クローム キャスト ワイファイ 接続。 ChromecastのセットアップをPC(Windows・Mac)で行う設定方法

クロームキャストの初期設定方法

クローム キャスト ワイファイ 接続

頼んだわよ! また妻の為にクロームキャストを使った検証作業がはじまるのでした。 この記事では、ポケットWiFiを使ってクロームキャストが使えるかどうかを解説してみたいと思います。 ポケットWiFiを使ってクロームキャストを接続したい方は、ぜひこの記事をお読みになっていただき参考にしてください!! 検証機器の紹介! 今回私が検証で使った機器はこちらです。 そしてテレビの代わりに使ったパソコンモニター 私が作業中、リビングで妻がずっとテレビを見ていましたので、今回の検証作業ではパソコンモニターをテレビの代わりに使いました。 AUのデータ通信端末の場合(UQWiMAX まずはこの機種でクロームキャストが繋がるかどうかを試してみました。 結果・・・ 接続できました。 見れるじゃない! 流石ね! 負荷をかけてみる クロームキャストをつないだまま、他のスマホでも動画が見れるかどうか試してみました。 我が家には使っていないスマホが3台あります。 それをフル活用してみました。 その結果・・・ 繋がりました! それも止まることなく綺麗に動画が見れました。 動画でも今回の検証状況を見ることができます。 よければこの動画をご覧ください。  ふ~ん UQWiMAXのポケットWiFiを検討してみたい場合は、下のバナーをタップまたはクリックしてみてください。 DTVチャンネルも見れる 今回はYouTubeの他にもDTVチャンネルの番組がクロームキャストで見れるかどうか検証してみました。 こちらもスムーズに見ることができました。  データ通信機器を使って見れるのかどうかスゴク気になっていましたが、無事に見れました。 ちょっと残念かな・・・ こちらも検証状況を動画にしてみました。  DTVチャンネルは見れるか? AUのポケットWiFiと同様、クロームキャストでDTVチャンネルを見れるかどうかやってみました。 結果は・・・ やはりできませんでした。 YouTubeでもキャストアイコンが表示されなかったので、DTVチャンネルでも同じでした。 UQWiMAXホームルーターの場合 今回は特別にUQWiMAXのホームルーターを使ってクロームキャストを接続してみました。 この機器を使ってもKPOP会できそうね! もし契約する場合は、制限ありよりも無制限の方がよい? 今回それほどポケットWiFiをつなげて動画を見ませんでしたが、それでも一日でかなりの通信量を使っていました。  もしポケットWiFiでクロームキャストを視聴される場合は、無制限の契約にした方がよさそうです。 ポケットWiFiがよいか?それともホームルーターがよいか? 今回の検証結果では、体感的にはポケットWiFiもホームルーターもそれほど変わらない速度が出ていました。 後日、UQコミュニケーションズの方をお話ししましたが、家族でお使いの場合はポケットWiFiよりもホームルーターをオススメしているようです。 理由は筐体が大きい分、ポケットWiFiよりも電波を受信しやすいようです。

次の

クロームキャストの初期設定方法

クローム キャスト ワイファイ 接続

クロームキャストの付属品 クロームキャストの付属品は、• クロームキャスト(本体)• 電源アダプタ• 電源ケーブル• 取扱説明書 の4つのみです。 取扱説明書も見開き1ページのペラ冊子です。 クロームキャスト・電源アダプタ・電源ケーブルを繋ぐとこの様になります。 これをテレビとコンセントに繋ぐだけです。 クロームキャストのテレビ接続方法 クロームキャストのHDMI端子をテレビに接続します。 HDMI入力端子はテレビの裏側や側面にあります(台形の形)。 クロームキャストをテレビに差し込むと上の画面が表示されます。 (画面が切り替わらない場合はテレビリモコンの「入力切替」等でHDMI画面を表示させます。 ) スマホにGoogle Home(グーグルホーム)アプリを入れる スマホにGoogle Home(グーグルホーム)アプリをインストールします。 グーグルホームとはChromecast・Chromecast Audio・Google Homeなどを総合管理できるアプリです。 インストールしたグーグルホームを開き 使ってみるをタップし、使用するグーグルアカウントを選択します。 グーグルホームを利用するにはWiFiを検出するためにスマホの位置情報を利用する必要があります。 スマホの 設定ページなどから位置情報をオンにし、規約に 同意するをタップ。 位置情報をオンにすると自動でChromecastを検出します。 いよいよテレビと接続していきいますよ~。 クロームキャストのセットアップ設定 Chromecastを通じてスマホとテレビが連携されると、テレビ画面とスマホ画面に4桁の英数字が表示されます。 英数字があっているかを確認し、合っていれば はいをタップ。 Chromecastの統計情報や障害レポートなどの情報提供を求められますが拒否しても問題ありません。 実際、今回は 閉じるを選択しセットアップしています。 クロームキャストを使用する場所を選択します。 使用するWiFiを選択し、WiFiパスワードを入力します。 WiFiパスワードはスマホから自動で取得することもできます。 WiFiパスワードはどこに書いてある? WiFiルーターの本体(側面や上部・裏側)に記載されています。 使用しているWiFiルーターによって名称が異なり、「暗号化キー」「KEY」「PSK-AES」「WEPキー」「PASS」「セキュリティーキー」「SSID」などと記載されています。 (画像をキャプするのを忘れましたが)次のページでメールマガジンの登録を求められましたが断りました。 次へではなく 後ででも構わないと思います。 お疲れ様でした! 以上でセットアップは完了です。 クロームキャストの使い方|Youtubeの見方 クロームキャストだけではYoutubeを見ることができません。 クロームキャストは「(Youtubeなどの)アプリとテレビを連携する機械」なので、利用したいアプリは別途スマホにインストールする必要があります。 ちなみにAndroidのスマホには最初からYoutubeアプリがインストールされています。 グーグルホームのメディア欄のYoutube、もしくは直接Youtubeアプリから見たい動画を選択します。 動画を再生すると右上にキャストボタンが表示されるようになります。 この四角いマークをタップします。 キャスト先が表示されます。 キャスト名は「クロームキャスト」ではなく先程選択した「利用する場所名」で表示されます。 私はクロームキャストの類似製品であるAmazon Fire TV Stickも利用しているので表示されています。 キャスト先を選択すると自動でテレビで動画の再生が開始されます。 スマホの画面を閉じてもテレビの再生は止まりません。 クロームキャストではスマホやパソコンがリモコン代わりになります。 Youtubeの場合、動画の再生画面をダブルタップすることで10秒ずつ早送り(画面右側)・巻き戻し(画面左側)できます。 またシークバーをスワイプすることで任意の場面に移動できます。 小さいですが遷移先のサムネイルが表示される為便利です。 動画再生中に別の動画リンクをタップすると「再生」と「キューに追加」が表示されます。 「再生」をタップすると現在見ている動画が停止し、新たに選択した動画の再生が始まります。 「キューに追加」をタップすると視聴予約することができ、自動再生をオンにすることで連続再生することができます。 パソコンからキャストする パソコンからキャストする場合も画面右下に表示されているキャストマークをクリックし、登録した場所名を選択します。 同じWiFiに繋がっていればログインしている必要はないようです。 Chromecast(クロームキャスト)セットアップできないない場合の対処法 スマホのOSを確認する 現在、グーグルホームのセットアップに使用できるスマホのOSは、• Android 4. 4 以上• iOS 9. 1 以上 WiFiルーターの距離を確認する クロームキャストとWiFiルーターの距離は4. 5m~6m以内である必要があります。 各デバイスを再起動する 以下の手順で再起動します。 WiFiルーターの電源ケーブルを外し、一分程度経ってから再度接続する。 クロームキャストの電源ケーブルを外し、再度接続する。 スマホのWiFiのオフにし、再度オンにする。 デュアルバンドのWiFiルーターを使用している場合は、2. 4GHzと5GHzの両方でGoogle Homeのセットアップを試す。

次の

Chromecastの接続に失敗しない設定方法と使い方 | PreBell

クローム キャスト ワイファイ 接続

従来の方法でうまくいかない方はぜひご覧ください。 「接続するための最終兵器登場です chromecast(クロームキャスト)がつながらない方に」 「【改訂版】1 設定しよう Chromecast(クロームキャスト)これならきっと接続できる」 「【改訂版】2 接続しよう Chromecast(クロームキャスト)これならきっとつながる」 chromecast(クロームキャスト)セットアップで接続できない!という方。 至急、Wi-Fiの ここをチェックしてください。 何回か、chromecast(クロームキャスト)のセットアップの記事を書いてきましたが、お伝えし忘れていることがありました。 記事を書いたり、動画を作るために何度か、chromecastのセットアップを試していたのですが、苦労されている方と同じく、 どうしてもWi-Fiの接続でコケてしまうことがあるのです。 いろいろとやっているうちに接続できてしまっていたので、うやむやなままにしていたのですが、 あらためて、Google Playのchromecastのページを見ていて驚きました!! それが、下の画像です。 黄色でマーキングしてある個所にご注目ください。 chromecastがサポートするのは、 2. 4GHzのWi-Fi、しかも802. 何を言っているのか分からない方もいらっしゃると思いますので簡単に説明しますと、 これは、お使いのWi-Fiの規格を表す表示です。 お手元のWi-Fiルーターの本体に書かれている場合もありますし、あるいはマニュアル等を確認いただくと、どの種類の規格をお使いなのか分かります。 一般に、最新型のWi-Fiルーターでは5GHz帯の周波数を使用するように設定されているものが多くなっています。 4GHz帯も同時に使えるものもありますので、マニュアル等確認してください。 また、2. 4GHz帯の機種をお使いでも、802. 11aという規格を設定してある場合もあります。 上にあるように、802. 11b、802. 11g、802. 11nといった他の設定に変更できる場合もありますので確認してみてください。 ただし、現在パソコンやタブレット、スマートフォンなどを接続しているWi-Fiルーターの設定を変えると、再設定しないとインターネットに接続できなくなる場合もありますのでご注意ください。 うちでは、2台のWi-Fiルーターが動いていて、1台は5GHzと2. 4GHz帯のハイブリットですが802. 11aで通信しています。 残念ながら、chromecastに使えません。 もう一台は、最近購入したAirMac Time Capsuleに内蔵のWi-Fi。 こちらも、5GHzと2. 4GHzを使い分けられるのですが、chromecastは2. 4GHz帯、パソコンは5GHzに接続していました。 chromecastとパソコンは同じネットワークにいるものの周波数が違うので、セットアップに手間取ったわけです。 パソコンを2. 4GHz帯に接続し直すとうまくいったのは、そういうわけでした。 参考になるかどうかわかりませんが、該当するようであればお試しください。 こちら、パソコンの接続を5GHz帯から、2. 4GHz帯に切り替えて、接続に成功した貴重な瞬間?!が偶然記録された動画です・・・.

次の