有吉 したらば。 有吉ダマせたら10万円

田中みなみ、C.C.ガールズ3に思わず?「問題だらけ」

有吉 したらば

今週からテレビ朝日久保田直子アナウンサー(38)の登場です。 「マツコ&有吉 かりそめ天国」(金曜午後8時)の進行を務めており、マツコ・デラックス、有吉弘行と出会い、番組を通して「生きるのが楽しくなった」と感謝しています。 「かりそめ」は昨年10月ゴールデンに昇格した。 番組の雰囲気はそのままで「何も変わってないです。 ホッとしました」と話す。 バラエティーのトップランナーであるマツコ、有吉と共演して2年半。 「おふたりと仕事ができるってことがアメージング」と日々喜びを感じている。 打ち合わせなし、スタジオに入って初めて顔を合わせる独特のスタイルは今も新鮮で「いつだって刺激的で、舌鋒(ぜっぽう)の鋭さもハラハラしながらっていうのが、まだ続いています」。 スタジオで笑顔を見せる久保田直子アナウンサー(撮影・中島郁夫) 視聴者の投稿を読み上げるコーナーでは、自分の意見やプライベートを話す場面もある。 スポーツや情報番組畑が長く「個性を出すなら進行をアナウンサーとしてしっかりやるべきと先輩に教えてもらいましたし、そういう番組が多かった」と振り返る。 快活な印象だが、自分について「明るい分、恐ろしいくらいの暗さを持っている」と話す。 初回収録後、マツコの楽屋で「あんた今までは明るくて感じのいいお姉さんでやってきたと思うけど、この番組はそうじゃなくていいんだからね」とアドバイスを受けたという。 これが身に染み「そうか、自分の明るさだけじゃない部分も出していいんだ」と気が楽になった。 「ちょっと自分を隠そうとすると、それっておふたりからするとつまらないんですよね。 『そんないい子ちゃんなのはしらけるわ』って、たぶん、そう思っていて。 うそのないおふたりに対峙(たいじ)するには、うそのない自分でいないといけないって途中で気づいて。 遅かった」と苦笑する。 素の自分を意識し始めると、肩の荷が下り「生きるのが楽しくなった」と話す。 「人にものを言うようになったし、自分のいやらしさもねじ曲がった部分も出せるようになって。 気がついたら『ああ救われた。 この番組に』って。 そうじゃなかったら常に大きめの声で『お疲れさまです!』って言うような自分だったと思います。 それって周りを疲れさせていたと思うし」 番組が仕事にも私生活にも好影響を与えた。 立教大社会学部を卒業後、05年テレビ朝日入社。 レギュラーは「大下容子ワイド!スクランブル」「裸の少年」など。 159センチ。 photo• 芸能 松井珠理奈祝福「幸せに」松村香織から結婚報告 []• AKB48 [6月28日 13:12]• 坂道 [6月28日 12:00]• 音楽 [6月28日 11:46]• 芸能 [6月28日 10:59]• 芸能 [6月28日 10:00]• 芸能 [6月28日 9:36]• 芸能 [6月28日 9:36]• 芸能 [6月28日 9:36]• 芸能 [6月28日 9:01]• お笑い [6月28日 8:00]• AKB48 松井珠理奈祝福「幸せに」松村香織から結婚報告 []• AKB48 [6月28日 13:12]• AKB48 [6月26日 16:36]• AKB48 [6月26日 14:00]• AKB48 [6月25日 0:03]• AKB48 [6月25日 0:00]• AKB48 [6月23日 12:49]• AKB48 [6月23日 12:24]• AKB48 [6月23日 10:00]• AKB48 [6月22日 21:54]• AKB48 [6月22日 4:01]• ジャニーズ 手越退所、2月に見たNEWS4人のラストステージ []• コラム [6月27日 15:25]• ジャニーズ [6月27日 4:00]• ジャニーズ [6月26日 11:00]• ジャニーズ [6月25日 5:01]• ジャニーズ [6月24日 23:41]• シネマ [6月23日 5:00]• ジャニーズ [6月22日 5:00]• 芸能 [6月21日 20:41]• ジャニーズ [6月21日 11:08]• 芸能 [6月21日 5:00]• ハリウッド ジャスティン・ビーバー「でっちあげ」告発女性提訴 []• ハリウッド [6月27日 13:22]• ハリウッド [6月27日 11:39]• ハリウッド [6月25日 9:30]• コラム [6月23日 12:53]• ハリウッド [6月23日 8:10]• ハリウッド [6月23日 8:05]• ハリウッド [6月19日 9:32]• ハリウッド [6月19日 9:24]• ハリウッド [6月18日 6:48]• ハリウッド [6月18日 6:48]• 映画 笑顔運ぶ武田真治…ランボー役違うのに完璧コスプレ []• シネマ [6月28日 5:01]• ハリウッド [6月27日 13:22]• コラム [6月27日 13:00]• シネマ [6月26日 7:52]• シネマ [6月25日 18:56]• シネマ [6月25日 12:33]• シネマ [6月25日 11:35]• シネマ [6月25日 10:00]• シネマ [6月25日 10:00]• シネマ [6月23日 6:18]• ドラマ 脳出血の清原翔代役に成田凌「友として回復を願う」 []• ドラマ [6月28日 5:00]• ドラマ [6月27日 12:00]• ドラマ [6月26日 12:00]• ドラマ [6月26日 10:08]• ドラマ [6月26日 10:05]• ドラマ [6月26日 10:05]• ドラマ [6月26日 9:59]• ドラマ [6月26日 5:01]• ドラマ [6月25日 15:17]• ドラマ [6月25日 10:05]•

次の

スレッド一覧

有吉 したらば

9月8日に放送された「」()の人気コーナー「うぬぼれ注意!芸人リスペクト番付」。 スタジオに並ぶ40代の売れっ子先輩芸人10人を尊敬する順にランク付けするお笑い界注目のこの企画に、今回は・のが挑戦。 小宮が最も尊敬するトップに選んだのはだった。 同コーナーでは過去にも、の、のら、若手芸人たちがこぞって有吉を一位に選んでいる。 なぜ、有吉は30代の後輩芸人にリスペクトされるのだろうか。 彼らは小学校の時『進め!電波少年』で大ブレイクする姿を見て育ち、その後の長いどん底時代を克服して復活するまでを知っていますからね。 そんなところも憧れの対象なのでしょう」(芸能記者) いまや片手にあまるほどの冠番組を持つ有吉は、ひな壇芸人たちにとってリアルな目標となっているに違いない。 しかし有吉を尊敬する理由は、それだけではないという。 たけし、さんま、の『ビック3』はもとより、ウンナン、といった50代の芸人が未だにゴールデンタイムを牛耳っている。 そんな中で今年43歳の有吉は、テレビ界の年功序列に楔を打った希望の星。 (窪田史郎) あわせて読みたい•

次の

【有吉弘行】ニュースやしたらばがザワつく!ただそれもビックの証拠!

有吉 したらば

「AERA」(2014年1月13日号)/朝日新聞出版 猿岩石時代、各誌から引っ張りだこにされた経験が有吉にはある。 現在とは真逆のメディア対応だ。 インタビューを頑なに断る今の有吉の姿勢について、AERA編集部は以下のように評した。 「猿岩石時代の大ブレークから急失速し、8年近く先輩芸人におごってもらいながら雌伏の時を過ごした。 メディアに踊らされた時期が、メディアに踊らされない強さを作ったのか」 有吉にインタビューを求めるのは、今や不可能な芸当に近い。 万に一つ希望があるとしたら、ある人との対談しかないのでは? という腹案が私にはあった。 その顔合わせについて筆者は試さなかったが、ひょんなことから数日前にあるテレビ番組が実現させた。 前田日明との対面に緊張する有吉弘行 昨年12月29日放送『有吉大反省会2時間半SP』(日本テレビ系)は、好事家からの熱視線が注がれた特番だった。 MCの有吉弘行は、番組開始から1時間半が経過した辺りでこんな本音を吐露する。 「次が大変なの! 口回らないぐらい緊張してるから、俺」 「次」とは何のことか。 この日のゲストの前田日明のことである。 有吉にとって前田は特別な存在だ。 前田日明のトークライブに七時間並んだ経験から、周りから理解できないと笑われてる人は嫌いじゃない。。。 — 有吉弘行 ariyoshihiroiki 再ブレーク間もない2008年にはUWFのロゴが入ったポロシャツを着て『アメトーク!』(テレビ朝日系)に出演した有吉。 今回、前田は以下の理由で番組に出演した。 「私、前田日明はゲームにはまりすぎるあまり妻に隠れてトイレにこもってプレイしている事を反省しに参りました」 前田は昔からゲーマーである。 1995年3月発行「紙のプロレス」(ワニマガジン社)第13号の特集は「ファミコン・プロレスの逆襲」。 当時からマックを導入していた前田は、パワーマッキントッシュ「8100AV」でゲームに励んでいることを同号で明かした。 「俺の持ってるゲームはね、太平洋戦争のシミュレーションゲームと人間の脳を手術するやつ。 俺、けっこう手術失敗してるからね。 裁判を200件ぐらい抱えてるよ。 ヘンな手術をすると弁護士が訴えてくるの。 まいっちゃうよ、もう」 ここ3年は、自分が君主となってお互いの城を攻め合う戦略ものの携帯ゲームに没頭中だそうだ。 課金だって止まらない。 「今は正直、数百万ぐらい行ったと思うんですよね。 女房にカード明細見られたら殺されるでしょうね(苦笑)」 前田の話を聞く有吉の顔つきが、明らかに固い。 でも、嫌ではないはずだ。 好きな人を前に固くなった態度。 何しろ、トークライブを観覧するため7時間並んだことさえあるのだ。 「幻想」のフィルターを通して前田と接する時が一番楽しい 有吉が活字媒体の取材を受けなくなったのは、いつからだろうか。 かろうじて、2012年の時点では応じていた。 2012年6月発行「Dropkick」(晋遊舎)vol. 5にて、有吉は格闘技論をテーマにしたインタビューに登場している。 有吉がプロレスを観始めたのは小学生時代である。 「ボクはタイガーマスクというよりは前田さんが好きでしたね。 「前田さん本人の試合よりは、『パワー・オブ・ドリーム』(前田日明の自叙伝)を読んで勝手に幻想を膨らませている頃がいちばん楽しかったんです(笑)。 実際に観ちゃうと熱が冷めるわけじゃないんですけど、それぐらいのときが熱がいちばん高いっちゃあ高いんですよね」 「前田vsアンドレもイメージだけで興奮してて、長州力顔面蹴撃事件もちゃんと観ると……まったく興奮はしなくっていう……」 「パワー・オブ・ドリーム」前田日明/角川書店 新生U全盛時の多くのプロレスファンが通った道を、ご多分に漏れず有吉も通っていた。 「あの頃の『週プロ』や『ゴング』にクエストのプロレスビデオ通販広告が載っていたじゃないですか? ビデオ一本あたり1〜1万5千円くらいしたのかな。 バイトで貯めたお金でどのビデオを買うか広告を眺めながらずっと吟味するんですよ。 結局『格闘技は楽しそうだから……』という理由で『U-COSMOS』を選ぶんですけど、届いたビデオを観てみると『あれ、こんなんなのか……』っていうねぇ……。 その繰り返しでしたよ。 だからクエストの広告を眺めてるときがいちばん楽しかったんです(笑)。 だからってUWFに文句があるわけじゃなくてね。 窓から有明コロシアム。 有明コロシアムはリングスの聖地だから好きだ。 ちなみに田園コロシアムはもう無い。。。 — 有吉弘行 ariyoshihiroiki リングスへの接し方も、UWFと同様だ。 「幻想」というフィルターを必ず通し、それから愛でる。 「(新生UWFやリングスで前田の名勝負は)ないですもんね。 でも前田さんは面白い。 リングスは広島に来たときに観に行ったことがあるんです。 前田さんがヴォルク・ハンとやって負けたんですけど。 そのときもなんとか自分を騙しながら観てたんですよね。 弟に『グロム・ザザが渋いんだぞ!』って教えながら、自分にもそう言い聞かせてね……。 『グロム・ザザが好きな自分が好き』なだけなんだけど(笑)。 『ディック・フライとかは全然ダメ!』とか口にするけど、心の中ではザザよりディック・フライのほうが好きなんですよ」 物事を過剰に見せる前田言語 今回、『有吉大反省会』はプロレスラーの滑舌の悪さを取り上げた。 具体名を出すと長州力、藤波辰爾、天龍源一郎である。 そして、そこへ新たに前田が加わった。 長州の呼びかけで世代闘争が勃発した名場面(1987年6月12日/両国国技館)について、前田は番組内で言及した。 今度、藤波さんが取ったら『んわんわんわんわんわ〜』って。 みんな『えっ、なんて言ったんだ?』ってなった。 で、俺の番になって、アホらしくなって『だったら誰が一番強いかやったらいいじゃないか』って言ったんですよ。 みんな、何言ってるか全然わかんないんだもん」 前田の発言には正確ではない部分がある。 興奮状態の長州の叫びに聞き取りづらい箇所はあったが、最後にマイクを握った藤波は「やるぞー!」の一言しか残しておらず、滑舌を問うほどの言葉数は発していないのが事実だ。 しかし、『有吉大反省会』は報道ではなくバラエティ番組だ。 一笑い起こす前田のトークとICレコーダーのような正確性、どちらを取ったほうが良い? 私は、前者を取りたい。 かつて、UWFをテーマにターザン山本へインタビューしたことがある。 その時のターザンによる前田評は以下のようなものだった。 「全部、あの人はサービス精神だから! 物事を過剰に見せるということに対して、あの人ほど言葉を持ってる人はいないから。 あえて、わざと、そういうのを散りばめるんだ。 本気じゃないんだけど『それ言ったほうが面白い』って考えで」 前田言語は幻想を作る。 有吉は前田本人を目の前にしながら、今回も幻想と対峙した。 それ即ち、有吉にとっての「いちばん楽しい時間」ということではないだろうか。 特に、三又又三やカンニング竹山らを相手にした際の詰め方は半端じゃない。 天下を取った現在と異なり、上を目指していた当時の有吉。 「Dropkick」インタビューに興味深いやり取りがあるので、以下に再現する。 有吉 そうですか(笑)。 たまに言われることはありますけどね、やり口が。 新日本に上がってるときのUWF勢みたいな。 有吉 無意識でやってるんでしょうけど、あとから自分で後付けしてみて「あのときUWFっぽかったな」って満足するときあります(笑)。 そういう意味ではプロレス団体としたら前田日明のポジションなのかもしれないですね。 有吉 いやあ、あそこまでじゃない(笑)。 有吉 けど、顔面蹴っちゃうときあるな。 変なシロウトが出てくると猛烈にやりたくなるときありますよ。 そのときはディレクターに「やっちゃっていいんですか?」ってサインを送るという。 有吉 「泣くまでやっていいですか?」ってね(笑)。 そういえば、『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)に高田延彦が頻繁に出演する時期があった。 一時期、高田は本当にしょっちゅう出ていた。 あの頃、何かの拍子に高田に向かって有吉が前田の名前を出しやしないかと、ヒヤヒヤしながら観ていたものだ。 いまだに飛ばしている前田。 対して、今やかなりの穏健派となった有吉。 幻想を愛する有吉と幻想を作るのが得意な前田による1対1は、好事家の幻想や妄想をまた新たに膨らませる邂逅となった。 (寺西ジャジューカ) あわせて読みたい•

次の