賢人パズル。 【賢人パズル】知育に絶対おすすめ!図形が得意になる効果的な遊び方

買ってよかった、賢人パズル!子供から大人まで遊べる知育玩具です!

賢人パズル

立体パズルで有名なのは、賢人パズル、カタミノ、ニキーチンだね。 それぞれの特徴を紹介するね! 賢人パズル、カタミノ、ニキーチンなど立体パズルは、多くあります。 しかし、それぞれ違いがあるのです。 賢人パズルは、この中でも1番立体的にものを捉えることができるようになります。 カタミノは、組み合わせの正解数が多く柔軟な考えや思考力が備わっていきます。 ニキーチンは、積み木の遊び方が10通りあり、子供の好きな遊び方で遊ばせてあげることができます。 どれがいいということは、もちろんありません。 それぞれの良さがあるので、立体パズルの知育をしたいのであれば、子供の好みや得意そうなものを選んであげるといいかもしれませんよね。 賢人パズルのメリット 賢人パズルにはいろいろなメリットはあるよ。 空間認識能力や集中力や養われたり、指先を使うことで脳にいい刺激を与えてくれるよ。 賢人パズルには、立体パズルならではのメリットがあります。 賢人パズルをすることで、自然と立体図形の形が頭に入り、空間認識能力や空間把握力が身に着きます。 目に見えない空間を掴むことができるようになるので転倒しにくくなったり、地図を読むことが得意になるので地理に強くなります。 また、正解にたどり着くまでに時間がかかるので集中力が増し、完成すると達成感を味わうことができるのです。 パーツを積み重ねることでものの大きさを掴むことができるようになり数学的センスが自然と養われていきます。 賢人パズルのデメリットや注意点 賢人パズルには、注意すべき点があります。 賢人パズルは、人気が高く知育に興味のあるママはきっと一度は耳にしたことがあるほどの知育おもちゃです。 なので、どうしても難しい問題も出てきます。 問題を解くまでに時間がかかってくると子供は飽きてしまうことがあるのです。 始めから長い時間、集中できる子供はなかなかいません。 子供が賢人パズルをしていて飽きてしまっても、無理に続けさせるようなことは止めましょう。 「知育=お勉強」ではありません。 「知育=子供は遊びながら学び、考えながら行動する」ことが大切になります。 子供に無理をさせては意味がありません。 時間をかけて子供は楽しめる環境で知育教育を進めていきましょう。 また、立体的なパズルになるので子供には少し難しいことがあるので、問題が解けるようになるにはある程度の年齢に達している必要があります。 子供の成長やレベルに合わせて遊ばせてあげましょうね。 賢人パズルの口コミ・評判 賢人パズルっていう名前のアプリはないけど、似たような立体パズルならあるよ!子供が退屈しそうなところでさせてあげられるといいね。 賢人パズルには、同じ名前のアプリはありませんが、賢人パズルと同じような立体パズルがあります。 「BrainBlock脳トレ分解パズル」というアプリは、組み立てるのではなく、逆に分解するゲームになっています。 ブロック同士が複雑に組み合わさっているので、正しい順、正しい方向に外していかなければ最後まで分解することができません。 ブロック同士がどのように合わさっているのをよく観察する力が養われていきます。 また、カタミノのようにブロックを二次元で重ねて遊ぶアプリもあります。 スマホやタブレットでは、まずは平面的なパズルで感覚を掴む方がいいかもしれません。 賢人パズルの最安値は?中古品はあるの?• 家電量販店のヨドバシ. comでは、他のECサイトと変わらない価格設定になっているので、自身のポイントの有無によって購入先を決めるといいかもしれません。 トイザらスのオンラインストアでは賢人パズルの取り扱いはありませんでしたが 、店舗によっては販売されているので電話で確認するといいでしょう。 トイザらスは、定期的にセールがあるのでセール時期に合わせると安く購入することができます。 フリマアプリでは使用頻度などによって異なりますが、1,500円前後で取引されていることが多いようです。 しかし、フリマアプリではもちろん中古品になるので一度人の手に渡っていることを念頭において購入を検討しましょうね。 賢人パズルは手作りできるの?類似品に注意 もちろん!賢人パズルのパーツの形がわかっていれば作ることができるよ。 手作りもおもちゃって一緒に作る過程も子供との大切な時間になるよ。 では、賢人パズルの手作りの仕方を紹介します。 準備するものは「100均の工作材料の立方体」「木工用ボンド」「やすり」です。 最後に色を付けたければ、ニスや絵の具も準備しましょう。 工作材料の立方体は各3センチになっているので、9センチの立方体を作るには、27個必要になります。 8個入になっているので4つ用意しましょう。 後は賢人パズルと同じようにパーツを作るだけです。 各パーツの形は、インターネットで簡単に調べることができるので同じように接着しましょう。 木工用ボンドで接着させてきれいにくっついたら、刺やガサガサしているところがあるのでやすりで綺麗にします。 また塗装をすることでカラフルになるので、子供と一緒に塗るのも楽しいかもしれませんよね。 しかし、まだ口に入れてしまうような子供の場合には、塗装はしない方が賢明です。 賢人パズルは、類似品もあるので注意しましょう。 類似品には、問題数が少ないものや各パーツがシンプル過ぎるものがあります。 価格にはそんなに大差がないので、賢人パズルに至っては正規品を購入することをおすすめします。 賢人パズルの口コミ・評判は!?おすすめの遊び方とメリットデメリットまとめ 子供の知育には、必要不可欠といってもいいほどの「立体」と「パズル」。 集中力や思考力を養うだけでなく、空間認識能力や数学的センスは知育教育でこそ早期に身に着けることができるのです。 賢人パズルは、子供の知育教育だけでなく、高齢者の認知症予防や脳トレにもなります。 子供も大人も夢中になって、一緒に遊んでみるのもいいかもしれませんよね。 子供も大人も楽しむことができる賢人パズルは、長い期間遊ぶことができるので子供に早くから与えてあげたいおもちゃです。 子供の柔軟な考えが際立つおもちゃなので、大人も同等になって遊んでみてくださいね。

次の

立体図形理解と空間認識能力を鍛える賢人パズルは中学受験に役立つ?

賢人パズル

7つのブロックを組み合わせて立方体を作り上げるパズルです。 対象年齢は3歳から99歳まで幅広い年代で遊べる知育玩具です。 付属されたテキストをみながら簡単な問題からスタート。 例えば『01』の問題だと、 6つのブロックの乗せる順番が指示されています。 残りのブロックは1つしかないので、それを乗せたら立方体の完成です。 徐々にレベルがあがって問題が難しくなり、 ヒントが徐々に少なくなっていきます。 最後のほうは、1つしかブロックを置いていない状態からスタート。 残り6つを考えながら組み合わせて立方体を 作らないといけません。 問題は全部で56問あります。 一番簡単なレベル1が8パターン レベル2が16パターン レベル3が32パターン 全パターンの解答例もついています。 幼児教室などで教材として使われています。 空間認識能力・集中力・思考力・達成感を養います。 大人の脳トレおもちゃとしてもオススメします。

次の

立体図形理解と空間認識能力を鍛える賢人パズルは中学受験に役立つ?

賢人パズル

「数学の証明問題・図形問題が得意」「理路整然としたプレゼンテーションができる」「外国語の和訳がうまい」「バスケ・野球ほかチームプレーで的確な動きができる」など、学習・スポーツ全般において活躍する人の多くには共通する傾向があります。 それは物事を広い視野で見て、効率的に考えられるということです。 このような人たちは物事を抽象的に捉え、正解(結論)に至る道筋を何通りも考えられる「数学的センス」を持っています。 数学的センスを伸ばすには、集中力・直観力・空間認識力・論理的思考力のトレーニングが不可欠。 この4つの力を伸ばしたいとき、立体パズルがおすすめです。 立体的であることでパーツがつかみやすく、幼児も「パズルを完成させること」に集中できます。 また立体パズルの特徴として「さまざまな方向から、その都度仕上がりの確認が必要」「完成したら自由に立体を触れられる」ことがあげられるでしょう。 このため子どもが飽きにくく、集中力・忍耐力が育まれます。 パーツを自分で組み合わせて試行錯誤しながら立体的な形を作ることは、直観力・空間認識力・論理的思考力を鍛えることにもつながるはずです。 商品名:HannaBlock マグネットブロック 販売元:HannaBlock 推奨年齢3歳から。 マグネットブロック126ピースを使って、さまざまな立体が作れます。 小さなお子さまでも、作り方ガイドブックを見れば観覧車・自動車・飛行機などを完成させられます。 マグネットなので組み合わせしやすく、完成品がくずれにくいところも魅力。 自由に遊ぶうちに数学的思考力・想像力・推理能力・造形力・創造性・感覚能力・色彩感覚・空間認識力が身につくとされています。 商品名:図形キューブつみき 販売元:くもん出版 KUMON PUBLISHING 対象年齢は3歳から。 子ども自ら学べて、力がつく教育・教材を提供してきた公文式教室の開発です。 カラフルな立方体の積み木50個と、パターンカードがセットになっています。 国内加工のブナ材を使用した積み木は木の質感が活かされていて、拙い幼児の手でもしっかりつかめるでしょう。 パターンカードには平面・立体の問題が36問掲載されています。 はじめは平面から取り組んで、慣れてきたら立体の問題に挑戦してみてください。 問題図では分からない見えない部分を想像して作ることで、想像力・空間認識力・直観力が鍛えられます。 パターンカードを使わずに自由に遊ぶだけでも、巧緻性・創造性・集中力が育まれそうです。 親としては楽しむことより、知育効果を得ることに重点を置いてしまいがちです。 難しければ難しいほど脳をよく使える気がして、ついつい子どもに難しい問題を与えてしまうパパママも多いのではないでしょうか? しかし、はじめのうちから難しいパズルで考えることを強要するのは避けましょう。 考えることが面倒になり、「答えを自分で見つける楽しみ」を実感できなくなってしまいます。 まずはパズルのピースなどに自由に触れさせてみること。 自分なりに遊び始めて、夢中になっているようならそのまま見守ってあげます。 特に乳幼児の場合、パズルそのものに対する好奇心を満たしておくことがポイント。 そのあとにルール・課題を共有し取り組ませるとスムーズです。

次の