ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。 請求書送付時の送付状・メール文例

「ご査収くださいますよう」の意味と用例・ご査収の程との違い

ご査収のほどよろしくお願い申し上げます

「ご査収ください」とは、よく調べたうえでお受け取りくださいという尊敬語で、「確認する」「受け取る」の2つの意味があります。 接頭辞の「ご」「査収」「ください」から成り立っています。 「ご」〜「ください」は、名詞に付けることで尊敬語になります。 「査収」とは、金銭・物品・書類等をよく調べて受け取ることをいいます。 そもそも、「査」は「よく見て明らかにする、調べる」、「収」には「収める、収まる」という意味があります。 これらの言い回しを組み合わせることで、「査収」の尊敬語になります。 日常会話では使われる機会が少ない言葉ですが、ビジネスシーンでは頻繁に使用されます。 「ご査収ください」の正しい使い方とは? 「ご笑納ください」とは、「つまらないものですがどうぞお納めください」という意味を表す言い回しです。 目上の人に対して使うと失礼に当たってしまう場合もあるので、使うべきときと場合をよく考える必要があります。 「ご査収ください」は資料や金品、書類などを送る場合に用いられる言葉ですが、類語である「ご笑納ください」は例文のように贈り物をするときや お中元・お歳暮などを贈るときによく使われる言い回しです。 何かを「収める」という意味では共通していますが、「ご査収ください」には「確認してください」という意味も含まれているため、類語であっても使われるシーンは少し異なる言い回しといえるでしょう。 「ご笑納ください」の使い方 「ご参照ください」とは、「照らし合わせて参考にしてください」という意味を表す言い回しで、ビジネスメールやビジネスレターなどでよく使われます。 使い方としては、書類などを送ったときに「ご参照ください」と添えることで、「資料を照らし合わせて参考にしてください」という意味に。 「ご査収ください」とは「よく確認する」の意味が共通している類語表現といえるでしょう。 ただし、「参照」はあくまで「参考にしてください」という意味であるのに対し、「査収」は資料自体をしっかり確認してほしいという意味が含まれています。 微妙なニュアンスの違いがあるので、例文を参考にしながら使い方に気を付けましょう。 「ご参照ください」の使い方.

次の

「ご査収くださいますよう」の意味と用例・ご査収の程との違い

ご査収のほどよろしくお願い申し上げます

「ご確認のほど(ご確認の程)」の意味とは? 「ご確認のほど」は「確認」を意味する間接的な表現 「ご確認のほど」(ご確認の程)とは、「確認」を意味する敬語表現で使う言葉です。 丁寧語である「ご確認」をやんわりと表現する言葉で、相手とのコミュニケーションを円滑にするために使います。 「ご確認」は、「確認」の丁寧表現で、尊敬を意味する接頭語の「ご」がついています。 「ご確認のほど」の使い方とメールでの例文 「ご確認のほど」と言う言葉は、「ご確認のほど」だけでなく、「お願いします」や「お願いいたします」などの言葉を合わせて使うことが一般的です。 また、会話よりはメールや文章において使うことが多い言葉です。 確認を依頼する場合・確認を促す場合など場合別の使い方と、メールの例文をご紹介します。 確認を依頼する場合の使い方と例文 相手に対して確認を依頼する場合は、「ご確認のほどお願いします」「ご確認のほどお願いいたします」を使います。 「ご確認」ではなく「ご確認のほど」を使うことで、「ご確認お願いします」や「ご確認ください」に比べ、相手方が受ける印象を和らげることができます。 提案の内容についてご確認のほどいかがでしょうか。 ご確認の上、わからないなど不明な点がございましたらお気軽にご質問ください やんわりとした表現ではありますが、催促のニュアンスが含まれています。 「ご確認のほどいかがでしょうか」とメールを受け取った場合には、速やかな対応を心がけることが必要です。 確認を再度依頼する場合の使い方と例文 相手の指示による修正を行った場合など、再度確認を依頼する場合には、「今一度ご確認のほどお願いします」を使います。 また、相手からの指摘が間違いである可能性がある場合に対して、確認を依頼する場合にも使われる言葉です。 「ご確認のほど」の敬語表現 「ご確認のほどお願いします」は丁寧語 「確認」を丁寧で間接的な表現にした「ご確認のほど」と言う言葉は、敬語に使うことができます。 相手に対して確認を依頼する場合に使う「ご確認のほどお願いします」と言うフレーズは、丁寧表現となります。 上司や目上の人には「ご確認のほどよろしくお願いいたします」 上司や取引先など目上の人に対しては、「お願いします」を丁寧な表現に置き換えて使います。 「ご確認のほどよろしくお願いいたします」や「ご確認のほどお願い致します」、「ご確認のほどお願い申し上げます」などです。 また、「お手数をおかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします」などと一言を添えると、より丁寧な印象となります。 更に丁寧な表現は「ご確認くださいますよう」へ言い換える 「ご確認のほど」は目上の人に使うことができる敬語表現です。 しかし、「ご確認のほど」という言葉を、尊敬語を含む「ご確認くださいますよう」に言い換えることで、更に丁寧な表現となります。 「ご確認のほど」の類語・言い換え表現 「ご確認くださいますよう」は「ご確認のほど」と同じ意味 「ご確認くださいますよう」は「ご確認のほど」と同じ意味を持つ言い換え表現となります。 「くださいますよう」は、尊敬語である「くださる」の命令形の「ください」に、丁寧語の「ます」をつけた言葉。 「ご確認のほど」に比べると、より丁寧な言い換えの言葉となります。 「ご査収のほど」の意味は「調べて受け取る」 「ご査収のほど」(ごさしゅうのほど)は、「ご確認のほど」同様にビジネスメールにおいて使われることが多い言葉です。 「査収」とは、「よく調べて受け取る」の意味を持ち、相手に対して何かを渡す場合に使います。 「確認」は「確かめる・認める」の意味を持ち、幅広い意味合いとして使うことができます。 したがって「書類についてご査収のほどお願いします」を「書類についてご確認のほどお願いします」と置き換えても意味が通じます。 しかし「メールの内容についてご確認のほどお願いします」を「メールの内容についてご査収のほどお願いします」と置き換えると、意味が通じなくなります。 「ご確認のほど」の英語表現 「ご確認のほどよろしくお願い致します」は「please confirm」 「ご確認のほどよろしくお願い致します」を英訳すると、「Please confirm. 」となります。 「confirm」とは「確認する」の意味を持つ動詞です。 また「どうぞご確認ください」の意味となる「Please kindly confirm it. 」を使うこともできます。 まとめ 「ご確認のほど」とは、「確認」を丁寧にやんわりと表現した言葉。 「ご確認のほどお願いします」と使うことが一般的で、間接的な表現をすることで相手が命令の印象を受けることを和らげる効果を持ちます。 また「ご確認のほどいかがでしょう」など、確認の状況を確認する場合の言葉としても使うことがあります。

次の

「ご査収(ごさしゅう)」とは?正しい意味と使い方

ご査収のほどよろしくお願い申し上げます

・「飼ひける犬の、暗けれど主(ぬし)を知りて、飛び付きたりけるとぞ」(『徒然草』) 意味は、飼っている犬が暗い中でも飼い主を見つけて飛びついてきた。 「ぞ」(すごい勢いで)は、ここで強調する役割を担っています。 「何事も入り立たぬさましたるぞよき」(『徒然草』) 意味は、何事も我関せずといった様子で深く立ち入ってこないこと「ぞ」がいい。 ここでも「ぞ」は強調を意味しています。 「何卒」の「卒:とぞ」は「何」を強調する役割を持ちます。 「何」(なんとなれば)(いずくんぞ)、「卒」(とぞ)、二つをあわせると「なんとなれば・とぞ」となり「なんとしても強く」という意味になります。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の正しい使い方 「何卒」の語源と意味がわかったところで、次に「何卒よろしくお願い申し上げます」の正しい使い方について解説していきます。 メールで何かをお願いする場合の「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方 ビジネスメールのあいさつでは文末に「よろしくお願い申し上げます」としめくくるだけで十分です。 しかし、お願いをする場合や、相手に注意喚起をうながすような場合には「お願いする」ことを強調する意味合いで「何卒」を前に付けます。 また、目上の方やクライアントなど上にある立場の人に向けて丁寧にあいさつする場合には文頭に「何卒」をつけて「何卒よろしくお願い申し上げます」を使用します。 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方 メールの文末に社交辞令として付けるあいさつの言葉です。 継続して仕事の依頼を行う場合や、仕事を引き受ける場合に、「今後とも」を付けるとより丁寧なあいさつ文になります。 「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」は、検討を強くお願いする意味合いを持ちます。 「ご査収のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」の場合は、送信したデータなどの中身をよく確認してくださいという意味です。 「ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」であれば、「どうか了承してください」という気持ちを強くお願いする意味合いを持ちます。 また「ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」は「どうかご理解ください」を強くお願いする文面です。 例えば、 「ご検討いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご配慮いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「お取り計らいいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 などの使い方があります。 「何卒よろしくお願い申し上げます」と「何卒よろしくお願いいたします」違い 「申し上げます」は「言う」の謙譲語であるのに対して、「いたします」は「する」の謙譲語になります。 意味としての違いはないので、どちらを使用してもかまいません。 しかし、「何卒よろしくお願い申し上げます」の方がより丁寧な印象になります。 まとめ 今回は、メールなどでよく使う「何卒よろしくお願い申し上げます」について詳しく解説してきました。 ちなみに、「何卒よろしくお願い申し上げます」はメールの文章ではよく使用しますが、会話をする際に使用すると不自然になります。 おそらく古文に由来していることが原因だと思われます。 対面してあいさつする場合には「どうぞ、よろしくお願いいたします」の方が自然です。 ・執筆:ヤマダ ユキマル 広告代理店を経て、求人サイトのコンテンツライター、ビジネス関連サイトのライターとして活動中。

次の