コロナ 営業 自粛。 コロナ長期化、生保に吹く販売自粛という逆風

コロナ対策でナイトクラブ・スナック・バーなどに営業や来店の自粛をお...

コロナ 営業 自粛

都内から「遠征」する客も? 「コロナが騒がれてからは若い年代の方が少し増えたかと思われます。 スタッフからの連絡では、最近は県外のナンバーもよく見られるそうです。 都内の方は自主休業をされているホテルが多いそうで、その影響でひっそりとやっている所に集まっているのかと思われます」 そう証言するのは、神奈川県内のあるラブホテルで働く従業員だ。 投稿フォームにメールがあったことをきっかけに、ゴールデンウイークさなかの5月5日、ツイッターのダイレクトメッセージを通じて話を聞いた。 この従業員が言うように、新型コロナウイルスの流行以後、都内などのラブホテルでは、営業を自粛する動きが。 たとえば、首都圏などに展開するホテルバリアングループでは、新宿エリアの3店舗で、4月6日以降臨時休業を実施している。 ネット検索の件数推移をまとめる「Googleトレンド」のデータも、こうした状況の傍証となる。 過去のデータを見ると、例年ゴールデンウイークやお盆、クリスマス~年末など、繁忙期に合わせて検索件数は上昇する。 利用動向と、ネット上での検索行動は、かなり連動しているようだ。 さて、2020年はと言うと、2月あたりからその数値は目立って減少傾向にある。 特に3月末あたりからは、さらにその数字を減らす。 さすがに、人々の足はかなり遠のいているようだ。 「忙しい」が目立つ従業員のつぶやき 一方で、それほど変化のないところもあるようだ。 上記の従業員は、 「元々コロナの前から夜は満室になる事が多かったのですが、コロナ騒動が始まってからも客足に変わりはなく、スタッフの何人かは客足が減るものと考えていましたが、そんな事はなく、相変わらず夜は満室になる事が多いです」 と説明する。 ツイッター上に、ラブホテルで働く人たちがその愚痴などを書き込む際によく使われる「#ラブホ従業員のつぶやき」というハッシュタグがある。 GW中の、このハッシュタグを使ってつぶやかれたツイートを探ってみると、閑古鳥を嘆く声ばかりでなく、忙しさを嘆く声も目立つ。 「クソ忙しいぞ... 緊急事態宣言ってもう終わったん?忙しいぞ。 満室だ。 やっと休憩」 「むしろラブホテルは外出自粛要請が出てから昼間の休憩が倍増してる現実。 都知事さん達わかってる?」 「ゴールデンウィークっていつまで?笑 満室だぜ?泣」 外国人労働者が支える実情 営業を続けるホテルでは、消毒の徹底など、感染対策を強調するところも多い。 ただ、この従業員が務めるホテルでは、それが十分でないと訴える。 「当ホテルではいつも通りの清掃。 いつも通りの清掃というのは、お客様が使われた物を綺麗に整頓し、性行為に使われたベットのシーツや包布等を新しい物に入れ替える。 お客様が出てから10分~15分程の換気をしながら部屋の簡易的な掃除、もはや掃除というよりも元に戻すだけの作業です。 お客様がどこに触れ、何を使ったかまで把握出来ないような場所で1つ1つアルコールを使って消毒をする事などなく、見た目だけ戻すのみです」 ビジネスホテルなどとは違い、「回転率」が高いのも不安材料だ。 結局、この従業員は仕事を休んでいる。 ほかのスタッフにも同様の動きがあるようだが、そのしわ寄せは、なかなか休みづらい外国人スタッフに。 「日本人で仕事が選べるのだから、今働くべきではないですよ」と背中を押してくれたというが、そんな彼らがシフトを支える状況に、従業員は心を痛める。 「このような状況で、ラブホテルが不要不急の用事に入るのかと来店されるお客様や世間様に問いたいです。 パチンコ店のように、大衆の目に晒されるような場所でないから大丈夫、などの思考を止めていただきたいと思います」 <J-CASTニュースでは、新型コロナウイルス流行に伴い、「私たちの状況を取り上げてほしい、取材してほしい」「#現場を知って」といった声を受け付けています。 からご連絡ください>.

次の

飛び込み営業のコツ! 新型コロナで緊急事態宣言、営業活動は直ちに停止すべき!

コロナ 営業 自粛

店舗、施設に対する休業要請の多くを解除すると決めた広島県の対策本部員会議(15日午後3時16分) 新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言の対象地域から外れたのを受けて、広島県は15日、店舗、施設に対する休業要請の多くを解除した。 飲食店の営業時間の短縮も解き、酒類の提供を午後10時まで延ばした。 外出自粛は週末に限った。 20日ごろの感染状況を踏まえてさらなる緩和を判断する。 県が定める3段階の解除方針のうち、2段階目への移行となる。 20日をめどに判断するとしていたのを前倒しした。 記者会見した湯崎英彦知事は「ウイルスがなくなったわけではない。 逆戻りさせないためにも、注意を払いながら活動を再開してほしい」と呼び掛けた。 休業要請を解除したのは百貨店や学習塾など。 当初の方針では3段階目の解除対象とした体育館やヨガスタジオ、パチンコ店なども加えた。 業界団体や県が定めた感染防止策を徹底するのを条件とする。 飲食店の営業時間は午前5時〜午後9時の間への短縮を求めていたが、全面的に解除した。 酒類を提供できるのは3時間延びた。 県は4月13日から県民に全日の外出自粛を、22日から店舗や施設に休業を、それぞれ要請。 制限の解除は今月11日以降、3段階で進めるとしていた。 新たな感染者を14日まで11日連続で確認しておらず、感染者向けの入院ベッドも約9割空いているため、2段階目の緩和を早めたと説明する。 3段階目では外出自粛を全面的に解除し、飲食店での酒類の提供時間の制限をなくす。 移行の可否は、大型連休中の影響の見極めがつくとみる20日ごろの感染状況で決める。 国の基準を参考に、県内で「直近1週間の新規感染者数が14人以下」を目安にするという。 クラスター(感染者集団)が発生したナイトクラブとライブハウス、接待を伴う飲食店、カラオケ店などについては、全国の状況をみて解除するかどうかを検討する。 現状では、31日まで休業要請を継続するとしている。 (宮野史康).

次の

自粛下の「営業の自由」って 5席のバー、開け続けた :朝日新聞デジタル

コロナ 営業 自粛

〔PHOTO〕gettyimages 責任のない政府に補償義務はあるのか その答えを出す以前に、店舗が営業を取りやめた背景には様々なケースが考えられることを押さえておこう。 例えば以下のようなケースがあり得る。 政府が店舗の閉鎖を強制した場合 2. 政府が店舗の閉鎖を強制はしないものの強く推奨した場合 3. 政府が店舗の閉鎖を推奨も強制もしないが、社会的状況を見て「自主的」な判断のもと店舗の閉鎖を決めた場合 上記3つのケースはどの程度政府の働きかけがあったかという点で異なる。 ただそれぞれの区別は明確ではない。 政府がある店舗や業種に対して営業「自粛」を求める場合を考えてみよう。 その求めが法的拘束力を持たなかったとしても結果として強い社会的圧力になれば、それは法をもって強制したことと変わらない。 この3つのケースの区別が明確ではないとしても、この「補償」という問題を考える際には政府がどの程度その店舗の営業停止をさせる主体となったかを無視することはできない。 というのは「補償」というのはその損失の原因となった主体に対し求めるべきというのが社会通念として定着しているからだ。 例えば、私があなたの店を正当な理由なく破壊したとする。 店の修復費用など店舗再開までの損失は私が負担すべきものと考えられるのが一般的だと思うが、それは私が店を壊し、その店の損失の原因となったからだ。 これは新型コロナウイルスのもとでの政府の損失補償に関しても同じで、政府が店舗の閉鎖を命じていなければ、政府に店舗閉鎖の責任はなく、政府は当然補償する義務はないことになる。 上のケースの1番のようにたとえ政府が命じて店舗が閉鎖されたとしても、新型コロナウイルスの流行は政府の責任ではなく、政府は店舗の閉鎖を命じることを強いられたのであって、他に選択肢の取れなかった政府に対しその損失を負わせることはできないという考え方もできる。

次の