俺 だけ レベル アップ な 件 104。 【104話】俺だけレベルアップな件/翻訳あらすじ速報

暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

俺 だけ レベル アップ な 件 104

前回のあらすじ 日本チームの生き残り、ホシノ(長髪オールバック)は戦意喪失。 タカワ(紫帽子の女性)とクマモト(眼帯マスク)?は元気な様子。 旬は毒にかかりますがこれは問題なく解除されます。 そして黒蟻を攻撃し急所突きスキルは切断スキルへアップグレード。 黒蟻が仲間を呼び、旬も影の兵士を出して全面対決。 という所で終わりました。 104話のネタバレ 蟻の群れと影の兵士の対決はイグリットやハイオーク達が優勢に進めている様子。 旬が「出てこい」と言い、タスクが出てきます。 旬「蟻だけに当てて。 人に怪我をさせたら、君は二度と召喚しないからね」と伝えるとタスクはこぶしを握って頷きます。 リム・テギュ(死神ギルド代表)「彼…彼は召喚された戦士なのか?本当に?召喚されたの?」 マ・ドンウク(名声ギルド代表)は、いや…あれはどうみてもただの召喚戦士ではない…まるで悪魔王が地球に降臨したかのようだ…。 と考えます。 蟻の大群が一撃で一掃される様子をみて黒蟻は「…」どうすればいいのだ?私は…私は生まれた時から他の誰よりも強力だった。 私は行く手のすべてを飲み込み、頂点に立ったはずです…制限なしに成長することもできた。 私は君主でした。 それがどうあるべきかです。 逃げる…私は逃げなければならない。 生き続ける。 私は逃げなければならない。 と考え傷を治し腕も生えてきます。 旬は、あれはハンターミン・ビョングのヒーリング能力か。 相手の能力を吸収できるモンスターを見るのは初めてだな。 と考えます。 黒蟻は、距離を取る必要があります…!と飛んで逃げます。 【スキル:支配者の手が発動しました】 巨大な手が蟻を叩き落とします。 (いつのまにこんな強力に…) 黒蟻は悲鳴を上げて逃げようとしますが、旬は、逃がさせない!とジャンプ。 【スキル:切断が発動しました】 黒蟻を魔王の短剣で切り刻みます。 【敵を倒しました】 【レベルがアップしました】 【レベルがアップしました】 白川(白虎ギルド代表)「水篠旬ハンター!チャ・ヘイン(ハンターズギルド副代表)が…!」 かなり具合の悪そうなチャ・ヘインの様子。 旬は、くそ、時間を無駄にしすぎた。 早くヒーラーを見つけないと。 まだクールダウン時間が残っているし、他の人と一緒に移動できるかどうかも確認していない。 カイゼルと一緒に行っても、戻る前にハンターチャは死んでしまう。 SWORD GUILDに生き残ったヒーラーはいるか?何か方法を見つけないと…。 と考え何かを閃いた様子。 旬「少しカメラの電源を切って下さい。 」 カメラマン「なんですか?」 旬「急いで。 そうしないと破壊します。 」 カメラマン「ええ、もちろん」と答えながら、なぜ突然カメラを…?と考えます。 旬「影、みなさん。 ハンターミン・ビョングの体を探して!」 白川は、ミン・ビョングの体?と考え「出来ません…」とつぶやきます。 ハイオークが丁寧にミン・ビョングの体を運んできます。 旬は、頭を食べられたのか。 うまくいくか?と考えます。 白川「水篠旬ハンター…何をするつもりですか?」 【この体からシャドウ召喚が可能です】と表示され、旬は、運がいい。 これが唯一の方法だ。 と考え「起きろ」と言います。 【影召喚が失敗しました】 旬「くそ…」 旬「起きろ」 【影召喚が失敗しました】 旬は、俺の召喚スキルのレベルなら簡単なはずだ…彼は召喚されることに対して強く反発しているのか。 まるで人から影を召喚するのは邪悪な行為だと言っているように。 と考えます。 アイアン「??」 旬は、でも…生きている人が優先だと考え 旬「起きろ」 白川「水篠旬ハンター!あなたは一体ミン・ビョングに何をしているんですか?」と旬の肩を掴みます。 白川「あなたの能力…!あなたの能力の本質は…死者の力!」 ミン・ビョングが影の兵士として立ち上がります。 ———————————————————— と言うところで104話は終了です。

次の

レベルで強さが決まる世界で俺だけなぜかスキル制

俺 だけ レベル アップ な 件 104

「ここも人があまりいないな」 大通りを歩きながらまばらな人に寂しさと気持悪さを感じる。 まるでゴーストタウンにでも迷い込んでしまったかのようだ。 買ったばかりの外套を羽織り、確りとフードも被るのだが、これが思っていた以上に暑い。 ギルドに着くと、街の静けさとは裏腹に外にも聞こえてくるほど騒がしかった。 その騒がしさに一瞬入るのを躊躇ったのだが、兎にも角にも今は情報が欲しい。 人が多ければそれだけ多くの情報が入りやすいだろうと思い、ギルドの扉を開く。 「新しい連絡は、きてないのか!」 「誰か教会に人回して、俺らだけじゃもう押さえられないぞ」 「魔物どうなってんだよ。 こねぇんじゃ俺らに討伐報酬はいんねぇだろ」 「来たらパニックだろうが馬鹿、殲滅したって話だけど何で終結宣言でてないんだよ」 「おい、あっちで喧嘩だ誰か止めてこいよ」 「ちょっとギルド長はどこ?」 軽くめまいがする程一気に鼓膜が揺さぶられ、昔先輩に連れられて一度だけ入ったパチンコ屋を思い出した。 多くの職員と冒険者が入り乱れ、ギルド内はまるで嵐の様な慌ただしさ。 「おう兄ちゃんそんなとこでぼさっとしてんじゃねぇ」 「あ、すいません」 顔の怖い冒険者に怒られ脇による。 何人かやってそうな顔にちょっとビビったのは内緒だ。 それにしてもこれは予想以上だわ。 職員か知り合いに話を訊こうなんて軽く思っていたけど、これはちょっと凄い状態だ。 ギルドの職員に話を聞くのはまず無理だな。 だったら知ってる人はと探してみるが、そもそも俺は知り合いが少ないのも問題だ、苦労系イケメンのジョシュアン達かトバル少年達くらいしかいない。 中には・・・・・どっちもいないか。 ギルドの様子から察するに、あの軍隊にはやっぱり冒険者が混ざっていたんだろうな。 てことはここにいない彼らは討伐に出ているのだろうか。 ジョシュアン達ならいざ知らずトバル少年達は流石に別口か。 まぁでもここに居るだけでも勝手に情報は入ってきそうだし、それなら あっち ( ・・・ )を先に確認しておこう。 ギルド内を慎重に周囲を警戒しながらフードが外れないように再度確りと被り中に入る。 あの襲ってきた冒険者とだけは会うと拙い。 混雑しているカウンター前を横切り掲示板の方へと向かう。 目的のものは多分そこにある筈だ。 あの時ステルフィアを襲った王都から来たという冒険者たちが言っていた。 「これは仕事だ」って、それであればここにそれがある筈だ。 それに俺は多分一度それを目にしている。 「確かこの辺に・・・・あった」 薬草採取の依頼を受ける時に目にしていたもの。 それは他の依頼書よりも一回り大きな紙、そして一番目立つ場所に張られていた。 「手配書・・・・・・王国内に潜伏している先の戦争の首謀者の一族ノーティリカ公国第1公女、ステルフィア・アーデヒト・ティル・ノーティリカの生きたままの捕縛及び引き渡し。 依頼主 領主エッチル・コト・ルバンニッチ」 やっぱりあったステルフィアの手配書。 ご丁寧に人相書き付きとは・・・・・・・・うん、可愛いけど現物の方がもっといい顔しているな。 特徴で銀髪だとも確り書いてある。 それにしても首謀者の一族って、首謀したのはこの国の第2王子だろ? しかもその理由がロリコンっていう。 責任転嫁も甚だしいな。 マジでこの国の第2王子はとんでもないクズ野郎じゃないか。 だがこれで迂闊にステルフィアを表に出せないことは分かった。 こうなっては王都へ行くよりもステルフィアをどうにかして説得して、さっさとこの国とは繋がっていない他の国に逃げた方がいいかもしれないな。 戻ったら説得を試みるべきか。 取り敢えずステルフィアの置かれた状況は確認できたので、しばらくギルドで聞き耳を立てることにした。 そしてギルド内で出てきた話はこんな感じだった。 ・突然魔物の群れが襲ってきたので、領主とギルドが協力してその対処に追われていること。 ・街の住人たちは出来るだけ守りやすい兵士達の拠点と教会に避難しているということ。 ・魔物の群れは突然爆発とともに消えていなくなってしまった。 死体が残っていないが状況から全滅したのでは。 ・それを行ったのが王国の魔術師団ではないかという噂。 ・現在ギルドと兵士で残った魔物を討伐している。 懸念していた俺のことはバレていないみたいだ。 そして俺の魔法は王国の魔術師団がやったことになっている。 それとステルフィア。 彼女の事は噂は出てこなかった。 この領内に居ることはまだ知られていないのかもしれない。 「あいつらここには来てないのか?」 あの暴漢冒険者にはステルフィアのことがばれているし、俺が一緒にいることも見られている。 何の噂もたっていないってことは奴らがここには来ていないか、まだあの場でステルフィアを探しているのか王都に戻っていった。 もしかしたら手柄を奪われないように情報を隠しているって線のもあるか。 或いは・・・・・・・モンスターの群れで死んだ、か。 ・・・・・・・そう言う可能性もあるのか。 何だかそう思うと些かズキリと胸が痛む。 だけどあいつらはステルフィアを攫おうと・・・・・・でも、冒険者としての依頼だと考えれば悪い事をしているとも言えないのか・・・・・いやいやそもそも俺を殺そうとしてたし。 ・・・・・・今は考えるのは辞めておこう。 とれる情報はこんなものか。 何にしてもステルフィアの事が知られていないのは良かった。 バレていたら直ぐにでもこの街を出なければいけないところだった。 何にせよステルフィアを誰かに見られるのだけは気を付けておかないといけない。 「もうこんな時間か、あんまり1人にしておくのも何だから今日は帰るか」 初依頼の報告やジョシュアン達を探すのはまた明日以降にしよう。

次の

俺だけレベルアップな件を待たなくても読めるサイトはある?

俺 だけ レベル アップ な 件 104

前回のあらすじ 日本チームの生き残り、ホシノ(長髪オールバック)は戦意喪失。 タカワ(紫帽子の女性)とクマモト(眼帯マスク)?は元気な様子。 旬は毒にかかりますがこれは問題なく解除されます。 そして黒蟻を攻撃し急所突きスキルは切断スキルへアップグレード。 黒蟻が仲間を呼び、旬も影の兵士を出して全面対決。 という所で終わりました。 104話のネタバレ 蟻の群れと影の兵士の対決はイグリットやハイオーク達が優勢に進めている様子。 旬が「出てこい」と言い、タスクが出てきます。 旬「蟻だけに当てて。 人に怪我をさせたら、君は二度と召喚しないからね」と伝えるとタスクはこぶしを握って頷きます。 リム・テギュ(死神ギルド代表)「彼…彼は召喚された戦士なのか?本当に?召喚されたの?」 マ・ドンウク(名声ギルド代表)は、いや…あれはどうみてもただの召喚戦士ではない…まるで悪魔王が地球に降臨したかのようだ…。 と考えます。 蟻の大群が一撃で一掃される様子をみて黒蟻は「…」どうすればいいのだ?私は…私は生まれた時から他の誰よりも強力だった。 私は行く手のすべてを飲み込み、頂点に立ったはずです…制限なしに成長することもできた。 私は君主でした。 それがどうあるべきかです。 逃げる…私は逃げなければならない。 生き続ける。 私は逃げなければならない。 と考え傷を治し腕も生えてきます。 旬は、あれはハンターミン・ビョングのヒーリング能力か。 相手の能力を吸収できるモンスターを見るのは初めてだな。 と考えます。 黒蟻は、距離を取る必要があります…!と飛んで逃げます。 【スキル:支配者の手が発動しました】 巨大な手が蟻を叩き落とします。 (いつのまにこんな強力に…) 黒蟻は悲鳴を上げて逃げようとしますが、旬は、逃がさせない!とジャンプ。 【スキル:切断が発動しました】 黒蟻を魔王の短剣で切り刻みます。 【敵を倒しました】 【レベルがアップしました】 【レベルがアップしました】 白川(白虎ギルド代表)「水篠旬ハンター!チャ・ヘイン(ハンターズギルド副代表)が…!」 かなり具合の悪そうなチャ・ヘインの様子。 旬は、くそ、時間を無駄にしすぎた。 早くヒーラーを見つけないと。 まだクールダウン時間が残っているし、他の人と一緒に移動できるかどうかも確認していない。 カイゼルと一緒に行っても、戻る前にハンターチャは死んでしまう。 SWORD GUILDに生き残ったヒーラーはいるか?何か方法を見つけないと…。 と考え何かを閃いた様子。 旬「少しカメラの電源を切って下さい。 」 カメラマン「なんですか?」 旬「急いで。 そうしないと破壊します。 」 カメラマン「ええ、もちろん」と答えながら、なぜ突然カメラを…?と考えます。 旬「影、みなさん。 ハンターミン・ビョングの体を探して!」 白川は、ミン・ビョングの体?と考え「出来ません…」とつぶやきます。 ハイオークが丁寧にミン・ビョングの体を運んできます。 旬は、頭を食べられたのか。 うまくいくか?と考えます。 白川「水篠旬ハンター…何をするつもりですか?」 【この体からシャドウ召喚が可能です】と表示され、旬は、運がいい。 これが唯一の方法だ。 と考え「起きろ」と言います。 【影召喚が失敗しました】 旬「くそ…」 旬「起きろ」 【影召喚が失敗しました】 旬は、俺の召喚スキルのレベルなら簡単なはずだ…彼は召喚されることに対して強く反発しているのか。 まるで人から影を召喚するのは邪悪な行為だと言っているように。 と考えます。 アイアン「??」 旬は、でも…生きている人が優先だと考え 旬「起きろ」 白川「水篠旬ハンター!あなたは一体ミン・ビョングに何をしているんですか?」と旬の肩を掴みます。 白川「あなたの能力…!あなたの能力の本質は…死者の力!」 ミン・ビョングが影の兵士として立ち上がります。 ———————————————————— と言うところで104話は終了です。

次の