とうもろこし 電子 レンジ で 何 分。 とうもろこしのゆで方(ガッテン流)

とうもろこしは「電子レンジでチン」がおすすめ!茹でるよりも美味しさがアップする秘密とは?

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

トウモロコシを食べる時に、アナタは普段どのように調理をしていますか? もらったトウモロコシですと、まず一度お湯で茹でるか蒸し器で蒸した後に、色々な調理を始めると思いますが、お湯じゃなくてもトウモロコシを食べれる状態に出来ますし、調理も簡単に出来る方法があります。 電子レンジを使うことで料理の手間暇を省くことが出来ますし、茹でたトウモロコシよりも糖度が高いと言われています。 電子レンジで茹でることも可能 普通は、トウモロコシの皮とヒゲをとってから、お湯で茹でますが電子レンジだけで代用が可能。 順序は、皮とヒゲを取り、水洗いするところまでは一緒です。 その後に、ラップをしてレンジでチンをするだけでOK。 気をつけるのが ワット数によってレンジの時間が変わること。 500ワットだと1本で3~4分程度。 2本なら倍の6~8分程度。 100グラムあたり1分30秒が目安。 トウモロコシ1本あたりの重さは、300~450g ワット数や本数でレンジ利用時間は変わってきますので、自宅のレンジのタイミングを見ながら覚えていくといいでしょう。 他にラップで包まなくても、皮などを残したままレンジで調理も出来ます。 この時、 皮がラップ代わりに保湿をする役割を果たします。 時間は、ラップの時よりも30秒~1分ほど長めに。 皮つきトウモロコシの裏ワザ! 皮つきのトウモロコシを電子レンジで調理する際の裏ワザがあります。 それは 超簡単に皮がむけるというものです。 たくさん付いているヒゲも一瞬でなくなりますよ! 方法は皮を剥かずに、電子レンジで加熱。 気熱が終わったトウモロコシの根本 ヒゲが無い方 から2センチぐらいの部分を輪切りに。 あとはヒゲを持って振るだけ。 スルッと皮からトウモロコシが抜け落ちます。 ぜひ試してみて下さい。 電子レンジを使うと味は変わる? 蒸し器や茹でる方法とくらべ、 電子レンジで調理した方が、糖度が高くなると言われています。 みずみずしさが欲しい方は、お湯で茹でたり蒸したりした方が気分的にいいでしょうし、糖度の高いものを食べたい方はレンジで調理するのが良いでしょう。 自分で食べ比べて味の違いを楽しむのもいいのではないでしょうか? Sponsored Link 電子レンジでトウモロコシを調理する時に気をつけること 特に、生のトウモロコシの時ですが、 「粗熱」に気を遣うことですね。 熱が強くて、電子レンジを使った直後は持てないぐらいではないでしょうか? 手の皮が厚い方はまぁ違うでしょうが他にも理由があり、水分を含んでいますのでラップや皮をとった時に、蒸気とともに トウモロコシの美味しさが逃げるので、電子レンジを利用した時には、すぐにラップを取らずに 常温になるまで冷ますことが大切です。 蒸し器も、茹でる手間暇もかからないのでオススメですよ!! 関連: Sponsored Link.

次の

とうもろこしはレンジ調理がベスト!皮ごとや皮なしラップのゆで方を解説

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

とうもろこしがもっとおいしくなる!レンジ加熱するときのポイント レンジで何分加熱すればいいのかという疑問もですが、とうもろこしを加熱する場合は細かいポイントに注意することが出来ればもっと風味も良くなるはず。 ポイントといっても簡単なことばかりなので、しっかりとチェックしておいしいとうもろこしを調理してみてくださいね。 購入したらすぐに加熱する とうもろこしは収穫されてから、時間が経過すればするほど味や栄養素がおちてしまいます。 とりあえず とうもろこしを購入したら、すぐに加熱することを心掛けるようにしましょう。 当日に食べることがないにしても、加熱してから保管することでよりおいしくとうもろこしを食べることができます。 皮付きのままレンジ加熱しよう とうもろこしを購入する売り場には皮を捨てるためのゴミ箱がありますよね。 かさばってしまい邪魔だからという理由で捨ててしまうという方がほとんどなのですが・・・。 実は とうもろこしの皮は剥かないほうがよりおいしくなるとされているのです。 皮をつけたままレンジで加熱すると隙間がないまま蒸している状態と同じになるため、とうもろこしの粒ごとに甘みがしっかりと凝縮されることになります。 加熱後は皮もふにゃふにゃになって剥きやすくなるというのも利点です。 さらにラップをつける必要もなく、そのまま洗ってレンジ加熱するだけで完成してしまうのですから調理もラクになりますね。 加熱のしすぎは風味もとばしてしまう レンジ加熱をする場合は決められた時間を必ず守るようにしましょう。 お湯で茹でるのとは違い、水分を含まないのでパサパサやシワシワの原因となってしまいます。 粒がまだ硬くてもう少し加熱したい場合は、少しずつ何回かに分けて追加加熱するのが失敗しないポイントです。 複数本のとうもろこしをまとめてレンジに入れると加熱具合にムラが発生して、これまた加熱過ぎの原因になるので注意。 とうもろこしはレンジで何分加熱するのがベスト? 電子レンジ調理に最適な時間はメーカーや出力、大きさなどによって変化するため家庭ごとに変化していきます。 とうもろこしを皮付きのままレンジにかける場合、ラップで包む時よりも加熱されにくいのでちょっと長めに。 大体 500Wで4~5分を目安として加熱してみましょう。 加熱が足りないと感じたら。 同じ出力で10秒ずつ追加します。 うまく火が通っていると皮がしなしなになって簡単に剥くことが出来るはずです。 次に電子レンジでとうもろこしを調理する時のために、メモをしておくと迷わなくなりますね。 さいごに いかがでしたか? いつもとは違う加熱方法をしてみることによって、風味にも大きな変化があるのですから試してみる価値はあります。 糖度が高くなるので甘いものが好きな方にとってはうれしい裏技だと思います。 今までは購入するときに皮も捨ててしまっていたという方は、ぜひ捨てずにそのままレンジで加熱してみてくださいね。

次の

トウモロコシ レンジ で 何 分

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

方法は簡単ですので、ぜひ皮つきのまま電子レンジでチン 試してみてくださいね。 たったこれだけです。 ラップは巻きませんので、巻く手間も省けてエコですね。 で、この後 面倒なのが皮をむいてひげを取る作業ですが 実はコレも超簡単な方法があります。 この方法なら、とうもろこしの皮がスルっと綺麗に剥がれちゃいますので 一枚一枚はがす必要はありませんよ~。 以前テレビ(得する人損する人)で比較されていましたが 茹でたとうもろこしの糖度は 12. 4度 一方で、電子レンジのとうもろこしは、糖度が 16. 5度 と、数値で見てもハッキリ電子レンジの方が甘いことがわかります。 その理由は、茹でるととうもろこしの栄養や旨みが水に溶けだしてしまうから。 なんとなく、想像がつきますね。 それに比べて電子レンジの場合は、溶けだすことがないので 甘味が凝縮されたとうもろこしが出来上がる という原理です。 とうもろこしの茹で方は電子レンジで楽しよう 電子レンジを使えば、面倒な皮むきとヒゲ剝きが簡単にできるだけでなく 旨みが凝縮された甘いトウモロコシに仕上がるなんて、使わない手はないですね。 279• 101• 233•

次の