小池 学歴詐称。 「小池百合子学歴詐称の真偽」と「アラブ文化の真実」【イスラーム法学者・中田考】(BEST TIMES)

「学歴詐称疑惑」再燃の小池百合子…その「虚飾の物語」を検証する(近藤 大介,石井 妙子)

小池 学歴詐称

東京都の小池百合子知事は15日の会見で、エジプト・カイロ大卒業をめぐる学歴詐称疑惑が浮上していることを受け、2種類の卒業証書を公開した。 都知事選告示を控え、学歴問題に焦点が当たるのは本意ではないとの認識からだ。 都知事選の政策も発表し、東京版CDC(疾病対策センター)の創設など、新型コロナウイルス感染対策を強く打ち出した。 「東京を誰に担わせるのが最適か」が争点になると述べ、現職のプライドをにじませた。 「どうぞ、ご自由にご覧いただきたい」。 小池氏は政策発表会見の最後、唐突に自ら卒業証書の話題に触れ、現物とコピーの2種類の卒業証書を公開した。 「前回(12日の出馬会見で)も質問が出た。 これまで、何度も公表してきたと答えている」とした上で「選挙戦が始まるが、政策論争より卒業証書の話ばかりが先に出てくるのは、ふさわしくない」と、学歴問題の過熱報道に不快感を表明。 「何度も公開させてもらっているもの」だとして、証書の公開に踏み切った。 一方、退庁時の取材で、卒業の際に発行されたものか問われると「時間は少しずれる。 手書きで時間がかかりますので」。 選挙戦前に、疑惑報道にケリをつけるための対応とみられるが、小池氏の思惑通りに進むかはまだ不透明だ。 会見では都知事選で訴える政策を発表。 新型コロナの第2波に備えたCDC創設、PCRなど各種検査体制の強化など、現在進行形のコロナ対応を強く意識。 その上で「稼ぐ東京」「人」「都民ファースト視点での行財政改革」の3つの柱を示し、都政を前進させるための政策を並べた。 前回は待機児童や介護離職などをなくすとして「7つのゼロ」と具体的な数値に触れた。 今回は具体的数値目標がないが「現在(都として)長期戦略を練っている。 現職でもあり、そこに目標の数値をあげていく」と述べるにとどめた。 山本太郎氏が新たに出馬表明した後の会見。 自身に挑む他候補への対抗心もにじんだ。 争点を問われると「『大東京』をだれに担わせるのが最適かに尽きる。 前に行くか、後戻りするか、全然違う方向に行ってしまうのか」と、強調。 山本氏が中止を訴えた東京大会については「簡素化やコスト縮減の上で、都民の理解が得られる形での大会開催」を目指すとした上で「準備してきたアスリート、子どもたちがワクワクするような大会へ、関係者と連携しながら準備したい」と、きっちり一線を画した。 【中山知子】.

次の

【最終回】小池百合子「カイロ大卒」の真偽 卒業証明書、卒業証書から浮かび上がる疑問符(1/5)

小池 学歴詐称

ギャラリーページへ (黒木 亮:作家) これまでたびたび週刊誌などでも取り上げられながら、決定的な証拠を突き付けるまでには至らなかった小池百合子・東京都知事の「学歴詐称疑惑」。 アラビア語やエジプト事情に疎い日本のメディアは小池氏の学歴詐称疑惑の追及に消極的で、このままでは、この疑惑は、永遠に疑惑のまま終わってしまうかもしれない。 小池氏の「お使い」レベルのアラビア語を聞けば、カイロ大学卒業という学歴は即座におかしいと分かる。 筆者はアラビア語を学び、エジプトの大学(カイロ・アメリカン大学大学院中東研究科)を卒業した者の責務として、複数回の現地取材を含む調査で疑惑を徹底検証した。 その結果、小池氏がカイロ大学の卒業要件を満たして卒業したという証拠、印象、片鱗は何一つ見出せなかった。 これまで他のメディアが報じてこなかった小池氏の「学歴詐称」を徹底検証するレポートの最終回をお届けする。 限られたメディアにチラ見せしただけの卒業証書 小池氏の学歴詐称疑惑は、すでに述べた通り、単なる書類の問題ではなく、入学の実態および卒業に必要な学業実態の有無である。 カイロ大学をはじめとするエジプトの国立大学において、卒業を証明する書類は3種類ある。 卒業後1カ月以内程度で発行される「卒業証明書」、もう少し後に発行される「卒業証書」、科目別の成績が記載されている「成績証明書」である。 卒業証明書は、収入印紙が貼られた、実務色の強い書類である。 卒業証書のほうは、それよりも大きなサイズで、日本の卒業証書や賞状あるいは免状に似た書類である。 前者は基本的に全部の卒業生が取得し、後者は特に希望する学生が大学に申請して入手する。 成績証明書は、外国の大学院などに進むときに必要になる。

次の

【小池百合子】小池百合子都知事「学歴詐称疑惑」に見る胡散臭さ|日刊ゲンダイDIGITAL

小池 学歴詐称

小池百合子 学歴詐称疑惑 小池百合子知事に学歴詐称の疑惑が 浮かび上がってきた。 この学歴詐称疑惑は6月9日に発売された 文芸春秋で明らかになった。 小池百合子は女性の都知事として とても注目されている。 そんな彼女の学歴が詐称されていたと 何故今頃になり判明したのか。 学歴詐称は、大学のものとされているが 高校はどこだったのだろうか。 小池百合子の学歴は 高校は甲南女子高校卒業。 大学はカイロ大学 主席卒業。 とても華々しいものである。 しかし今回の事の発端は、 カイロ大学時代に小池百合子と 同居していた、とある女性の 証言が元になっているという。 小池百合子はカイロ大学を 主席で卒業したとしている。 だが、その学歴は詐称だと女性が証言。 小池百合子は主席卒業どころか カイロ大学を卒業していない というもの。 自身の出版した書籍でも カイロ大学 主席卒業としていたために 大きな反響を呼んでいる。 次では、小池百合子の学歴詐称疑惑への 反論を見て行こう。 小池百合子 学歴詐称疑惑に反論 小池百合子の学歴詐称疑惑は 同居していた女性の証言から 明らかになったもの。 文芸春秋に掲載された内容によれば 主席卒業、ましてや卒業すらしていない という根本的な問題をかかえたもの。 小池百合子は自身の学歴を 政界進出前に出版した書籍にて カイロ大学主席卒業と記載している。 これに対し、小池百合子はこの疑惑を 6月15日の定例会見で真っ向否定。 「卒業証書があり、大学側も認めている」 と述べ、卒業は事実としている。 しかし、主席での卒業かは昔のため忘れ 「非常にいい成績」と言われたので 嬉しくて記載したと証言。 曖昧な証言に留めている。 これでは、学歴詐称の疑惑を 否定しているのか分からない。 次では、学歴詐称疑惑について その真偽を見て行こう。 スポンサード・リンク 小池百合子 カイロ大学 主席卒業の真偽 小池百合子のカイロ大学 主席卒業。 果たしてこれは、真実なのか。 はたまた学歴詐称疑惑の通りなのか。 調べてみると過去の小池百合子の プロフィールでカイロ大学ではなく カイロ・アメリカン大学を卒業と 記載されていることが分かった。 もしこれが真実であれば 学歴詐称疑惑は疑惑に留まらない。 大学はカイロで通っているが 高校までの学歴はどうだったのだろうか。 次では、気になる高校も調べてみよう。 小池百合子の高校までの学歴は 大学時代の学歴詐称疑惑がある小池百合子。 彼女の大学以前、高校の学歴などは 一体どのようなものだったのだろう。 小池百合子は兵庫県出身である。 小池百合子の通った高校は 甲南女子高校である。 甲南女子高校は、偏差値61。 しかし、ここへは私立岩園小学校から 内部進学をしている。 神戸では、「お嬢様学校」として 知られている学校だ。 そして、関西学院大学へ進学し中退。 中退の理由は、国際連合の公用語に アラビア語が加わることがきっかけで アラビア語取得のためであった。 そして小池百合子はカイロに留学。 先に述べた、カイロ・アメリカン大学に 1年間在学したのち、カイロ大学へ 入学したとされている。 カイロへ留学したことは 本当のようだが、卒業した大学が どこなのか、主席卒業だったのかは 定かではない。 カイロ大学は現在も存在している。 早急に、学歴証明書を取り寄せ 学歴詐称疑惑に対応をすべきと 各方面から声が上がっている。

次の