アルバハ hl 水 ソロ。 アルバハHLソロ討伐達成、使用した編成や攻略法を紹介

【グラブル】アルバハHL攻略|行動表と属性別おすすめキャラ【グランブルーファンタジー】

アルバハ hl 水 ソロ

実施日 2020年4月7日 火 内容 ・自発箱のヒヒイロカネ率 UP ・金箱のヒヒイロカネ率 DOWN 4月7日 火 のアップデートにてアルバハHLの「ヒヒイロカネ」ドロップ率調整予定。 発見者報酬 自発赤箱 のドロップ率引き上げが行われ、代わりに 通常報酬 金箱 のドロップ率引き下げが行われる。 3月24日に「天破の祈り」実装 実装日 3月24日 火 3月24日より、アルバハHLに『天破の祈り』機能が実装。 称号を獲得すると、報酬として至極の指輪が入手可能。 団内等で安定して討伐できる場合はその限りではありませんが、やはり他マルチと比べて戦力的なハードルは高め。 初挑戦はシュヴァ剣の揃った光、もしくはダメカや回復を用意しやすい水などがおすすめですね。 ターゲッティングを付与されたらクリアかカットで対処。 弱体をしっかり入れてHPを高く保ちながら動きたい。 特殊技を受けると参戦者全員が全滅するので一度も受けてはいけない。 参戦者の火力次第では恐怖やテュポーンでの対策が必要。 属性防御や累積防御DOWNは効くので、入れておくと楽になる。 エッセル4アビを回すために開幕から奥義OFFでターン回しが重要。 こちらはイクサバの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 後半一気に削るときのフルチェイン用に 4凸テュポーンや水着マキュラなど奥義ゲージを増やせる召喚石があれば採用しましょう。 こちらはブルースフィアの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 オクトー奥義やギルガメッシュ召喚の土属性攻撃力UPを強化できるブローディアのサポアビが優秀。 また、 PTの奥義回転率が高く、カイン2アビの強化効果や奥義の追撃付与が途切れにくいのも強み。 こちらはキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA ニオ2アビやアンチラ3アビ、グリム2アビなど火力支援が豊富な編成例。 通常攻撃中心でターンを回して、 火のエッセル砲などに合わせてニオ4アビやグリム2アビの2回発動できる状態にしておきたいですね。 こちらはキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA 与ダメや連撃率UPを持つクビラとTA確定や全体かばう持ちのヴィーラを入れた編成例。 こちらはエデンの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA 闇クラリスと闇フェリを入れた闇渾身編成例。 10T経過してから強化されるアビが多いため、 バレクラ3アビで一度に複数ターンを進めるのが重要ですが、敵のCTも早く溜まる点には注意。 こちらはフォールン・ソードの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 ファランクスなど 50%以上のダメカと合わせて敵の多段攻撃を100%カットできるため、非常に動きやすくなる。 リヴァイヴ 主人公以外が倒された場合に立て直せるので、安定度を上げることができる。 参戦者内にエウロペを用意できなければ候補。 ディスペル 95%特殊の高揚など、敵の厄介な効果を消去する手段。 フュンフ、ブローディア、アンチラ、カトルといった ディスペル持ちキャラが参戦者内に居なければEXアビ採用も選択肢。 討伐速度次第だが、HP70%時は必須のため1枚以上は必ず用意したい。 また、10%でトールを召喚した後に攻撃すると弱体効果が解除されてしまうので、 召喚後は更に5%まで待機という流れになります。 HP75%時の『バース・コントロール』を受ける場合は、ソーンを控えに編成するか、メインに編成して控えを0人にするのが得策。 参戦者の火力次第では テュポーン又はアビリティの恐怖を使って切り抜ける必要がある。 全員が超えたことをしっかり確認しよう。 無視でも構わないが、PTごとの個別効果なので各自で対応する必要がある。 麻痺中でも発動するので注意。 特殊技を誰か1人でも受けると全体が壊滅するというポイント。 3:恐怖を入れる場合はトールを入れる選択肢も 恐怖を利用してCT増加を防ぐ場合は、トールを使用すると命中率を上げられる。 属性防御DOWNを入れて味方の火力を上げ、敵の攻撃に対してはカット、回復を駆使して戦っていこう。 万全を期すならトールで連続攻撃DOWNを入れておこう。 直前で特殊技を受け、カットを無駄にするといったことはないようにしよう。 4:敵の「TA確率UP」をディスペルで消去 特殊技『ゴッドブレス』で敵に付与されるTA確率UPは放置しておくと事故につながるのでしっかりディスペルで消去しよう。 自動復活なども消去されてしまうので注意。 なおビッグバンには弱体消去がついているので、 しっかり全員が通過したことを確認するように。

次の

アルバハHL 純属性ソロ備忘録

アルバハ hl 水 ソロ

ついにアルバハHLソロを達成しました。 他の方のソロ動画をかなり参考にさせていただきました。 アルバハソロ攻略の先人や失敗の後始末をしてくれた団員に感謝です。 アビリティはクリアオール・リヴァイヴにリミアビを入れる基本形。 アンチラとユリウスで攻防下限まで落とせるので主人公にデバフ(ミスト)を積む必要はありません。 武器は弱点の火属性攻撃を軽減する為のローズ武器とHP補強の為に5凸ティア斧を1本入れています。 召喚石は50~31の超越ゾーンを突破する為のテュポーンに回復用の5凸ルシフェル、それと前半のキルフレアをカットするためにガブリエル(火属性70%カットの召喚効果あり)を入れました。 最後の1枠は黒麒麟を入れるか迷ったけどステと火力アップを優先して5凸バハムート。 黒麒麟は一番欲しい10%以下で使えないからまあいらないかなと。 ゴブロ石は持っていません(破局対策不可)。 アルバハHLソロの動き(風マグナ) アルバハHLソロの動画はたくさん上がっていますが、ブログという媒体でアルバハHLソロに関して触れられた記事はあまり見かけないので、実際の戦闘の様子をSS(スクリーンショット)を交えながら書いていきたいと思います。 参考になれば幸いです。 100%~76%(ターゲッティング区間) アンチラ4アビやユリウス1アビでデバフを入れていきます。 睡眠や麻痺が入らなかったら4凸ティアを召喚して幻影をつけてから攻撃開始。 95%特殊行動「ダイダロスウィング」 クリティカルが発生すると1万5000ダメージ食らうのでかなり痛いです。 高揚はユリウスの3アビ(ディスペル)で消去。 通常攻撃 デバフがしっかり入っているおかげで通常攻撃は大して痛くありません。 主人公の通常攻撃 これは主人公の通常攻撃のダメージですけど、デバフの違いがあるとは言えリミ武器を6本積みこんだゼウスより守護武器入りマグナのほうが火力が出てるのはちょっと複雑な気分。 ガブリエル召喚でキルフレアをカット 90%あたりでアルバハのCTがMAXになります(このあたりでOD状態に)。 ここの特殊技にはキルフレアがあるのでそれをカットするためにガブリエルを召喚。 デバフをしっかり入れて70カットありならキルフレアのダメージをここまで抑えることができました。 85%特殊行動「キルフレア」 85%のキルフレアはアンチラの2アビと奥義(かばう回避)でノーダメージ。 風の火力ならCTが再度MAXになる前に85%まで削れますね。 80%CTMAX キルフレアも無属性ダイダロスもどっちも受けたくありません。 うまく行けばこんな風に特殊技を受けずにブレイクさせることができるんですけど確実に成功させる方法はまだ分かっていません。 75%~51%(全体攻撃区間) 75%特殊行動「バースコントロール」 バスコンは単体攻撃なので4凸ティアの幻影で簡単に対処可能。 同時にメンバーチェンジが行われますが・・・ 上:ユリウスが残る 中:アンチラが残る 下:レナが残る 消された累積デバフを入れなおせてかつスロウも使えるユリウスが残るのが一番理想でアンチラでもまあ良し。 レナが残ってしまった場合は最悪ユリウスを出す為に落ちてもらうことになります。 ソロ成功した時はユリウスが残る最高の形になりました。 70%特殊行動「神撃」 クリが発生しても1万行かないので大したことはないです。 デバフ消去(1人に付き2つ)もユリウスが入れた毒や腐敗といった大して重要じゃないデバフが消えるだけなので無問題。 アルバハの全体攻撃 ユリウスデバフが入っていれば全体攻撃もそれほど痛くありません。 ユリウスがいないとこの区間の被ダメが上がるのでちょっときつい。 昏睡やスロウで敵の行動を阻害 この区間は通常攻撃や特殊技(キルフレア等)を受ける頻度を下げる為ニオ1アビを切って昏睡を狙います。 ユリウスのスロウも有効です。 今回はアンチラ不在でガブリエルもその前のCT特殊技の時に召喚してしまっていたので(これはミス)、グリームニルを召喚して受けています。 ドクター1アビを使えば石化を食らわずに済みますけど、事前にグリームを召喚しておけば仮に石化を食らっても壊滅はしません。 グリームニルは後半まで温存する必要はないので、全体攻撃区間の辛いタイミングで切ってOKだと思います。 50%~31%(超越区間) 50%・40%特殊行動「シリウス」(無属性) 主人公のHPは 必ず90%より高い状態にしてから受ける。 後半の為にとポーションを惜しんで90%以下で受けるとこんな風に主人公にシリウスが3発飛んできて全てが水泡に帰すことも(これで一度ソロ失敗しました)。 45%・35%特殊行動「シリウス」(属性) 属性版シリウス。 4凸ティアの幻影で回避可能で被ダメも少ないのでまったく問題なし。 超越区間は最低でも最終十天が一人は欲しい これは初挑戦時に超越区間を突破できなかった時のSS。 この時は全体攻撃区間でシエテとニオを落としてしまい、さらにその後あせって45%シリウスでアンチラ2アビをレナにつけて落とそうとして失敗して(45シリウスの威力が低すぎた為)結局火力不足で削り切れませんでした。 50%時点のフロントにシエテ・ニオが両方いない場合はアンチラ2アビをレナにつけて落として最終十天をフロントに引っ張り出すことになりますが、この時レナのHPが高いと45シリウスではレナを殺しきれないので 確実にレナを落とすなら40シリウスで落とすのがお勧めです。 テュポーン召喚で超越回避 ソロ成功した時はユリウスの恐怖が入ってくれたおかげで32%まで削ることができましたが、基本的にはだいたい40%前後でCTMAXになることが多かったです。 あと何度かソロやっていて思ったことですが、最終十天の4アビを切ればテュポーンなしでも超越区間を突破できるような気がします。 それぐらい風は火力が高い。 最終十天の4アビを使わなくてもテュポーンが1枚あればヴァジラやパーシヴァルといった恐怖役の出張は不要だと思います( 風属性の場合) 超越区間は立て直し区間でもある 超越区間はトリガー以外攻撃を一切してこないのでアルバハソロの場合立て直し区間にもなります。 全体攻撃区間で消耗したパーティーを蘇生や回復等でしっかり立て直して後半に備えましょう。 30%~11%(破局区間) 30%特殊行動「滅ビノ刻」 これ以降 HPが10%以下になると即死。 ユリウスがフロントにいるなら消されたデバフをかけ直す。 28%CTMAX 28%のCTMAXで「オメガブラスト」か「ゴッドヴォイス」のいずれかを使ってきますがどちらも威力は大して高くない(後者は有利の土属性攻撃なのでさらにダメージを抑えられる) アルバハに付くTA率アップバフもユリウスがいれば3アビで消せるので無問題。 ユリウスがフロントにいない時は消えるまで待機したほうが無難かも(まだその状況になったことがありません) 22%特殊行動「オメガブラスト」 デバフがしっかり入っていればダメージは大したことないです。 15%特殊行動「完全なる破局」 ゴブロ石がない場合ここが一番の難所(破局で主人公がほぼ確定で落ちる)。 ここで一番注意しないといけないのが レナが必ずサブにいること。 主人公とレナが両方死んでしまうと立て直しが効かなくなってしまうので。 特殊技の破局は絶対に受けないようにする この区間はOD特殊でも破局が飛んでくるので 絶対に2発目は受けないようにする必要があります。 さすがにゴブロ石無しで破局を2回受けると立て直すのはほぼ無理。 シエテがフロントにいれば3アビや4アビのフルチェインでCTがMAXになる前に15%まで余裕で削れますし、5凸武器が揃っていればシエテがいなくても火力は十分足りると思います(シエテ・ニオ両方いないとちょっと危ないかも)。 仮に食らってもデバフが入った状態なら(今回は破局後の動きを迷ってる間にデバフが消えてしまうミスあり)そこまで痛くはないです。 ちなみに7%になってるのは最後の全体攻撃を受ける回数を少しでも減らすために11%でシエテ4アビを切った為です。 アルバハの全体攻撃の威力がアップ ユリウスデバフが入ってないせいもあるけど最初の全体攻撃区間に比べてアルバハの通常攻撃の威力が上がっているのでかなり痛い。 クリとかTAはやめてくれw 5%特殊行動「キルフレア」(闇属性) これもユリウスのデバフがないと結構痛い。 レナはもう仕事が完全に終わってるので落ちてもまったく無問題(むしろ早く落ちてユリウスに出てきて欲しい) ユリウス1アビを入れる 終盤になるとユリウス1アビもミスが増えるけどとにかく1アビを連打して攻撃ダウンが1回でも多く入ってくれることを祈るのみ。 ユリウスのデバフのおかげで被ダメが多少軽減。 勝利確定 残り2%でアンチラの2アビが使える状態になればもう勝利確定です。 あとはアンチラ2アビを誰かに付ければ1%のビッグバンを撃たれてもその一人が落ちるだけで済みます(アンチラが奥義撃てる状態ならかばう回避で誰も落ちない) 今回はシエテ3アビでフルチェが撃てる状態だったので奥義フルチェでトドメを刺しました(冒頭のSS)。

次の

【グラブル】アルバハHLソロクリア!風マグナの動き方

アルバハ hl 水 ソロ

結局鰹剣豪の研究とかしている間に、いつしかほとんどクリュサオルしか使わなくなっていた・・・ 今回はアルバハHLソロを水でやるときに色々思ったことメモ。 細かいことは調べればいくらでも出てくるので、基本的な知識は知っている もしくは並行して確認する 前提での記事になります。 武器は水パメインなので特に頑張らずにそのまま。 今回は個人的に取得したばかりのハーゼリーラを使用したかったのもあり、以下のキャラのうちどれを使うかを悩んだ。 キャラごとの所感は以下。 単体攻撃での2アビ、トリガーにとりあえず3アビでかなりのダメージを抑えることができる。 もちろん奥義のバフ・バリアも強すぎる。 確定フロント枠。 逆位置のトーラの書を付けたいので確定バクメン枠。 これを連打したり使い分けたりでかなり調整役として役割があった。 速度重視では入らないことが多いけど、高難度攻略ではやはり強く、解放して良かったと思えた。 困ったときのダメ調整がしやすいのも〇。 奥義バフは確かに強いが、今回はハーゼリーラでもかなり強いバフを撒けるので、ありがたみはそんなになかった。 火力にならないキャラを一人入れる部分をどう捉えるかという感じか。 当然ヒールでHP維持も出来るし。 奥義の水属性攻撃アップもつよつよ。 序盤のダイダロも変換を置いておければ事故らない。 1アビの回復量も優秀だし、3アビは火力モリモリ。 奥義で連撃を盛れるし、自身も他キャラより火力が出るのでほぼ抜けないキャラかなという感があった。 という訳で、試したのは以下3パターン。 最終的にクリアしたのは一番下だったので、上2つは変えた理由だけ記載。 カトルではなくアンチラをいれたパターン。 安定感があるように見えて、火力がないことによる遅延分のアドはなかった。 やるならカトルと共存していれば更に安定感はありそうだけど、他2人を抜ける余地がないので断念。 強いて言えばオメガ武器のところくらい?槍でも別に問題はないと思う。 ブルースフィアの奥義は無類の強さなので、他で挑む理由は特にないかな。 ハーゼで奥義加速もできるし。 フィンブル3本に甘えてもギリいけると思うから、リミ武器は4本あればなんとかなりそう。 トールは75。 自由枠ミカエルは結構刺さってた。 序盤の高揚ディスペルとスロウがかなり便利。 持っていればいれるのはかなりアリな気がした。 パーは一番下の場合で書きます。 とりあえず通しで一番大事なのは「トリガーの踏み抜き」だと思うので、絶対に大丈夫なところ以外はリロらないのが無難。 こういう際どいHPになりそうな時は、最後のキャラの攻撃でHPがどういう減り方をしたのか確認しておこう。 2アビは95高揚に使うので封印。 3は適当に奥義バフ延長に。 ウーノ1、2は適宜、2はCT技を撃ってこない時に。 3は95トリガーに 別になくてもいいけど は3はダメ調整するときと奥義ゲージ腐るとき以外は適宜常に使う。 2はあとで使う。 1はターゲッティングが付いたら。 次の高揚はミカエルで消す。 トリガーは2で。 無ければ素受け。 ウーノ3はダイダロだと腐る、とはいえCT余るので結局使う。 別に落ちても最悪大丈夫だし。 ダイダロ連発されなければ特に問題なく抜けれるはず。 と思ったけどカトルのスロウでかなり遅延できるしやっぱ誰でも大丈夫だ。 早めに抜けたいので、少しもったいないけど3アビも2回いれていいと思う。 そう、ここに来て気づいたけどフレ石は。 ただ、ほぼ撃たずに終わっているので、こので事故った時に使えばいいと思う。 ハーゼはトーラの書が消えてしまうので、可能な限り死なないようにしたい。 リリィの123は全部常に使用。 このは全体攻撃なので、ハーゼは1アビ2連打でスロウ全力。 3は奥義ゲージみて加速用に。 ウーノの場合はCT技に3。 他は奥義撃つときに2。 カトルの場合はバフ消去に2。 1は常に撃つ。 3は変わらず奥義バフ延長。 の場合はCT技でなくても2は使ってよい。 1もクリアはリリィに頼るので、回復用に使ってよい。 3は常に。 とにかくアビは全部常に使う。 ハーゼの2アビを回すことで事故がなくなる。 CTマックスになったらテュポ。 通常攻撃が単体なので、主人公の奥義で避けれる。 むしろウーノがいない時が困りもので、バニッシュでどうにか前に出さないといけない。 バニッシュはリリィにいれて、落ちるまで奥義封印。 他のHPがやばくなったら余裕あればキュアポ、なければ普通に全体ヒール。 ウーノさえ出れば勝ち確。 ゆっくりやっていいなので、奥義封印してフルチェ突入がおすすめ。 ここで崩れていなければ、後は軽減を適宜回していれば特に何も考えなくてもクリアできる。 バニッシュはこういう時にも使えて便利。 書くのに疲れてきたので、ひとまず終わり。 何かあれば追記。 gurenhime.

次の