日 鉄 興和 不動産。 新日鉄興和不動産、「日鉄興和不動産」への商号変更を決議 :日本経済新聞

首都圏

日 鉄 興和 不動産

日鉄興和不動産 常務取締役 住宅事業本部長の吉澤恵一氏(左)と、MONET Technologies 代表取締役副社長兼COOの柴尾嘉秀氏(右) 同社におけるマンション事業においては、無人コンビニや宅配型トランクルーム、家具のサブスクリプションサービスなど先進的な取り組みも行っており、MaaS領域においても2016年6月にMONETコンソーシアムに加入している。 不動産デベロッパーなどのMaaSへの取り組みは主にエリア単位となっており、マンション単位におけるモビリティ領域の取り組みとしては、マンション内でのカーシェアやサイクルシェア、最寄り駅とのピストン運行を行うシャトルバスはあるものの、MaaSへの取り組みはこれまで見受けられなかったという。 対象となるリビオシティ・ルネ葛西は、東京メトロ葛西駅から徒歩18分の立地にあり、総戸数は439。 入居者に若年層が多く、MaaSへの許容性があると推察されることや、周辺に公共施設が点在しているほか異なる鉄道路線もあり、多様なニーズを確認できることから実験運行を決定。 さらに利用ニーズなどを住人にヒアリングを行い、さまざまな意見があるなかで一定のニーズを感じているという。 例えばカーシェアについても、ちょっとした移動では手軽に使えると言い難いことや、特に女性を中心としていつも使っている車ではないことに抵抗感を感じるという意見もあったという。 最寄り駅以外の移動ニーズも、ヒアリングを通じて公共施設が点在している地域でもあるため求められていることを確認しているほか、子どものライフスタイルの変化に伴って塾や習い事などの移動に活用できることや、マンション専用であれば子ども一人でも安心して乗せられるという声もあったという。 主に駅からの距離があり、路線バスの利用も難しい立地などでは、前述のようにマンションからシャトルバスでの運行をしているケースはあるものの、駅との往復運航のため、通勤通学の用途がメインとなる。 そうなると昼間の稼働率はおおむね低くなり、維持コストも高く、500戸以上の大規模物件でないと継続が困難と指摘する。 これを踏まえ、オンデマンド運行によって昼間の稼働率を高め、維持コストを下げることができれば、より小規模物件でも住民専用モビリティ導入の可能性が見えてくると期待を寄せる。 今回の取り組みでは、おおむね一日300人の利用があれば、運営コストが赤字にならないラインとしている。 今後の展望としても他物件での導入や移動以外の付加価値を検討していくという。 吉澤氏は、近年のマンション立地において、駅からの距離が重要視される傾向にあり、特に首都圏の新築マンション市場は都心の便利な物件に人気が集中し、価格が高騰しているという。 今回のマンション向けMaaSの取り組みが広がり、郊外や駅から遠い物件での利便性の向上を図ることができれば、新たな土地活用や安価なマンション開発の可能性が見いだせると説明した。 柴尾氏は、乗車動向や車両の動きなどのログデータを用いて、住人の声をシステムに反映し生活の実態にあわせたものにしていき、満足してもらえるものにするとともに、このノウハウを活用して過疎地などでも事業を展開していきたいとした。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

新日鉄興和不動産、「日鉄興和不動産」への商号変更を決議 :日本経済新聞

日 鉄 興和 不動産

再開発が進む虎ノ門〜新橋を結ぶ先進のアベニューサイド• JR「新橋」駅徒歩6分、4駅9路線のマルチアクセス• 山手線の内側、港区アドレス。 新橋・虎ノ門から銀座・芝も生活圏 最寄り駅 JR山手線・京浜東北線・東海道本線(上野東京ライン)・横須賀線「新橋」駅徒歩6分他 所在地 東京都港区新橋4丁目 交通 JR山手線・京浜東北線・東海道本線(上野東京ライン)・横須賀線「新橋」駅徒歩6分,、都営浅草線「新橋」駅徒歩6分、東京メトロ銀座線「新橋」駅徒歩7分、都営三田線「御成門」駅徒歩8分、都営三田線「内幸町」駅徒歩8分、ゆりかもめ「汐留」駅徒歩8分、都営大江戸線「汐留」駅徒歩9分• シングル向け• 山手線徒歩圏内• 中央区晴海5丁目。 約18haの敷地に4,145戸という大規模複合開発の街が誕生。 三方を海に囲まれた眺望や、四季を彩る豊かな樹木。 51の共用施設が暮らしに潤いを。 東京2020オリンピック・パラリンピック選手村活用後、新築住宅として完成予定。 最寄り駅 【4街区】都営大江戸線「勝どき」駅 A3b出口利用 下車徒歩17分 E棟 ・18分 D棟 ・19分 C棟 ・20分 B棟 ・21分 A棟 【5街区】都営大江戸線「勝どき」駅 A3b出口利用 下車徒歩17分 D棟 ・18分 C棟 ・19分 B棟 ・20分 E棟 ・21分 F棟 ・22分 A棟 【6街区】都営大江戸線「勝どき」駅 A3b出口利用 下車徒歩20分 B・C・D棟 ・21分 E棟 ・22分 A・F棟 所在地 東京都中央区晴海五丁目 交通 【4街区】都営大江戸線「勝どき」駅 A3b出口利用 下車徒歩17分 E棟 ・18分 D棟 ・19分 C棟 ・20分 B棟 ・21分 A棟 【5街区】都営大江戸線「勝どき」駅 A3b出口利用 下車徒歩17分 D棟 ・18分 C棟 ・19分 B棟 ・20分 E棟 ・21分 F棟 ・22分 A棟 【6街区】都営大江戸線「勝どき」駅 A3b出口利用 下車徒歩20分 B・C・D棟 ・21分 E棟 ・22分 A・F棟• 大規模• 吉祥寺、三鷹、井の頭公園の懐/2駅4路線利用可 3路線始発駅• 住居系地域に囲まれた、5階建て低層邸宅 最寄り駅 JR中央線・総武線(東京メトロ東西線乗り入れ)「三鷹」駅徒歩19分 所在地 東京都三鷹市下連雀6丁目 交通 JR中央線・総武線(東京メトロ東西線乗り入れ)「三鷹」駅(南口)より徒歩19分 または京王バス・小田急バス4分「連雀通り商店街」バス停下車徒歩1分、京王バス・小田急バス4分「下連雀七丁目バス停下車徒歩2分。 JR中央線・総武線(東京メトロ東西線乗り入れ ・京王井の頭線「吉祥寺」駅より京王バス・小田急バス6分「連雀通り商店街」バス停下車徒歩2分、 京王バス・小田急バス7分「下連雀七丁目」バス停下車徒歩2分。

次の

新日鉄興和不動産株式会社(旧:新日鉄都市開発)はどうですか?|デベロッパー・ゼネコン・リノベーション会社の評判は?@口コミ掲示板・評判

日 鉄 興和 不動産

本社が入る赤坂インターシティAIR 市場情報 非上場 略称 NSKRE 本社所在地 〒107-0052 1丁目8番1号 : 設立 (9年) (創業) 事業内容 オフィスビルの開発・賃貸・管理 マンション・戸建住宅の開発・分譲・賃貸 商業施設・物流施設等の開発・賃貸・管理 外国人向け高級マンションの賃貸・管理 不動産の売買・仲介・鑑定・コンサルティング 不動産証券化商品の企画・出資 代表者 今泉泰彦 資本金 198億円(2020年3月31日現在) 売上高 1,566億1,800万円(2019年3月期) 営業利益 256億8,400万円(2019年3月期) 総資産 8,614億1,100万円(2019年3月31日現在) 従業員数 518名(2020年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 主要子会社 興和不動産ファシリティーズ株式会社 品川インターシティマネジメント株式会社 外部リンク 特記事項:設立当時の社名は興和不動産販売株式会社 日鉄興和不動産株式会社(にってつこうわふどうさん、英文社名 NIPPON STEEL KOWA REAL ESTATE CO. ,LTD. )は、に本社を置くので、に属する。 企業理念は「人と向き合い、街をつくる。 」 目次• 概要 [ ] の流れを汲み、東京都心においてや高級賃貸マンションの開発と賃貸事業に強みを持つ 興和不動産と、跡地などの大規模遊休地開発や、住宅を中心とした都市部の市街地と建替え事業に強みを持つ 新日鉄都市開発が、(24年)10月に経営統合し 新日鉄興和不動産として発足した総合不動産会社。 (平成31年)4月に 日鉄興和不動産に商号変更。 都心部のオフィスビル賃貸や外国人向け高級アパートメント賃貸といった賃貸事業と、マンションを中心とした分譲事業を主力としている。 日本製鉄が筆頭株主であり、同社のである。 ビル事業では、東京都・・を中心とした、オフィスビルの企画開発、テナントリーシング、ビルマネジメントを行う。 「興和ビル」や大規模オフィスビル「 インターシティ」の他、中規模ハイグレードオフィス 「BIZCORE」(ビズコア)を展開。 住宅事業では、「 Livio」(リビオ)ブランドを中心とした分譲マンションに加え、東京都心の高級賃貸マンション「 HOMAT」(ホーマット)でも知られている。 支店・事業所 [ ] 本社 [ ]• 港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR(受付)20階 支店 [ ]• 関西支店• 九州支店 営業部 [ ]• 名古屋営業部• 大阪営業部• 大阪不動産営業部• 福岡営業部 事業所 [ ]• 室蘭事業所• 釜石事業所• 東海事業所• 姫路事業所• 堺事業所• 大分事業所 沿革 [ ]• (27年)10月 - (初代)興和不動産設立。 (昭和36年) - の前身・グループの富士鐵企業が発足。 (昭和40年)3月 - 同じく新日鉄の前身・グループの八幡不動産が発足。 (昭和45年)• 5月 - 八幡不動産が日鐵不動産に社名変更。 7月 - 富士鐵企業が日鐵企業に社名変更。 (昭和60年)10月 - 日鐵企業と日鐵不動産が合併し、日鉄ライフが発足。 (元年)6月 - 新日鉄に都市開発事業部が発足。 (平成9年)3月 - 興和不動産販売発足。 (平成13年)4月1日 - 新日鉄の都市開発事業部が行うマンション事業を日鉄ライフが継承し、 新日鉄都市開発に商号変更。 (平成14年)4月1日 - 新日鉄都市開発が新日鉄の都市開発事業部を統合。 (平成15年)4月1日 - により、新日鉄都市開発の保険代理事業をエヌエス保険サービス(現・日鉄住金保険サービス)に移管。 (平成16年)9月 - 会社分割により、(初代)興和不動産の事業の大部分を興和不動産販売に移管、興和不動産販売は(2代目) 興和不動産に、(初代)興和不動産はケイアール不動産にそれぞれ商号変更。 (平成19年) - 会社分割(吸収分割)により、日鉄鋼管(現・)のを新日鉄都市開発が継承。 (平成20年) - ケイアール不動産が特別清算を申請。 (平成21年) - 興和不動産が興和品川開発を吸収合併。 (平成24年)• - 興和不動産と新日鉄都市開発が統合を発表。 - 興和不動産が新日鉄都市開発を吸収合併し、 新日鉄興和不動産に商号変更。 (平成31年)4月1日 - 日鉄興和不動産に商号変更。 歴代社長 [ ] 初代 成川哲夫 二代目 永井幹人 三代目 今泉泰彦 受賞歴 [ ]• -東京都一斉帰宅抑制推進モデル企業• -健康経営優良法人2020(ホワイト500)• -健康経営優良法人2019(ホワイト500)• -第31回日経ニューオフィス賞「ニューオフィス推進賞」 主要実績 [ ] 大規模オフィスビル [ ]• - 赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業• - 旧国鉄品川駅東口貨物ヤード跡の再開発によるオフィスビル群。 - 地区の再開発。 、などとの共同事業。 興和川崎西口ビル• 興和住生築地ビル• 日鉄日本橋ビル• 虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業• みなとみらい21中央地区53街区 中規模オフィスビル [ ]• BIZCORE神保町• BIZCORE赤坂見附• BIZCORE築地• BIZCORE渋谷• (仮称)BIZCORE神田須田町計画• (仮称)BIZCORE東神田計画 商業ビル [ ]• クリエ川崎• 六門ビル• 銀座尾張町TOWER• マンサード代官山• 興和仲町通ビル 分譲マンション [ ]• - 、などとの共同事業• - 、との共同事業• リビオタワー板橋 - 防災街区整備事業• リビオタワー川口ミドリノ• テラス渋谷美竹• ザ・神宮前レジデンス - 建替事業• パークコート赤坂 ザ タワー - との共同事業• - 武蔵浦和駅第8-1街区市街地再開発事業• 横濱紅葉坂レジデンス - 建替事業• - 三田小山町地区第一種市街地再開発事業• ザ・ミリカシティ• リビオ橋本タワーブロードビーンズ• エアヒルズ藤沢 - 建替事業• リビオタワー小田急相模原レジデンス - 小田急相模原駅前西地区第一種市街地再開発事業• パークタワー晴海• - 春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業• 十条駅西口地区第一種市街地再開発事業• 三田小山町西地区第一種市街地再開発事業 外国人向け高級賃貸住宅 [ ]• KARA BLANC• ホーマットシャロン• ホーマットバイカウント• ホーマットバージニア• ホーマットアンバサダー• ホーマットプレジデント• ホーマットモナーク• ホーマットバロン 物流施設 [ ]• LOGIFRONT越谷• LOGIFRONT越谷II• 板橋物流センター• 南大阪流通センター 大規模地域開発 [ ]• 八幡東田総合開発 - 遊休地120・地区における再開発。 北九州市と共同での新駅()を中心とした市街地インフラ整備を行い、などを整備した。 大津・勝原地区開発 - の跡地()の再開発。 住宅地やを整備した。 堺・北花田地区開発 - の社宅跡地()の再開発。 住宅地やを整備した。 堺浜地区開発 - 堺製鐵所の遊休地(堺市)を再開発し、商業施設や公園などを整備。 室蘭ショッピングモール開発 - のグラウンド跡地を再開発し、商業施設を整備。 サービスアパートメント [ ]• ザ・ゴールデン・テラス 関連会社 [ ] ビル・マンション管理事業 [ ]• - 会社• - ビル管理会社• 赤坂インターシティマネジメント株式会社• 品川インターシティマネジメント株式会社 不動産賃貸事業 [ ]• 株式会社豊の国エヌエス・マネジメント• NSKRE Residence Myanmar Co. , Ltd. 資産運用事業 [ ]• 興和不動産投資顧問株式会社• ジャパンエクセレントアセットマネジメント株式会社 熱源供給事業 [ ]• 品川熱供給株式会社 保険代理事業 [ ]• 日鉄保険サービス株式会社 - との共同出資。 飲食運営受託事業 [ ]• 株式会社テェイスト・ライフ 警備事業 [ ]• - (ALSOK)との共同出資。 かつての関連会社 [ ]• トップリート・アセットマネジメント株式会社 - を行うのを担当。 (現・)及びとの共同出資で2004年に設立されたが、2012年9月に旧・新日鉄都市開発が三井住友信託銀行に持株を譲渡した。 興和不動産レジデンスサービス株式会社 - マンション管理会社。 2014年4月1日、日鉄コミュニティと合併した。 脚注 [ ] []• 東京商工リサーチ、2008年4月15日• 2012年3月26日付共同ニュースリリース• トップリート投資法人、トップリート・アセットマネジメント 2012年9月28日. 2014年4月6日閲覧。 新日鉄興和不動産 2014年1月10日. 2014年4月6日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の