酸素系漂白剤コロナ。 ハイター消毒液の作り方!水で薄めるだけで次亜塩素酸ナトリウム液になる!

使い捨てマスクの再利用:酸素系漂白剤で洗う

酸素系漂白剤コロナ

次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤は、衣料用の「ハイター」と台所用の「キッチンハイター」です。 「ハイター」と「キッチンハイター」は、次亜塩素酸ナトリウム濃度が6%になるように生産されています。 通常、塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、常温で保管されていてもゆっくりと分解し、濃度が低下していきます。 特に、直射日光のあたる場所や高温での保管では分解が進むことが、一般的に知られています。 したがって、お手元の「ハイター」「キッチンハイター」に含まれている次亜塩素酸ナトリウムも、様々な条件で分解している可能性があり、濃度を特定することができません。 必要な次亜塩素酸ナトリウム濃度の希釈液を作るためには、下表に示す目安で希釈することをおすすめします。 塩素系漂白剤の使用には注意が必要ですので、ご使用前には必ず、各製品に表示している内容をご確認ください。 下の製品画像をクリックするとごらんいただけます。 「ハイター」と「キッチンハイター」の希釈の目安 (直射日光にあたる場所や高温での保管をしていない場合) 0. 4杯 10ml 水1リットルに キャップ約0. 8杯 20ml 購入から1年以内 水3リットルに キャップ約0. 7杯 18ml 水1リットルに キャップ約0. 6杯 15ml 水1リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 購入から3年以内 水3リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 水1リットルに キャップ約1杯 25ml 水1リットルに キャップ約2杯 50ml (キャップ1杯は約25ml) *次亜塩素酸ナトリウム濃度 購入時期が不明な場合や、直射日光にあたる場所や高温で保管して濃度の低下が不安な場合は、購入から3年以内の濃度で調整してください。 なお、ご購入から3年以上経過した古い製品では、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が著しく低下している場合がありますので、ご使用はおすすめできません。 十分な注意が必要な製品ですので、必ず使用方法や使用上の注意をよくお読みください。 手指などへのご使用はおやめください。 皮膚についた時はすぐに水で十分洗い流してください。 スプレーした時に霧状の液を吸い込むことがあり、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたりするおそれがあります。 薄めた液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすく効果が持続しません。 使用の都度、必要な量をつくるようにしてください。 更新日:2020年05月01日.

次の

花王株式会社 お問い合わせ 花王の塩素系漂白剤で、次亜塩素酸ナトリウム0.05%、0.1%の液は作れるの?

酸素系漂白剤コロナ

次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤は、衣料用の「ハイター」と台所用の「キッチンハイター」です。 「ハイター」と「キッチンハイター」は、次亜塩素酸ナトリウム濃度が6%になるように生産されています。 通常、塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、常温で保管されていてもゆっくりと分解し、濃度が低下していきます。 特に、直射日光のあたる場所や高温での保管では分解が進むことが、一般的に知られています。 したがって、お手元の「ハイター」「キッチンハイター」に含まれている次亜塩素酸ナトリウムも、様々な条件で分解している可能性があり、濃度を特定することができません。 必要な次亜塩素酸ナトリウム濃度の希釈液を作るためには、下表に示す目安で希釈することをおすすめします。 塩素系漂白剤の使用には注意が必要ですので、ご使用前には必ず、各製品に表示している内容をご確認ください。 下の製品画像をクリックするとごらんいただけます。 「ハイター」と「キッチンハイター」の希釈の目安 (直射日光にあたる場所や高温での保管をしていない場合) 0. 4杯 10ml 水1リットルに キャップ約0. 8杯 20ml 購入から1年以内 水3リットルに キャップ約0. 7杯 18ml 水1リットルに キャップ約0. 6杯 15ml 水1リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 購入から3年以内 水3リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 水1リットルに キャップ約1杯 25ml 水1リットルに キャップ約2杯 50ml (キャップ1杯は約25ml) *次亜塩素酸ナトリウム濃度 購入時期が不明な場合や、直射日光にあたる場所や高温で保管して濃度の低下が不安な場合は、購入から3年以内の濃度で調整してください。 なお、ご購入から3年以上経過した古い製品では、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が著しく低下している場合がありますので、ご使用はおすすめできません。 十分な注意が必要な製品ですので、必ず使用方法や使用上の注意をよくお読みください。 手指などへのご使用はおやめください。 皮膚についた時はすぐに水で十分洗い流してください。 スプレーした時に霧状の液を吸い込むことがあり、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたりするおそれがあります。 薄めた液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすく効果が持続しません。 使用の都度、必要な量をつくるようにしてください。 更新日:2020年05月01日.

次の

酸素系漂白剤でまな板と食器が真っ白に!酸素系と塩素系の違い

酸素系漂白剤コロナ

お風呂のお湯程度か、少し熱い50度位のお湯に、酸素系漂白剤を投入します。 お湯が10リットルにつき、酸素系漂白剤は100グラムとおぼえましょう。 お湯は、なるべく上のほうまで入れたほうが、洗濯槽の裏にあるカビが取れます。 最初は「洗い」のコースで5分ほど回します。 その後、しばらく何もしないでおいて、30分後に再び「洗い」のコースで5分ほど回します。 これを2、3回繰り返します。 そして、排水せずに一晩そのままにしておきます。 次の日の朝、ゴミやカビが浮き出ているので、網などで取り除きましょう。 ゴミやカビをそのまま流してしまうと、排水口が詰まってしまう恐れがあります。 最後にもう一度「洗い」で5分回したら排水します。 その後、今度は水を入れてすすぎをします。 ゴミやカビが出てこないようになったら、掃除の完了です。 石灰は消石灰(水酸化カルシウム)や生石灰(酸化カルシウム)を使います。 消石灰であれば、ホームセンターで販売されています。 消石灰は粉が空中に舞いやすく刺激物でもあるので、目や口に入らないようマスクやゴーグルをしておきましょう。 まず、消石灰10グラムを入れた容器の中に、50度から60度のお湯を30ml入れます。 よくかき混ぜた後、酸素系漂白剤40グラムを入れます。 よくかき混ぜて、マヨネーズ程度のゆるさにします。 これで強力カビ取り剤の出来上がりです。 このカビ取りペーストを、気になるカビの部分に塗ります。 ペーストを作った後、時間が経てば経つほど、カビを取ってくれる成分が抜けていってしまいますので、手早く塗ることが大切です。 カビの部分にペーストを塗ったら、2時間程度そのままにしておきます。 その間にペーストに水分が無くなって来たら、炭酸ソーダ水やセスキ炭酸水をスプレーでふきかけてポロポロにならないようにします。 2時間経ったら、スポンジなどで優しくペーストを取り払って完成です。 よくカビが落ちて便利だからといって、作り置きはしないようにしましょう。 ペーストの中の酸素が抜けてしまうと、カビを取ってくれる成分が無くなってしまうからです。 アルカリ性の漂白剤で、主な成分は次亜塩素酸ナトリウムです。 漂白剤の中で、一番漂白する力の強いのが、塩素系漂白剤です。 殺菌力や除菌力もあります。 主に、白い繊維のものに使用します。 また、カビ取り剤として使ったり、タイルの目地に色がついた時や、台所、浴槽、トイレの掃除に使用するなど、家の中でフル活躍する漂白剤です。 効き目が強い分、繊維を痛めやすいので、いつも使用していると布がだめになってしまうこともありますので注意が必要です。 繊維の染料まで漂白する力を持っているので、色柄物には使用できません。 また、ウール製品や、シルク製品、ナイロンやポリウレタン、アセートのような化学繊維にも使用できません。 入れ物に「まぜるな危険」と書かれていることが多く、酸性の粉末や液体などと反応すると、塩素ガスが発生してしまうので注意しましょう。 塩素のニオイが強いので、使用する時には十分に換気を行って使ってください。 弱アルカリ性の漂白剤で、主な成分は過炭酸ナトリウムです。 4種類の漂白剤の中で、2番めに漂白力があります。 食器洗い機用の洗剤としても使われていて、殺菌力や除菌力もあります。 水に溶けると活性酸素が出てきますが、その時の力で頑固なシミを除去してくれるのです。 塩素系漂白剤のように、柄物の色を漂白してしまうことは無いので、色物柄物に使用できます。 布や服をつけおき漂白する時は、繊維を痛めないので、こちらの漂白剤が向いています。 ウール製品やシルク製品には向いていません。 塩素系漂白剤のように、ツーンとする塩素のニオイが無いので使いやすい漂白剤です。 洗濯槽の掃除の時に使ったり、排水口を殺菌する時にも使われます。 じょうずに漂白するには、お湯を使うことと、長時間つけておくことがポイントです。 酸素系漂白剤は、お風呂位の温度だと一番効果を発揮します。 大きな布や衣類を漂白したい時には、浴槽を使って漂白すると効果的です。 酸素系漂白剤を溶かしたお湯が早く冷めてしまわないように、お風呂のフタをするのも良いでしょう。 酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤よりも刺激も少なく優しい漂白剤です。 しかし、それでも色柄物をどれだけ痛めてしまうかわからないので、最初は目立たない場所に少しだけつけてみてください。 5分後ほど放置して、色が変わったり、他のものに色がついてしまったら、酸素系漂白剤を使うのは止めておきましょう。 簡単に除菌や殺菌をしてくれる酸素系漂白剤は、使いこなせば家中が清潔でキレイになります。 ニオイも取ってくれるので、梅雨前に活用してほしい漂白剤です。

次の