ワープ スタビライザー。 撮影した動画の手ブレを補正する方法「ワープスタビライザー」Adobe After Effects 2020

【Premiere Pro】動画のブレを補正する方法『ワープスタビライザー』

ワープ スタビライザー

本日は Premiere Pro CC に搭載されている、ワープスタビライザーの機能をご紹介。 ワープスタビライザーとは? ワープスタビライザーはCS5. 5から搭載された、 手ブレ軽減の為の映像エフェクトです。 手持ちで撮影した映像は、固定で撮影したものと比べるとどうしてもブレの多い映像になってしまいますよね。 子供の運動会を撮影した、お気に入りの映像がブレて困っている。 趣味で撮影したスポーツの試合の映像がブレている。 YouTuber(ユーチューバー)になりたくて撮りためた映像がブレまくって困っている。 そんな魅力的な映像エフェクトを今回はご紹介します。 実際の映像を例に見ていきましょう。 スポンサー リンク スタビライザーの使い方 編集画面(向かって左下の)のパネルからエフェクトタブを開きます。 初期設定では、こちらにエフェクトパネルの項目があります。 選択したエフェクトを該当する映像に、ドラッグ&ドロップで適用すると、自動で映像の分析が始まります。 エフェクトをかける際に注意しなければ行けないことが一点。 読み込んだ映像ファイルと、シーケンスのフレームサイズが一致していないと、「シーケンスと一致するにはワープスタビライザーのクリップディメンジョンが必要です」とのエラーメッセージがでます。 エラーメッセージが表示された場合、動画サイズに合わせた新規のシーケンスを作成して、ワープスタビライザーを適用し、作業を進めましょう。 エフェクト適用後、映像の分析には少々、時間がかかります。 プレビューパネルの青いバーで現在の進行状況を確認しましょう。 映像の分析後、スタビライズが始まります。 スタビライズとは映像のブレを修正する課程です。 スタビライズの処理については、エフェクトのコントロールパネルより選択できます。 では実際にエフェクトをかける前の映像と、かけた映像。 二つの映像を比べてみましょう。 スポンサー リンク エフェクトを適用した映像を比較してみる 前半がエフェクト適用前の映像。 後半がワープスタビライザーを適用した映像です。 いかかでしょう。 前半の映像に関しては、明らかに映像がブレていますが、後半は映像が滑らかになっているのがわかりますか? 今回はデフォルトで以下の設定を試しました。 【スタビライズ設定】• スタビライズすることのデメリットもある スタビライズされた映像はトリミング、拡大され、画質が荒くなるというデメリットもあります。 コントロールパネルを調整して、お好みの映像に仕上がるように、トライしてみてください。 今回ご紹介した、映像エフェクトはAfter Effects CCにも搭載されています。 Premiere Pro CC 、After Effects CC 、どちらも以前は高額なソフトでしたが、CCに以降してからは月額の料金プランとなり比較的、手の出しやすいものになりました。 1か月の無料体験版もあるので、まだソフトをお持ちでない方はこれを機会に、お試しあれ。

次の

Adobe Premiere Pro CS6 の「ワープスタビライザー」は使えるのか?

ワープ スタビライザー

撮影して編集しようと思ったけど、映像がすごく手ブレしていてキモチワルイ・・・。 どうにかできないかな? 動画を撮って、いざ編集しようと思ったけど 「動画のブレが気になる」ってことありますよね。 特に、スタビライザーなしで撮影した動画はどうしてもブレが出てしまうため、汚い動画になりがちです。 でも、諦めるのはまだまだ早いですよ。 AdobePremiereProなら エフェクトを使って、ある程度の手振れ補正をしてくれます。 ということで今回は、Adobeプレミアプロを使って手振れ補正をする方法を解説していきます。 本記事の内容• Adobeプレミアプロのエフェクトで手振れ補正をする方法 Adobeプレミアプロの手振れ補正エフェクト「ワープスタビライザー」 Adobeプレミアプロで手振れ補正をするのは簡単で、「ワープスタビライザー」というエフェクトを加えるだけで簡単な手振れ補正をすることができあます。 やり方は・・・• エフェクトの検索窓に「ワープ」と検索• ワープスタビライザーを補正したいクリップにドロップ&ドロップ これだけです。 ワープスタビライザーエフェクトを使う時のコツ ワープスタビライザーエフェクトを使う時のコツとして、以下の点は抑えておきたいです。 感度は1%~10%• ワープスタビライザーを使用しすぎない スタビライザーの感度はデフォルトで50%に設定されていますが、あまり大きすぎると不自然な動画になってしまうのでオススメしません。 基本は1%~10%で設定しましょう! また、手振れ補正がかかるからといって、エフェクトの使い過ぎは止めましょう。 エフェクトを使い過ぎるとデータが重くなり、書き出しに時間がかかったり、データのアップロードに時間がかかったりする原因になります。

次の

ワープスタビライザー手ブレ補正使い方 Adobe Premiere Pro

ワープ スタビライザー

撮影して編集しようと思ったけど、映像がすごく手ブレしていてキモチワルイ・・・。 どうにかできないかな? 動画を撮って、いざ編集しようと思ったけど 「動画のブレが気になる」ってことありますよね。 特に、スタビライザーなしで撮影した動画はどうしてもブレが出てしまうため、汚い動画になりがちです。 でも、諦めるのはまだまだ早いですよ。 AdobePremiereProなら エフェクトを使って、ある程度の手振れ補正をしてくれます。 ということで今回は、Adobeプレミアプロを使って手振れ補正をする方法を解説していきます。 本記事の内容• Adobeプレミアプロのエフェクトで手振れ補正をする方法 Adobeプレミアプロの手振れ補正エフェクト「ワープスタビライザー」 Adobeプレミアプロで手振れ補正をするのは簡単で、「ワープスタビライザー」というエフェクトを加えるだけで簡単な手振れ補正をすることができあます。 やり方は・・・• エフェクトの検索窓に「ワープ」と検索• ワープスタビライザーを補正したいクリップにドロップ&ドロップ これだけです。 ワープスタビライザーエフェクトを使う時のコツ ワープスタビライザーエフェクトを使う時のコツとして、以下の点は抑えておきたいです。 感度は1%~10%• ワープスタビライザーを使用しすぎない スタビライザーの感度はデフォルトで50%に設定されていますが、あまり大きすぎると不自然な動画になってしまうのでオススメしません。 基本は1%~10%で設定しましょう! また、手振れ補正がかかるからといって、エフェクトの使い過ぎは止めましょう。 エフェクトを使い過ぎるとデータが重くなり、書き出しに時間がかかったり、データのアップロードに時間がかかったりする原因になります。

次の