フォートナイト キーボード設定。 【フォートナイト】プロゲーマー一覧表|感度や使用デバイスとキー設定まとめ【毎日更新】

【フォートナイト】Nephrite(ネフライト) 最新のキー配置設定・感度設定・使っている周辺機器(デバイス) まとめ

フォートナイト キーボード設定

Contents• マウス・キーボードを扱うメリット・デメリット さて、マウス・キーボードにすることによって得られるメリット・デメリットについて見ていきましょう。 メリット• AIM エイム がしやすくなる。 キーの割り振りがコントローラーと比べてたくさんできるため、建築が楽になり、速くなる。 デメリット• 機器 マウス・キーボード が必要になる。 長時間プレイしていると手がコントローラーに比べて疲れる。 これに関しては慣れもありますし、個人差もあります• PCゲームをやってこなかった人からすると慣れるまで操作が難しい。 特にキーボード このようにデメリットも多少はありますが、何より敵にエイムできなければ勝てないので、 エイムがしやすくなるというメリットが大きすぎます。 それに機器をそろえて慣れてしまえばこっちのものです。 ビクトリーロイヤル取り放題です! 個人差大アリ、w マウス・キーボードに少しは興味が持てましたか? それではまず機器 マウス ・キーボード を揃えましょう!! おすすめのマウス Logicool G403 デバイスが揃ったら設定を変えよう! マウス・キーボードがコントローラーと違うところは、好きなキーに好きな設定を割り振れるところです。 どうせなら戦いやすいキー設定にして有利に戦いましょう! マウス感度 マウス感度は人によって違うので、実際に使ってみて自分のあった感度を見つけるのが一番だと思います。 ですが初心者の方がよくしがちなのですが、感度を高いほうから下げていく合わせ方はおすすめしません。 最初はかなり低い感度からだんだん上げていって自分に合った感度を見つけましょう。 デフォルトでやりにくい方だけ変えてください。 武器のスロットなども押しづらい、よく使うキーを少しいじるぐらいでいいと思います あまりいじりすぎると混乱します。 私自身は 武器スロットは3つ目のスロットの武器だけQボタンでも持ち替えられるようにしています。 理由としては2つ目のスロットにショットガンを入れておいて撃ったと同時に3つ目に入れてあるサブマシンガンなどの武器に瞬時に切り替えられるように、すぐ押せるキーに設定しています。 もちろんこれはわたしがやりやすいと思ってこのキーにしているのであって、サイドボタンに割り振っている方やデフォルトのままの方もおられます。 そんなことより最も重要なのは 壁や階段などの建設物のキーです。 これを変えないことには建築が命のこのゲームの建築勝負に負けてしまいます。 建築で最も多く使うのが「壁」と「階段」です。 特に壁は敵から撃たれた時に瞬時に自分の周りに壁を作って自分の身を守らなければならないので、一番使いやすいキーにするべきです。 私はサイドボタンに割り振っています。 そして次に階段。 こちらも敵より上をとる動きをするために必須です。 めちゃくちゃ使うのでこちらも使いやすいキーに割り振りましょう。 優先順位としては、 壁>階段>床>トラップ>屋根です。 この画像ではトラップがF5に設定されているように見えますが、自分はもう一つのサイドボタンに割り振っています。 理由としてはバウンサーなどですぐに使いたい場面でもたつくのが自分的には嫌だなぁと思ったからです。 建築のキー以外にもデフォルトから変えておくべきであるキーが一番下にあるこの3つのキーです。 マップの表示は安置の確認などでよく開くので私はMキーかTABキーで開けるように設定しています。 インベントリアイテムのも順番を変えたり味方に弾を落とすなどかなりよく使うので開きやすいキーにしましょう。 建築編集も建築勝負で非常に重要になってくるキーなので設定しておくようにしましょう。 フォートナイトをより快適に おまけ こちらはキー設定とは関係ないですが、ゲームのやりさすさに直結するので書いておきます。 操作オプションにある 「ダッシュでリロードキャンセル」はオフにすることを強くオススメします。 理由としては、敵と戦っている最中にリロードしようとしているのに勝手にキャンセルされるということがしょっちゅうあるからです。 これは体験してみるとわかります。 自分はターゲット切り替えもオンにしています。 これは人によってオフにする方もいるので試してみるのが一番早いです。 マウスを直差ししている状態でプレイしているときはアシスト系はオンオフ関係なく適用されません。 ですので放置でOKです。 「ターボ建築」「素材自動切り替え」は元からオンになっているはずですが、これはオンのままにしておくべきです。 一度オフにしてみたらこの2つの恩恵をとても感じました、w 「ドアの自動オープン」や「武器の自動回収」は好みが分かれますが、私は両方つけていません 自分が今したい動きとは違う動きをしてしまうときがあるから。 まとめ 今回は、マウス・キーボードを扱うメリットや おすすめの設定などについてお話させて頂きました。 あくまで私の使いやすい、周りで使っている人が多い設定をご紹介しただけです。 結局は自分で使ってしっくりくるかが重要だと思います。 自分でプレイしながら色々試してみて自分に合った設定を見つけてみてください。 体になじんでくると意識せずとも自分のキャラクターを動かせるようになりAIMに集中できるので、ドン勝も取りやすくなると思います。 自分に合った設定を見つけてジャンジャンドン勝しましょう!! 以上です、最後まで見ていただきありがとうございます!•

次の

【フォートナイト】マウスのG HUBでの設定方法と初心者におすすめのボタン割り当て(ロジクール)

フォートナイト キーボード設定

おすすめの設定 画面 画面設定でマストなのは、 Vsyncとモーションブラーのオフ。 この2項目をオンにすると表示遅延が発生したり余計なエフェクトがかかるため、あらゆるプレイヤーがオフにすることを推奨しています。 他には、「 最大フレームレート」をディスプレイのリフレッシュレートに合わせておきましょう。 ディスプレイの詳細設定から確認できるはず。 合わせないとどうなるかは知りません。 「 描画距離」~「 ポストプロセス」は全部最低でやってるプロもいるそうなので、処理落ちしない範囲でお好みです。 描画距離なんてエピック必須みたいな気がしますけど、そうでもないのが驚き。 ゲーム ゲームタブは、感度をしっかり調整しましょう。 「 マウスのX軸・Y軸感度」は通常時の感度で、「 マウスターゲット感度」はスナイパー以外の照準(覗き込み)感度、「 スコープ使用時マウス感度」はスナイパーの照準(覗き込み)感度となっています。 下の方にスクロールして、「 ターボ建築」と「 素材自動切り替え」はオン必須で、多分初期でオンになっています。 一番下にある「 消耗品を右側に自動ソート」は、開幕時に敵の目の前で武器と間違ってポーション飲んじゃった、なんて事故を減らせるので私はオンにしています。 オーディオ フォートナイトは足音で相手の位置を判断するので、しっかり足音が聞こえるレベルまで「 効果音の音量」を上げておきましょう。 私が設定でいじったのはこれくらい。 おすすめのキー配置 続いてキー配置。 前半は初期のまま。 この辺はややこしいんですけど、「 武器スロット1」はマウスホイール・押す、「 武器スロット2」はマウスホイール・引くを使用しています。 何故左側に置いていないのかというと、アイテムスロットが横に間延びして見づらいため。 (設定すると分かります) これによりマウスホイールをコロコロしても武器スロット1か2しか選択できなくなるので、「 武器スロット3」はC、「 武器スロット4」はVで、それぞれ人差し指と親指で押す形。 「 武器スロット5」は数字の5のままで、もはや咄嗟に押せません。 回復アイテム専用スロットと化しています。 「 Toggle Harvesting Tool」はツルハシへの切り替えでTab。 翻訳はよ。 「 壁・床・階段・屋根」は、フォートナイトのキモである 建築のキー。 色々と試して、自分の押しやすいキーを探すのが一番です。 私も何回か配置変えてコレに落ち着いてます。 この時、滑らかに切り替えられるよう「薬指は壁、人差し指は階段」といった具合に、1本の指に対して1種類の建築物を割り当てることをおすすめします。 「 建築物の回転」は完全に捨ててます。 下手に押せるキーにしたら暴発して変な方向の階段とか建てちゃうので・・・。 その後は特に特筆すべき点は無く~ こんな感じでフィニッシュ。 まとめ フォートナイトって初期設定こそぶっ飛んでるものの、「必ずこうすべき」という設定はそんなに多くありません。 なんせマウス探し中な私は現在3ボタンマウスを使っており、本来マウスのサイドボタンに割り当てたい項目も無理矢理キーボードに配置しています。

次の

【フォートナイト】キーボードのおすすめ配置は?プロのキーバインド設定を紹介!

フォートナイト キーボード設定

Contents• マウス・キーボードを扱うメリット・デメリット さて、マウス・キーボードにすることによって得られるメリット・デメリットについて見ていきましょう。 メリット• AIM エイム がしやすくなる。 キーの割り振りがコントローラーと比べてたくさんできるため、建築が楽になり、速くなる。 デメリット• 機器 マウス・キーボード が必要になる。 長時間プレイしていると手がコントローラーに比べて疲れる。 これに関しては慣れもありますし、個人差もあります• PCゲームをやってこなかった人からすると慣れるまで操作が難しい。 特にキーボード このようにデメリットも多少はありますが、何より敵にエイムできなければ勝てないので、 エイムがしやすくなるというメリットが大きすぎます。 それに機器をそろえて慣れてしまえばこっちのものです。 ビクトリーロイヤル取り放題です! 個人差大アリ、w マウス・キーボードに少しは興味が持てましたか? それではまず機器 マウス ・キーボード を揃えましょう!! おすすめのマウス Logicool G403 デバイスが揃ったら設定を変えよう! マウス・キーボードがコントローラーと違うところは、好きなキーに好きな設定を割り振れるところです。 どうせなら戦いやすいキー設定にして有利に戦いましょう! マウス感度 マウス感度は人によって違うので、実際に使ってみて自分のあった感度を見つけるのが一番だと思います。 ですが初心者の方がよくしがちなのですが、感度を高いほうから下げていく合わせ方はおすすめしません。 最初はかなり低い感度からだんだん上げていって自分に合った感度を見つけましょう。 デフォルトでやりにくい方だけ変えてください。 武器のスロットなども押しづらい、よく使うキーを少しいじるぐらいでいいと思います あまりいじりすぎると混乱します。 私自身は 武器スロットは3つ目のスロットの武器だけQボタンでも持ち替えられるようにしています。 理由としては2つ目のスロットにショットガンを入れておいて撃ったと同時に3つ目に入れてあるサブマシンガンなどの武器に瞬時に切り替えられるように、すぐ押せるキーに設定しています。 もちろんこれはわたしがやりやすいと思ってこのキーにしているのであって、サイドボタンに割り振っている方やデフォルトのままの方もおられます。 そんなことより最も重要なのは 壁や階段などの建設物のキーです。 これを変えないことには建築が命のこのゲームの建築勝負に負けてしまいます。 建築で最も多く使うのが「壁」と「階段」です。 特に壁は敵から撃たれた時に瞬時に自分の周りに壁を作って自分の身を守らなければならないので、一番使いやすいキーにするべきです。 私はサイドボタンに割り振っています。 そして次に階段。 こちらも敵より上をとる動きをするために必須です。 めちゃくちゃ使うのでこちらも使いやすいキーに割り振りましょう。 優先順位としては、 壁>階段>床>トラップ>屋根です。 この画像ではトラップがF5に設定されているように見えますが、自分はもう一つのサイドボタンに割り振っています。 理由としてはバウンサーなどですぐに使いたい場面でもたつくのが自分的には嫌だなぁと思ったからです。 建築のキー以外にもデフォルトから変えておくべきであるキーが一番下にあるこの3つのキーです。 マップの表示は安置の確認などでよく開くので私はMキーかTABキーで開けるように設定しています。 インベントリアイテムのも順番を変えたり味方に弾を落とすなどかなりよく使うので開きやすいキーにしましょう。 建築編集も建築勝負で非常に重要になってくるキーなので設定しておくようにしましょう。 フォートナイトをより快適に おまけ こちらはキー設定とは関係ないですが、ゲームのやりさすさに直結するので書いておきます。 操作オプションにある 「ダッシュでリロードキャンセル」はオフにすることを強くオススメします。 理由としては、敵と戦っている最中にリロードしようとしているのに勝手にキャンセルされるということがしょっちゅうあるからです。 これは体験してみるとわかります。 自分はターゲット切り替えもオンにしています。 これは人によってオフにする方もいるので試してみるのが一番早いです。 マウスを直差ししている状態でプレイしているときはアシスト系はオンオフ関係なく適用されません。 ですので放置でOKです。 「ターボ建築」「素材自動切り替え」は元からオンになっているはずですが、これはオンのままにしておくべきです。 一度オフにしてみたらこの2つの恩恵をとても感じました、w 「ドアの自動オープン」や「武器の自動回収」は好みが分かれますが、私は両方つけていません 自分が今したい動きとは違う動きをしてしまうときがあるから。 まとめ 今回は、マウス・キーボードを扱うメリットや おすすめの設定などについてお話させて頂きました。 あくまで私の使いやすい、周りで使っている人が多い設定をご紹介しただけです。 結局は自分で使ってしっくりくるかが重要だと思います。 自分でプレイしながら色々試してみて自分に合った設定を見つけてみてください。 体になじんでくると意識せずとも自分のキャラクターを動かせるようになりAIMに集中できるので、ドン勝も取りやすくなると思います。 自分に合った設定を見つけてジャンジャンドン勝しましょう!! 以上です、最後まで見ていただきありがとうございます!•

次の