浮き沈み 類語。 「一寸先は闇」の意味とは?使い方の例文と類語・反対語表現も解説

「一寸先は闇」の意味とは?使い方の例文と類語・反対語表現も解説

浮き沈み 類語

「人間万事塞翁が馬」とは? まずはじめに読み方と意味を紹介し、次にその言葉の由来を解説してゆきます。 読み方は「にんげんばんじさいおうがうま」 「人間万事塞翁が馬」は「にんげんばんじさいおうがうま」と読みます。 「塞翁(さいおう)」とは「塞(とりで)」に住む「翁(老人)」という意味です。 「人間」は詳細は後述しますが「人」の意味ではなく、「ジンカン」と音読みする読み方もあります。 また「塞翁が馬(さいおうがうま)」だけで用いられることもあります。 「禍福は予測ができないものだ」という意味の逸話が起源 「人間万事塞翁が馬」の意味はさまざまな解釈がありますが、簡潔に要約するなら「禍い(不幸)や福(幸福)は予測ができないものだ」となります。 さまざまな解釈がある要因としては、その由来が中国の古い思想書に書かれた漢文の寓話であるということや、その思想書の背景には異なる思想を融合した老荘思想があることなどが挙げられます。 「人間万事塞翁が馬」の原文 「淮南子」の人間訓に原文がある 由来となったのは「淮南子(えなんじ)」という紀元前に中国で編さんされた思想書です。 これは古代中国人の思想や宇宙観が体系的に記述されたもので、雑家の書とされています。 淮南子は21篇から成り、その中の第18篇「人間訓」に「人間万事塞翁が馬」のことわざの由来である逸話の原文があります。 「人間万事塞翁が馬」の言葉がそのまま書かれているわけではなく、漢文で書かれたお話しが書かれています。 そのあらすじは、老人の馬が逃げたところ、その馬が優れた別の馬を連れて帰ってきた。 今度は老人の子供がその馬から落馬して足を折ったが、そのおかげで兵役を逃れて命が助かった。 というものです。 この逸話は「禍福は予測ができないものだ」ということを伝えています。 そのことから「塞翁が馬」の教訓が生まれました。 「人間訓」の「人間」とは「世間」の意味 また、この逸話が書かれている第18篇「人間訓」の古い日本語訳には「人世の利害禍福等について述べたもの」と冒頭に記されています。 日本語で「人間」というと「人」のことですが、中国語で「人間」は「世間」という意味です。 「人世(じんせい)」とは「世間」という意味です。 そのことから、「人間万事塞翁が馬」の「人間」は「人」ではなく「世間」のことを指しているという解釈ができます。 このことを踏まえて言葉の意味を付け加えると、「世の中に起きる悪いことも良いことも予期できず、それに振り回されてはならない」という格言だというのがもう少し深い意味となります。 いずれにせよ、人の生き方を戒める言葉であることは変わりがないため、「世の中に起こること」でも「人生に起こること」でもどちらの解釈でも意味はかわらないといえるでしょう。 老荘思想を背景とした戒めの故事成語 さらに、「淮南子」は道教の老荘思想を基本とした修身論であり、人と自然との関わり方を重視しています。 淮南子の教えの骨子は「人間社会に起こるさまざまな欲望を追及せず、自然と一体となる本来の自分を守ることが大切である」ということです。 簡単に言うなら「ありのままを大切にしなさい」という意味です。 その教えを頭に入れて「塞翁が馬」のエピソードを考えてみると、この寓話の奥に広がる壮大な思想を読み取ることができるでしょう。 「人間万事塞翁が馬」の使い方 「人間万事塞翁が馬」には先に説明した事柄から、さまざまな解釈がされています。 言葉の意味と解釈は別であるため、それぞれの解釈で用いるのは問題ありません。 というより、さまざまに解釈をして座右の銘としたり、心のうちに秘めて大切にするのが格言であるといえるでしょう。 さまざまな解釈がある 使い方の例文を紹介する前に、一般的に用いられているさまざまな解釈を紹介します。 不幸や幸福は予測ができないのだから、安易に悲しんだり喜んだりするべきではない• 人間の禍福は変転を繰り返し定まることが無いというたとえ• 幸運は喜ぶことでもなく、不幸は悲しむにも足らないことであるとのたとえ• 世の中で起きることは全く予想がつかないという意味• 人生は予測ができないことでできているので、起こることに意味はない• 幸不幸は予期できず、何が禍福に転じるかはわからない 使い方の事例 ある元外務大臣の言葉が次のように新聞などに掲載されことがありました。 人生で経験することに無駄はない。 「塞翁が馬」という言葉の通りです。 その言葉の意味とは、それぞれの仕事で学んだことは、次の仕事の役に立っている。 だから何を選択しても大丈夫だ。 ということだといいます。 「ありのままの自分を大切にする」という教えが「塞翁が馬」に含まれていることを読み取れる良い事例といえるのではないでしょうか。 「人間万事塞翁が馬」の類語 最後に類語を紹介します。 似ているようで似ていない、類語の意味を味わってみてください。 「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」の意味 人生を川の瀬の浮き沈みに見立てて、不運があっても、そればかりではないから落ち込まないことだ、という意味のことわざです。 「禍福は糾える縄の如し」の意味 「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、交差する縄の表裏をたとえて、幸福と不幸は表裏一体となってやってくるものだという意味のことわざです。 まとめ 「人間万事塞翁が馬」は二千年以上も前に書かれた思想書から生まれた故事成語です。 「世の中に起きる悪いことも良いことも予期できず、それに振り回されてはならない」という意味で、座右の銘としている人も多い教訓の言葉です。 この言葉に出会う人生のタイミングによって、受け取る印象や、その言葉の重みが変わる格言といえるのではないでしょうか。 二千年の間に、どれほどの人たちがこの言葉に思いを馳せたのかを考えてみるのもまた、理解の助けとなることと思います。

次の

浮き沈みするの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

浮き沈み 類語

「失敗は成功のもと」という言葉を慰めに使うのは、ことわざとしての意味を間違って使っていることになります。 ですが、失敗してしょげている人を励ます素晴らしい言葉ではあります。 失敗した人が諦めて辞めてしまうというのが残念なことですが、新しい方法を試したりしていくのに導く可能性を秘めた言葉ですので、慰めとして使うのもいいでしょう。 では、本来の意味はどうなのかというと、慰めるための意味を持った言葉ではありません。 「失敗は成功のもと」の意味をご説明します。 「失敗は成功のもと」の意味 それでは、「失敗は成功のもと」の意味についてみてみましょう。 大きな意味としては、「失敗してもその原因を追究し考えることで、欠点を反省して改善していくことができ、失敗の原因もわかることから、かえって成功に近づくことができること」という意味になります。 同じ失敗を繰り返さないように心がければ、次の成功をもたらす原動力になるということです。 簡単にいうと「なにかに失敗しても、そこから反省して改善していくと成功につながっていく」という意味になります。 このことから、失敗した人に対して、「どんまい、次頑張ろう」という意味合いで「失敗は成功のもとだよ」と使うのは違うということになります。 「失敗は成功のもと」という言葉には、「失敗をすることがいい」という意味で間違っている人もいます。 しかし、これは間違った意味なので、注意しましょう。 「失敗は成功のもと」の使い方 「失敗は成功のもと」は、慰めの言葉ではないにせよ、物事に失敗した人に対して声をかける際に使います。 ただ、慰めとして使う場合も、先にご説明したようにありえることなのですが、失敗したものごとをその人が諦めてしまわないように肩を押すために使うようになります。 また、失敗を繰り返し成功した人が、成功の報告をするような際に、コメントに折り込んだりして使います。 諦めずに失敗をもとに改善を繰り返した結果の成功という意味合いで盛り込みます。 では、「失敗は成功のもと」を実際にはどのように使っていくか、例文を通じて見てみましょう。 「失敗は成功のもと」の例文 「失敗は成功のもと」の使い方には、先にご説明したとおり、2つのパターンがありました。 それぞれのパターンについて、使い方を見てみましょう。 失敗した人への慰めの場合 失敗した人に対して、慰めたり励ましたりする場合に「失敗は成功のもと」という言葉をかけるのに使います。 ・「そんなにくよくよするなよ。 失敗は成功のもとというじゃないか」 ・失敗したことに悩んでも仕方ないよ、失敗は成功のもとと考えて次の対応しよう。 ・一度や二度の失敗で落ち込むな。 失敗は成功のもとだよ。 また、失敗した本人が、立ち直る場合にも使えます。 ・何回失敗しても、成功するまで諦めずに居ようと思います。 失敗は成功のもとと自分に言い聞かせて、頑張ります。 成功した人のコメントでの場合 失敗を乗り越えて成功した人のコメントの中には、数々の失敗を糧として成功を導いたという意味合いで使うことができます。 ・発明王エジソンは、数多くの大きな発明を世に残しました。 しかし、その発明の陰には、多くの失敗が積み重ねられています。 失敗は成功のもとで何回もチャレンジしたからこそ、蓄音機や白熱電球が世の中に生まれました。 ・商品開発の現場での失敗は日常茶飯事ですが、失敗は成功のもとと言いますので、研究員は失敗を繰り返しながら新しい商品を開発しております。 ・このラーメンのスープは、試行錯誤を繰り返しまたしたが、失敗は成功のもとと自分に言い聞かせて作り上げた至高のスープです。 失敗は成功のもとだと思った体験談・例 失敗は成功のもとという言葉を実感できるのは、失敗しても諦めずにチャレンジを繰り返し、成功を勝ち得た人だけです。 そのため、夢や目標、これは大きなものでなく小さな夢や目標でもいいわけなのですが、それらに挑むことが必要になります。 チャレンジすると、必ず「成功」か「失敗」しかありません。 成功すればいいわけなのですが、なにごとも最初から順風満帆に進むわけではありませんので、失敗もついてまわります。 この失敗を恐れてチャレンジをしなければ何も生まれることはなく、成功も当然生まれないです。 数度失敗したからといって、そこで諦めてしまいチャレンジをやめてしまうと挫折してしまいますので、そこで終わりとなり成功も生まれなくなります。 ですが、999回失敗したとしても1000回目で成功したとなれば、それは成功であり、999回の失敗は全て成功への糧となりました。 夢をあきらめてはいけません。 「失敗は成功のもと」の類語 「失敗は成功のもと」という言葉には、よく似た意味の言葉があります。 「失敗は成功の母」・「禍転じて福となす」・「七転び八起」・「七転八倒」・「しくじるは稽古のため」などです。 では、それらの言葉について見ていきましょう。 失敗は成功の母 「失敗は成功の母」という言葉は、「失敗は成功のもと」と意味は同じ言葉になります。 失敗は成功につながるという意味です。 ・何度失敗しても、失敗は成功の母なんだから、改善することは成功につながっているんだよ 「禍転じて福となす」など 失敗は成功の母以外でもいくつか言葉があります。 「禍転じて福となす」「七転び八起き」・「しくじるは稽古のため」です。 「禍転じて福となす」は、「自分の身に降りかかった災難や失敗を上手く利用して、逆に自分の有利になるように工夫すること」をいいます。 本質は「失敗は成功のもと」と外れますが、成功に繋げる言葉です。 「七転び八起き」は「何度失敗しても諦めずに立ち上がることのたとえ」を言います。 浮き沈みが大きい人生の例えなどにも使う言葉です。 「しくじるは稽古のため」という言葉は、「失敗することは成功するための稽古をしているようなものである」という意味の言葉です。 このように、いくつかの言葉が類語としてあります。 四字熟語など 「失敗は成功のもと」を表す四字熟語はあるのでしょうか。 調べてみるとあります。 「七転八起」は、「しちてんはっき」と読みます。 何度失敗してもまた起き上がって努力するさまを表した熟語です。 「七転八倒」と勘違いされやすい四字熟語です。 「百折不撓」は、「ひゃくせつふとう」と読みます。 「何度失敗してもくじけずに立ち上がること」を意味する四字熟語です。 「亡羊補牢」は、「ぼうようほろう」と読みます。 「失敗してもすぐに手を打てば、それ以上ひどいことにはならない」という意味の四字熟語です。 「百折不撓」や「亡羊補牢」は、直接成功という意味にはつながっていないのですが、失敗をあきらめずに改善などの手を打ち諦めないという意味合いがある言葉ですので、参考に覚えておきましょう。 「失敗は成功のもと」に関する偉人の名言 「失敗は成功のもと」という考え方で成功した偉人の名言を紹介します。 トーマス・エジソンは、発明王と呼ばれましたが、エジソンの発明の陰にはいくつもの失敗がありました。 彼はこのような言葉を残しています。 「それは失敗ではなく、その方法ではうまくいかなかったことがわかったんだよ。 だからそれは成功なんだ」 パナソニックの創業者である、松下幸之助は、失敗に対して前向きな姿勢で取り組んできました。 彼はこのような言葉を残しています。 「失敗したところでやめるから、失敗になる。 成功するまで続けたら、それは成功になる」 ユニクロを中心とした企業グループの会長兼社長である柳井正は、失敗を肯定することで次に進むという考え方で前進しています。 彼はこのような言葉を伝えています。 「失敗は必要。 むしろできるだけ早く失敗するほうがいいでしょう。 小さな失敗を積み重ねることによって成功が見えてくる。

次の

「感情の起伏がない」人の特徴7選!気分の浮き沈みが激しい原因も

浮き沈み 類語

「人間万事塞翁が馬」の読み方・意味 「人間万事塞翁が馬」の読み方は「にんげんばんじさいおうがうま」 「人間万事塞翁が馬」は、 「にんげんばんじさいおうがうま」と読みます。 「人間万事塞翁が馬」の「にんげん」は、 「じんかん」とも読まれることもあり、 「じんかんばんじそうがうま」と読む場合もあります。 「人間万事塞翁が馬」の意味は「人生の禍福は最後まで予測できない」 「人間万事塞翁が馬」の意味は 「人生の禍福は最後まで予測できない」という意味です。 「塞翁」とは昔、中国の北方にあるとりでの近くに住んでいた占いをよくしていた老人の事を指しています。 さらに細かくわけると「塞」が「とりでに住む」という意味で「翁」は「老人」という意味です。 「人間万事」は「人間のありとあらゆること(幸や不幸)」という意味で使われています。 「塞翁が馬」という言葉は、 「人生の幸不幸は予測しがたいこと」という意味として使われる言葉です。 なぜ、そのような意味となるかは、後述します。 「人間万事塞翁が馬」の語源・原文(漢文) 「人間万事塞翁が馬」のは語源は「淮南子(えなんじ)の人間訓」 「人間万事塞翁が馬」の語源は、 「淮南子(えなんじ)」の人間訓にあります。 「淮南子」とは、中国の前漢時代に「淮南(わいなん)」の、「劉安(りゅうあん)」という国王が書かせた哲学書のことです。 「淮南子」は 様々な学者や思想家の書物を一冊にまとめたものです。 「人間万事塞翁が馬」は、その「淮南子」の「人間訓」に書かれた逸話が由来の言葉です。 「人間訓」とは、日本語で、「人生の利害禍福等について述べたもの」と訳されています。 中国語で「人間」とは、「人」のことではなく、「世の中」を指しています。 「人間万事塞翁が馬」の原文(漢文) 近塞上之人、有善術者。 (塞上さいじょうに近ちかきの人ひとに、術じゅつを善よくする者もの有あり。 ) 馬無故亡而入胡。 (馬、故無なくして亡げて胡に入いる。 ) 人皆弔之。 (人皆之を弔す。 ) 其父曰、此何遽不爲福乎。 (其の父曰わく、此れ何遽ぞ福と為ならざらんや、と。 ) 居數月、其馬將胡駿馬而歸。 (居ること数月、其の馬、胡の駿馬めを将いて帰る。 ) 人皆賀之。 (人皆之を賀す。 ) 其父曰、此何遽不能爲禍乎。 (其の父ほ曰わく、此れ何遽ぞ禍と為る能わざらんや、と。 ) 家富良馬。 (家、良馬ば富む。 ) 其子好騎、墮而折其髀。 (其の子、騎を好み、堕ちて其の髀を折る。 ) 人皆弔之。 (人皆之を弔す。 ) 其父曰、此何遽不爲福乎。 (其の父曰わく、此れ何遽ぞ福と為らざらんや、と。 ) 居一年、胡人大入塞。 (居ること一年、胡人大いに塞に入る。 ) 丁壯者引弦而戰、近塞之人、死者十九。 (丁壮なる者、弦を引きて戦かい、塞に近きの人、死する者十に九なり。 ) 此獨以跛之故、父子相保。 (此れ独り跛の故を以て、父子相保てり。 ) 故福之爲禍、禍之爲福、化不可極、深不可測也。 (故に福の禍と為り、禍の福と為るは、化極むべからず、深測るべからざるなり。 ) 「人間万事塞翁が馬」の原文(漢文)の解釈 中国の北方に占いの得意な老人(塞翁)が住んでいた。 ある日、塞翁の飼っていた馬が、逃げていなくなってしまった。 人々は、哀れに思い、塞翁に慰めの言葉をかけた。 しかし、塞翁は、これは「幸いになるだろう」と言った。 暫くして、逃げた馬が、駿馬(立派な足の速いすぐれた馬)を連れて帰ってきた。 人々はその出来事に対して、お祝いの言葉を述べた。 しかし、塞翁は「これは災いになるだろう」といった。 暫くして、塞翁の息子が駿馬から落ちて足の骨を折ってしまった。 それを知った人々は、塞翁にお見舞いの言葉をかけた。 すると塞翁は、「これは幸いになるだろう」と言った。 それから一年がたって、隣国と戦争が起きた。 乱戦で、若者たちのほとんどが命を落としてしまった。 しかし、塞翁の息子は足を骨折していたため、戦争に行くことなく命が助かった。 「不幸が幸福に、幸福から不幸にもなりえるので最後まで予測ができない」というこの塞翁の出来事から、その例えとして「塞翁が馬」という言葉が使われるようになりました。 「人間万事塞翁が馬」の使い方 「人間万事塞翁が馬」は、日常会話で使用することはほとんどないかもしれません。 例えば、 スピーチなどで「過去には大変なこともありましたが、今は幸せなので、人生何があるかわかりませんよね」という ポジティブな意味合いで「人間万事塞翁が馬」を使ったりということが例にあげられます。 その反対で、「良いことがあっても、悪いことが起きる可能性もある」という ネガティブな意味合いで使用することもあります。 また、「人間万事塞翁が馬」には様々な解釈があるので、使用するときは自分自身の解釈の内容で使用して大丈夫なのですが、聞き手となっている場合は、どのようなニュアンスで使われているのか汲み取る必要がある場合があります。 「人間万事塞翁が馬」の解釈の仕方はたくさんある 上記で説明しように、語源が「古い漢文」にあるということや、「淮南子」が様々な思想家の考えを集めた作品であることから、解釈の仕方がたくさんあります。 どれが正しくて、どれが間違いということはありませんので、自分なりの解釈で使用しましょう。 「人間万事塞翁が馬」の代表的な解釈を紹介します。 ・人生の幸や不幸は、予測できないものであるので、一喜一憂すべきではない ・人間は、幸と不幸を繰り返し定まらない ・幸福は喜ぶことでもなく、不幸は悲しむことでもない ・世の中で起きることは予想をつけることはできない 「人間万事塞翁が馬」は座右の銘としても使われる 「人間万事塞翁が馬」を、人生の座右の銘にしている人もいます。 「不幸なことがあったとしても、それが幸福に転じることがあるからどんな時も前を向いていこう」という前向きな意味として座右の銘にする人や、「幸せなことがあったとしても、何が起きるかわからないから油断しない」という意味で座右の銘にしている人もいるでしょう。 上記で説明したように、様々な解釈があるので様々な意味合いで格言としている人がいると言えるでしょう。 単に「塞翁が馬」とも使われる 「人間万事塞翁が馬」は、「塞翁が馬」という言葉だけでも使用されます。 「塞翁が馬」のみでも、「人間万事塞翁が馬」と同じように、「人生の禍福は最後まで予測できない」という意味になります。 小説のタイトルで使われた「人間万事塞翁が丙午」 「人間万事塞翁が馬」は、「人間万事塞翁が丙午」という小説のタイトルにも使用されています。 「人間万事塞翁が丙午」の作者は、青島幸男さんです。 戦時中から、戦後にかけての下町の生活風景を、独特の調子をつけて語りかける「講談」という書き方で記述してある作品です。 この「人間万事塞翁が丙午」は、中国の漢文である「 人間万事塞翁が馬」のパロディとなっています。 「人間万事塞翁が馬」の類語 沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり 「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」は、 「人生は浮き沈みがあり安定しない」ということの例えです。 「人生は、不幸なことがあれば幸運なこともあるので、今不幸なことがあっても次には良いことがあるかもしれないので、くよくよするべきではない」ということを意味しています。 〇「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」を用いた例文 「今年は去年よりもよい1年でした。 沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありですね。 」 「沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありだから、悲しい事があってもそんなに落ち込まないで!」 「沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありを座右の銘にどんな事があってもうよくよしないで生きます」 禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし) 「禍福は糾える縄の如し」は、 「幸福と不幸は巡り巡ってやってくる」という意味です。 世の中、不幸が転じて幸福になったり、逆に幸福が転じて不幸になったりするということから、 「災い(不幸)と幸福は、ちょうどより合わせた縄のようなものである」ということの例です。 〇「禍福は糾える縄の如し」を用いた例文 「お財布を落として大変な目にあいましたが、親切な方に拾っていただき素敵な出会いがありました。 禍福は糾える縄の如しですね。 」 「今は悪い事が続いているけれど、禍福は糾える縄の如しと信じて前向きに生活します。 」 「信じられないくらいの幸運が続いているが、禍福は糾える縄の如しなのでこれから不幸が待ち受けているかもしれませんね」 一寸先は闇 「一寸先は闇」とは、 「この先のことは、まるで予想がつかない」という意味です。 「一寸(約三センチ)先でも暗闇ならば何も見えないように、これから先の事も、どんなことが待ち受けているのかまるで予想がつかない」ということの例えです。 〇「一寸先は闇」を用いた例文 「今は大富豪だけど、一寸先は闇だから、この先貧乏になるかもしれないよ」 「あんなに仲の良かった夫婦が離婚するなんて一寸先は闇だね」 「今は成功しているけど、一寸先は闇というので気を抜かずに努力しよう」 人生何があるか分からない 「人生何があるかわからない」は、 「人生は、どんなことが起こるか予想ができない」というような意味合いで使われる言葉です。 何か、予測していなかったような出来事が起きた時に使用されます。 ポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも使われます。 〇「人生何があるかわからない」を用いた例文 「運動しかしてこなかったような少年が、医者になるなんて人生なにがあるかわからないものだ」 「人生何があるかわからないから億万長者になるのも夢じゃないよ」 「あんなにいい子だったのに犯罪を犯してしまうなんて人生何があるかわからないね」.

次の