アサヒザゴールド。 LOHACO

アサヒビール アサヒ ザ・ゴールド

アサヒザゴールド

aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-module. module-1,. aplus-v2. aplus-module. module-2,. aplus-v2. aplus-module. module-3,. aplus-v2. aplus-module. module-4,. aplus-v2. aplus-module. module-6,. aplus-v2. aplus-module. module-7,. aplus-v2. aplus-module. module-8,. aplus-v2. aplus-module. module-9,. aplus-v2. aplus-module. module-10,. aplus-v2. aplus-module. module-11,. aplus-v2. aplus-module. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-module table. aplus-chart. a-bordered. aplus-v2. aplus-module table. aplus-chart. a-bordered. aplus-v2. aplus-module table. aplus-chart. a-bordered. a-vertical-stripes td. aplus-v2. aplus-module table. aplus-chart. a-bordered. aplus-v2. aplus-module table. aplus-chart. a-bordered. aplus-v2. aplus-module table. aplus-chart. a-bordered tr td,. aplus-v2. aplus-module table. aplus-chart. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. apm-centerthirdcol ul,. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. apm-fourthcol. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. apm-spacing ul:last-child,. aplus-v2. apm-spacing ul,. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. apm-spacing ul li,. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-module. aplus-v2. aplus-module. aplus-v2. aplus-module. aplus-v2. aplus-module. aplus-v2. aplus-v2 table. aplus-v2 th. important; background-color: f7f7f7; font-weight:normal; color: 626262; float:none! aplus-v2 tr. important; padding-left:14px; padding-bottom:8px; border-top:1px solid dddddd; border-bottom:1px solid dddddd; text-align:center;width:inherit! aplus-v2. apm-tablemodule-valuecell. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2. aplus-v2.

次の

【ビール感想#71】アサヒ ザ・リッチを飲んでみた。意外に軽い感じ。

アサヒザゴールド

こんなビールです アサヒビールさんの新ジャンル。 によると プレミアムビールを目指してつくった、贅沢新ジャンル。 贅沢醸造で丁寧にこだわってつくり、贅沢なコクを実現しています。 アルコール分は、すこし高めの6%。 日々をちょっとリッチな気分でくつろぐのにふさわしい商品です。 新ジャンルと言えば、低コストでいかにビールの看板商品に近いものが作れるかという命題のもとに作られる保守的なイメージがありましたが、最近のアサヒビールさんはといい、新ジャンルでむしろ攻めている印象があります。 喉ごしの真骨頂・スーパードライというメガブランドがあるからこそ、こういうチャレンジができるのでしょうし、むしろ積極的に取り組んでいかざるを得ないのかもしれません。 脱スーパードライはパッケージにも顕著に出ていて、アサヒビールさんがスーパードライから離れたものを作るときは「Asahi」のロゴが小さくなっています。 同社で「リッチ」を冠した商品と言えばが思い出されます。 キレではなく麦芽の旨みを味わってほしいのだと伝わってきます。 いざ乾杯! 開栓すると、アサヒビールで良く感じられる酸味を帯びた甘い香りが立ち上ります。 泡立ちが良く、グラスに注いでいると程よく泡が仕上がります。 それでは乾杯しましょう!!.

次の

特別限定醸造生ビール『アサヒ ザ・ゴールド』が期間限定発売!

アサヒザゴールド

私は、発売当初から 「このビールは厳しいのではないか・・・?」 という見方をしておりましたが、 予想通り定番化できませんでしたね。 不発に終わった最大の理由は、やはり ・味が平凡だった ・パッケージデザインのインパクトが弱い の2点かと思います。 発売当初の立ち上がりはまずますだったものの、 売上が失速するのも早かったゴールドは、 途中、パッケージデザインをハデハデなものに変えるなど、 劣勢挽回の努力はしていました。 しかし、味自体の個性の弱さは どうしようもありません。 要するに、 「ブランドポジションが不明確」 であったため、 十分な数の固定客をつかむまでには いかなかったのでしょう。 しかも、レギュラービールなのに、 「ゴールド」という豪勢なネーミングや 上品なデザインが与える印象から 「プレミアムビール」 と勘違いされ「高い」というイメージを 持たれてしまったのも痛かったようです。 ところで、私は普段はサントリーの 「ザ・プレミアム・モルツ」 を愛飲しておりますが、 なぜかと言えばやはり、このビールの 「個性の強い味」 が好きだから。 一番最初に飲んだ時こそ、 花の香り を思わせる味わいが気になりましたが、 飲み続けるとそれが際立つ個性として感じられ、 クセになりました。 そういえば、 いまだレギュラービールの王者として君臨する 「アサヒ スーパードライ」 も、それまでのビールになかった、 コク・キレのある爽快な味わい が人々の心を掴んだのですよね。 私は思うのですが、結局のところ、 製品はその基本的な価値、ビールで言えば 「味そのもの」 が他のブランドとは明確に異なる 優れた特徴を持っていなければ、 どんなにデザインやマーケティングに力を入れても、 固定客を確保することはできないのです。 「キリン・ザ・ゴールド」の終焉は、 このことを教えてくれているように思います。 余談ながら、 今年5月にアサヒビールから発売予定の 「アサヒ ザ・マスター」 に期待しています。 「味わいビールの傑作」 と自ら謡っているくらいですから、 独特の味わいを提供してくれるんでしょうね? これまで、一部の例外を除き、 ブラインドテスト(ブランド名を伏せた試飲) をしても、 各社競合ビールの違いがほとんど区別できなかった 同質的な日本のビール市場 も少しずつ変わりつつあると言えますかね? (関連記事) *「キリン・ザ・ゴールド」は定番化するか?.

次の