亭主関白 さだまさし。 さだまさし 関白宣言 歌詞

わろてんか91話あらすじ感想(1/20)てんの台詞はドコ行った?

亭主関白 さだまさし

歌詞をそのまま素直に聞けば反発する気持ち、わかります。 「関白宣言」を初めて聞いたのは私は宮崎でのコンサートでした。 まだ「関白宣言」というタイトルも決まっていない状態で こんな歌作ったんだけどどうかな?と 観客の反応を見たそうな感じで歌われました。 当時私は20歳くらいだったと思います。 すごく素敵なラブソングだと思って、結婚するなら相手の人にこういう風に言ってほしいと思ったことを覚えています。 その当時歌詞に何の抵抗も感じませんでした。 でもそれから結婚し、こどもを育て、こどもが大きくなったころに 若いころに感じなかった抵抗を感じるようになりました。 女だって男についていくばかりじゃやってらんない、と思うようになったんだと思います。 男ってホントに適当なんだからさ、まったく…とか 女だってしたいこともあるじゃない、男に「いい人生だった」と言われてもちょっとね、という気持ちに変わりました。 今それからまたしばらく時が過ぎ、 女がしゃかりきになって何か言ってもなんか大したことないなぁと思うようになりました。 男に張り合って白だ黒だと言い争って男を言い負かしたところで どうせ我が家の争いごとなんか 結果は白でも黒でもどっちでもいいようなことだと思うようになりました。 だったら男に任せて、自分は白だと思うけどまあ黒でもいいわ…と黙って男に決めさせてもいいなって、思うようになりました。 若いうちに男を見る目を養い、そういうふうに任せられる男を選べば それって幸せな家族を築ける近道かもねと思うようになりました。 あの歌は「俺より先に寝てはいけない」って歌っていますが 決してそういう意味の歌ではないことを念のため申し添えておきます。 そんなに嫌っちゃったら、さださんがかわいそうかな?(私は特にファンというわけではないですが) あの歌は「亭主関白」を歌ったものではないと思います。 必ず言うから。 本心は、「二人でいっしょに幸せを作っていこうよ。 君といっしょに歩いていきたいんだ。 それが自分のしあわせ。 だから、君が先に逝っちゃうなんて絶対考えられない。 」 今どきの歌手の「会いたい。 きみがいなくちゃ」の恋の歌と変わらないと思います。 それを、「亭主関白をきどって」歌ったところに面白さがあってヒットしたんだと思います。 個人的にはそう解釈しています。

次の

関白宣言

亭主関白 さだまさし

注目のキーワード 題名もよく間違えられ、『亭主関白』とか、『関白音頭』を買いに来た客もいたという。 また、たなか愛の『良妻宣言』、渋谷岩子の『奥方宣言』、平松愛理の『部屋とYシャツ と私』など女性側からのアンサーソングもいくつか発表され、他にも『関白宣言... お聞きになって「これは良い曲だ」とお思いの方はボタンを押してください。 負荷がかかり迷惑になるため、お避けください。 関白宣言. 作曲者. さだ まさし. データ作成日, 2005. データ作者, 笹山 朝生... nurs. 関白宣言. 作詞, さだまさし. 作曲, さだまさし. 唄, さだまさし. All Rights Reserved 「 うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷 行為を禁止しています。 Click here to visit our sponsor... Amazon. jp: 関白宣言: 音楽: 京阪GIRL,さだまさし,有カリン,マリリン by 京阪GIRL, さだまさし,有カリン,マリリン. 関白宣言 歌:さだまさし 作詞:さだまさし 作曲:さだまさし お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事がある かなりきびしい話もするが 俺の本音を聴いておけ 俺より先に 寝てはいけない 俺より後に起きてもいけない めしは上手く作れ いつもきれいでいろ... 「ギコの関白宣言」. 「ギコの関白宣言」へのコメント! コメント. カラー. 新岐阜ステーションデパートのアイドル企画昭和歌謡のパイオニア『チャーリー服部 と ザ・ナウ・ヤングス』オンステージさだまさし関白宣言.

次の

関白宣言 さだまさし 歌詞情報

亭主関白 さだまさし

歌詞をそのまま素直に聞けば反発する気持ち、わかります。 「関白宣言」を初めて聞いたのは私は宮崎でのコンサートでした。 まだ「関白宣言」というタイトルも決まっていない状態で こんな歌作ったんだけどどうかな?と 観客の反応を見たそうな感じで歌われました。 当時私は20歳くらいだったと思います。 すごく素敵なラブソングだと思って、結婚するなら相手の人にこういう風に言ってほしいと思ったことを覚えています。 その当時歌詞に何の抵抗も感じませんでした。 でもそれから結婚し、こどもを育て、こどもが大きくなったころに 若いころに感じなかった抵抗を感じるようになりました。 女だって男についていくばかりじゃやってらんない、と思うようになったんだと思います。 男ってホントに適当なんだからさ、まったく…とか 女だってしたいこともあるじゃない、男に「いい人生だった」と言われてもちょっとね、という気持ちに変わりました。 今それからまたしばらく時が過ぎ、 女がしゃかりきになって何か言ってもなんか大したことないなぁと思うようになりました。 男に張り合って白だ黒だと言い争って男を言い負かしたところで どうせ我が家の争いごとなんか 結果は白でも黒でもどっちでもいいようなことだと思うようになりました。 だったら男に任せて、自分は白だと思うけどまあ黒でもいいわ…と黙って男に決めさせてもいいなって、思うようになりました。 若いうちに男を見る目を養い、そういうふうに任せられる男を選べば それって幸せな家族を築ける近道かもねと思うようになりました。 あの歌は「俺より先に寝てはいけない」って歌っていますが 決してそういう意味の歌ではないことを念のため申し添えておきます。 そんなに嫌っちゃったら、さださんがかわいそうかな?(私は特にファンというわけではないですが) あの歌は「亭主関白」を歌ったものではないと思います。 必ず言うから。 本心は、「二人でいっしょに幸せを作っていこうよ。 君といっしょに歩いていきたいんだ。 それが自分のしあわせ。 だから、君が先に逝っちゃうなんて絶対考えられない。 」 今どきの歌手の「会いたい。 きみがいなくちゃ」の恋の歌と変わらないと思います。 それを、「亭主関白をきどって」歌ったところに面白さがあってヒットしたんだと思います。 個人的にはそう解釈しています。

次の