人間不信 原因。 このままだと誰も信じられない…人間不信の原因・症状と克服方法は?

人間不信の特徴16選|原因・治し方・改善方法や人間嫌いな人向きの仕事も

人間不信 原因

人が生きていく上で避けては通れないのが人間関係の構築。 良好な人間関係を築くことは学校、職場、ご近所付き合いなどさまざまなシーンで要求されます。 社会に出ている大半の人は順調とまではいかないものの、大きなトラブルになるような人間関係の歪みというのはありません。 しかし残念ながら『今は人を信じることができない・・・』という精神状況になっている方もいます。 人間不信は生きていく上では百害あって一利なしです。 今回は現在、人が信用できないという方に役立つ人間不信の原因や克服法を解説したいと思います。 人が信じられなくなる原因とは? まずは人間不信になる主な原因を見てみましょう。 友人や恋人の裏切り 今まで接点がない人から酷い仕打ちを受けたというのであれば『世の中には常識知らずの人間もいるもんだな』という一言で片付けることはそう難しくはないでしょう。 しかし、これが長く信頼していた友人や恋人となると問題ありです。 人は文字通りお互いが支え合いながら生きている生き物です。 そのため今まで楽しい時も悲しい時も一緒にいた人間に裏切られることで『自分はこれから誰を支えにして生きていけばいいのか・・・?』という感情が心を支配します。 最悪な例だと一番信頼していた親友が自分の恋人を奪っていったなどがありますね。 この例では親友と恋人に同時に裏切られたというWパンチでもあるため、本人としては相当な衝撃を受けるのは当然。 また大切な友人が陰で『あいつとの関係切りたいんだけどタイミングがわからなくてね』などと言っていたことを噂で聞いてしまうと『今まで一緒に遊んだ時の笑顔は偽りだったのか?』という気持ちになり、これらが決め手となって『もう誰も信じることはできない』という感情が植えつけられていきます。 付き合いが長い人間であればあるほど裏切られた時の衝撃度は大きく、人間不信に陥りやすいともいえるでしょう。 人間関係を上手に構築できなかった 人が信じられなくなる前は友達を作りたいという積極的な姿勢でコミュニケーションをとってきたという方もいると思います。 しかし残念ながらこの人間関係の構築が苦手、上手でないという人も世の中にはいます。 このような人が最終的に『人との付き合いは難しいな・・・』という感情を抱き、人間不信に陥りやすくなります。 『私が喋るとどうも周りがシーンとする』『自分が喫煙所に行くと周囲の雰囲気が重たくなる・・・それまではみんなで盛り上がっていたのに』など避けられている雰囲気を感じることにより『自分の居場所はどこにあるのか?』という気持ちになります。 このような気持ちになったら危険信号のサインですね。 『自分が人の輪に加わっても誰も得はしないようだし、人と関わることをやめようかな』となってしまい人を信用する心は失われていきます。 周囲からの嫉妬、恨みによる嫌がらせ 人の嫉妬、恨みは怖いといわれますがこれらの感情というのは時に執拗な嫌がらせに発展します。 このようなケースでは嫌がらせを受ける本人に心当たりがある場合は一言謝罪の言葉を述べれば収まることもありますが、問題は恨みを買われる理由がわからない時。 この場合は相手が何に対して自分に妬みや恨みを持っているのかがわからないため、大きな恐怖感が心の中を支配します。 またこのケースでは根も葉もない噂が時間の経過とともに広まることもあり、周囲から避けられる可能性も大きくなります。 このような状態になると嫌がらせを受けている本人は『周囲の人間はみんな私に対して恨みを持っている』というような錯覚に陥りやすく、人に対して異常なまでの恐怖感を抱くようになるでしょう。 人間不信に陥ったときに現れる主な症状とは? 人間不信に陥る原因がわかったところで、今度は人が信じられなくなった時に現れやすい主な症状をご覧ください。 『自分は大丈夫』という方も似たような症状がある場合は要注意です。 他人の言っていることが信じられなくなる 会話をしている時、常に『それ本当?』『どうも信じられないな・・・』という感情が心の中にある場合は要注意。 この症状は前述の『大切な人に裏切られた』という経験がある人に現れやすいのが特徴であり、その時のトラウマが心から離れないことが原因となっています。 『人を信じたらまた自分が傷つくだけだ!』という防御反応が異常に高まっているともいえるでしょう。 このような状態になると実際に裏切られた人数は1人であるにも関わらず、世の中の人間全てが自分を裏切るんだという考えが極端に強くなっているため、症状改善には少し時間を要する可能性もあります。 人を寄せつけずに孤独が好きになる 異常なまでに孤独を好むようになると人間不信に陥っている可能性は大でしょう。 このような方は『孤独であればもう裏切られる心配もない』『1人であれば変な誤解をされることもない』という気持ちが心の中を埋め尽くしています。 人と接することで生まれる苦痛から逃れられるなど、非常に楽な環境に身を置けるというのも孤独が好きになる要因です。 また症状が重くなると家にいる家族すら寄せつけなくなるため、こうなると改善までには時間を要することになるでしょう。 症状が軽い場合でも『結婚は相手に利用されて終わるだけだからしないほうがいい』『職場での会話は必要最低限でとにかく早く家に帰りたい』という考え方が強い人は要注意です。 恐怖感が異常に強くなる 人と接する度に怯えてビクビクしてしまう。 普通の人見知りとは明らかに違う態度や表情が前面に出ている場合は要注意。 これは前述の周囲の人間からの嫉妬や恨みによる嫌がらせから起こりやすいのが特徴です。 『周りの人間全員が私に攻撃してくる・・・』『今度は誰が自分に嫌がらせをしてくるのか・・・?』という心理状態になっているため、実際には味方の人間でも恐怖感を感じてしまうのです。 恐怖感が異常に強くなる状態が続くことで非常に大きなストレスも蓄積されるため、うつ病といった精神疾患を患う可能性も高くなってしまいます。 誰もいないのに急に発狂したり、泣き出すこともありますがこれは本人の中で妄想が現実化したために起きる症状でもあります。 笑顔などが消え表情が乏しくなる 人間不信になると人を信用する、人に心を開くということがなくなるため、必然的に無表情になることが多くなります。 『人がいる前で不用意に笑顔を見せて隙を作ってはいけない』という警戒心も影響しているでしょう。 笑顔を見せるというのは『私はあなたたちに心を開いていますよ』という一つの表現法でもあるため、人が信じられない時に笑顔を作るのは当然難しいですよね。 職場や学校でみんなが笑える会話をしているのにそこでも1人だけ無表情だったり、心の底から笑えないという方は要注意です。 また笑顔がないと周囲も『あいつ、いつも無表情で空気も悪くなるから少し距離を置こうか』という気持ちになってしまうため、このような状態が続くことで孤立する可能性も高まります。 人間不信を克服する方法は? 人間不信の時に現れる主な症状を取り上げました。 ここからは実際に人間不信を克服する方法を解説したいと思います。 大掛かりなものから比較的簡単に実践できる方法まであるため、自分に合った克服法を試してみましょう。 生活環境を変えてみる 今の環境で人間不信に陥った場合にはいっそのこと引越しをして生活環境を変えてみることをおすすめします。 人間というのは嫌になった場所や人などが視界に入ることでその時の記憶が蘇って精神的な苦痛が常に与えられる傾向にあります。 また自然と防衛反応が起きるため、周囲に対しても警戒心が非常に強くなるでしょう。 このような時は今の環境を全て捨てることを考えるのは全然問題ありません。 新しい環境に引っ越せば前の環境が視界に入ることもなくなるため、時間の経過とともに徐々に人間不信の症状も改善できる可能性が高くなります。 また新しい環境になることで自然と新鮮な気分になり『ここでもう一度頑張ろう』という前向きな気持ちを手にすることもできます。 信じられる場所や人を探す 生活環境を変える、という克服法と少し似ていますが裏切られた人間のことは『所詮、この程度の人間』と考えて、もう一度自分の信じられる場所や人を探してみましょう。 長年連れ添った友人や恋人に裏切られても他の人はまだ裏切り行為をしたわけではありません。 人間不信に陥りやすい人の特徴は全く関係ない人でも信用できないと思ってしまうことです。 実際に裏切られた人数は1人、2人であるにも関わらず『もう誰も信用できない』という心理状態になってしまうと、人との関わりをやめてしまうのは当然ですね。 このような感情を抱くことで社会から孤立してしまうのです。 この最悪の環境を作らせないために大切なことは『あくまで裏切った人間はあいつ1人のみ』という気持ちを持つことです。 『他の人は関係ない、あいつだけが自分に対して最悪なことをした』という意識を持つことで少なくとも他の人とは普通に接することができるようになります。 また周囲の信頼できる人に裏切られたことを相談すれば『そっか、そいつは災難だったな』と慰めてくれたり、同情してくれることもあります。 そこから『今度、飲みに行くけど一緒に行く?』と誘われることもあり、新たな人間関係構築ができる可能性も決してゼロではありません。 また自分の好きなことや趣味を共有できる場所に出向くのもおすすめです。 釣りが好きであれば気分転換に海や川に出掛けることで、同じ釣り好きの人との新たな出会いがあるかもしれません。 ダーツが好きであればダーツバーなどに出向くことで同じ趣味を持った人に出会える可能性もあります。 『もう誰も信用できない』という気持ちを持つのではなく『疫病神も去ったし、新たな出会いを求めて頑張ろう』という前向きな姿勢で日々の生活を過ごしてみましょう。 周囲に過度な期待をしない 人間不信になった原因が『裏切られた』という人は他人に対して『こうしてほしかった』『あの時はこんな行動をとってほしかった』という大きな期待感を抱きすぎるという特徴があります。 そしてその期待したことを相手が実行してくれなかった時に『裏切られた気分・・・』となってしまうわけですね。 人を信頼することは社会で生きていく上で大切ですが、過度な期待はあまり良くありません。 どんなに付き合いが長い友人、恋人でも育ってきた環境や考え方は異なるため相手に自分が考えていることを実行してほしいと望むのは的外れです。 相手に期待をすればするほど意見の食い違いがあった時に『裏切られた気分だ!お前はもう味方ではない!』という過度な被害妄想が現れる可能性もあります。 このような症状が出る前に現在の周囲に期待しすぎる考え方を改めてみましょう。 相手に多くを求めない、自分が考えていることと全く正反対の行動をとっても『自分は自分、他人は他人』という意識を常に持つことです。 自分の考え方を周囲にも押しつけるガチガチの人間関係は必ずどこかで破綻します。 緩めの平和スタイルを貫くことでストレスのない毎日を過ごすことができます。 まずは自分が人を信じることから始める 人間不信になるとどうしても『もう誰も信用しない!』という感情が前面に出てきます。 このような感情が優位になると人前に出てもコミュニケーションをとらなくなります。 また周囲の人が気遣ってわざわざ話しかけにきてくれても不信感が前面に出た状態だとどうしてもどこか上の空の対応になってしまいます。 こうなると気遣ってくれた周囲の人まで『いつも1人でかわいそうだから話しかけたのにあんな態度じゃこっちも疲れるから、もう放っておこうか』という気分になり最終的には誰も近寄らなくなるでしょう。 これは全ての人が信頼できないという感情があることで起こりやすい孤立のパターンです。 前述のように人間不信になる原因を作ったのは誰か?ということをもう一度考えて『自分のことを気遣ってくれる人は味方なんだ』という気持ちを持つようにしましょう。 全ての人が信頼できなくなる気持ちもわかりますが、このような感情をいつまでも心に置いておくと人間不信の克服は難しくなります。 まずは人を信じる気持ちを持って少しずつ周囲の人との会話を増やしていきましょう。 人と接するのが久しぶりで不安があるという方は、最初は信頼できる両親や兄弟と会話をするのもおすすめです。 人を信じる気持ちがあれば自然と笑顔を作れるようになり、周囲に心を開くことも可能となります。 症状が深刻な場合は早めに精神科や病院での治療を 今回は人間不信に陥る原因や現れる症状、克服法を解説してみましたがいかがでしたでしょうか?人間不信に陥る原因や現れる症状は人それぞれですが、一度人を信じられなくなると改善までには時間を要することが多いです。 そのため少しでも『人に対する見方が変わったかな?』という心当たりがある方は人間不信を克服する方法を実践してみましょう。 初期段階であれば自力で解決できる可能性は高いです。 しかしいつも気分が憂鬱、仕事や学校も行かなくなった、部屋から一歩も出なくなったなど通常の社会生活を送るのも困難な時は自己解決が難しいため、早めに精神科や病院での治療を受ける必要があります。 また人間不信になると人と話すだけで大きなストレスになるためタンパク質、ビタミン、ミネラルなどを含む栄養バランスが整った食事を意識して摂取することも大切です。 【参考】 『人が信じられない今の自分を変えたい』と思っている方は症状改善に向けてコツコツと頑張ってみましょう!.

次の

人間不信で恋愛できない...人間不信になりやすい人の特徴&治す方法

人間不信 原因

スポンサーリンク 人間不信になる原因とは 人間不信になる人の原因は心の葛藤 人間不信をやめられない原因の多くは、心の奥底の葛藤にあります。 それはほとんどの場合、 ・愛 ・怒り(たまに悲しみ) この二つがお互いにぶつかりあっています。 不信に悩む人は、 「信じたい」という愛の心と、 「信じたくない」という怒りの心があります。 ちなみに、愛なんてこれっぽっちも無い、純粋な怒りだけの人は、不信に悩むことはありません。 怒りだけなら、そもそも「信じたい」という思いがわかず、「この人のことは信じない!」で終わります。 なので「信じられない」ことが悩みになりません。 怒りを吐き出して、過去をスッキリ清算し、次のステージへと進んでいきます。 出典 人間不信をやめられない原因 信じていた人からの裏切りが原因で人間不信になる 裏切りや醜い人間性と直面し、衝撃を受けた経験が切っ掛けになっているはずです。 そのあまりのインパクトに、焦点がマイナスの経験に集中してしまっています。 ですが現実を正しく見れば、善良な人間だって多くいます。 この当然のことを、見失ってしまう。 これが人間不信です。 出典 スポンサーリンク 人は人とつながっているからこそ生きている意味があると言えます。 しかし、つながっていた人、信頼していた人から裏切られてしまうとひどくダメージを受けます。 その人が自分にとってとても大きな存在であればあるこそ、一生立ち直れないほどの状態に陥るのです。 例えば、親友だと思っていた友人が自分の大切な恋人を奪った、結果的にその恋人も自分を裏切った。 信頼していた人だからお金を貸したのに、その後連絡が取れなくなりお金を返してもらえなくなった。 いつも楽しく集まっていたグループのメンバーから理由も分からず急に無視をされるようになった。 こんな裏切り行為を受けることで、自分の中で「絶対的」だった存在が「悪」の存在に変わります。 あれだけ大好きで信じていた人が急に悪の存在になることに心はついていけません。 そういう思いを味わうと「また別の人からも裏切られてしまうのではないか」と考えるようになります。 結果的に人間不信となり、人に心開けなくなってしまいます。 人間関係が上手く構築できなかったことが人間不信の原因 皆の輪に入ろうとしたこともありました。 しかし話しかけた瞬間に場がシンと静まり返ったり、徐々に話についていけなくなるのを面白がられたり、挨拶したら「え、何で私いま挨拶されたの?」「小声過ぎてウケる」と笑われたり、普通にお喋りしていたと思ったら急に「やっぱりウザい」と席を立たれたり。 また、私のクラスには嘘つきが多く、私はずっと嘘の情報に踊らされていたようです(後に親友から聞いて発覚しました)。 そんなことを繰り返し体験しているうちに人間不信のような状態になりました。 出典 長文】人見知りと人間不信が直らない【トラウマが原因 人間不信になる人の原因で目立つのが、このような人間関係のすれ違いではないでしょうか。 大人になってから経験するのと、幼いときや思春期の時に経験するのとでは、心の傷つき方がまるで違います。 人間不信にまでなってしまう人は、比較的多感な時期に、人間関係でつまずいてしまっているケースが多々あります。 スポンサーリンク 人間不信の原因は身に覚えのない妬み 自分は何かした覚えがないのに、気がついたら妬まれている、 ということがあります。 自分では理由がわからないだけに、 その妬みにものすごい恐怖を覚えます。 そして誰かが自分を妬んでいるとわかると、毎日がとても憂鬱になります。 人はいつも誰かの心の中にいい存在でいたいと思うものです。 ですから、だれかの心の中で妬まれているというのはとても辛いものなのです。 そして、妬みによる嫌がらせや中傷にとてもショックを受けます。 例えば、自分の知らないところで悪口を言いふらされてしまい、 周囲の人からも冷たくされるようになったり。 廊下ですれ違った時に睨まれるようになり、いつもビクビクしなければいけないようになったり。 もっとエスカレートすると「この人は嫌な人です」という張り紙を貼られてしまったり。 妬まれるということは人間的に「最低」と言われている気分になります。 妬んでいる人の嫌味な行動によって、自分も自分が嫌な人だと錯覚するようになります。 こう考えるようになってしまうと、 恐怖心から周りの全ての人を受け入れられなくなってしまいます。 妬まれたことで自分の評価が落ちたような気分になり、 人を避けてしまいます。 心の中では人間不信の思いがどんどん大きくなってしまいます。 スポンサーリンク 周囲からの嫉妬による嫌がらせが人間不信の原因 誰もがうらやむようなものを持っている人を嫉妬して嫌がらせをする人がいます。 すごく綺麗な人が羨ましくて仕方がない、なんとかしてその人の価値を落としてやりたい。 嫉妬はこのようにとても怖い感情であるといえます。 誰かに嫉妬心を持ってしまうと、どうしてもその相手を認めて受け入れようと思えなくなるのです。 その結果、その人が最悪の状況になるように根回しをしたり嫌がらせをしてきます。 例えば、すごく美人の女性のことを「あの人綺麗だからって調子に乗ってるよね」と周囲の皆にも嫉妬心を持たせたり。 その女性が気になっている男性に「あの人、男の人にだらしないみたいよ」と嘘を言ったり。 お昼の時間にその女性が食堂に来ると、ささっと席を立って避けてみたり。 嫉妬心ほど醜いものはないのです、醜い心を持つからこそ酷い仕打ちができるのです。 一度嫉妬されてしまうと、その思いはなかなか消えません。 嫉妬心を持ってしまうと、嫉妬する相手を見ただけでも嫌悪感を抱くようになります。 嫉妬されてしまった人からすれば本当に迷惑な話です。 普通にしているだけで嫉妬されるような容姿や頭脳を持っている人にとっては頭が痛い問題です。 自分は何も悪いことをしていないのに、一体どうしたら普通に受け入れてもらえるのだろう? そう考えるようになってしまうと臆病になってしまい、普通に行動できなくなってきます。 次第に普通に行動することをとても怖がり、何に対しても消極的になります。 できるだけ人と関わらないようにし、嫉妬を受けないように行動するようになります。 こうなることで人との接触が少なくなってしまい、人間不信の状態になってしまいます。 人間不信の原因を取り除いて克服しよう いかがでしょうか。 人間不信になる原因は「自分はそういうつもりはなかった」と思っている状態で相手からダメージを受けることです。 人はどうしても心の中で他人をよく思わない部分があります。 しかし、その思いを表面に表してしまうとその相手をとても傷つける結果になります。 傷つけられた相手は立ち直れないほどのダメージを受け、人と関わるのも嫌になるのです。 自分がそのようなことをされたらどう思うか?そう考えればどう行動すればいいかわかってきます。 他人を人間不信に陥らせるほどダメージを与えることは最低な行動だと肝に銘じておきましょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

『人間不信』な人の特徴や心理10選!人間不信チェック項目10選も!

人間不信 原因

人間不信というのはその名の通り、人が信じられないという状態になってしまうことです。 人間不信になったら起こる変化としては、周りの人を見る目が変わってしまったり、初対面の人を簡単に信用できなくなったりしてしまいます。 そうした人間不信が原因で仕事や私生活に大きな支障をきたしてしまいます。 若者を中心に人間不信に陥ってしまう人は少なくありません。 学生ももちろんですが、特に多いのは20代30代の社会人です。 社会で人間不信になってしまうと、仕事にも支障が出てしまいます。 そうなった時には原因をしっかり知って、適切な克服方法を実践し、少しでも早く人間不信の状態を脱しなければなりません。 どうして人間不信になってしまうのか? 人間不信が起こる原因には何があるのでしょうか。 言うまでもなく、社会では人と信頼関係を築く事は必須です。 しかし、人間不信になったら信頼など築けるはずもありません。 信じていた人や自分が強く信頼していた人などに裏切られた経験は人間不信をよく引き起こす原因となっています。 このトラウマが原因で、あらゆる人間を信じられなくなり、日常生活に支障をきたすようになります。 また、親との確執があり、友好な関係を築けていない人もそれが原因で人間不信に陥る事があります。 仕事にマイナスになるので人間不信になったら克服しなければならない 社会人として仕事をする上で、人間不信になったら致命傷にもなりかねませんので、できるだけ早く克服しましょう。 仕事をする上で常に教わる姿勢を持つ事は重要です。 まして、仕事の多くは一人では成り立たないものばかりです。 周りの社員との人間関係、お客様との信頼関係など、多くの人との信頼を築いていかなければなりません。 そうした時に人間不信というのは、克服しないと大きな足かせになってしまうのです。 ポジティブな要素はないので人間不信は早期克服しよう もしも自分が人間不信になりそうに感じたら、あるいは人間不信になったら、その原因を理解して、適切な克服方法を見つけ出し、早期に人間不信を克服しなくてはなりません。 あるいは自分の部下や同僚が人間不信になっている場合でも同様です。 早々に正しい克服方法を教えてあげなければ、仕事がマイナスに進んでしまいます。 人間不信である事にポジティブな要素は無い、という現実を覚えておきましょう。 克服方法のポイントとしては、できるだけ物事をポジティブに考える事です。 あるいは、ポジティブに考えられる環境に身を置く事とも言えます。 そうする事で、人間不信というダークな状態が少しずつクリアになっていきます。 例えば空き時間に公園に行ったり、休日に新しい趣味を作ったり。 そんなやり方も、人間不信の効果的な克服方法の一つです。 そして、一日の中で、リラックスする時間を作るようにします。 心が荒れたり、耐えきれないほど悲しくなったりしても放っておきます。 これらは毒を清算する手段です。 負のイメージから抜け出す為に環境を少し変えてみる 人間不信になったら環境を変えるというのは、これまで付き合ってきた自分を知っている人たちではなく、できるだけ無関係な人とやりとりをしてみるという事です。 可能であれば、住居も引っ越してしまえるとより効果的です。 人間不信の至った場所に身を置いておくと、どうしても負のイメージから抜け出しにくくなってしまいます。 過去の束縛から解放されるためには、思い切って知らない土地に移るくらいの行動が望ましいでしょう。 気持ちを入れ替えて自分を客観的に見つめる事ができるようになってきたら、自分の考えを整理してみましょう。 人間不信になったら放っておいても絶対に克服はできないので、まずは自分の頭の中で今の人間不信の状態を分析する事が重要です。 他人との関係性を見つめ直すことで人間不信の気持ちが整理される 人間不信の原因を克服するために、他人との関係を今一度見つめ直してみてください。 これから周囲とどのように付き合っていきたいのか?人間不信の原因となる出来事に対して回避する術はなかったか? 頭の中で行うのではなく、紙やパソコンに書き出してみると自ずと気持ちが整理されて、自分が目指す道が見え、自己説得していけるようになります。 良い人間関係を築いてきた人たちのことを思い出してみる 人間不信の原因を克服するために考えを整理するには、人間不信になったときの事だけ考えるのはよくありません。 とにかく過去に出会った人たち全て思い出してみてください。 その中には必ず良い人間関係を築いた人たちがいるはずです。 そうなると、今自分が抱いている人間不信の気持ちが誤りであると気付くはずです。 そして、「世の中には良い人もいれば、悪い人もいる」という、ごく当たり前の結論に達することでしょう。 家族や両親、職場の同僚、学生時代の心許せる仲間など、そうした人に話を聞いてもらうのも効果的な克服方法の一つです。 視点を変えて人を見る事が人間不信の克服に繋がる 人間不信になるということは、逆に人間を信じたいという気持ちが大きい可能性もあります。 まだどこかで人間が好きで、人間を信じたいがゆえに人間不信につながってしまうのです。 では、人間のどこなら信じられるのか、底辺にある少しでも信じられる点を見つけ出して、そこから少しずつ人間への信頼のピラミッドを築いていけばいいのではないでしょうか。 人を見る目を磨いて人間関係を広げる 裏切られて人間不信になっても、その経験を通して人を見る目が磨かれます。 そして今後、人を見極めるスキルとして有効利用すればいいのです。 そうすれば、人間関係の幅もグッと広くなり、辛い経験が価値のあるものに変わるはずです。 一度疑い始めると、疑い癖がついてしまいます。 そうなると辛いのは自分です。 これまで大切に思ってきた人まで信じられなくなってしまうのはとても悲しいことです。 家族など信じられる人から徐々にその幅を広げて行きましょう。 人間不信になったら原因を理解した上で冷静に自分と向き合う事で克服しよう 人間不信になったら覚えておきたい3つの克服方法とその原因をご紹介しましたが参考になりましたでしょうか。 人間不信はマイナスの要素以外の何ものでもありません。 自分の考えが正常通り機能していない、人間不信になっているかも、と思われた方は今回の克服方法を試されてみてはいかがでしょうか。 人間不信の原因を克服するまでは、思いのほか時間がかかるかもしれません。 人間不信のすべてをすぐに克服できるとも限りません。 しかし、社会で仕事をする上で人間不信というのはどうしても克服しなければならない事ですので、少しでも早く原因を理解して、人間不信の状態を脱出できるように努めましょう。

次の