ボートレース下関リプレイ。 本日のレース|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇場(ボートレース)ライブ

ボートレース下関リプレイ

5kg 1. 5kg 0. 15 7. 68 54. 59 47. 6kg 0. 14 7. 29 49. 91 45. 3kg 0. 17 5. 19 32. 12 29. 5kg 0. 5kg 0. 15 6. 28 44. 45 45. 5kg 0. 15 6. 46 39. 50 59. 4kg 0. 18 6. 53 45. 18 75. 17 2. 91位 2 1. 13 3. 36位 1 1. 11 1. 78位 4 1. 14 2. 50位 4 2. 15 4. 09位 3 2. 17 3. 00位 1 1. 5 37. 06 6. 04 6. 5 37. 62 6. 00 6. 5 37. 14 6. 04 6. 0 37. 60 6. 00 6. 0 37. 19 6. 07 6. 0 37. 47 6. 16 6. 18 11 101 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 36 11 92 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 50 10 65 0 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 70 10 87 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 55 11 94 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 36 11 70 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 中間市行橋市競艇組合施行51周年記念競走 令和2年7月11日〜7月16日 松井が独走態勢を築く 地元西山が真っ向勝負! 王者・松井繁(大阪)が今年2度目の当地参戦だ。 前回の1月DCは終盤に3連勝し優出2着とさすがの成績。 SG優勝2回を誇る実績水面で久々の一般戦ならば断然の優勝候補だ。 松井と同じく1月DCで優出したのが、福岡が誇るエンターテイナー・西山貴浩(福岡)。 8月には若松の推薦を受けてSGメモリアルに出場する。 地元で負けるわけにはいかない。 当地周年覇者の辻栄蔵(広島)は当地一般戦に限れば、5連続優出うち2優勝と断然の強さを見せる。 的確さばきは健在で逆転を狙う。 林美憲(徳島)は当地では苦戦しているが、4月戸田GIIで優出するなどパワー勝負が冴えており、当地攻略に力が入る。 創刊65周年記念サンケイスポーツ杯 令和2年7月23日〜7月27日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4413 3265 3961 4545 4361 4537 名前 水摩敦 今村暢孝 谷村一哉 岡村慶太 柳生泰二 渡邉和将 支部 福岡 福岡 山口 福岡 山口 岡山 勝率 6. 57 6. 54 6. 88 6. 61 6. 62 6. 98 2連率 50. 60 52. 80 49. 70 48. 80 47. 60 56. 気合満点の今村を軸に地元勢がシリーズをリード 大挙参戦する地元勢が、優勝戦線をリードする5日間シリーズだ。 当地通算7回の優勝歴を誇るベテランの今村暢孝(福岡)が、変わらぬ積極的なコース取りと、衰えることのない熟練のさばきで魅せる。 当地では前回、前々回と2節連続で準優敗退しているだけに、今度こそと気合満点で乗り込んでくること間違いなし。 5月にオール3連対で予選を突破した小羽正作(福岡)は、的確な走りで上位進出を外さない。 近況好調な水摩敦(福岡)は5回、正月戦で2年連続優勝の実績もある岡村慶太(福岡)は4回と当地で何度も美酒を浴びてきた。 高倉和士(福岡)は優勝歴こそないが、直近の4節で優出3回と好成績。 A1級に復帰と勢いに乗っており、そろそろ初優勝への期待も懸かる。

次の

本日のレース|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

ボートレース下関リプレイ

5kg 1. 5kg 0. 15 7. 68 54. 59 47. 6kg 0. 14 7. 29 49. 91 45. 3kg 0. 17 5. 19 32. 12 29. 5kg 0. 5kg 0. 15 6. 28 44. 45 45. 5kg 0. 15 6. 46 39. 50 59. 4kg 0. 18 6. 53 45. 18 75. 17 2. 91位 2 1. 13 3. 36位 1 1. 11 1. 78位 4 1. 14 2. 50位 4 2. 15 4. 09位 3 2. 17 3. 00位 1 1. 5 37. 06 6. 04 6. 5 37. 62 6. 00 6. 5 37. 14 6. 04 6. 0 37. 60 6. 00 6. 0 37. 19 6. 07 6. 0 37. 47 6. 16 6. 18 11 101 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 36 11 92 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 50 10 65 0 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 70 10 87 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 55 11 94 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 36 11 70 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 中間市行橋市競艇組合施行51周年記念競走 令和2年7月11日〜7月16日 松井が独走態勢を築く 地元西山が真っ向勝負! 王者・松井繁(大阪)が今年2度目の当地参戦だ。 前回の1月DCは終盤に3連勝し優出2着とさすがの成績。 SG優勝2回を誇る実績水面で久々の一般戦ならば断然の優勝候補だ。 松井と同じく1月DCで優出したのが、福岡が誇るエンターテイナー・西山貴浩(福岡)。 8月には若松の推薦を受けてSGメモリアルに出場する。 地元で負けるわけにはいかない。 当地周年覇者の辻栄蔵(広島)は当地一般戦に限れば、5連続優出うち2優勝と断然の強さを見せる。 的確さばきは健在で逆転を狙う。 林美憲(徳島)は当地では苦戦しているが、4月戸田GIIで優出するなどパワー勝負が冴えており、当地攻略に力が入る。 創刊65周年記念サンケイスポーツ杯 令和2年7月23日〜7月27日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4413 3265 3961 4545 4361 4537 名前 水摩敦 今村暢孝 谷村一哉 岡村慶太 柳生泰二 渡邉和将 支部 福岡 福岡 山口 福岡 山口 岡山 勝率 6. 57 6. 54 6. 88 6. 61 6. 62 6. 98 2連率 50. 60 52. 80 49. 70 48. 80 47. 60 56. 気合満点の今村を軸に地元勢がシリーズをリード 大挙参戦する地元勢が、優勝戦線をリードする5日間シリーズだ。 当地通算7回の優勝歴を誇るベテランの今村暢孝(福岡)が、変わらぬ積極的なコース取りと、衰えることのない熟練のさばきで魅せる。 当地では前回、前々回と2節連続で準優敗退しているだけに、今度こそと気合満点で乗り込んでくること間違いなし。 5月にオール3連対で予選を突破した小羽正作(福岡)は、的確な走りで上位進出を外さない。 近況好調な水摩敦(福岡)は5回、正月戦で2年連続優勝の実績もある岡村慶太(福岡)は4回と当地で何度も美酒を浴びてきた。 高倉和士(福岡)は優勝歴こそないが、直近の4節で優出3回と好成績。 A1級に復帰と勢いに乗っており、そろそろ初優勝への期待も懸かる。

次の

本日のレース|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

ボートレース下関リプレイ

5kg 1. 5kg 0. 15 7. 68 54. 59 47. 6kg 0. 14 7. 29 49. 91 45. 3kg 0. 17 5. 19 32. 12 29. 5kg 0. 5kg 0. 15 6. 28 44. 45 45. 5kg 0. 15 6. 46 39. 50 59. 4kg 0. 18 6. 53 45. 18 75. 17 2. 91位 2 1. 13 3. 36位 1 1. 11 1. 78位 4 1. 14 2. 50位 4 2. 15 4. 09位 3 2. 17 3. 00位 1 1. 5 37. 06 6. 04 6. 5 37. 62 6. 00 6. 5 37. 14 6. 04 6. 0 37. 60 6. 00 6. 0 37. 19 6. 07 6. 0 37. 47 6. 16 6. 18 11 101 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 42 8. 36 11 92 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 67 7. 50 10 65 0 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 91 5. 70 10 87 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 91 7. 55 11 94 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 83 7. 36 11 70 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 83 5. 中間市行橋市競艇組合施行51周年記念競走 令和2年7月11日〜7月16日 松井が独走態勢を築く 地元西山が真っ向勝負! 王者・松井繁(大阪)が今年2度目の当地参戦だ。 前回の1月DCは終盤に3連勝し優出2着とさすがの成績。 SG優勝2回を誇る実績水面で久々の一般戦ならば断然の優勝候補だ。 松井と同じく1月DCで優出したのが、福岡が誇るエンターテイナー・西山貴浩(福岡)。 8月には若松の推薦を受けてSGメモリアルに出場する。 地元で負けるわけにはいかない。 当地周年覇者の辻栄蔵(広島)は当地一般戦に限れば、5連続優出うち2優勝と断然の強さを見せる。 的確さばきは健在で逆転を狙う。 林美憲(徳島)は当地では苦戦しているが、4月戸田GIIで優出するなどパワー勝負が冴えており、当地攻略に力が入る。 創刊65周年記念サンケイスポーツ杯 令和2年7月23日〜7月27日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4413 3265 3961 4545 4361 4537 名前 水摩敦 今村暢孝 谷村一哉 岡村慶太 柳生泰二 渡邉和将 支部 福岡 福岡 山口 福岡 山口 岡山 勝率 6. 57 6. 54 6. 88 6. 61 6. 62 6. 98 2連率 50. 60 52. 80 49. 70 48. 80 47. 60 56. 気合満点の今村を軸に地元勢がシリーズをリード 大挙参戦する地元勢が、優勝戦線をリードする5日間シリーズだ。 当地通算7回の優勝歴を誇るベテランの今村暢孝(福岡)が、変わらぬ積極的なコース取りと、衰えることのない熟練のさばきで魅せる。 当地では前回、前々回と2節連続で準優敗退しているだけに、今度こそと気合満点で乗り込んでくること間違いなし。 5月にオール3連対で予選を突破した小羽正作(福岡)は、的確な走りで上位進出を外さない。 近況好調な水摩敦(福岡)は5回、正月戦で2年連続優勝の実績もある岡村慶太(福岡)は4回と当地で何度も美酒を浴びてきた。 高倉和士(福岡)は優勝歴こそないが、直近の4節で優出3回と好成績。 A1級に復帰と勢いに乗っており、そろそろ初優勝への期待も懸かる。

次の