北斗転生フリーズ。 北斗の拳 転生の章 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

北斗の拳修羅の国篇羅刹ver.(北斗羅刹) パチスロ スロット

北斗転生フリーズ

1521あべし以上(最深天井)到達時には ATレベル3以上が確定するといった恩恵が用意されていますが、選択率は 僅か0. 2%程度となっているため、基本的には天井に到達しても特別な恩恵はないと捉えておいて問題無いです。 狙い目 天井狙い目は通常時 760あべしが目安です。 欲を言えば通常B天井の手前から狙っていくのが理想的ですが、769あべし~800あべしのプチゾーンをカバーしつつ狙っていく形で問題ないでしょう。 また、555ゾーンを狙った際に ATフェイク前兆が発生しなければ通常B濃厚となります。 前兆演出の見極めに自信がない場合にはオススメはしませんが、通常Bだと判断できればゾーンを抜けてもAT当選まで全ツッパでOKです。 ゾーン狙い中に天破に当選した場合、そのまま天井狙いに移行できる可能性があるのも555ゾーン狙いの強みと言えますね。 通常B移行率が優遇されているリセット後の狙い目に関しては、 640あべし付近を目安にするといいと思います。 天破を経由した場合は、伝承モード非滞在を確認してやめましょう。 256あべし、555あべしといった解除ゾーンい差し掛かっている場合には、ゾーン抜けまでフォローしてやめということで。 また、「北斗の拳 転生の章」には 次回天国確定演出が存在するため、確認できた場合には天国否定までは必ずフォローして下さい。 ・天破経由時は伝承モード非滞在を確認後。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の

北斗の拳 転生の章【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

北斗転生フリーズ

万枚までの奇跡 当時、僕はハイエナをメインで 立ち回っていました。 狙い台は、主に 絆・転生・凱旋・沖ドキ あとは、バラで小銭稼ぎ程度の 狙いでうろちょろしてました。 この頃は番長3はなくホールのメインは 主にこの4機種。 マイホではね。 まどマギとサラ番は苦手で あまり触ってませんでした。 その中でも主に狙っていたのが 北斗転生でした。 この頃の転生は、稼働がちょうどよく 台数もかなりあったので 十分に期待値を稼げました。 そして、その日もいつものように 転生の島へ ちょうどいいところに 500あべし付近があったので 555ゾーン確認。 投資2kほどで 555でゲーム数解除。 そしたらドン。 このいきなりくる感じが たまらんかったんです。 ATレベル3or4確定。 僕のオカルトですが、転生には ケンシロウレベルがあると 思っていました笑。 そして、この日のケンちゃんは 多分レベルマックス。 負けない。 闘神の引きもよく気づけば 勝負魂30をキープ。 そんな中に ピンクになってますがレインボーから。 転生のコツはとにかく無心。 無心で回し続ければ 夢想転生の力を手に入れて、、、、 すいませんでした。 そんなことを思いながら 消化していき気づけば この時点で、万枚を意識する。 ただ、みなさんも知っての通り 転生って急に負けだすんですよね。 勝負魂1個の期待値が 大体20%と言われてた気がしますが この20%本当に怪しいです。 小役の引きでかなり左右されますが 急に来るシンの連続地獄は 誰しもが経験したことでしょう。 ただ、今の僕は 北斗神拳伝承者と気持ちは同じ。 ひたすらレバーを叩き ゲーム数を消化していく。 気づけば、夢はすぐそばへ 4200枚ほど増えたが 勝負魂の消化は、17個。 正直この間、いろんなドラマが あったはずだが、画像も記憶もないw さてラストスパート。 ここまでこのペースを守れた 僕の剛腕に残り32個の勝負魂で 1200枚を出す事など、容易い事だ。 なんて事を、当時思っていたのだろう笑 そして、ついに。 人生初。 ハイエナ初。 転生初。 万枚達成!!! そして、前回から1200枚出すのに 消費した勝負魂実質0個! 1個増えとる!!!!笑 きてる。 閉店取りきれず? 2万枚行っちゃう? 膨らむ期待を胸に回し続ける。 すいませんでした。 たしか、11000枚ちょっとで終わりました笑。 いやぁ〜懐かしいなぁ。 今では無理だわ。 転生打ちたいなぁ。 あの出玉感と勝負魂溜まってる時の 無敵感。 たまらん。

次の

【北斗転生】ハイエナ最強機種で万枚達成した時の話。

北斗転生フリーズ

フリーズ解析 ・パチスロ「北斗の拳 修羅の国篇」には、「北斗フリーズ」と「北斗ロングフリーズ」の2種類が搭載されている。 50Gの専用ARTステージへ突入。 金勝舞魂を獲得。 専用ステージ後は特闘に突入。 上位ATレベル確定。 歴代北斗シリーズ屈指の恩恵 新作が導入される度に、 「今回の北斗揃いは歴代北斗シリーズ最強」・・・と言われているような気もしますが(笑)、期待値を見る限りでは「修羅の国篇」の北斗揃いは「転生の章」や「強敵」を超える性能となっています。 設定狙い・天井狙いといった期待値稼働でも、北斗揃いを引けるかどうかが収支に影響してくるでしょうね。 まあ、パチスロ「北斗の拳」の醍醐味と言えば北斗揃いですし、通常ARTと北斗揃い経由のARTで大きなメリハリが付いていた方が、ゲームバランスが取れているのかもしれません。 0と言われていましたが、ガセ情報だったようです。 6となり、低設定を中心にガセ情報よりも確率が重くなります。 このことから、想定していたよりもフリーズの重要性が低くなるため、 ゲームバランスはこれまでの北斗の拳とあまり変わりませんね。 ただ、フリーズ(北斗揃い)期待値自体は歴代最強となっていますし、大量出玉に期待が持てるフラグであることには違いありません。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の