いびき 原因 対策。 妻のいびきがうるさい…

【自己解決必須】いびきの原因は様々!自分にあった方法でいびき対策しよう

いびき 原因 対策

「夜、いびきをしているよ」と、家族や友達から、突然告げられたことはありませんか? どんな人にとっても、これは大ショックです。 いびきは、自分でコントロールすることができず、自覚症状がないことが多いです。 しかし、そのいびきを毎日聞かされる相手にとっては、とても迷惑なことなのです。 朝早く起きなくてはいけない日の前の夜に限って、パートナーのいびきがうるさくて寝つけなかったり、せっかく苦労して赤ちゃんを寝かしつけたのに、パパの大きないびきで起きてしまったり・・・。 いびきは隣で一緒に寝る相手にとって、大きなストレスを与えてしまいます。 そして、それにより関係が悪くなることもあるのです。 自分だけが感じる痛みや苦痛などであれば、自分だけが我慢すれば良いのですが、相手に迷惑をかけることは、とても辛いものです。 さらに、いびきは恥ずかしさもありますよね。 今、日本人の約2000万人以上が、いびきに悩まされていると言われています。 さらに、自覚症状のない方の数を合わせるともっと多い数になるそうです。 そして、今はいびきをかいていなくても、年をとるにつれて、いびきをかきやすくなる方も多いんだそうです。 今回は、このいびき問題について、考えていきたいと思います。 いびきとは どうして、寝ている時に騒音を発するのでしょうか。 いびきとは、睡眠中の呼吸において、吸い込んだ空気が、上気道という空気の通り道を通る時に鳴る振動音です。 この上気道が、なんらかの原因で狭くなっている時に、いびきの騒音が発生するのです。 これは、トランペットなどの管楽器が音を発するメカニズムと同じ仕組みです。 いびきは、騒音の大きさや、いびきをかいている時間など、個人差がありますが、どのいびきも、このような仕組みで起きているのです。 いびきの原因 いびきは、上気道が狭くなることが原因のようです。 そこで、この上気道が狭くなる原因を考えてみることにより、いびきの原因が見えてくるようです。 肥満 太っていて、首回りに脂肪がついている方は、上気道が狭くなりやすいと言えます。 また、舌に脂肪がついてしまうと、気道を塞いで、空気の通り道を狭くしてしまいます。 これによりいびきをかきやすくなるのです。 体は太っていなくても、首回りが太っている方、いわゆる「二重あご」の方は、要注意ですね。 鼻づまり 鼻がつまっている場合は、無意識のうちに口呼吸を行っています。 この口呼吸は、鼻呼吸に比べて気道が狭くなるので、空気抵抗が大きくなり、いびきをかくようになるとされています。 また、口呼吸は、喉が乾燥して、炎症を起こしやすくなります。 この炎症による腫れは気道を狭くしてしまい、いびきの原因になることもあるようです。 温度、湿度 部屋の温度が低かったり乾燥していると、鼻腔がつまりやすくなり鼻呼吸をするのが苦しくなることがあるようです。 そこで、口呼吸をしてしまいます。 鼻づまりによる口呼吸がいびきの原因になることを同様に、いびきを引き起こしてしまうようです。 扁桃腺 扁桃腺とは、舌のつけ根の両側のふくらんでいる部分です。 風邪で病院に行った時に、先生が口の中を見る時には、この扁桃腺が腫れてないか見るそうです。 扁桃腺は、口を通って体の中に入ってくるウイルスや細菌から体を守る役割を持っていて、風邪や疲れ、乾燥などによって、扁桃腺にウイルスや細菌が増えると炎症を起こします。 また、扁桃腺は子どもの頃には大きく、大人になるにつれて小さくなっていきます。 しかし、その大きさには個人差があるようです。 この扁桃腺の大きさにより、気道を塞いでしまうことがあるのです。 これにより、いびきが引き起こされるようです。 仰向けで寝る 寝る体勢は、人によって様々です。 また、その人によって好みの体勢が決まっているので、無意識のうちにいつも同じ体勢で寝ていることが多いと思います。 その中で、仰向けに寝ることが、いびきの原因になるようです。 仰向けになると、舌が喉に落ち込みやすくなり、気道を塞いでしまう傾向があるようです。 これがいびきの原因になると言われています。 加齢 年を取るにつれて、筋肉が衰えていくことは当たり前のことですよね。 これに伴い、気道の筋力も低下していきます。 気道の筋力が緩くなり狭くなることで、いびきをかきやすくなるようです。 今はいびきをかいていない方でも、年齢を重ねるにつれていびきをかきやすくなること可能性はあるようです。 アルコール 酔っ払った後にいびきがうるさいお父さんって、多いですよね。 これには、ちゃんと理由があるそうです。 アルコールには、筋弛緩作用という働きがあります。 簡単に言うと、筋肉が緩むということです。 酔っ払うと、体はダラーっとなり、リラックスを感じますよね。 この筋弛緩作用により、口の筋肉も緩み、寝ている間に舌が喉の奥に落ち込んでいくのです。 そして、気道が狭くなり、いびきの原因になるようです。 このようなアルコールが原因であるいびきは、他の原因とは違って一時的なもののようです。 睡眠薬 不眠症の方などがぐっすり眠れるように、睡眠薬を飲む場合がありますよね。 しかし、睡眠薬を飲む方は、いびきがうるさくなるという悩みが多いんだそうです。 睡眠薬にも、アルコールと同じように、筋肉を緩めてリラックス効果を促進する働きがあるようです。 これにより、口の筋肉が緩み舌が落ち込み、気道を塞いでしまい、いびきを引き起こしてしまうようです。 女性ホルモンによる影響 もともと女性は、男性よりもいびきをかく人が少ないそうです。 しかし、年齢を重ねるにつれて、いびきをかく女性が増えてくるという事実があるようです。 これには、女性ホルモンが関係しているようです。 女性ホルモンは、舌を支える筋肉を緊張させる作用があります。 これにより舌が落ち込んで気道を防ぐことが少ないため、女性はいびきをかかない傾向があるようです。 しかし、年を取るにつれて女性ホルモンは減少してきますので、舌を支える力が弱まり、いびきをかきやすくなる女性の方が増えてくるようです。 いびきの種類 いびきには、大きく3つの種類があります。 原因や症状も異なるので、正しく見極めることが大切です。 単純性いびき症 単純性いびき症は、寝ている間にいびきをかいていても、無呼吸や低呼吸になることはありません。 起きた時に睡眠不足を感じることや夜中に起きることもなく、ぐっすり眠れます。 昼間に眠気を感じることもありません。 肥満、鼻づまり、仰向けで寝る、アルコール、睡眠薬などが原因をして考えれれています。 このようないびきをかく原因を改善することができれば、いびきを解消することができるようです。 上気道抵抗症候群 無呼吸、低呼吸になることはないですが、習慣的にいびきをかくようになります。 夜中に何回も起きたり、起きてからも睡眠不足を感じたり、疲労感が残ったりします。 このいびきは、睡眠時無呼吸症候群の軽症のいびきと言われています。 長期間続いている場合には、注意が必要ですね。 睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に数秒間呼吸が止まる病気のことです。 Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、SASと呼ばれることもあります。 医学的に、10秒以上気道の空気が止まった状態を無呼吸とするそうです。 この無呼吸が1時間あたり5回以上であれば、睡眠時無呼吸となるそうです。 この原因には大きく2つのタイプあります。 1つ目は閉寒性睡眠時無呼吸タイプです。 これは、上気道が何らかの原因で狭くなることにより、呼吸が止まってしまうということです。 2つ目は、中枢性睡眠時過呼吸タイプです。 これば、呼吸中枢の以上によるものとされています。 睡眠時無呼吸症候群には、夜中に何回も起きてしまう、眠りが浅い、寝ても疲労感が残る、昼間に眠気を感じるなどの症状がでるのが特徴です。 日常生活において、様々なリスクが生じたり、様々な生活習慣病を引き起こす要因になる可能性もあります。 きちんと治療をする必要があるのです。 いびきの対策 単純性いびき症の場合には、その原因をケアすることができれば、いびきをかくことがなくなるようです。 周りの人に迷惑をかけるいびきは、すぐに改善したいものです。 そこで、いびきをかかなくするための対策をご紹介したいと思います。 肥満解消 いびきの原因の一つに、肥満により首回りや舌に脂肪がついていることが挙げられます。 こ れば、いびきをかく人の中でとても多いケースなんだそうです。 そこで、運動、食生活などの生活習慣を見直して、肥満を解消することが大切です。 軽やかな体になることが、いびきだけではなく、色々な面でプラスになりますよね。 ぜひ、いびきをきっかけに、健康的で美しい体を目指してくださいね。 横向きで寝る 仰向けで寝ることがいびきの原因になるようです。 そこで、横向きで寝ることを意識しましょう。 しかし、寝ている間は無意識で動いてしまうので、枕を変えてみることをおすすめします。 寝ている状態で、自然と横向きになるように工夫された枕が販売されています。 このような枕を試してみるのも良いと思います。 寝室の温度、湿度を調整する 寒さや乾燥による鼻づまりもいびきの原因と言われています。 寝る時には、適度な温度と加湿をするように心掛けましょう。 いびき対策グッズ ドラックストアや通販で、いびきを解消するための商品が数多く販売されています。 色々タイプの商品がたくさんあります。 気軽に購入できるものが多いので、色々なグッズを試してみると良いですね。 鼻腔拡張テープ 鼻づまりによる口呼吸を防ぐための商品です。 プラスチックバーなどの反発力を使って、鼻腔を広げて鼻づまりを解消しようという商品です。 鼻の上に貼るだけという気軽さが人気です。 即効性も期待できるようです。 マウスピース 口呼吸を防ぐための商品です。 鼻づまりなどが原因でなくても、歯並びなどのせいで口が空きやすい方や、無意識のうちに、口呼吸する癖のある方もいるようです。 そこで、顎が落ちないようにマウスピースで歯を固定します。 マウスピースには市販のものを買う方法と、歯科で自分の口に合わせてマウスピースを作る方法があります。 内科などから、睡眠時無呼吸症候群と診断された場合には、マウスピース作成に保険が適応されることもあるそうです。 口止めテープ 口呼吸を防ぐために商品です。 口にテープを貼るだけというシンプルな方法ですが、即効性はあるようです。 マスク いびき対策専用のグッズではありませんが、普通のマスクにも、いびきを解消する効果があるようです。 口呼吸を防いで、鼻呼吸を導く効果や、乾燥を防いで鼻の通りを良くしてくる効果もあるでしょう。 点鼻薬 点鼻薬とは、鼻の粘膜にある血管を収縮させることで、粘膜を薄くして、空気の通り道を広げる効果のある薬です。 スプレー式のものが多く、即効性があります。 鼻の通りがスムーズになり、いびき解消が期待されます。 サプリ いびき解消が期待できる様々なサプリが販売されています。 いびきの原因である緩みに効果があるとされているコエンザイムQ10などが配合された、効果的なサプリです。 寝ている間に、テープやマウスピースをつけることが煩わしい、恥ずかしいという方にはおすすめです。 いびき対策用アプリ どんないびきをかいているのか、自分で確認することはできませんよね。 そこで、スマートフォンで、いびきを録音するアプリが人気を集めているそうです。 いびきをかいている時間や音量だけではなく、眠るまでの時間、睡眠の深さなども記録できる機能がついていて、自分のいびきを正しく判断することができるのです。 アルコールを飲んだ日と飲まない日を比較したり、疲れている時と疲れていない時を比較するなど、色々な使い方をすることができます。 普段いびきをかいていないと思っている方も、一度試してみると良いかもしれないですね。 いびき治療 単純性いびき症の場合には、自分で色々な解消方法を試しながら改善されることもあるようです。 しかし、睡眠時無呼吸症候群などの場合には、病院で治療を受けることになります。 具体的には、どのようなことをするのでしょうか。 レーザー治療 レーザー治療とは、気道を塞いでいる口腔内粘膜を、レーザーを使って切除する方法です。 これにより、呼吸の通り道が確保され、すぐにいびき解消を実感できるようです。 C-PAP療法 寝ている状態で、鼻にゴムマスクをつけて、鼻から喉へ空気を送り込みます。 酸欠状態になることを防ぐための方法です。 マウスピース療法 寝ている状態で、マウスピースをつけ、顎が落ちないないようにして気道を確保する方法です。 市販のマウスピースも販売されていますが、医療機関で自分に合ったものを作る方が、より効果的です。 当サイトおすすめはサプリメントの活用 いびきには種類があり、その原因も様々なことがお分かりいただけたと思います。 そして、その対策方法も色々あるようです。 その中から、当サイトが注目したいのが、いびきケアのサプリメントです。 飲むだけで簡単、誰でも出来るメリットがあります。 さらに、いびきの原因を追究して作られているので、根本からいびきケアができるという効果が期待されます。 いびきに悩まされているけれど、マウスピースなどの対策グッズをつけるのは煩わしいという方にもすすめです。 さらに、サプリメントは、自分ではなく、家族のいびきに悩まされている方にもおすすめです。 家族のいびきがうるさいけれど、対策グッズをつけて寝るように言うのはちょっと申し訳ない、と思っている方は多いはずです。 サプリメントなら、負担をかけずにいびきケアができるので、ぜひプレゼントしてみてください。 以上、いびきについて、色々な角度から見てきました。 今、いびきに悩む方はとても多いようです。 いびきは、自分だけが困るものではなく、周りの人の人に被害を及ぼしてしまうので、とても厄介なものです。 毎日の生活の中で、睡眠は非常に重要なものです。 いびきをケアするための方法や、対策グッズも数多く販売されていますので、ぜひ、色々試してみると良いですね。

次の

【いびきの原因と対策】92%改善!こんなグッスリ眠れたのは何十年ぶり!?

いびき 原因 対策

寝ているときにこの状態になると、気道が塞がり、いびきをかきやすくなります。 眠っているときに口呼吸しているかどうか、自分では分からないかもしれません。 次のようなことに心当たりはありませんか?• 集中していてふと気づくと、口があいている• 目が覚めたとき、口の中が乾いている• 目が覚めたとき、口の中がネバネバしている• 食事のとき、クチャクチャと音がしてしまう このようなことが頻繁に起きる場合、 口呼吸が癖になっている可能性が高いです。 ちなみに口呼吸の原因は、肥満・鼻の疾患・幼少時の習慣などが挙げられます。 口呼吸の原因を取り除くことで、一緒にいびきが改善されるケースも多いです。 原因2:鼻が詰まっている 夜寝ているときに鼻が詰まっていると、どうしても口呼吸をしてしまい、いびきをかきやすくなります。 アレルギー• 風邪 など、なんらかの原因で鼻が詰まっているときにはいびきをかきやすい、と心得ておきましょう。 風邪など一過性のものなら治るのを待つのも良いですが、アレルギーなどで常に鼻が詰まりぎみの方は「何か対策したい」と感じますよね。 原因3:肥満ぎみ、二重あご いびきの原因の中で最も多いのが、肥満。 身体が太っていると、 首回りについた脂肪が気道を圧迫し、空気の通り道を狭めてしまうのです。 仰向けに寝ると、さらに舌が喉の奥へ落ち込み、いびきを誘発します。 また、そんなに太っていなくても、• 二重あごが気になる人• 運動不足の人• 猫背の人 などは要注意。 首回りの筋肉が弱っている可能性が高く、気道の確保がしづらいことがあります。 原因4:顎が小さい 10〜20代の若い世代に多いタイプですが、30代以降にも増えつつあります。 あまり固いものを噛まない食生活のため、噛む力が弱くなり、顎が小型化しているのです。 いびきに悩む人がいつも仰向けで寝ている場合、横向きになって眠ることを心がけるだけで、かなり改善されることも少なくありません。 原因7:就寝前に飲酒する お酒を飲むと、リラックスできて気持ちいいですよね。 これは、アルコールが全身の筋肉を弛緩させるからです。 睡眠中は舌の筋肉も弛緩する、と書きましたが、アルコールはこの筋肉の弛みを助長します。 顎周りの筋肉が弛みすぎて、舌の付け根を支えきれず、落ち込んだ舌が気道を塞ぎます。 このため、 酔っぱらって眠るといびきをかきやすくなります。 原因8:睡眠導入剤・睡眠薬を服用している 睡眠導入剤・睡眠薬の中でも、ベンゾジアゼピン系の薬は、心身をリラックスさせて眠りを誘います。 筋肉を弛緩させる効果があるため、舌の根が弛んで気道を塞ぎ、いびきをかきやすくなります。 いびきをかきにくい「ロゼレム系」の薬もありますので、変更できないか担当医師に相談してみると良いでしょう。 個人の判断で変更したり飲むのをやめたりせず、必ず医師に相談してください。 原因9:ストレス・疲労 ストレスや疲労も、いびきの大きな原因となり得ます。 クタクタに疲れた日に限って「いびき、かいてたよ」と指摘された経験のある人も多いはず。 ストレスや疲労で自律神経のバランスが崩れると、脳への酸素供給がスムーズにいかなくなります。 酸素不足の脳は、よりたくさんの酸素を採り込もうと、口呼吸を促します。 前述のとおり口呼吸ではいびきが起こりやすいので、疲れているときやストレスが溜まっているときには、いびきをかきやすくなるのです。 【3】緊急事態!すぐに救急車を呼ぶべき「いびき」とは いびきの原因はたくさんあることが分かりました。 が、これらとは全くメカニズムが異なる、家庭では対処できないいびきも存在します。 緊急性の高いとても危険ないびきもある、ということを、最後にご紹介しておきます。 家庭で対処できるのは「単純いびき症」だけ いびきは、• 単純いびき症• 睡眠時無呼吸症候群• 上気道抵抗症候群 という3つの種類に分類されます。 これまでにご紹介してきたいびきの原因は、 全て「単純いびき症」によるものです。 他の「睡眠時無呼吸症候群」「上気道抵抗症候群」といった病気が原因のいびきは、上でご紹介した方法では改善されないことも多いので、気をつけましょう。

次の

子どものいびき、うちの子大丈夫?原因と対策。病気の心配|医師監修

いびき 原因 対策

・いびき対策グッズおすすめランキング!【枕編】 ・いびき対策グッズおすすめランキング!【マスク編】 ・いびき対策グッズおすすめランキング!【スプレー編】 ・いびき対策グッズおすすめランキング!【マウスピース編】 ・いびき対策グッズおすすめランキング!【その他】 Sponsored Link いびき対策グッズおすすめランキング!【枕編】 いびきの原因の中に 気道が塞がることが原因でいびきをかく事があります。 この場合には いびき対策グッズとして 枕を活用すると快適な睡眠を送ることが出来ます。 どの種類が良いかは人により差が出てくるとは思いますが、 ランキング上位のおすすめ、いびき対策枕を紹介します。 rakuten. jp こちらのいびき対策グッズも 横向きで寝ることで呼吸を楽にしていびきを改善する枕です。 他と違うのは 妊婦さんにも優しい設計なのと、枕以外の使い方ができるのがおすすめポイントです! 枕、ソファー、クッションにもなり授乳の時にも活躍します。 枕が大きいので無理な姿勢にならずにゆったり包み込まれるように眠ることが出来ます。 いびき対策グッズおすすめランキング!【マスク編】 いびきは鼻詰まりや口呼吸をすることが原因で起こる事もあります。 この場合には鼻の通りを良くする対策グッズを使う事で改善します。 簡単な対策グッズとしては マスクです! いびき対策になる、おすすめマスクを紹介します。

次の