モグワン 大型犬。 大型犬用ドッグフード モグワンの口コミや評判を調べてみました

モグワンドッグフードとは?モグワンの材料や料金、メリット・デメリットを解説

モグワン 大型犬

健康的なドッグフードである「モグワン」。 特に愛犬の食いつきが良く、健康的なドッグフードに手をつけなかった場合などに適しています。 しかし、比較的高価なドッグフードなので、購入する前にメリットとデメリットを押さえておくのが大切です。 ここからは、モグワンドッグフードの材料や値段、メリット・デメリットを解説します。 モグワンドッグフードは 全犬種・ライフステージに対応した万能ドッグフードであることから愛犬家の方から人気の高いドッグフードです。 【この記事をまとめると…】 ・「モグワン」は添加物が入っていないので、自然由来のドッグフード! ・モグワンの長所は、「穀物のアレルギーや消化の心配がない」「小粒タイプなので小型犬やシニア犬でも安心」といった点。 ・モグワンの注意点は「店舗販売はなく通販のみでしか購入できない」などの点。 ・結論からお伝えすると、モグワンは、添加物を与えたくない飼い主さんや、健康系のドッグフードが苦手なワンちゃんにおすすめ。 キャンペーン中の今なら、本記事からのお申し込みで人気のモグワンドッグフードが最大20%オフになるキャンペーンの対象になることができるので、ぜひお得なキャンペーンを活用して愛犬の健康とモグワンを手に入れてください!• 株式会社レティシアン• プレミアムドッグフードモグワン• モグワンは試食会で90%以上のワンちゃんが「食べた・継続したい」と実績あるドッグフードであり、獣医師さんもおすすめしている愛犬家が選ぶドッグフードNo. 1商品!• モグワンドッグフードは 全犬種・ライフステージに対応した万能ドッグフードであることから愛犬家の方から人気の高いドッグフードです。 「健康的なドッグフードを試しても食べてくれない」「添加物が多いドッグフードも気が引ける」そんな飼い主の方はモグワンドッグフードが最適!実際に 90%以上のワンちゃんが食べてくれた実績があり、有名メディアCREAにも紹介されるほど。。。 人気の理由は ヒューマングレードを使用した原材料を使用しており、動物性タンパク質も50%以上と栄養満点!また、工夫次第でトッピングもできる柔軟性がある。 この3つの特徴が人気の理由です! ワンちゃんの健康は毎日の食事が重要となっているので、愛犬家の皆様は一度「モグワンドッグフード」を検討しましょう! 本記事からのお申し込みで人気のモグワンドッグフードが最大20%オフになるキャンペーンの対象になることができるので、ぜひお得なキャンペーンを活用して愛犬の健康とモグワンを手に入れてください! 基本情報 商品名 モグワン 会社名 株式会社レティシアン ドッグフードの分類 ドライフード 味 チキン&サーモン 対象ライフステージ 4ヶ月〜シニア犬 容量 1. 8kg 価格 3,960円 特徴 穀物不使用(グレインフリー) 着色料・香料不使用 モグワンドッグフードは愛犬の健康に配慮したドッグフードです。 健康系のドッグフードは数多くありますが、高価なものを購入したとしても愛犬が食べるとは限りません。 特に健康的なフードは愛犬の食いつきが悪いものが多く、困ってしまうことも多いでしょう。 反対に食いつきの良いドッグフードは添加物が多い傾向にあります。 モグワンは健康に良いドッグフードであるだけでなく、食いつきの良さを追求しており満足感が高いです。 株式会社レティシアン• プレミアムドッグフードモグワン• モグワンは試食会で90%以上のワンちゃんが「食べた・継続したい」と実績あるドッグフードであり、獣医師さんもおすすめしている愛犬家が選ぶドッグフードNo. 1商品!• モグワンドッグフードのメリット モグワンは高価なドッグフードなので、しっかりとメリットを押さえておくことが大切です。 では、モグワンにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。 人間が食べても問題ないヒューマングレードを使っている モグワンのドッグフードには穀物が使用されておらず、動物性タンパク質が多い高タンパクで栄養価が高いです。 一般的なドッグフードには小麦やトウモロコシなどの穀物が入っていますが、犬はもともと穀類を食べる動物ではありません。 つまり、穀類が入っていると犬は消化しづらく、アレルギーを持つ犬もいます。 消化不良や穀物のアレルギーに不安がある人にモグワンのドッグフードはおすすめです。 小粒タイプなので小型犬やシニア犬でも安心 モグワンのドッグフードは小粒タイプなので、口が小さい小型犬やアゴの力が弱くなっているシニア犬でも食べやすいです。 また、先程の説明の通り、モグワンの原材料は消化に優しいので、消化機能が衰えたシニア犬にも適しています。 公式サイトでは定期配送も選べる モグワンは公式サイトでのみ定期配送するコースを選ぶことができます。 市販のドッグフードは足りなくなったら購入しなければなりません。 また、一般的な通販サイトでも定期配送は行っていないため、公式サイト限定になりますが、一定の割引があり購入しやすい価格で健康的なドッグフードを続けることができます。 モグワンドッグフードのデメリット モグワンにはメリットだけでなく、デメリットもあるので注意してください。 購入してから後悔しないようにどのようなデメリットがあるのか押さえておきましょう。 ここからは、モグワンのデメリットを紹介していきます。 店舗販売はなく通販のみでしか購入できない モグワンは通販限定で販売しています。 そのため、なくなればいつでも購入できる市販のドッグフードと違い、ネットが使えない状態になってしまえば、購入することができないので注意してください。 モグワンは原材料にこだわっているので、原価が市販のドッグフードよりも高いです。 少しでも原価を低くするために、無駄な生産を防ぐために通販限定となっています。 実際に市販のドッグフードよりも通販限定のドッグフードの方が、大量生産をする必要がないので、在庫管理がしやすく小ロットで生産しているので、品質とともに値段も高くなっています。 大型犬には不向き 小粒なので丸飲みしてしまう可能性もある モグワンは全犬種に対応していますが、口が大きい大型犬には向いていません。 これは、モグワンが小粒仕様なので、丸飲みしてしまう可能性があるからです。 丸飲みしてしまえば、喉を詰まらせる危険性や消化不良を起こすリスクもあるので注意が必要です。 また、1つのサイズしかないため、大型犬のようにたくさん食べる愛犬にとっても不向きといえるでしょう。 他のサイズ展開している健康的なドッグフードよりも割高になるかもしれません。 多くの犬が食べるが、食べない犬もいる モグワンは多くの犬の食いつきが良いですが、必ず食べるわけではないので注意してください。 実際にせっかく注文したのに食べなかった、という口コミは少なくありません。 他のドッグフードと違い、原材料の魚のニオイが濃いため、魚のニオイが苦手な愛犬は食いつかないケースが多いです。 モグワンドッグフードの注意点 モグワンドッグフードを購入するときには注意したいポイントがいくつかあります。 最後にモグワンドッグフードの注意点も見ていきましょう。 2018年8月10日にモグワンの異物混入が発表された 残念なことですが、2018年8月に異物混入が発表されました。 混入した異物というのは、大型格納容器である「バルクビン」の内側の塗料です。 その塗料が一部のドッグフードに付着していることが、4月に発生しました。 実際に内側の塗料が混入したドッグフードを食べても健康に害がある程度ではありませんでしたが、安全性・信頼性が損なわれる事件であったといえるでしょう。 また4月に発生した異物混入が8月に発表されたことも不信感にも繋がっています。 モグワンドッグフードは開封後1ヵ月以内に食べきった方が良い モグワンの賞味期限は1年以上ありますが、開封してからは品質が低下するのは早いので注意してください。 これは、保存料などの添加物が使われていないからであり、目安は1ヶ月ほどです。 小型犬など食が細い犬の場合、1ヶ月で食べきれない可能性もあるので注意してください。 モグワンの袋にはチャックがついていますが、なるべく空気に触れないように工夫して保管するのがおすすめです。 モグワンを与えても涙やけが改善するわけではない モグワンは涙やけに効果がありますが、これも必ず改善するわけではありません。 これは涙やけにはいくつか原因が考えられるからです。 例えば、老廃物で鼻涙管が詰まることで涙やけを起こすことが多いです。 確かにドッグフードに含まれる添加物が涙点を詰まらせ、涙やけになるという説が有力です。 このように食事が原因で涙やけが起きている場合であれば、モグワンによって改善される可能性は高いです。 株式会社レティシアン• プレミアムドッグフードモグワン• モグワンは試食会で90%以上のワンちゃんが「食べた・継続したい」と実績あるドッグフードであり、獣医師さんもおすすめしている愛犬家が選ぶドッグフードNo. 1商品!• まとめ モグワンは健康的なドッグフードであり、1kgの単価で考えると比較的高価な部類です。 食品添加物や消化が悪い穀類などを使っていないので、愛犬の胃腸に優しいです。 人が食べられる材料で製造していることもあり、品質や安全性は高いため安心して与えられるでしょう。 また、愛犬の食いつきも良く安心できるのも大きなメリットです。 健康的なドッグフードを愛犬に与えたいときは、モグワンを候補の1つにするのがおすすめです。 株式会社レティシアン• プレミアムドッグフードモグワン• モグワンは試食会で90%以上のワンちゃんが「食べた・継続したい」と実績あるドッグフードであり、獣医師さんもおすすめしている愛犬家が選ぶドッグフードNo. 1商品!• モグワンドッグフードは 全犬種・ライフステージに対応した万能ドッグフードであることから愛犬家の方から人気の高いドッグフードです。 「健康的なドッグフードを試しても食べてくれない」「添加物が多いドッグフードも気が引ける」そんな飼い主の方はモグワンドッグフードが最適!実際に 90%以上のワンちゃんが食べてくれた実績があり、有名メディアCREAにも紹介されるほど。。。 人気の理由は ヒューマングレードを使用した原材料を使用しており、動物性タンパク質も50%以上と栄養満点!また、工夫次第でトッピングもできる柔軟性がある。 この3つの特徴が人気の理由です! ワンちゃんの健康は毎日の食事が重要となっているので、愛犬家の皆様は一度「モグワンドッグフード」を検討しましょう! 本記事からのお申し込みで人気のモグワンドッグフードが最大20%オフになるキャンペーンの対象になることができるので、ぜひお得なキャンペーンを活用して愛犬の健康とモグワンを手に入れてください!.

次の

モグワン ドッグフードを専門家が評価!怪しい噂や口コミ評判/初回半額制度を解説

モグワン 大型犬

メモ 超小型犬… 4kg以下 小型犬… 4kg~10kg以下 中型犬… 10kg~25kg以下 大型犬… 25kg以上 で考えて問題なしですよ! モグワン1袋の容量で何日くらい持つの? では次に、愛犬の犬種別によってモグワン1袋が何日間持つのかを説明していきますね!! 超小型犬・小型犬・中型犬・大型犬で分けるので、 ザッとわかれば良い方はここだけ見てもらえれば解決します。 超小型犬の場合 超小型犬であるチワワ、トイプードル、ポメラニアン等で考えてみましょう。 体重の目安としては、 超小型犬は2~3kg以下なので、 モグワン1日当たりの給与量は 33g~76gになります。 モグワンは1. 8kg入っているので、 2kgの超小型犬なら 約54日間。 3kgの超小型犬なら 約23日間です。 これを1日換算の値段で計算すると、 2kgの超小型犬なら 約73円。 3kgの超小型犬なら 約172円です! 小型犬の場合 小型犬である柴犬、シーズー、ミニチュアダックス等で考えてみましょう。 体重の目安としては、 小型犬は4~10kg以下なので、 モグワン1日当たりの給与量は 89g~175gになります。 モグワンは1. 8kg入っているので、 4kgの小型犬なら 約20日間。 10kgの小型犬なら 約10日間です。 これを1日換算の値段で計算すると、 4kgの超小型犬なら 約198円。 10kgの超小型犬なら 約344円です! 中型犬の場合 中型犬であるコーギー、ブルドッグ、ボーダーコリー等で考えてみましょう。 体重の目安としては、 中型犬は 11~25kg以下なので、 モグワン1日当たりの給与量は 175g~414gになります。 モグワンは1. 8kg入っているので、 11kgの中型犬なら 約10日間。 25kgの中型犬なら 約4日間です。 これを1日換算の値段で計算すると、 11kgの超小型犬なら 約396円。 25kgの超小型犬なら 約990円です! 大型犬の場合 大型犬であるゴールデンレトリバー、シベリアンハスキー、シェパード等で考えてみましょう。 体重の目安としては、 大型犬は 25kg以上なので、 モグワン1日当たりの給与量は 414g~457gになります。 モグワンは1. 8kg入っているので、 25kg以上の大型犬なら 約4日間未満です。 これを1日換算の値段で計算すると、 25kg以上の大型犬なら 約990円以上になりそうです! シニア犬・高齢犬の場合 シニア犬と高齢犬は、 人間と同じように食べれる量が少なってきます。 ここでは、シニアと高齢をこのように考えます。 高齢犬は半分くらいで考えればよいでしょう。 モグワンのコスパに関しては、 別の記事で詳しく書いてるので参考にしてみてください! モグワンが何日持つのかを表にまとめるとこんな感じです。 子犬に最適なモグワンの正しい給与量と個体差を考慮した計算方法【4STEP】 さてここからはもっと詳しく、 正しい給与量を知りたい!! 自分で計算できるようになりたい! といった人向けです。 5kg 41g~55g 46g~69g 38g~57g 31g~46g 1. 5kg~2kg 55g~68g 69g~92g 57g~76g 46g~61g 2kg~2. 5kg 68g~84g 92g~114g 76g~95g 61g~76g 2. 5kg~3kg 84g~93g 114g~137g 95g~114g 76g~92g 3kg~3. 5kg 93g~102g 137g~160g 114g~134g 92g~107g 3. 5kg~4kg 102g~110g 160g~183g 134g~153g 107g~122g 4kg~4. 5kg 110g~119g 183g~206g 153g~172g 122g~137g 4. 5kg~5kg 119g~128g 206g~229g 172g~191g 137g~153g 5kg~6kg 128g~145g 229g~275g 191g~229g 153g~183g 6kg~7kg 145g~163g 275g~320g 229g~267g 183g~214g 7kg~8kg 163g~180g 320g~366g 267g~305g 214g~244g 8kg~10kg 180g~215g 366g~458g 305g~382g 244g~305g 10kg~12kg 215g~250g 458g~549g 382g~458g 305g~366g 12kg~14kg 250g~285g 549g~641g 458g~534g 366g~427g 14kg~17kg 285g~337g 641g~778g 534g~649g 427g~519g 17kg~20kg 337g~390g 778g~916g 649g~763g 519g~610g 20kg~23kg 390g~442g 916g~1053g 763g~878g 610g~702g 23kg~27kg 442g~512g 1053g~1236g 878g~1030g 702g~824g 27kg~30kg 512g~564g 1236g~1374g 1030g~1145g 824g~916g ドッグフードをモグワンに変える時に 気をつけたい ポイントが3つあります!! ポイント1 給与量の下限からスタート 子犬は成犬と違って、 体も未熟ですし消化器官への負担が大きいです。 そのため、どんなエサ・ドッグフードから切り替えるとしても、上記の給与量の下限から始めて様子を見てください! ポイント2 別のドックフードからの切り替えは約1週間程度かけてゆっくりと 急にドックフードを切り替えると他にも危険があって、 下痢や嘔吐の原因になりえます。 1日目 モグワン25%:別のドッグフード75% 3日目 モグワン50%:別のドッグフード50% 5日目 モグワン75%:別のドッグフード25% 7日目 モグワン100%:別のドッグフード0% と愛犬の様子を見ながら、 ゆっくりと切り替えていきましょう。 ポイント3 子犬は1日3~4回に分けて与えよう 生後6ヶ月までの子犬なら、 1日3〜4回に分けて与えてあげると良いです。 生後6ヶ月以降であれば、 1日2回 朝・晩 で大丈夫です! 【子犬 4~12カ月 】個体差を考慮したモグワンの給与量の計算方法【4STEP】 では、まずは子犬に最適なモグワンの正しい給与量と個体差を考慮した計算をしていきます。 上記でまとめたモグワンの給与量でも問題ありませんが、 生後4ヶ月未満・4~9ヶ月・10~12ヶ月と細かく、3つの月年齢に分別して与えることもできるんです! その方法を4つのSTEPに分けて、説明していきます。 事前準備 モグワンの正しい給与量を計算する前に、少しだけ準備をしてほしいことが3つほどあります。 モグワンのカロリーは100gあたり344kcal 1gあたり3. 【STEP4】ウンチの状態をみて愛犬に合ったモグワンの給与量を決定! 1日の給与量は出せましたか? 最後に愛犬の「ウンチ」の状態をみて、 モグワンの給与量を決めます。 便は軟らかすぎても硬すぎても良くありません。 5~3. 5までを許容範囲とし、1. 5~2. 5を「理想的な便」としています。 うんちの状態 グレート 1日当たりの給餌量 硬いうんち グレート1~1. 5 5g増やす 理想なうんち グレート1. 5~2. 5 現状維持 許容範囲のうんち グレート3~3. 5 5g減らす 柔らかいうんち グレード4~グレード5 ・5g減らす・2日以上続く場合は獣医さんに相談しましょう 愛犬のウンチが「硬いウンチ」であれば、 1日当たりの給餌量を5g増やしましょう! 今回の場合だと、305+5=310g また、「許容範囲のウンチ」「柔らかいウンチ」であれば、 1日当たりの給餌量を5g減らしましょう。 今回の場合だと、305-5=300g こうして理想のウンチに近づけることによって、 モグワンを安定して愛犬に与えられるようになります。 万が一、愛犬にモグワンが合わず、 下痢や嘔吐が2日以上続くようであれば すぐに病院に行ってくださいね。 成犬に最適なモグワンの正しい給与量と個体差を考慮した計算方法【4STEP】 さて次は、成犬に最適なモグワンの正しい給与量です!! 計算は少し大変なので、同じようにまず表にまとめました。 5kg 33g~45g 27g~41g 24g~37g 21g~32g 1. 5kg~2kg 45g~56g 41g~55g 37g~49g 32g~43g 2kg~2. 5kg 56g~68g 55g~69g 49g~61g 43g~53g 2. 5kg~3kg 68g~76g 69g~82g 61g~73g 53g~64g 3kg~3. 5kg 76g~83g 82g~96g 73g~85g 64g~75g 3. 5kg~4kg 83g~89g 96g~110g 85g~98g 75g~85g 4kg~4. 5kg 89g~96g 110g~124g 98g~110g 85g~96g 4. 5kg~5kg 96g~104g 124g~137g 110g~122g 96g~107g 5kg~6kg 104g~118g 137g~165g 122g~147g 107g~128g 6kg~7kg 118g~132g 165g~192g 147g~171g 128g~150g 7kg~8kg 132g~146g 192g~220g 171g~195g 150g~171g 8kg~10kg 146g~175g 220g~275g 195g~244g 171g~214g 10kg~12kg 175g~203g 275g~330g 244g~293g 214g~256g 12kg~14kg 203g~230g 330g~385g 293g~342g 256g~299g 14kg~17kg 230g~273g 385g~467g 342g~415g 299g~363g 17kg~20kg 273g~316g 467g~549g 415g~488g 363g~427g 20kg~23kg 316g~358g 549g~632g 488g~562g 427g~491g 23g~27kg 358g~414g 632g~742g 562g~659g 491g~577g 27g~30kg 414g~457g 742g~824g 569g~733g 577g~641g 成犬だとしても同じです。 モグワンに変える時は 気をつけるポイントが3つあります!! ポイント1 給与量の下限からスタート 成犬だとしても新しいドッグフードは、消化器官に負担が掛かるもの。 子犬と同様にまずは給与量の下限から始めて様子を見ましょう。 ポイント2 別のドックフードからの切り替えは約1週間程度かけてゆっくりと 急にドックフードを切り替えると他にも危険があって、 下痢や嘔吐の原因になりえます。 ポイント3 モグワン公式サイトの推奨量を与えてもOK!でも… 表でまとめたモグワン公式サイトの推奨量を与えても、 全然問題ありません。 ただ、避妊や去勢の有無、体型といった 愛犬の状態に合わせて給与量を決めるのがベターです。 その計算式は下記に記載します! 【未避妊・避妊・肥満犬別】成犬の個体差を考慮したモグワンの給与量の計算方法【4STEP】 子犬の時と同様に、成犬に最適なモグワンの正しい給与量と個体差を考慮した計算をしていきます! 成犬と言っても、 避妊や去勢の有無、肥満犬など色んな種類の愛犬がいるはず。 その方法を4つのSTEPに分けて、説明していきます。 5 5g増やす 理想なうんち グレート1. 5~2. 5 現状維持 許容範囲のうんち グレート3~3. 5 5g減らす 柔らかいうんち グレード4~グレード5 ・5g減らす・2日以上続く場合は獣医さんに相談しましょう 愛犬のウンチが「柔らかいウンチ」であれば、1日当たりの給餌量を5g減らしましょう! 今回の場合だと、109-5=104g また、「硬いウンチ」であれば、1日当たりの給餌量を5g増やしましょう。 今回の場合だと、109+5=114g 万が一、愛犬にモグワンが合わず、 下痢や嘔吐が2日以上続くようであれば すぐに病院に行ってくださいね。 シニア犬に最適なモグワンの正しい給与量と個体差を考慮した計算方法【4STEP】 さて最後は、シニア犬に最適なモグワンの正しい給与量です!! 計算は少し大変なので、同じように表にまとめました。 体重 ㎏ 未避妊・去勢のシニア犬 g 避妊・去勢済みのシニア犬 g 1kg~1. 5kg 21g~32g 18g~27g 1. 5kg~2kg 32g~43g 27g~37g 2kg~2. 5kg 43g~53g 37g~46g 2. 5kg~3kg 53g~64g 46g~55g 3kg~3. 5kg 64g~75g 55g~64g 3. 5kg~4kg 75g~85g 64g~73g 4kg~4. 5kg 85g~96g 73g~82g 4. 5kg~5kg 96g~107g 82g~92g 5kg~6kg 107g~128g 92g~110g 6kg~7kg 128g~150g 110g~128g 7kg~8kg 150g~171g 128g~147g 8kg~10kg 171g~214g 147g~183g 10kg~12kg 214g~256g 183g~220g 12kg~14kg 256g~299g 220g~256g 14kg~17kg 299g~363g 256g~311g 17kg~20kg 363g~427g 311g~366g 20g~23kg 427g~491g 366g~421g 23g~27kg 491g~577g 421g~494g 27g~30kg 577g~641g 494g~549g シニア犬は最も要注意! モグワンに変える時は 気を付けてほしいポイントが3つあります。 ポイント1 給与量の下限からスタート シニア犬は特に、消化器官に負担が掛かります。 子犬や成犬以上に気を付けて、まずは給与量の下限から始めて様子を見ましょう。 ポイント2 別のドックフードからの切り替えは約1週間程度かけてゆっくりと 急にドックフードを切り替えると他にも危険があって、 下痢や嘔吐の原因になりえます。 ポイント3 シニア犬は食べる量が減る傾向に…ウンチも硬くなりがちです! 成犬に比べて、 やはりシニア犬は食べる量が減る傾向に。 もしウンチも硬くなる様子であれば、 低カロリーなドッグフード(100gあたり360~380cal)に切り替えてもokです! 【未避妊・避妊別】シニア犬の個体差を考慮したモグワンの給与量の計算方法【4STEP】 シニア犬に最適なモグワンの正しい給与量と個体差を考慮した計算をしていきます! シニア犬と言っても、 成犬と同じように様々な状態の愛犬がいますよね! その方法を4つのSTEPに分けて、説明していきます。 モグワンのカロリーは100gあたり344kcal 1gあたり3. 【STEP4】ウンチの状態をみて愛犬に合ったモグワンの給与量を決定! 最後に愛犬の「ウンチ」の状態をみて、 モグワンの給与量を決めます。 5 5g増やす 理想なうんち グレート1. 5~2. 5 現状維持 許容範囲のうんち グレート3~3. 5 5g減らす 柔らかいうんち グレード4~グレード5 ・5g減らす・2日以上続く場合は獣医さんに相談しましょう 愛犬のウンチが「柔らかいウンチ」であれば、 1日当たりの給餌量を5g減らしましょう! 今回の場合だと、80-5=75g また、「硬いウンチ」であれば、 1日当たりの給餌量を5g増やしましょう。 今回の場合だと、80+5=85g 万が一、愛犬にモグワンが合わず、 下痢や嘔吐が2日以上続くようであれば すぐに病院に行ってください。 どうしても自分では分からない!そんな時は、モグワン専任のスタッフかサポートへ電話! モグワンの一番の強みとしては、 専任のペット栄養管理士といった"ドッグフードのプロ"が 購入者のサポートをしてくれるサービスがあること!! ここで紹介したモグワンの適正量以上に、 丁寧に教えてくれたり悩みを相談できます! だから困ったら、悩みを抱えず気軽に利用しましょう。 連絡先は下記に記載しますね! TEL E-mail 0570-200-012 info laeririenpet. com 今回はどんな愛犬の飼い主さんでも、 モグワンの適正量が分かるように一生懸命お伝えしてきました! 量も大切ですが、 愛犬の健康と満足してくれる顔の方がもっと大切。 そんな部分も自信をもってオススメできるのがモグワンなので、 愛犬の幸せを願うならぜひ一度試してみてくださいね。

次の

モグワンの正しい給与量が一目で分かる【私の愛犬なら何日持つの?】

モグワン 大型犬

最近よく聞くドッグフード『 モグワン』 グレインフリーといって、犬が消化吸収できないといわれている穀物を使っていないプレミアムドッグフードです。 手作り食をコンセプトに作られたドッグフードで、口コミがとってもいいんですよね。 愛犬家の中でも今、かなりの人気を誇っているんだとか。 中型犬以上のワンちゃんや、多頭飼いでモグワンを迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。 モグワンドッグフードの特徴• 食いつきの良さと愛犬の健康を最大限に考え開発されたドッグフード• ヒューマングレードの原材料を使用• 犬が消化できない大麦やとうもろこしなどの穀物は不使用のグルテンフリー• 着色料、香料不使用・全犬種、全ライフステージに対応• プレミアムドッグフードの中では脂質が低くカロリーも低め• 販売はからのみ と、この通りいいこと尽くめのドッグフードですね。 いろんなブログや口コミを見ても、いい評価がかなり多いです。 獣医さんやドッグトレーナーさんですすめている人もたくさんいらっしゃいます。 特にプレミアムドッグフードと呼ばれている中でも、 モグワンの特徴は脂質が低くカロリーも控えめなこと。 なのでダイエット中のワンちゃんや、たくさん量を食べたいワンちゃんには向いていると思います。 モグワンは中型犬や大型犬だとダメ? モグワンの口コミなどを見ていると、チワワやダックス、トイプーなどの小型犬ばかりなんですよね。 中型犬や大型犬でもモグワンは食べていいのかな?って、少し不安になりますよね。 モグワンは 小型犬はもちろんのこと、中型犬や大型犬でも食べれるドッグフードです。 年齢も パピー(幼犬)からシニア犬まで食べれる万能のドッグフード。 けれど注意したい点がいくつかあります。 まず1つめは 粒の大きさ。 モグワンは小型犬でも食べやすいように、かなり小さめで穴があいた形状になっています。 この写真だと左側の色の濃いほうがモグワン、右は我が家が今まで食べていた中粒のドッグフードです。 見ての通りかなりの小粒で、丸呑みしてしまうような犬だと噛まずに飲み込めてしまうサイズです。 厚みも薄くて、ドーナツのような形をしています。 プレミアムドッグフードはあまり大きい粒のものが少ないのですが、大型犬でもし大きめの粒がいいというのであればやの大粒のものがいいかもしれませんね。 またモグワンはカロリーが低めなので、全年齢対応と入っても成長期の幼犬や妊娠中の犬には、もう少しカロリーが高いフードのほうがいいとも言われています。 そしてもうひとつ気になるのが、 コストパフォーマンスです。 ドッグフードは毎日2~3食とはいえ、やっぱり毎日のことなので金額が高くなればなるほど家計にも響いてくるんですよね。 モグワンはその中でも、トップクラス級にリッチなドッグフードなんですよね。 なので食べる量が多い中型犬や大型犬にモグワンを与えるとなると、かなりの食費がかかるのは覚悟が必要です。 これについては後ほど、もう少し詳しく書きますね。 モグワンの正直な口コミ評価 というわけで、とりあえず高くなることは承知の上でどんなものかとモグワンを購入してみました。 我が家の2頭はもともと食べるの大好きで、どんなドッグフードも食べないなんてことはありません。 最大の6パックはさすがに金額も金額なので、万が一食べなかったりお腹に合わなかったりを考えると手が出ませんでした(笑) そんなわけで注文して3日後に、無事到着しました。 早速パッケージを見てみると、なんだか高級感あふれるパッケージですよね。 しかも1個が1. 裏側には、人間も食べられるほどの食材を使ったという表示と、使用している材料のイラストがあります。 チキンにかぼちゃにトマト、バナナ、りんごと確かにおいしそうですよね。 原材料を見てみると、 チキンとサーモンで全体の56%を占めているそう。 グレインフリーというだけあって、穀物は一切入っていません。 早速パッケージを開けてみると、香りは なんともいえない濃いー匂いです(笑) 今までのドッグフードとは確実に違う匂いなのですが、すっぱいというかなんというか・・・ チキンとサーモンの匂いといえばそんな気もしますが、香料を使っていない分匂いがきついそうです。 ただ結構匂いはきついなと感じました。 そしてひとつとっても感動したことがこれ! パッケージのジッパー部分が、このように マジックテープのようになっているんです。 ドッグフードって袋にこういったジップがなかったり、あってもきちんと閉めるのが結構大変なんですよね。 なので指でスライドするだけでしっかりと閉じるこのジップには、ちょっと感動してしまいました。 けれど後でよく見てみると、 マジックテープなので完全には密閉できていないんですよね。 けれど完全に密封されているわけではないので、湿気対策などは必要です。 まぁ我が家の場合は1袋を6日弱で消費してしまうので、そこまで密閉できていなくても湿気を気にする必要もないのでよしとしましょう。 小型犬で1袋3週間とかかかって食べるのであれば、容器を移し変えるか何かでしっかり密閉できるようにしたほうがいいかもしれませんね。 2ヶ月で体重も増えていなかったので、その量で適量なのかと思います。 さらに先ほども書いたとおり、我が家は2頭とも噛まずに飲み込む派なので、モグワンもいつもどおりふやかしてあげています。 5分ほどふやかしたのがこの状態です。 ちなみに粒の大きさが小さいので、今までのブラックウッドと一緒に水に入れてふやけ方を比べてみました。 真ん中にも穴があるので、やっぱりお水を吸収するのが早いです。 5分たったところで指で押さえてみたら、ブラックウッドのほうはまだ硬かったのに比べ、モグワンは軽い力で割れてしまいました。 やっぱり粒が小さい分、水でふやける時間も短いようです。 今までよりふやかす時間が短くなったのは、モグワンにしてよかった点ですね。 『マテ~』からの 『よしっ!』でがっつき始めます。 『食いつきがいい!』『えさを選り好みする愛犬も、残さず食べる』 といっている人がいるかと思えば 『まったく食べない。 チキンのスープをかけてやっと何とか食べる』『残してしまう』 なんて口コミまで・・・ こればっかりは犬の好みもありますし、与えてみないとわからない部分かなと思います。 けれど我が家のように何でも食べるよ!っていう犬なら、問題なく食べてくれると思いますよ。 小型犬で食が細かったり好き嫌いがある子の場合は、モグワンに変えるときはためしに1パックだけで購入して与えてみたほうがいいかもしれないですね。 我が家が中型犬2頭にモグワンを与えてみた結果・・・ そんなわけでドッグフードをモグワンに切り替えた我が家。 ドッグフードのよさは3ヶ月続けてみないとわからないと言われているので、とりあえず3ヶ月間は継続してみようと頑張ってきました。 そして今で約2ヶ月。 愛犬達の様子に違いは特に見当たりません。 うんちも特にゆるくなることはなく、もともと不調もなかったのでよくなった点もなし。 先日ちょうど健康診断をしてきましたが、血液検査などの結果も2頭とも特に問題なし! けれどまだ食べ初めて2ヶ月なので、この結果は特にモグワンのおかげだけとは言えないかなと思います。 どちらかというと、今まで食べ続けてきたフードのおかげでもある気がするんですよね。 そしていろいろ考えた結果、モグワンじゃなくてもいいんじゃないかと思い始めました。 っていうのも、やっぱり続けてみて感じるのは とにかくお値段が高いこと! 計算してみてちょっとびっくりしたので聞いてもらえますか? 今まで与えていたフードとモグワンを比べてみた結果、思った以上に金額に差があったんです。 ちなみに我が家が今まで購入していたドッグフードは、こちらのブラックウッド1000です。 それにいつも楽天で購入するので、10%のポイントがつくのも嬉しいところ。 ブラックウッドの気になる点は、大麦やコーンなどの穀物を使っているところ。 後は塩分が含まれているのも、年齢的にそろそろよくないのかなぁと思っています。 けれどそれ以外は特に気になる点もなく、何よりお値段がお安いのがとってもありがたかったんですよね。 ブラックウッドだと20Kgの大袋でお値段は 13,284円(税込) なので 100グラム当たり66円くらいです。 20キロだと2頭で消費しても、ちょうど2ヶ月くらいはもつんです。 それに比べてモグワンは、1. 8キロの小袋しかなく1袋で 3,960円 税抜 ! 税込みにすると4,276円です。 100グラム当たり237円とかなりお高いんです。 定期購入やまとめ買いなどでお安くはなりますが、最大でも20%OFF。 20%引きでも 100グラムは190円ほどです。 確かに内容を読む限りだととってもいいドッグフードですし、2頭も喜んで食べているので美味しいんだとは思います。 けれど1年で13万円・・・今の我が家には厳しいです(涙) そんなわけで2ヶ月継続してみたモグワンですが、泣く泣くやめて別のフードを探してみることにしました。 今の時点でも体調はいいし病気もないので、最悪見つからなければブラックウッドのままでもいいかなとも思っています。 けれどやっぱり少しでもいいフードにはしてあげたいので、もう少しコスパがいいドッグフードを探したいと思います。 それか、モグワンと別のフードをミックスして与えるなんていうのもいいかなと思っています。 また別のフードなどが見つかれば、こちらでお伝えしますね。 モグワンがおすすめのワンちゃん• 小型犬• 低カロリー低脂質なので肥満予防・ダイエットをしたい犬• 食いつきが悪く、ドッグフードの好き嫌いがある犬• 運動量があまりない犬 こんな感じでしょうか。 もしワンちゃんがなかなかフードを食べなかったり、太り気味で困っているようなら、1度試してみるのもいいと思います。 けれど目に見えて見える変化はそこまでなかったし、やっぱり何より月に1万円アップする費用対効果が感じられませんでした。 なのでもし、なかなかフードを食べないっていうワンちゃんや、涙やけやアレルギーなんかに悩んでいるワンちゃんには1度試してみてもいいと思います。 特に小型犬なら、そこまで食べる量も多くないので多少の食費は増えますが想定内の範囲ですむかなと。 ただ我が家のように中型犬以上や多頭飼いの場合は、一気に出費が増えることは覚悟してくださいね。 我が家はしばらく、フード探しの旅に出てみようかなと思っています。 またいいフードが見つかったら、こちらでご案内させていただきますね。

次の