インスタストーリーで投稿宣伝。 芸能人が投稿した11の事例から学ぶ!Instagram(インスタグラム)ストーリーズ機能活用術

【2018年版】インスタグラムの集客ツールとしてのコツと効果は!?

インスタストーリーで投稿宣伝

インスタグラム「ストーリー」の使い方を徹底解説 ストーリー投稿とは、24時間で消える特別な投稿のこと ストーリーには通常の投稿とは違った様々な特徴がありますが、最大の特徴は 投稿から24時間で自動的に消えてしまうところです。 また、通常とは違い一度の投稿で複数の写真や動画をアップロードできるのも大きな特徴の一つです。 写真や動画にフィルターを掛けたり文字を入力できたりと編集機能も豊富で、より気軽に楽しくインスタグラムを楽しめる点から、ストーリーは大変人気のある機能です。 通常の投稿はタイムライン上に通知されますが、ストーリーは「ストーリートレイ」と呼ばれる別枠に投稿が通知されます。 ストーリーはホーム画面左上の「ストーリーボタン」から誰でも簡単に撮影できる それでは実際にストーリーを投稿する方法をご案内します。 ストーリーの投稿機能にはホーム画面の左上にある「ストーリーボタン」からアクセスできます。 上記左の画像がストーリーの撮影画面、右の画像がストーリーの編集画面です。 左の画像で番号がふられているボタンの機能をそれぞれ説明していきましょう。 ストーリーの設定を変えることができます• ストーリー撮影モードを終了してホーム画面に戻ります• フラッシュのON/OFF/AUTOを設定できます• シャッターボタンです。 タップすると写真が撮影でき、長押しで最大15秒の動画を撮影することができます• インカメラとアウトカメラの切り替えです• フェイスフィルターなど、ストーリーに様々な効果を追加することができます 写真や動画の撮影が完了したら右の画像のように編集画面が表示されます。 「ストーリー」ボタンをタップすることでストーリーを投稿完了となります。 写真や動画を端末に保存したいときは隣の「保存する」ボタンをタップで保存することができます。 撮影完了したストーリーを保存する前にいろいろと編集したい場合は、撮影完了後の編集画面右上のアイコンから行うことができます。 手書き文字を入れる• テキストを入力する• 絵文字スタンプを追加する• ハッシュタグを追加する• 位置情報を追加する など、自分好みにカスタマイズできますので、ぜひ活用してみましょう。 インスタグラムストーリーの8種類の撮影モードについて解説 前項ではストーリーの基本的な投稿方法をご案内しましたが、ストーリーの撮影機能には通常モードの他に異なる8種類の撮影モードが用意されています。 そ れぞれ特徴的で面白い写真や動画を撮影する事ができるので詳しく解説していきます。 タイプ:カラフルな背景に複数のスタイルの字体で文字を入力して投稿することができます。 写真や動画の上に重ねて文字を入力できる他、写真や動画を用意しなくても投稿可能です。 ライブ:最大1時間のライブ動画を配信することができます。 ライブ動画は配信が終了してから24時間の間観ることができます。 通常:通常のカメラで撮影できます。 BOOMERANG:10枚の写真を連射し、連続再生後自動的に逆再生される動画を撮影することができます。 写真を繋ぎ合わせたものなので音声はありませんが、インパクトのあるショートムービーが作成できます。 音楽:自分の好きな音楽を選択後、その音楽に合わせてストーリーを撮影できます。 SUPERZOOM:中心に向かってズームする動画を撮影することができます。 複数の効果音を選んで付けることができ、迫力があったりコミカルであったりと面白いショートムービーが作成できます。 フォーカス:人物の顔を認識し、背景をぼかした写真を撮影することができます。 まるで一眼レフカメラで撮影したかのような、人物が際立つ写真を作成することができます。 逆再生動画:逆再生される動画を撮影することができます。 ハンズフリー:シャッターボタンを長押ししなくても動画を撮影することが出できます。 スマホ内のカメラロール(ギャラリー)の写真をそのままストーリーに投稿することも可能 先の項でも少し触れましたが、端末に保存されている写真や動画をカメラロール(ギャラリー)からそのまま投稿することも可能です。 上記左の画像はストーリーの撮影画面です。 画面を下から上にスワイプすると、右の画像のように過去24時間以内に撮影されたカメラロールの写真が表示されます。 一覧から投稿したいものを選択しタップするとストーリーの編集画面が表示されるので、編集完了後左下の「ストーリー」ボタンをタップして投稿します。 【新機能】ストーリーを見せる人を選べる「親しい友達」機能 2018年11月30日に追加された新機能です。 インスタグラムのストーリーを見せたい人にだけ共有できる機能が追加されました。 自分と親しい人だけに共有できる機能なので、コミュニティの中だけでストーリーを楽しむことができます。 まず、画像左のストーリー編集画面左下に表示されている 「親しい友達」ボタンをタップしましょう。 すると、リスト作成画面が表示されますので、ストーリーを共有したい人をおすすめと検索の中から探して選びます。 このとき、 「親しい友達リスト」が作成されます。 親しい友達リストに追加された人にはそのことが通知されますが、そのリスト自体は見られないようになっています。 作成できる親しい友達リストは1つだけなので、本当に親しい友達を追加するようにしましょう。 リストを設定したら、ストーリーの編集画面に戻ります。 そして、先ほどと同じ 「親しい友達」ボタンをタップすることで親しい友達リストに追加されている人にだけストーリーが公開されます。 左下の「ストーリーズ」ボタンを押してしまうと全ての人にストーリーが公開されてしまいますので注意しましょう。 もう一点、 一度親しい友達リストを作った後だと、「親しい友達」ボタンを1回タップするだけでストーリーが公開されてしまうことにも注意しましょう。 ストーリーの編集画面で親しい友達リストを編集したい場合は、 「親しい友達」ボタンを長押しすることでリストを編集できますので覚えておくと便利です。 親しい友達リストへ限定公開したストーリーには右上に 「親しい友達ラベル」が表示されるので、後で確認することもできます。 親しい友達リストは自分のプロフィール画面右上のメニューから、「親しい友達」を選ぶことで編集することができます。 親しい友達リストを編集したいときに使いましょう。 投稿したストーリーの削除・保存・アーカイブについても解説 ここまではストーリーの撮影や投稿方法について解説してきました。 続けて投稿したストーリーを削除したり、ストーリーの保存・アーカイブする方法についても解説していきます。 インスタグラムに投稿したストーリーを削除する方法 ストーリーは投稿後24時間経過で自動的に削除されますが、誤った内容で投稿してしまった場合等に投稿済みのストーリーを削除する方法をご案内します。 まず、ホーム画面より削除したい投稿済みストーリーを開きます。 上記の左の画像のように表示されたら赤枠の「メニュー(もっと見る)」ボタンをタップします。 右の画像のように「削除」ボタンが表示されるので、そちらをタップすれば投稿を削除することができます。 インスタグラムに投稿したストーリーを保存する方法 投稿後24時間経過で削除されてしまうストーリーですが、保存しておくことも可能です。 投稿したストーリーを保存するには、削除するときと同様にホーム画面より保存したい投稿済みストーリーを開きます。 投稿済みストーリーを開いた画面の右下、赤枠の「メニュー(もっと見る)」ボタンをタップします。 右の画像のように表示されたら赤枠の「保存」ボタンをタップし、「画像(動画)を保存」をタップすれば端末にストーリーの画像や動画を保存することができます。 保存されるのは表示中の画像や動画だけですので、保存したいものが複数ある場合は一つずつ保存する必要があります。 iOS版のインスタグラムですと「保存」ボタンをタップ後に「ストーリーズを保存」のボタンが表示されます。 こちらをタップすればストーリーに含まれる画像や動画をまとめて保存することができます。 インスタグラムに投稿したストーリーをアーカイブする方法 自身が投稿したストーリーはアーカイブ機能を利用することでインスタグラム上でも保存しておくことが可能です。 アーカイブしたストーリーは投稿後24時間経過した後も見ることができます。 その際、投稿を見ることができるのは自身のみで、他の人が見ることはできません。 初期設定では投稿したストーリーを投稿から24時間経過後に自動的にアーカイブするよう設定されているので、アーカイブされたストーリーを確認する方法をご紹介します。 まずは上記の左の画像のように自身のプロフィール画面を開きます。 画面上部に赤枠のように時計のマークがあるのでタップします。 すると右の画像のようにアーカイブ画面が表示されます。 アーカイブ画面にはストーリーの他に通常の投稿も保存されるので、右の画像の赤枠部分にある「アーカイブ」ボタンをタップします。 「アーカイブ」ボタンをタップすると左の画像のようにストーリーの投稿と通常の投稿、どちらのアーカイブを表示するか選択できるので「ストーリーズ」をタップします。 右の画像のようにストーリーのアーカイブが一覧で表示されるので、見たい投稿をタップしてアーカイブされたストーリーを表示できます。 なお、初期状態で有効になっている自動アーカイブはアーカイブ画面右上の「メニュー」ボタンより無効にすることが可能です。 ハイライト機能:自分が投稿したストーリーはプロフィールで常時表示することができる 自身が投稿したストーリーはプロフィールに常時表示するように設定することもできます。 それが ハイライト機能です。 ハイライトしたストーリーはアーカイブのように投稿から24時間経過後も消えない他、アーカイブとは異なり自身のプロフィールを見に来た他の人も見ることができます。 自身のお気に入りだったり、多くの人に見てもらいたいストーリーをアピールするのに大変良い機能です。 投稿したストーリーは以下の手順でハイライトすることができます。 まずはハイライトしたい投稿済ストーリーを開きます。 左の画像の赤枠部分のように「ハイライト」ボタンがあるのでそちらをタップします。 すると右の画像のようにタイトル入力画面が表示されるのでタイトルを入力し「追加」ボタンをタップしてください。 「追加」ボタンをタップしプロフィール画面に戻ると左の画像の赤枠のようにストーリーがハイライトされました。 複数のストーリーを同時にハイライトしたい場合にはプロフィール画面の新規ボタンをタップし、右の画像のリストからストーリーを複数選択、同時にハイライトすることも可能です。 一つのハイライトには最大100個まで画像や動画を保存でき、ハイライトの数は現時点で上限は設けられていません。 自分が投稿したストーリーは非公開・非表示を設定することができる 場合によっては自身が投稿したストーリーを見て欲しくない相手がいるかも知れません。 そのようなときにはストーリーを非公開・非表示に設定することが出できます。 設定方法は以下の通りです。 左の画像はストーリーの撮影画面です。 赤枠で囲まれている画面左上部分に歯車のボタンをタップします。 右の画像のようにストーリーズコントロールの画面が表示されるので画面上部、赤枠で囲まれている部分の「ストーリーズを表示しない人」をタップします。 フォロワーの一覧が表示されるので、投稿したストーリーを非公開にしたい人にチェックを入れて「完了」ボタンをタップしましょう。 これでチェックを入れた相手からは自身が投稿したストーリーは見られなくなりました。 他人のストーリーの閲覧・コメント・保存について解説 続けて他の人が投稿したストーリーの閲覧やコメントを付ける方法、ストーリーの保存について解説していきます。 他人の投稿したストーリーを閲覧しコメントする方法 他の人が投稿したストーリーを閲覧するには閲覧したい投稿者のアイコンをタップします。 フォローしている人のストーリーを閲覧したい場合はホーム画面の上部に並ぶユーザーのアイコンをタップすると閲覧することができます。 その際、まだ閲覧していない投稿があるユーザーのアイコンは周囲がカラーで表示され、全ての投稿を閲覧済みのユーザーのアイコンは周囲がグレーで表示されます。 フォローしていない人のストーリーを閲覧したい場合は相手のプロフィールにあるユーザーアイコンをタップするとストーリーを閲覧することができます。 他の人が投稿したストーリーにコメントするにはまず、コメントしたいストーリーを開きます。 左の画像の下部、赤枠の部分に「メッセージを送信」の欄をタップします。 すると文字入力画面が表示されるので、コメントを入力し右の画像の赤枠部分にある「送信」をタップしたら完了です。 コメント機能の他に、画像や動画でストーリーに返信する事も可能です。 そちらを利用する場合にはストーリーを開いた画面の左下にあるカメラのボタンをタップします。 撮影機能が起動するので、そちらから写真や動画を撮影・編集をしてストーリーの投稿者に送ることができます。 これらの返信はストーリー投稿者にダイレクトメッセージの形で送信されます。 コメントできるものはロケーションストーリーとハッシュタグストーリーの2つがある インスタグラムの検索機能には場所で投稿を検索するスポット検索や、ハッシュタグで投稿を検索するハッシュタグ検索がありますが、この2つにもそれぞれストーリーの投稿があります。 左の画像がハッシュタグ検索、右の画像がスポット検索の検索結果です。 アイコンを見ると、どちらにもストーリーの投稿があるのがわかります。 ハッシュタグ検索から検索できるストーリーがハッシュタグストーリーで、スポット検索で検索できるストーリーがロケーションストーリーです。 どちらともアイコンをタップするとストーリーが閲覧でき、ストーリーの上部に表示される投稿者名をタップすることでその投稿者のストーリーを閲覧することができます。 投稿者のストーリー閲覧画面からはコメント機能を利用することができ、投稿者にメッセージや写真・動画で返信を行うことができます。 他人の投稿したストーリーを保存しておく方法 投稿から24時間経過すると自動的に消えてしまうストーリーですが、気に入った投稿や画像・動画はいつでも見られるように保存しておきたいものです。 自分が投稿したストーリーの保存方法はここまでで解説をさせていただきましたが、他の人が投稿したストーリーの保存方法については残念ながらインスタグラム公式の手段は現時点で用意されていません。 しかしながら、インスタグラム公式ではない外部のアプリを利用すれば他の人が投稿したストーリーを保存することができます。 ストーリーを保存できるアプリは様々なものがありますが、ここではiOSとAndroidの両方で利用することができ、知名度の高い「」というアプリを紹介します。 PhotoAroundを起動するとまず、左の画像の画面が表示されます。 赤枠の「Instagramアカウント」ボタンをタップすると、右の画像の画面に遷移しますのでユーザーネームとパスワードを入力しログインボタンをタップしてください。 その後左の画像の画面に戻り「Instagramアカウント」のボタンが「OK」に変化しているので、最下部の「ログインする」ボタンをタップしてください。 ログインすると画像左のホーム画面が表示されます。 ホーム画面上部には自分と現在フォローしているユーザーのアイコンが表示されます。 アイコンをタップすると各ユーザーの投稿が一覧表示されます。 フォローしていない人のストーリーを保存する場合はホーム画面下部の虫眼鏡ボタンをタップしてください。 右の画像のようにユーザーとハッシュタグから投稿を検索することができます。 ハッシュタグ検索からストーリーをひとつ開いたところです。 端末にストーリーを保存するには右の画像の赤枠部分にある四角い箱方のダウンロードアイコンをタップします。 保存したストーリーは端末の写真や動画再生アプリから見ることができます。 ストーリーには「足跡」機能がついています インスタグラムのストーリーについてご紹介してきましたが、最後にもう一つ、ストーリーが通常の投稿と異なる点があります。 それは足跡機能が付いている点です。 通常の投稿では誰が自分の投稿を閲覧したか投稿者にはわかりませんが、ストーリーについては誰が自分の投稿を閲覧したのか投稿者にわかるようになっているのです。 自身が投稿したストーリーの足跡を確認するには、まず投稿済のストーリーを開きます。 左の画像のように画面下部から上に向けてスワイプします。 すると右の画像のようにそのストーリーを誰が閲覧したかがわかる一覧が表示されます。 足跡はストーリーの投稿者のみが確認でき、ストーリーの閲覧者からは確認することができません。 他の人が投稿したストーリーを足跡を残さずに閲覧することはできません。 削除についても閲覧者が足跡を削除する方法はありません。 しかしながら投稿後24時間経過でストーリーが自動で消えてしまうのに合わせて足跡も削除されます。 足跡機能によって閲覧者が何らかの不利益を被ることは無いでしょう。 人によっては自分がストーリーを閲覧した足跡が残ることを嫌うかも知れませんが、その場合にはメインとは別のインスタグラムアカウントを作成し、そのアカウントでストーリーを閲覧すればメインのアカウントの足跡が残ることはありません。 インスタグラムストーリーで売り上げアップを目指そう(URLリンク追加、ショッピングタグ追加) もし、あなたがECサイトで物品の販売やイベントの集客などをしているなら、インスタグラムストーリーを使うことでさらに売上をアップさせることが期待できます。 フォロワー数1万人以上になって、ストーリーにURLリンク「もっと見る」を追加できるようになろう フォロワー数が1万人以上のインスタグラムユーザーは、ストーリーの投稿にURLリンクを追加できるようになっています。 ストーリーの下に「もっと見る」と表示され、見てくれた人を自分のブログ、ECサイト、イベントページ、ホームページなどへ誘導することができるとても便利な追加機能です。 また、ライブ配信やイベントの告知にもストーリーを活用できます。 もしあなたが何かしらの商品やイベントを宣伝したいなら、インスタグラムのアカウントのフォロワー数を1万人以上に育てて、ストーリー投稿を行ってみてください。 大きな効果が期待できます。 ストーリーにショッピングタグを追加しよう インスタグラムの「ショッピング機能」とは、自分の写真・動画・ストーリー投稿に、ECサイトで売っている商品ページのタグを貼り付けることができる機能です。 商品の詳細や価格が表示され、タップするとユーザーをそのままECサイトに遷移させることができます。 ECサイトへの導線が滑らかになるので、売り上げアップが期待できます。 ストーリーのような動画を通して商品をアピールすることで訴求力が高くなり、見ているユーザーの購買意欲を掻き立てることができます。 インスタグラムショッピング機能の導入法についてはの記事にて詳しく解説しています。 ショッピング機能を導入したあと、上手に活用する方法はの記事にて詳しく解説しています。 あわせてご活用ください。

次の

芸能人が投稿した11の事例から学ぶ!Instagram(インスタグラム)ストーリーズ機能活用術

インスタストーリーで投稿宣伝

インスタグラムは個人・法人関係なく、誰もが利用できるサービスです。 ユーザー比率は男女比で4:6。 女性のほうがやや多めで、なかでも20代〜30代の若い女性がメインユーザーとなります。 ですが、これは今までの話です。 じつは最近では男女共に40代〜50代の利用率も増加中。 インスタグラム全体のユーザー数も着々と増え続けています。 これは、男女問わず幅広い年齢層のユーザーに向けて、ブランドや商品、店舗などの宣伝・拡散ができるチャンスがあることも意味します。 インスタグラムは本当にお金をかけずに宣伝できるのか? 自社のサービスを「宣伝する」と言えば、お金を払って広告を出すのが主流ではないでしょうか。 しかし、インスタグラムを上手に活用すれば、無料で効率良く宣伝が行なえます。 そもそもインスタグラムは「無料」で利用できるSNSです。 そのうえ、インスタグラムには1ヶ月の間に3,300万人ものアクティブユーザーがいます。 これほど多くの人たちが動いているSNSで、費用をかけずにアカウントをつくれて投稿ができるのです。 うまくアカウントを運用していけば、効率よく宣伝できると言っても過言ではないでしょう。 では、実際にどんな運用を心がければ宣伝効果を期待できるのでしょうか…。 まずは投稿する写真の選定 インスタグラムは「写真」がメインのSNSです。 写真は、宣伝する材料そのものになります。 写真が良くなければ、宣伝したとしてもフォロワー(ファン)を増やすことができません。 では、良い写真とは具体的にどのようなものなのでしょうか。 ポイントは「全体の統一感」にあります。 各アカウントのホーム画面を確認すると、そのアカウントが投稿している写真を一覧で見ることができます。 インスタグラムでフォロワーが何万人もいる人気アカウントを見てみると、 どのアカウントでも共通していたのが全体の統一感です。 実際に全体の統一感を出すには、写真1枚1枚が重要となります。 ですが、基本的には以下3つのポイントを踏まえて投稿を続ければ統一感のあるアカウントをつくることができます。 色の統一• カラフルにしたいなら、全部の写真をカラフルに!たくさんの色を取り入れて撮影する。 (撮る物自体に色がないときは、背景や小物でカラフルにする。 シックな感じにしたいなら、白や黒を意識したり、加工で色素を薄くしたりする。 写真の背景を同系色で統一させる。 (できれば一色が好ましいが、同系色であればOK) 加工方法の統一• 一つ一つの写真の色合いは違っても、同じ加工を施す。 (フェードをかけて曇りっぽくする。 コントラストを強めてはっきりさせる。 同じサイズにトリミングする。 (横の3:4・縦の4:3など) 撮影方法の統一• 撮る物が決まっている場合は、撮るアングルを統一させる。 (真上からなのか、真横からなのか、正面なのか。 ) 【参照画像】 ここで注意しておきたいのが 「上記で説明したすべてを統一させる必要はないこと」です。 統一感を出したいときはブランドや商品、店舗のコンセプトがユーザーに伝わることを前提に、上記3つのポイントのなかから1つは統一させることを考えながら写真を選ぶことが大切になります。 全体の統一感を出せれば、ユーザーにも伝わりやすいアカウントづくりができます。 インスタグラム特有のハッシュタグ どんなに素敵な写真を投稿してもユーザーに見られなければ宣伝になりません。 では、どうしたら多くのユーザーに投稿を見てもらえるのでしょうか? その方法は大きく分けて2つあります。 インスタグラム特有のハッシュタグ活用 インスタグラムでは、写真を投稿するときにハッシュタグ(#〇〇)をつけますよね?これをフルに活用していきます。 インスタグラムには「ハッシュタグ検索」という機能があります。 ユーザーは、この検索機能を使って今気になっている「こと」・「もの」を探します。 こうしたユーザーに投稿を見つけてもらいやすくするためにも、投稿には必ずハッシュタグをつけます。 とはいえ、やみくもに人気ハッシュタグをつければ良いというわけではありません。 ハッシュタグを選ぶ際は、 投稿写真に合う適切なハッシュタグや関連性のあるハッシュタグに絞って、ユーザーが求めていたものを見られるようにしてあげることが重要です。 この工夫がうまく宣伝できることにつながり、最終的にフォロワーやファンの増加を促します。 以下、ハッシュタグの例をご紹介します。 例1 ファッションブランド:ワンピースの投稿写真の場合 店舗の情報・ワンピースや関連するファッション系のタグの設定 ワンピース ブランド名 店舗名 大人ワンピ 夏服 夏ワンピ デートワンピ デート服 水玉ワンピ ファッション 大人コーデ モノトーンコーデ シック 大人ファッション 大人女子 オフィスコーデ オフィスファッション セール 例2 飲食店:料理の投稿写真の場合 店舗の情報・料理やコンセプト系のタグの設定 パスタ トマトクリームパスタ 店舗名 渋谷パスタ イタリアン ランチ 渋谷 東京 lunch スパゲッティ ヘルシーランチ オーガニック オーガニックランチ 渋谷ランチ 女子回 デート 個室 おしゃれランチ 広々ランチ テラスランチ 例3 ヘアサロン:へアルタイルの投稿写真の場合 店舗の情報・ヘアサロンやスタイルの特徴・人気メニューのタグの設定 〇〇ヘアサロン 池袋店 #夏カラー #夏スタイル #アッシュ #極上トリートメント #池袋美容院 #トリートメント #サラサラヘアー #人気ヘアサロン #オーガニックカラー #ハニホコトリートメント #イルミナカラー #炭酸ヘッドスパ 例4 ネイルサロン:ネイルアートの投稿写真の場合 店舗の情報・デザインの特徴・流行りデザインのタグの設定 #ネイルサロン〇〇 #渋谷店 #秋ネイル #シンプルネイル #オフィスネイル #ピンクネイル #ジェルネイル #ワンカラー #フレンチ #シンプル #ストーンネイル #ハンドマッサージ #フットネイル #ハンドネイル #フットマッサー時 #ニュアンスネイル #ネイルアート 【参照画像】 投稿を見たユーザーが気に入ってくれるような写真と、適切なハッシュタグは常にセットです。 ハッシュタグをフルに活用して、多くのユーザーに見てもらいましょう。 自分から「いいね」を押してアピール 上記で説明したように、画像とハッシュタグを設定して、検索されるのを待っているだけでは、宣伝や拡散の効果を得るにはまだまだ足りていません。 そこで活用するのが「いいね」です。 芸能人や人気インフルエンサーの場合、日頃から多くのいいねが来ているため、いいねを押してくれたユーザーをわざわざ見に行くことは滅多にありません。 しかし、一般ユーザーの場合、フォロワーのほとんどが友人や知り合いです。 そこで、知らないアカウントからいいねが来ると、「どんな人が押してくれたのだろう?」と気になりアカウントを見に行く傾向にあります。 この性質を利用して、一般ユーザーに対していいねを押していき、アカウントをアピールします。 ただし、このとき、やみくもにいいねを押せば良いというわけではありません。 きちんとユーザーを絞って、ファンになってくれそうなユーザーにいいねを押しましょう。 飲食店の店舗アカウントなら、グルメ好きで食べ物や訪れた飲食店について投稿しているユーザー。 ネイルサロンやヘアサロンのアカウントなら、ネイルやヘアスタイル関連の投稿をしているユーザーに。 しっかりといいねを押すユーザーを絞って、効率よくフォロワーとファンを獲得していきましょう。 インスタグラムを利用したキャンペーン 投稿の写真を見てもらい、反応してもらえたらすでに宣伝は成功です。 しかし、さらにそのユーザーに実際に商品を購入してもらえたり、店舗に来店してもらえたりしたらベストでしょう。 そこで取り入れたい施策が、「インスタグラムキャンペーン」です。 以下、宣伝に効果的なキャンペーンの例をご紹介します。 ストーリーズを活用した宣伝 インスタグラムには「ストーリーズ」という機能があります。 ストーリーズは「24時間経つと投稿内容が消える」というもので、ちょっとしたことでも気軽に投稿できるところが多くのユーザーから人気の機能です。 投稿はいくつも連続で投稿できます。 ストーリーズを宣伝で利用する方法は2つあります。 ストーリーズへコメントしてくれた方限定でノベルティープレゼント!• ストーリーズ画面を見せてくれたらドリンク1杯無料!• ストーリーズ見た方限定で、トリートメント無料!• ストーリーズ画面提示で、ネイルアート1本サービス! などといった、ストーリーズを見ている人限定でキャンペーン情報を流します!24時間で消えてしまうので、自動的にキャンペーンも24時間で終了です。 人気の花柄ワンピース残り3着です!• 在庫切れしていた人気Tシャツが10着限定で入荷しました!• 現在4人テーブルが2席空きあります!• 今日の日替わりランチは豪華〇〇です!• 本日のネイルの空き状況!12:00、15:00、19:00!• 本日カラーモデルやっていただける方募集! リアルタイムで状況を配信することで、お客様にいち早く情報を届けられます。 【参照画像】 このようにハッシュタグを指定してユーザーがインスタグラムに投稿すると、投稿したユーザーのフォロワーがその投稿を見るということになり、多くの人に拡散できます。 自分は1投稿のみで、多くのユーザーに拡散できるというかなり効率の良い宣伝方法です。 インスタグラムでのキャンペーンは公式サイトを利用したり、店頭で呼び込みをしたりするよりも手間がかかりません。 一度、どれくらいの効果があるのか試してみてはいかがですか? まとめ インスタグラムを活用した無料で効率の良い宣伝方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか? ストーリーズやハッシュタグを利用した宣伝は効率良く効果が見込めますが、 これはあくまでアカウント自体をしっかりと運営してこその効果です。 ただやみくもにインスタグラムを運用しているだけでは、ストーリーズやハッシュタグを利用しても宣伝効果は見込めません。 日々の定期的な更新やストーリーズの投稿をしっかりと行なうことが最も重要です。 今回ご紹介した宣伝方法は、無料かつ誰でも簡単に利用できるインスタグラムだからこそできることだと言えます。 広告を出すにはお金がかかる宣伝。 ぜひ、インスタグラムをフルに活用して成功させてみてください。 なお、• きちんとインスタグラム運用できるか不安…• インスタグラム運用に人と時間を割けない…• そもそもどうやって運用すればいいのかわからない… という方は弊社が運用をサポートしますので、お気軽にご相談ください。

次の

【スワイプさせたい】インスタのストーリーにURL(リンク)を挿入するための絶対条件とは?

インスタストーリーで投稿宣伝

ストーリーは画面いっぱいに表示されている 一方でストーリーをスクショするとバッテリー残量などは表示されません。 これはストーリーがスマホの画面全部を使って表示されているからなのです。 インスタでスクショできない原因はやり方かスマホ自体にあり インスタで気に入った投稿を見つけたからスクショしようと思ったけど、できない!?そんなトラブルもゼロではありません。 スクショできない原因として考えられるのは2つ。 スクショのやり方が間違っているか、スマホ自体に問題があるかです。 スクショのトラブルはインスタアプリのトラブルではありません。 スクショのやり方は前項で説明した通りですが、例えば替えたばかりのスマホだと慣れていないため、スクショボタンがどれかわかりません。 どうしてもスクショボタンがわからない場合には、スマホの説明書を読んだり、ネット検索をしたりなどで確認しましょう。 厄介なのはスマホ自体に問題がある場合です。 スマホのスクショ機能に異常があるか、ホームボタンなどが壊れている、または画面がひび割れているといったときにはスクショができなくなってしまいます。 これはスマホ自体のどこかが壊れていたり異常があるということなので、 修理に出すか新しく買い替えるかなどして対処するしかないのです。 新しいスマホを買うときは、きちんとスクショできるかも確認しておきましょう。 インスタで動画をスクショしても「動画」にはならない スクショとは、スマホの画面に表示されているものを画像に変換し、カメラロールに保存する行為です。 あくまで画像ファイルとして保存されるので、インスタで動画をスクショしても動画ファイルにはなりません。 インスタで投稿されている動画を保存したい場合はコレクション機能を使いましょう。 コレクション機能を使えば、インスタアプリ内にお気に入りの投稿を保存しておけます。 コレクション一覧 これがコレクション一覧。 最新のコレクションは左上に表示されます。 インスタのスクショを瞬時にストーリーに載せる方法 インスタで繋がっている友達同士がお互いのストーリーを投稿し合っているのを見たことがありますか?ストーリーで会話のやり取りや、お互いのストーリーにコメントしている感じです。 ですがそれだとスクショする、ストーリーを開く、カメラロールから選ぶと手間がかかります。 インスタにはストーリーのスクショを瞬時に自分のストーリーに載せる方法があるのです。 好きなように加工もできる 右上の友達のストーリーは指で大きくすることで、画面全体に表示できます。 あとはこれを写真や動画で撮ったり、コメントや加工を添えたりしてストーリーにシェアするだけ!これなら簡単にストーリーに載せられますね。 インスタのプロフィールをスクショして他SNSでアピールしよう インスタのスクショはお気に入り保存するためだけではありません。 たとえアカウントのリンクを貼っていてもリンクをタップする手間もあるし、リンク先が開くまで時間がかかることも。 プロフィール画面を貼り付けておけば パッとあなたのアカウントを見てもらうことができて、興味を持ってくれた人はフォローしてくれますよ。 インスタのフォロワーを増やす目的でもスクショを使ってみてくださいね。 インスタのライブ配信コメントやDM内容をスクショして残す方法も インスタではリアルタイムで配信ができるライブ配信機能があり、 配信者だけでなく閲覧者もリアルタイムにコメントをすることができる機能です。 よく閲覧者が質問を投げかけ、配信者が答えるというやり取りもされています。 しかし、リアルタイムであるためコメントが多いと見落とす可能性も。 画面をスクショしておけば、ストーリー機能を使って取りこぼした質問に答えることもできますよ。 また、DMは相手がメッセージを削除すると自分の端末からも削除されるというややこしい仕様になっています。 これだと相手とのトラブルが起きたとき、 後から「言った言わない」の問題に発展しやすいです。 それを避けるために、 DMの大事な内容の部分はスクショして残しておくことをおすすめします。 インスタではいろいろな用途でスクショが使えそうですね。 うまくスクショを使いこなしましょう。

次の