いら し て ください 敬語。 敬語をビジネスシーンで正しく使う!言葉遣いの一覧や注意点 [ビジネスマナー] All About

「大丈夫です」を敬語にするなら?ビジネスでの正しい使い方

いら し て ください 敬語

ビジネスシーンにおいて書類やメール、企画、報告書などさまざまなものを相手に「提出する」というシーンは多くあります。 またその「提出する」という動作自体を言葉にする機会も少なくないですが、ビジネスの世界においてはその場その場に合わせて正しく表現する必要があります。 そこで今回はこの「提出する」という言葉について、その敬語表現や使い方などについて詳しくご紹介してまいります。 まず「提出する」という言葉ですが、これ自体はそのままで敬語表現になることはありません。 よって「提出する」に相当する敬語表現に置き換えて表現していくことになります。 尊敬語 尊敬語において「提出」を表す敬語は「くださる」にあたります。 一般的に「くださる」と表現するのは、相手が行う行為や動作に対して使われるものであり、分かりやすく言うと相手が何かを「くれる」場合に使われる言葉です。 相手が書類や資料などをくれた場合や、上司や取引先の方から何かをいただいた場合に、この「くださる」という表現を用います。 この場合はそのままであれば「提出くださる」という表現になりますが、一般的には「提出」という言葉を省いて「くださる」だけで表現することも少なくありません。 たとえば上司が必要書類をくれた場合に「書類を提出くださいまして」と表現するよりも、「書類をくださいまして」と表現する方が自然であり、よく使われる表現ではないでしょうか。 謙譲語 次に謙譲語で「提出」を表そうとすると「いただく」「頂戴する」、または「いたす」「いたします」という言葉になります。 「いただく」とは「もらう」の謙譲語で、「いただく」「頂戴する」という表現をするのは主に、提出して「もらう」のが自分である場合に使われることが多いです。 また「提出する」の「する」を謙譲語にして「いたす」「いたします」とする表現では、自分が「提出する」側である場合に、「提出いたす」「提出いたします」と表現することで敬語表現としています。 注意すべき点 ただし提出して「もらう」のが自分である場合、「いただく」「頂戴する」と謙譲表現を使っていたとしても内容は「もらう」ですので、たとえば「今度のコンペの申込書を提出いただきますようお願いします」と表現したとしても、その内容は「今度のコンペの申込書を提出してもらいます」と強要しているニュアンスを含んでしまいます。 これは「申込書をもらう」のは自分であるものの、相手に提出するようお願いしているところが誤っており、このような時は「いただく」「頂戴する」という表現を使うのではなく、「くれる」の尊敬語である「ください」などを用いて、「今度のコンペの申込書をご提出ください」と表現するのが正しいでしょう。 丁寧語 最後に丁寧語ですが、丁寧語で「提出する」という動作は丁寧語の「ます」をつけて「提出します」が妥当です。 自分が提出して「もらう」側の場合は「提出してください」になります。 しかしこのままでは角が立つ言い方にも捉えられ、あまりおすすめできません。 「あげます」「差し上げます」という表現に置き換えることもできますが、相手によって使い分ける必要があり、使い方によっては相手に不快な思いをさせてしまったり、失礼にあたる場合があります。 このように、丁寧語はフランクな印象があり使い方がとても難しいので、ビジネスシーンにおいては丁寧語は控え、尊敬語や謙譲語で話すのが良いでしょう。 「提出する」という言葉にはそのままでの敬語表現はないこと、よって「提出する」に相当する敬語表現に置き換えて表現していくことが分かりました。 では今度は「提出する」の敬慕表現としての使い方について、考えてみましょう。 たとえば、提出して「もらう」のが自分である場合に、相手の方が上司や目上の方、取引先の方などの場合は、「ご提出ください」では敬語の程度が低いですので、以下のように言い換えて表現していきましょう。 「ご提出くださいますようお願いします」 「ご提出くださいますようお願いいたします」 「ご提出下さいますようお願い申し上げます」 敬語の種類 それでは今度は、敬語表現についてご説明いたしましょう。 敬語表現には前述でも述べているように、大きく分けて3つあり、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」とがあります。 これらはそれぞれ敬語の度合いや用いる対象が異なります。 それぞれ以下のとおり詳しく見ていきましょう。 尊敬語 尊敬語とは、相手を上げることで相手への敬意を示す表現です。 相手に敬意を払い、尊重しているという気持ちを表す際に用いますので、主に相手の動作などに対して用いられます。 謙譲語 謙譲語とは自分を低めて相手への敬意を示す表現です。 尊敬している相手に対して、自分がへりくだって相手と立てているということです。 一般的には自分の動作について用いられます。 丁寧語 丁寧語というのはその名のとおり、言葉を丁寧に伝えるための表現であり、敬語表現としては低く、そこまで畏まらなくても良いという場合に用いられます。 反対に、敬意を表さなければいけない相手に丁寧語を使ってしまうと、相手に不快な思いをさせてしまったり失礼にあたる場合がありますので、注意が必要です。 使い方 上記に述べたように、敬語表現は使う対象と敬語の度合いで「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のいずれを使うのかが変わってきます。 たとえばビジネスシーンにおいては、会議の資料や議事録、成果物や進めている仕事のレポートなど、基本的には公の場に提出する前に上司や先輩に内容のチェックをしていただくことが多いのではないでしょうか。 そのような場合に「提出する」という動作が生まれますので、こういったときには敬語表現が必要です。 提出するのは自分ですので、このような場合には「提出する」の謙譲語を用います。 尊敬語は相手にしてもらう場合に使用する敬語ですので、そのままの形では使うことはできません。 丁寧語も重ねてにはなりますが、相手に不快な思いをさせてしまったり失礼にあたる場合がありますので通常使いません。 メールでの使い方 ビジネスの世界においてはメールは必須ツールであり、その利便性は単に仕事の情報のやり取りに使うだけではなく、資料やデータをメールに添付して送ったり、受け取ったりもすることも多く、簡単にできるからこそ気をつけなければいけないところです。 たとえば資料をメールで提出する際ですが、その旨を伝えずにいきなり送ってしまっては相手に失礼にあたりますので、相手にはその旨を伝えなければいけません。 どのように表現して伝えればいいのか、例文を交えてご紹介してまいります。 【例文】 ・本日打ち合わせでお話しした資料については、メールで(提出)いただけますでしょうか ・データにつきましてはメールで提出いたしますので、後ほどご確認ください 「提出する」を敬語表現するときの例文 提出させていただきます 「提出する」際に気をつけていただきたいのが、よく間違われる「提出させていただきます」と表現するケースです。 これは誤った敬語の使い方で、「提出する」の敬語表現で自分が「提出する側」の場合、正しくは先程から挙げている「提出いたします」です。 ではなぜ「提出させていただきます」が誤った使い方なのかと言いますと、まず「させて」は文法的には「する」の使役形に接続助詞の「て」を付加したものと見ます。 また「いただきます」とは「ます」の現状語であり、この二つの動詞が結びついて複合動詞となっているのですが、一説には二重敬語とされています。 また謙譲表現を重ねて使うことにより強い印象を与えてしまい、頼んでもいないのに一方的に押しつけがましく聞こえてしまう場合があります。 ビジネスの世界では不要な表現は省くことも必要であり、通常は「提出いたします」の方がシンプルで分かりやすいため好まれるでしょう。 「提出する」の別の敬語表現例 何度かここまでにも挙げていますが、「提出する」自体には敬語表現がありませんので、別の敬語表現に置き換えて表現することが多いでしょう。 中でもよく使われるのが、「くださる」「いただく」「頂戴する」という表現ではないでしょうか。 そこで実際に「くださる」「いただく」「頂戴する」という表現をどのように使うのが正しいのか、例文を交えてご説明いたします。 【例文】 ・頂戴した資料をもとに、次回の会議で使用する書類を再考いたします ・本日いただきました書類を拝見しまして、改めてご連絡差し上げます ・先日ご依頼いたしましたデータをくださいまして、ありがとうございます ・ご依頼しておりました書類ですが、提出期限が迫っておりますので本日中にいただけるでしょうか 正しい敬語をマスターしましょう.

次の

「返信不要」の敬語表現・似た表現・例文5つ|返信の仕方

いら し て ください 敬語

無視してくださいの敬語は? 「無視してください」の敬語は「ご放念ください」 「無視してください」の敬語は「ご放念ください」です。 「無視する」の丁寧語で、ビジネス文書や電話口でまま用いられる言い回しです。 「無視してください」の敬語の使い方と例文は後述しますので、そちらも是非ご覧ください。 「放念」の意味 「放念」の趣旨は「気に留めないこと」や「心配しないこと」です。 先方に対して「気にしないでください」「心配しないでください」と思いやる言い回しです。 単純に「見過ごしてほしい」という趣旨もあります。 先方に対して頼む折に用いますので、「放念する」という言い回しはしません。 無視するの意味の「ご放念」は「放念」に丁寧語の「御」がついた表現 「ご放念」という文言はこれに丁寧語の「御」がついた言い回しです。 「お構いなく」という趣旨で用います。 「お見捨ておきください」という言い回しに換言することも可能なので、あわせて覚えておきましょう。 無視するの意味の「ご休心」は「休心」に丁寧語の「御」がついた表現 「無視する」の趣旨の文言に「ご休心」があります。 使い方と例文は後述しますが、「ご放念」と換言することが可能です。 「休心」に丁寧語の「御」がついた敬語であり、「ご安心ください」という趣旨で用います。 捉え方によっては「無視する」とも捉えられます。 「無視する」の敬語の言い回しの1つです。 無視するの意味の「ご安堵」は「安堵」に丁寧語の「御」がついた表現 「無視する」の趣旨の言い回しに「ご安堵」があります。 使い方と例文に関しては後述しますが、「ご放念」と換言することが可能です。 「安堵」に丁寧語の「御」がついた敬語であり、「安心してほしい」という趣旨で用います。 「悩ましいことが解消して、ホッとする」という趣旨を持つ言い回しです。 「安心する」は「無視する」の趣旨も持ちますので、「無視する」の敬語の言い回しの1つとして是非覚えておきましょう。 状況に応じて聡明に使い分けることができれば、社会人として品のある心象を先方に与えることが可能です。 より丁重な言い回しとして、「ご放念くださいますでしょうか?」という言い回しがあります。 先方がしきりに感謝や謝罪をしてきた時にまま用います。 お歳暮やお中元に添えられる手紙にもまま用いられる言い回しですので、知っている方もいるかもしれません。 またビジネス文書では案内文を送る人の中に該当しない相手がいるケースにも用いられることがあります。 また「年賀状はもう出さなくて大丈夫ですよ」と連絡したい折にも用いることが可能ですので、是非覚えておきましょう。 「心配いらないですよ、任せてください」と先方に連絡したい折に用います。 ビジネス文書や電話口でもまま用いる言い回しですので、覚えておくと重宝します。 仕事で先方との信頼関係を築いていく上で、必要不可欠な文言の1つといえるでしょう。 放念と失念の違いは? 「忘れる」の丁寧語は「失念する」 「見過ごす」の丁寧語は「失念する」を用います。 または丁寧語で「勘案いたしません」とも言います。 当方が見過ごしてしまった折は、「放念」ではなく「失念」を用いましょう。 当方が見過ごしてしまった折に用いるので、「ご失念」とは用いらないので留意しましょう。 「失念」の意味 放念とよく似た文言に「失念」があります。 意味は「見過ごしてしまいました」です。 2つの文言は似ていますが意味は全く違うので留意しましょう。 「失念」は当方が見過ごした折に用いますが、「放念」は「無視してください」の趣旨で先方に見過ごしてほしい折に用います。 「~に関して失念してしまい、大変申し訳ございません」のような用い方をします。 「失念」に関してはこちらの記事で詳しく解説されていますので、是非ご覧ください。 「失念」の意味だけでなく、ビジネス文書での用い方についても触れています。 安否がわからない時に無事だと知らせを受けた折に用いることができる言い回しです。 「安堵」は緊張状態から解放され肩の荷が下りた折に使います。 危惧や懸念がなくなった時にまま用いられます。 意味は「どうぞご安心ください」です。 「何卒」をつけることによって、より丁重な心象を先方に与えます。 状況や場合によってはこちらの言い回しの方が良いケースがあります。 前述の「ご休心」と「ご安堵」は類語です。 ビジネスの場面では「その問題でしたら、何卒ご安心くださいませ」のように用います。 先方に当方の業務について安心してほしい折に用います。 過度に多用してしまうと、当方の信頼に傷がつくこともあります。 用いる場面はよく選びましょう。 怪我や病気で入院した時に相手から心配された時に用いることができる言い回しです。 ビジネスの場面では頻繁に起こることですので、用いる頻度は高いでしょう。 しかし丁寧な敬語ではあるけれども、相手に依頼や命令する趣旨を含んだ言い回しです。 「気にしないで」も「心配しないで」も似たような趣旨ですから、「無視してください」という文言がそういった場面で用いるということを理解した上で用いる分には問題ありません。 相手に配慮して用いることを心がけるのを忘れないようにすれば、とても重宝する言い回しです。 お力添えいただければ幸いですが、貴殿がお忙しいのであれば、今回の件はご放念ください」のように用いると、「案件の内容を検討していただいた上で、できなさそうであれば気にしないでください」と、案件を提示するだけでなく相手にも配慮することができます。 「放念」を使う時の注意点は? よく目にする「ご放念いただきますよう」は間違い よく目にする「ご放念いただきますよう」という言い回しがありますが、これは間違いです。 正しくは「ご放念くださいますようお願い致します」です。 もともと「放念」には先方に「見過ごしてほしい」と頼んでいるので、「いただく」を用いると趣旨がおかしくなります。 強制する言い方にならないように注意する 「放念」は先方に見過ごしてほしいと頼む言い回しですので、いささか強制的に聞こえがちです。 特に電話口で使う折には早口にならずに焦らず伝えましょう。 この言い回しは社会人として品のある言い回しで、使うと信頼関係を築きやすいです。 誤解されてはもったいないので、先方にしっかり配慮が伝わるように用いましょう。 「放念する」という言い方はしない 基本的に「放念する」と言い回しはしません。 この言い回しは先方に対して用いる言い回しで自分には用いません。 当方が忘れた折には前述の通り、「失念」を用います。 これらを臨機応変に使い分けると、用途がわかりやすくなります。 「失念しておりました」は「勘案いたしません」と換言することが可能です。 上司に「ご放念」は使えない 上司や目上の方に用いるべきではありません。 「気にしてほしくない」という当方の意思を押しつけてしまうことになるため、上司や目上の方に用いることは避ける方が良いでしょう。 無視してくださいというメールには返信すべき? できる限り返信するのがマナー 「無視してください」というメールが来ると返すべきか悩む方も多いでしょう。 結論から言うと、極力返すのがマナーです。 もちろん返さなくていい場合もあるのですが、先方によっては「何て配慮のない人だ」と思われることもあります。 返すことで先方の心象も良くなります。 返事をするかどうかは状況により判断する その後も先方と良好な関係を築くことが可能ですので、「かしこまりました」と返すようにしましょう。 間違えてメールを送ってしまった折に言われた折は、返すと先方が煩わしい気持ちになってしまうので返さなくても良いです。 斯くして状況に応じて臨機応変に対応できるようになりましょう。 無視してくださいの意味の敬語を正しく使おう! 無視してくださいの意味の敬語に関して例文をまじえながら解説しましたがいかがでしょうか?この言い回しは丁重にやんわりと断る言い回しとしても使えますので、覚えておくと重宝しますよ。 臨機応変に使い分けることで、社会人として聡明な心象を先方に与えることが可能です。 趣旨を理解して正しく用いましょう。

次の

敬語をビジネスシーンで正しく使う!言葉遣いの一覧や注意点 [ビジネスマナー] All About

いら し て ください 敬語

ビジネス場面において何かを断ったり、顧客に対して連絡はいるかいらないかなどの確認をすることは多々あります。 この色々な場面で使用される「いらない」ですが、これはどのようにして敬語にしたらいいのか悩んでいる人も多いと思います。 「いらない」を基本的な敬語にすると「いりません」になりますが、果たしてこの敬語は正しいのでしょうか? 「いらない」の敬語「いりません」は場面により変わる 「いらない」の敬語「いりません」は、敬語としては正しいですが、この敬語をどの場面にも当てはめてしまうと敬語として不適切になる場面があります。 例えば取引先から「連絡は必要ですか?」とうい問いに対して「いりません」と答えると、相手に対して失礼なることもあります。 そのため「いりません」は場面や使用する相手によって別の言葉に変換する必要があるのです。 「いらない」敬語の正しい使い方は「ご遠慮します」 よく「結構です」を使用する場面もありますが、これも目上の人に対しては失礼になるので注意が必要です。 取引先や目上の人に対しての場面で、いるかいらないかの返答をするときは「ご遠慮します」と使用すると目上の人に対しても失礼になりません。 「いらない」をさらに丁寧にすると「ご遠慮申し上げます」 「いらない」を目上の人に対して使用する場面では「ご遠慮します」と説明しましたが、これはさらに丁寧な言い方にすると「ご遠慮申し上げます」となります。 そのため目上の人に対して「いらない」と返答する場面では「ご遠慮申し上げます」と使用するのが1番いいでしょう。 人により敬語に神経質な人もいるので、間違った敬語を使用することにより悪い印象を与えてしまうので注意しましょう。 ビジネスの場面での敬語は丁寧で柔らかい言葉を選ぶ ビジネス場面において先方が何かに対して不安を感じているときに、「心配いらない」という旨を伝えることが多々ありますが。 「心配いりません」とすると敬語的に失礼に値するように感じます。 この場面で正しいのは「問題ございません」や「支障はございません」など言葉に置き換えると、丁寧かつ柔らかい印象を相手に与えることができます。 敬語は場面によって言い換えられる 例えば取引先から「このプロジェクトの進行は現状で問題ないですか?」というような問いをされたとき、「問題ございません」と返答するよりも「現状のまま進行していただければと存じます」のようにまったく違う文に言い換える場面もあります。 取引先からの確認に対しては「問題ござません」というよりも、先に述べた言い方のほうが丁寧な印象を与えます。 「いらない」の敬語は場面で使いわけて相手に失礼のないようにする 今回は敬語の基礎知識である「いらない」の使い方についてご紹介しました。 「いらない」の敬語は場面や相手によって実に様々であり、それによってしっかりと使い分ける必要があります。 今回ご紹介した場面を覚えておき、取引先や目上の人に失礼にならないよう心がけてください。

次の