに便利なコンビニプリントのやり方を紹介します。 シールをつくれるコンビニはどこ? ローソンは現在、シール印刷に対応したマルチコピー機への切り替えを順次すすめています。 2020年末までに完了予定 つまり、 ローソンに行けばシールプリントできるわけではありません。 設置店舗は、で「シール紙にプリントしたい」で絞り込んで検索しましょう。 シール印刷に対応したマルチコピー機は、操作画面がコピー機本体ではなくコイン投入機側 左上 にあるのが特徴です。 操作画面の左上には「シール紙・はがきプリント対応機」と明記されています。 操作画面がコピー機本体にある従来のマルチコピー機はシールプリントできませんのでご注意ください。 マルチコピー機でどんなシールをつくれる? ローソンにあるマルチコピー機で印刷できるシールのサイズは3種類。 通常の写真プリントのほか、証明写真やカレンダーなどもシールにすることができます。 気になる品質ですが、写真用紙と比べても遜色のないキレイな仕上がりです。 上の写真は、左側がシールプリントです。 同じ写真を写真用紙とシール紙に印刷してみましたが、裏面に触れないと違いがわかりません。 なお、によると、印刷可能な画像サイズは「320x240ピクセル以上」ですが、推奨画素数は「640x480ピクセル以上」としています。 低解像度の写真は長辺を320ピクセルまで拡大して登録するため、きれいに印刷できない恐れがあります。 アプリとマルチコピー機をWi-Fi接続してデータを転送します。 3,4,5の方法は「ネップリ」「ネットプリント」とも言われます。 データをアップロード または、送信 すると10桁のユーザー番号が発行されます。 その番号をマルチコピー機に入力して印刷します。 3,4,5の方法は登録時に画像ファイル JPEG/PNG をアップロードした場合に限り、シール紙への印刷が可能になります。 一方、1,2の方法は PDFのような文書ファイルもシール紙にプリントできます。 用紙サイズは「L判」「2L判」のみとなります。 スマホやPCにあるデータをマルチコピー機で使う手順の詳細は別記事にまとめましたので併せてご覧ください。 マルチコピー機に印刷データを取り込んだら、用紙のタイプを選ぶ画面で「シール紙」を選択します。 画像プリントの場合は、シール紙への印刷が可能なプリントメニューが表示されるので選択します。 続いて、用紙のサイズを選択します。 画像プリントで「ましかくプリント」を選んだ場合は、L判かスクエアのどちらかを選択します。 画像プリントで「証明写真プリント」を選んだ場合は、用紙サイズではなく証明写真の種類を選択します。 (証明写真プリントの用紙サイズはL判です。 ) 以降は、画面の指示に沿って操作をすすめましょう。

次の